メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

五反田発『五反田性感回春マッサージ倶楽部』ついに出会えた超エロい巨乳セラピスト

Gカップなんてプロフィールに書かれていたら、 真っ先に指名しちゃいます

オッパイに対する僕のサイフは、ユルユルガバガバでございますな


五反田発「五反田性感回春マッサージ倶楽部」


常連と化している僕の電話番号は、全国で通じるみたい

「歌麿様ぁ~いつもありがとざぁますぅ~」

丁寧な対応でGカッポーの予約を完了してくれました

指名料込みで75分17K

コンコン

「こんにちわぁ」

かなりデカイおっぱいをプルプルさせながら、S嬢が入ってくる

小顔なので、Gカッポーがさらに大きく見えるのだろう

「暑いですねぇ」

ボンキュッボン的バデーでせっせと用意している

カラダ中から溢れ出すムンムンのエロフェロモンは一体何なのだろ

破壊的な胸の谷間に手を突っ込んでモミモミモミモミしたい…

そんなことを考えていたら、半BKになってしまった

「じゃあ~シャワー浴びましょお~」

声が異常に艶っぽい

アップにした髪と、色白のうなじ

からの、Gカッポーおっぱい…

バスルームで一発ヌけそうな手技で完全FBKですわ

「カタくなってきちゃいましたねぇ~」

タオルで優しく全身を拭きながらひざまづいたS嬢

目の前にある歌麿様をパクパクするマネや、 フーっと息を吹きかけたりしてくる

あぁ…

なんて助平なコなんでしょ

ものスゴく助平なことがしたくなるではないか


真っ赤になって硬直した歌麿様のまま、ベッドに戻りうつぶせーナ

60分コースだとあわただしい

全体をささっとやるか、 上半身か下半身をみっちりやるか選んでチョンマ○毛とのこと

迷わず「下半身で」


両脚をオイリーナでスリスリすると、 時折大きなおっぱいが背中に当たる

「うっふ~ん、あっは~ん」
峰不二子みたいな声を出して背中をチュッチュ

「綺麗なお尻ですねぇ~」

と言いながら、また「うっふ~ん、あっは~ん」

キライではないぞよ

四つん這いで玉袋をモミモミコロコロされると、再び完全FBKへ

仰向けコールの後に
「また逢えましたねぇ~」
とささやいてくれる

いちいちエロい

そして股間にまたがると、ゆっくりブラを外し始めた

ボロローン…

ト…トレビアーン…

ずっとイキリ勃っている歌麿様にローションを塗り、 上下運動をはじめる

「気持ちいい…?」
「気持ちいいよ…」

ゆっくりと上体を倒し、乳首を優しく舐めてくれた

「コリコリしてるよぉ」

そのまま顔面にまたがり、69スタイルになると、 良い香りのおパンティが目の前に現れた

ハムハムハム…
ハムハムハム…

おパンティに顔をこすりながら口を動かす

「ハムハムダメよぉ~濡れちゃうじゃなぁ~い」

ふふふ

エロい…

態勢を変え両脚の間に入ると、 たっぷりのローションで再びピストン運動

大きなおっぱいが揺れる

プルプルプル…

プルプルプル…

あぁ…

モミたい…

しゃぶりたい…

モミまくりたい…


手を伸ばしてみる

「ダメよぉ~」

あぁ~…


上下左右に揺れ動くおっぱい

プルプルプル…

プルプルプル…

「気持ちいい…?」

「気持ちいいよ…」


予測できない魅力的な動きを脳ミソに刻みこみながら、 僕は大量のスペルマビームを放出するのでありました

「パイドリアーーーン!」

%A5%DD%A5%BB%A5%A4%A5%C9%A5%F3














五反田駅は今日もエロい風が吹いている


「潮吹きしてみる?」と聞いてきたS嬢と、 次回はパンパンダンスをしてみたいものだ


五反田発「五反田性感回春マッサージ倶楽部」はこちら 












麻布十番 『エバーグリーン麻布十番店』アワアワオプションがコミコミだったので、思わず凸してしまった今日このごろ

大好きなアザブジュバーンにまた来てしまいました

アザブジュバーンといえば、オサレなシャチョさんたちがデデデデスコでフィーバーしてて、飲みに行くとこは、店なのか住まいなのか倉庫なのかよくわからない怪しげな扉を開けたとこ、てイメージ

電車が1時間に1本しか走らないド田舎から出てきた僕は、東京人の顔をして4番出口のマクドナルドでアイスコーヒーを飲むのが精一杯OPI

しかし、助平の力を借りれば、どこにでも行けるのだっふんだ




お電話をすると男性が丁寧に道案内してくれます

「あ~、あそこを左ね、あ~はいはい」

麻布十番はオレの庭だから~、麻布の店は詳しいから~的な口調になりながらも、迷子にならないよう必死に案内を聴く

一歩間違えると巨大迷路に迷い込んだアホな少年になりかねない

大型ショッピングモールのように、インフォメーションカウンターなどないので困る

てゆーか、近い

「こんにちわぁ」

ワンルームマンソンでお出迎えしてくれたのは、クリクリお目目のU嬢

ポテポテした雰囲気と、清潔感ある施術服が素敵

リゾートホテルにあるスパのエステティシャンのような黒い施術服を着ていても、その巨NEWは隠しきれない

うちに秘めたERスが溢れ出ているのだ

ブルーコースはアワアワなんちゃらのオプがコミコミのコースなので、それを選択

オイリーナにお部屋アワアワがついてこのお値段ならお得だろう

100分15K

「でわぁ、バスルームへどうぞぉ」

冷たいお茶をひと口いただき、気持ち良さそうな湯船につかった

最近、湯船につかることがないし、ソープ王国も行かないので久しぶりに感じる

ジャグジーかと思ったら、入浴剤がオマタをシュワシュワしていた

ナイスシュワシュワ

BKしちゃうやないかい

巨NEWさんの時は2秒しかバスルームにいないが、今回は3分くらい滞在してしまった

廊下に用意されたヨコスカ紙Pを装着し、お部屋に戻る

お風呂上がりのクーラーは最高っすね

足付きベッドにうつぶせーナになり、マッサ開始

タオルをかけ全身をほぐすと

「これはハッてますねぇ」

と言われてしまった

グニグニグニグニ

ほぐし方がいい

なかなかの経験値なのだろう

タオルを片側だけめくり、脚からオイリーナをしてくれる

大量のオイルでスリスリヌリヌリ

脚の付け根まで丁寧にやってくれる往復スリスリヌリヌリ

スキだらけのヨコスカ紙Pへシンニューし、カスリーナではなく10割の確率でアリノモンを刺激してくれる、いわゆるひとつの「わかってらっしゃるマッサ」だ

開始3分で心をワシづかみにされた僕は、そのままカラダをゆだねることにした

両脚を終えると、さっそくの横向きーナ

あら
もう戦闘態勢に入るのね

OK2裏から入りこむ柔らかお手手が、コマネチラインを刺激し、もう片方のお手手でツーケーネーも刺激してくれる

グリグリ的なオイリーナマッサに、紙Pは戦艦ヤマトの砲台のように上昇し続ける

小刻みに、そしてまったりねっちゃりと動くお手手のおかげで、壁に向かって発射しそうだ

完全FBKになりながら再びうつぶせーナになるよう促され、今度は腰から背中、肩へのオイリーナマッサ

力強くリンパを流すU嬢の技術は高い

最近カラダがだるくて仕方なかったのだが、やはりカラダもガチゴチになっているようだ

「ゴリゴリいってますよぉ」

イタ気持ちいいくらいが丁度いい

「ぐおぉ」
とか
「うぅぅ」
とか、わめきながらも気にせずリンパを流してくれる

「痛いですかぁ?  」
「気持ちええよ~」

先ほどまでは完全ERモードがウソのよう

ERさと技術力を交互に味わえるのはポイントが高い

このメリハリ、大事

お礼に、空いた手でオイタをしたかったが、そんな雰囲気でもなくなったのでやめといた

早々に仰向けコール

施術台に上がり、コマネチ周りを重点的にオイリーナ

ヨコスカ紙Pから差し込むお手手は、絶妙な位置を通り、紙Pから去っていく

しかもクロスチョップも混ぜてくれる

どこでそんなテキニッキを覚えたの?
と質問したくなる手業は、メンズエステの真骨頂なのだろう

ミチャークするわけでもなく、スケスケの服を着るわけでもない

2つの手の動きだけで心を満たしてくれる

荒れたメンエス業界の中、原点回帰できるお店に出会えたことはとても貴重だ

「でわぁ、スクラブとアワアワやりましょう♪」
「あいよ」

深夜食堂の小林薫風に返事をし、デカ紙Pにチェイングする

こういうの、お色直しっていうのか

全ラーになって着替えてる間、アワアワの準備をするようだ

完全FBKの歌麿様をガン見してほしかったのに……

久しぶりのデカ紙Pを装着し、うつぶせーナで待っていると、U嬢がアワアワとスクラブを持って入ってきた

「スクラブからいきますねぇ」

女性用エステではよくあるようだが、僕たちからすると韓エスのアカスリレベルのジャリジャリ感だ

背中を中心にジャリジャリしてくれる

ジャリジャリジャリ
ジャリジャリジャリ

アカを絡め取ってくれそうで気持ちがいい

「アカスリは行きますかぁ?  」

と聞かれ

「御徒町の助平な韓エスアカスリ行ってるよー」

と答えそうになるが、とっさの判断で

「健康ランドのアカスリに何回か行ったかな~」

と答えておいた

我ながらファインプレイな答えだ

ド助平ということがバレずにすんだ

「アワアワいきますよぉ」

ジャリジャリ感を少し残しつつ、背中にアワアワを乗せてくれる

フワフワで弾力も感じるアワアワを背中に伸ばし、丁寧に広げてくれる

暖かいアワアワがクーラーで冷やされ、カラダの冷却効果をもたらしてくれた

火照ったカラダにはちょうどええ

丁寧に拭き取ると、お待ちかねの仰向けコールセンター

どんな具合なんでっしゃろ

フワフワのアワアワをフトモーモー辺りに片脚ずつ乗せ、デカ紙Pの中に入れこむ

お腹の上にも乗せ、更に入れこむ

荷物を詰めこむように、何度も入れこむ

何度も入れこむので、タケちゃんマン並のちょうちんブルマになった

入れこむ時のカスリーナも忘れないところがまたヨカト

素敵やん

このままアザブジュバーンのマクドに行って、てりやきマックバーガーセットを注文したい

カッチョええやん

そして、アワアワの洞窟を探検する柔らかお手手

手探りで歌麿様を探してるのー?

思わず聴きたくなる

絶妙な指使いと、カスリーナにアメリカンホームダイレクト

宝探しにお出かけした指指様たちが迷子にならないようお祈りをする

もっと右
もっと左
もうちょっ……
もう……
ちょっ……
ちょっ……

時折、紙Pをギュッとしてアワアワの密度を高めるので、週刊少年ジャンプ的なデカモッコリになる

大量のアワアワに包み込まれた歌麿様は、フワフワ柔らかOPIでパイズーリをされてるよう

アワアワの中で密かに完全FBKになっている歌麿様が悲鳴をあげている

お外が見えないよー
迷子になっちゃうよー

再度、指指様が進入し、コマネチをスリスリヌリヌリしてくれるので、またホッとする

来てくれたのねー
会いたかったわー

アワアワの洞窟は、僕たちには見えない秘密の場所

2つのお手手は川口浩探検隊のように、もしくはタコ足のように動きまわる

高騰した料金と荒れ狂った内容のメンエスが増え続ける中、いまやコスパの高いお店は僕たちには貴重

「これが原点だね」
「何がですかぁ?  」
「タコアシジュポーン」
「お疲れ様でしたぁ」
「ジュトジュデニジューーーー! 」

o0600033712854159463















帰り道、4番出口にフランス人がいたので話しかけてみた

「ボンジュール、ムッシュ」
「ボンジュール」
「アザブジュバーン」
「?」
「タコアシジュポーン」
「?」
「ジダンハゲテール」
「?」

NHKのフランス語講座に出る日も近そうだ


麻布十番 メンズエステ「エバーグリーン麻布十番店」はこちら









船橋 『アイリス』あのストリップ劇場は伝説となり、◯ッキーとふなっしーがベイエリアを独占してますわ

昔々、若松劇場に愛染恭子が出演していました

歌麿少年は電柱に掲げられたストリッパー様の釘づけになり、大人になったらこの劇場に行こうと心に決めていました




「もすもすぃ~、若松劇場はどこですかぁ~?  」

「若松劇場はもうありませんよ~」

やんわりと返され、場所を聞きマンソンへと向かう

扉が開くとクリクリとしたセラピちゃんとご対面

可愛らしいその姿に、ネコの格好をしたおっさんは思わず
「ワンワン!」
と吠えてしまいました

マンションの中は綺麗でしっとりエステな雰囲気が漂います

そして、お支払い

120分12K

てもみん価格ですやん

このバブリーなメンエス料金時代の中、おサイフに優しい料金設定

この料金じゃドドドドドドドドド健全なのでは?

と思いきや、料金表に「リンパ周辺」の文字

しかも120分なら20分のリンパーナ

ほーほー

リンパ周辺てことは、リンパ周辺てことでしょう

とりあえず、メンエスらしい思いができる安心感と激安な料金に胸をなでおろしました

そのままシャワーにいき、紙Pを装着

いざ施術スタートです

まずはうつ伏せになり、タオルの上から全身をもみほぐします

少し長めのマターリしたしっかりマッサ

そしてオイリーナマッサに突入

ここまでの流れで感じることは、上手な会話術とマターリ雰囲気

嫌な感じがなく会話が進んでいきます

おっとりとした会話や、次に何の話が出てくるのか楽しみになるセラピちゃんです

オイルは足先からキワキワまでしっかりとマッサしマッサ

若いわりには自然にこなし、カスリーナも忘れない

OK2のワーレメーもさりげなくオイリーナスリスリ

全くもってドドドドドドドド健全的なマッサかと思いきや、男子のツボを捉えたオイリーナスリスリ

腰から背中に移っても、丁寧にオイリーナしてくれます

手抜きのない、とても真面目さを感じるオイリーナ

このコの性格なのか
お店のカラーなのか

心地良さを追求したら、こうなりました的な感じです

蒸しタオルで綺麗にフキフキし、お楽しみの仰向けコールセンター

脚から丁寧にしっかりとオイルを伸ばし、コマネチまでしっかりと伸ばす

ドドドドドドドド健全ではありませんが、ガッツリキワキワERERでもない

がしかし、指指様には当たりーナのカスリーナ

そのままの流れで立てヒザニーパット

立てヒザでもキワへしっかり手を差し込んでくれるので、なかなか

そしてそのまま横に倒しカエル脚になり、丁寧にゆったりとしたオイリーナ

キワキワスリスリ

そして日向小次郎のようにコマネチに向かって一直線に食い込ませるタイガーショット

さすが、小学生のころから屋台でビールケースを運んでいただけのことはあります

ここまで行くとAスタイルになるよう指示を出され、ご開帳しペナルティエリアに侵入してきます

まず左サイドからオーバーラップするロベルト・カルロス

さらに右サイドから長友がやってくる

両サイドから上げられたクロスボールを、オーバーヘッドキックのように脚を上げる歌麿様

しかも、これが何度も何度も続きます

ボクシングの3分間が長く感じるように、プレイヤーたちの20分間もとても長く感じる

しかし、ボクサーと違う点は「気持ちいい」といところ

「オレたちの愛は永遠だよね」
「うん、ずっと一緒にいたいの」

と言いながらイチャイチャしている高校生カップルとは違う、永遠のコマネチーナスリスリ

僕はずっとこのままコマネチをいじくり回されて一生が終わるのでないか、と錯覚してしまうほどのコマネチーナスリスリ

これがこのお店の醍醐味

きっと世界的人気のネズミさんも喜ぶだろう

「ぼく、◯ッキーだよ♪」

「はい?  」

「ぼく、◯ッキーだよ♪」

「はい?  」

「ぼく、ボッキーだよ♪」

「お疲れさまでしたぁ 」

「エーキモチデスヤーーーーーーン!  」
















帰り際、若松劇場の年間パスポートはありますか?  と聞いてみました

「またお待ちしてますね」

と笑顔で見送られた船橋の一日でした











渋谷『大人の隠れ家』古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱいOPI、無邪気な笑顔の下の日付は遥かなメモリー

数々の助平をしてきた僕は、また一つ大人の階段をのぼる

あんなことしたなー
こんなこともしたなー
恥ずかしいこともいっぱいOPIしたなー

昔の記憶を消しゴムで消せたらいいのに

今どこで何をしているかわからないH2Oの歌を歌いながら、渋谷駅の階段をのぼりました




渋谷K札署前からお電話

相変わらず、紙P一丁で街を歩いているのでソワソワしましたが、門番さんに軽く会釈をしたら向こうも会釈をしてくれたので、そのまま通り過ぎました

マンソンに到着し、ピンポンを押す

「いらっしゃいませ」

ターニーマーが強調されたお洋服が、僕の胸とコカーンを熱くします

「暑いですね」

「え~、熱く燃えたぎってます」

服をヌギヌギし、シャワールームへ移動

巨NEWさん限定の高速シャワーを浴び、2秒でお部屋に戻ると、うつぶせーナでのマッサ開始

NOエステ NOライフ
NO紙P NOプロブレム

さすがは老舗

わかってらっしゃる

まずは背中から腰をオイリーナ

丁寧にリンパーマンを流してくれる

篠塚も驚く絶妙な流し打ちだ

OK2も手打ちラーメンを捏ねるようにグニュグニュグニュグニュ

「OK2は疲れがわからないんですよぉ」

素敵なレクチャーに、OK2を麺棒で伸ばされそうだ

そして、OK2から脚へのリンパーマン

にゅるにゅると老廃物が、カップ麺の後入れミソのように流れている感覚

ヨカト

「じゃあ……」

さりげなくヒザとフトモーモーに触れ、カエル脚になるよう促される

そのままコマネチラインをヌリヌリスリスリし、僕の細麺を太麺に変えていく

なかなかのテキニッキ

自然の流れでキワキワスリスリしてくれるさりげなさマッサに歌麿様もご満悦

YES!高須フル〇ッキ!

「気持ちいいですかぁ~?」

んま~~
なんてコなんでしょ

知ってるクセに
僕の気持ちなんて知っとるクセに!

FBKしとるでしょー
完全無欠の完全OK2丸出しの腰浮かせFBKしてるでしょー

両方のカエル脚でお時間タプーリ使い、これまで味わったことのない硬度にしてくれるイタズラセラピちゃん

じらーしのじらーし
時折カスるじらしっくぱーく

そりゃガーマンジールーも、したたり落ちますわ

「では、仰向けで♪」

ギャバンの蒸着より早く反転し、歌麿様をアーピールーする

天井に突き刺さりそうなFBKは、生まれたてのお釈迦様のよう

どんなマッサが待っているのか、楽しみでございますと歌麿様が巨NEWを見つめている

まずはサワサワホマレなフェザータッチ

ゾックゾクするゴックズゴック

ご丁寧に脚からお胸

からのB地区サワサワ

大きなOPIをムニュムニュ感じられるミチャーク的フェザータッチング

あー

あのお洋服を脱がしたーい

OPIに挟んでパイズーリしてほしいー

そしてイチャイチャしたーい

そのまま太麺をソーニューしたーい

ヌチャヌチャぬちゃぬちゃヌチャヌチャぬちゃぬちゃとピストン運動したーい

あー

夏だね!

みんな夏のせいにすればいいのさ

「気持ちいいですかぁ~?」

んま~~
なんてコなんでしょ

またきたわ!

知ってるクセに
僕の気持ちなんて知っとるクセに!

「い、い、い、い、い……」

「い?  」

「いれ……」

「お疲れさまでしたぁ」

「イレイザーーーーーーーーー!!」

mig




























大人の階段はまだまだ遠くに感じる

色気のあるダンディに憧れますが、背伸びすることもないだろう

まつがいなく中二レベルの歌麿様は、ずっとティーンエイジャーでいてほしい

若々しいFBKをシャワールームでいつまでも見つめました


渋谷 メンズエステ「大人の隠れ家」はこちら













麻布十番 『maxi マキシ』カムバックバブル! 二人の西麻布から始まる都会のノイズに消されてた大人の物語

アザブジュバーン

タコアシジュポーン

そんなことを言いながら「雨の西麻布」を聴いていた小学生時代

まさか、麻布十番でノラーリマターリするようなおっさんになるとは夢にも思いませんでした

images










あの時の夢は、バース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発を打てるようなお金持ちになること

麻布十番で遊ぶなら100万円は持ってないといけない、と思い、10円玉を拾い集めてアザブジュバーンに乗り込みました




丁寧な電話番の男性に案内される

電話番なんてそのお店の顔みたいなもの

そんな中で、良い対応で印象に残るとそれだけでお店としてプラスになると思います

対応の悪い店なんか行きたくないですからね

麻布十番駅からほど近いマンソンに案内され、ピンポンを押すことに

ナイスですね的バディのK嬢がお出迎え

「こんにちわぁ」

部屋に案内され、お茶をいただく

その間、ムチムチのボデーを上から下までガン見し、脳内で全身をモミモミする妄想を始めた

「気持ちいいね!  」
「はい?  」

服をヌギヌギし、バスルームへ移動する

巨NEWさんの時は異常に早いシャワータイム

今日は朝から蒸し暑かったのでチャッチャと汗を流し、T紙Pを装着し、約3秒でお部屋に戻る

「早いですね」
「YES!高見盛クリニック!  」

タオルをかけ、全身のほぐしから入りますが、K嬢はなかなかの腕前

ナイスバディを駆使したマッサは、数々の助平を満足させてきたに違いない

オイリーナに移り、手にしたオイルを足からふくらはぎ、腰からOK2にかけて、ソフトでゆったりしたストローク

リンパ流れてマッセ
リンパ流れてマッセ

流し終わるとカエル脚にチェンジングし、コマネチラインを丁寧にヌリヌリスリスリする

ここまでの流れはとても自然で、気持ち良さと心地いい会話が僕を包み込んでいた

完全にK嬢ペース

催眠術にかけられたように操られ、K嬢に

「腰を上げてください……」

と言われても

「貴方は今から私の犬よ」

と聞こえてしまう

はじめチョロチョロなかパッパ的ワンワンは、コマネチラインを深く攻めてくる

さりげないカスリーナも含め、抜群に上手い

さらにB地区もコリコリしながら強弱をつけ、僕の反応を楽しんでいる

そして、両腕で挟むようにしながら前後に動かし、発情期を促す

「気持ちいいですかぁ?  」

「ワンワンワンワン」

「気持ちいいのぉ?  」

「ワンワンワンワン」

絶頂を極め、T紙Pを一所懸命持ち上げたまま仰向けコール

まずお手手のマッサで発情した気持ちをクールダウン

ガーマンジールーが溢れる紙Pが、みるみるしぼんでいきます

街にやってきたサーカス団が、次の街に行くためテントをしぼませるぐらいの寂しさがあります

「しばらく空中ブランコは見れないのね」

「はい?  」

「しばらくピエロさんに会えないのね」

「何それー?  」

片脚ずつのオイリーナと丁寧なコマネチカスリーナ

横向きにさせられ、OK2裏からのハシムスリスリ

ブラックエンジェルズの一員のようなK嬢は、丁寧にハシムをしてくれる

この横向きを初めて受けたのはいつ頃だろう

あの衝撃は忘れられず、思い出すだけでFBKしてしまう

両面を終えると、再度仰向けになり頭側にまわりデコルテーナ

一所懸命持ち上げた紙Pがまたしぼんでいく

キワキワスリスリのクールダウンの繰り返しだが、ガーマンジールーは止めどなく溢れ出る

OPIを下から眺め、パン食い競争のようにハムハムしてみる

届かないよ~
一等賞とりたいのに届かないよ~

ハムハムしていると、そのまま脚側にまわり、紙Pの紐の下に手を潜らせて、両腕でコマネチから胸までを往復

いわゆる一つの

紙Pの紐の下に手を潜らせて、両腕でコマネチから胸までを往復~


両腕で挟んでるので大カスリーナはアリーノ

歌麿様が紙Pから顔を出したりーノ

 総括すると「素敵なひととき」

「このままこのまま」

発情期をむかえたセントバーナードのように、腰をカクカクする

モロモロアタックホームダイレクトしてちょんまげ

モロモロアタックホームダイレクトしてちょんまげ!

心の叫びを聞いたか聞こえたか知りませぬが、K嬢は

「お疲れさまでしたぁ」

と微笑んでくれました

「マキシマム・ザ・ホルモーーーーン!  」

麻布十番のマクドに入り、てりやきマックバーガーセットを注文する

あと追加でスマイルもお願いした

「スマイル、100万円でーす」

カウンターにそっと100万円を置き、その場でてりやきマックバーガーをほおばり、オ○ニーをして立ち去りました



最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ