メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

茅場町 『アロマクイーン』セラピちゃんの写真はとても大事ということを改めて感じた日

パッとみて即、尻断しました

いや、決断しました

やっぱり思いますが、写真て大事

僕たちエスターは長年、パネルマジックなるものに翻弄されてきました

完全にニセモノで、どこぞの国のモデルなんかじゃないの?
と疑いの目でみながら、もしかしたら、ホントにいるんじゃないのかも……みたいな、わずかな光を期待して凸入するわけでござーます

実際行ってみて別物が出てくると一瞬落ち込みますが、柔らかそうなOPIやフトモーモーなどにオイタしていると、化阪神は猛虎となるわけです

男の子っておバカですな

そんな経験豊富な僕ですが、今回はパネマジ無しとふんだのです

生写真ぽいし、顔よりOPI重視なので即お電話リンリンですわ




「もすぃ~もすぃ~、Cちゃんいますのぉ~」

「はいはーい、いるヨー」

久しぶりに訪れた茅場町は相変わらず硬質な街で、急ぎ足で行き来しているムッツリ助平のサラリーマンも、数字とにらめっこした毎日に明け暮れているのだろう

1Fに中華料理屋さんが入ったビル入口からインし、奥のエレベーターで6Fボタンを優しく連打

ピンポンし扉が開くと、大きなOPIをユラユラ揺らしたC嬢がお出迎え

「こんちわ」

中姐ですが、挑発的なOPI

半BKになりながら、そのまま落ち着いた雰囲気のお部屋に案内される

90分10K

冷たいお茶を一気に飲み干す

静かな空間ですが、僕の脳内は阿波踊りの音楽と、とんねるずの「一気」が鳴り響いている

服をヌギヌギし、半BKの歌麿様をオープン

鼻の下を伸ばし、ハァハァしながら
「OPIおっきいね」
とつぶやいた

開始5分で変態丸出しだ

お部屋アワアワでアブラ虫のようなカラダをアワアワ

残暑のTOKIOは、湿度が高い

気分爽快になるには、このアワアワウォッシュはうってつけなのだ

仰向けになると、さっそくC嬢にご挨拶

大きなOPIに手を伸ばしますが、
「ダメよぉ」
と断られてしまった

焦る

OPI星人にとって、触れない巨NEWは拷問だ

歌麿様は、早く触れ!と直立不動の姿で指示を出してくる

そんな姿もアワアワで隠され、泡の中で阿波踊りをしていた

横道坊主の「暴発ピストル」が脳内で流れる

視覚と触覚を完全にC嬢のものにされてしまった

僕はまな板の上の広島カープ

真っ赤になった亀トーが赤ヘルに見えてきた

「鉄人衣笠みたい?  」

「はい?  」

鉄みたいにカチカチでしょ、と言おうと思ったら、衣笠が出てきてしまった

連続エステ出場なら衣笠並かもしれませんが……

「シャワーいきまショー」

完全FBKのまま、シャワールームへ向かい、2秒でお部屋へ戻る

再び、せんべえ布団にうつぶせーナになると、魅惑のマッサがスタートしました

「どこがコってる?  」

そんな愚問がきたので、
「ティンポ! ティンポ! 」
と答えておきました

撫子さんには遠慮して言えないのですが、チャイエスでは気軽に言える

撫子エステは探り探りなので緊張感が違うのだろう

「うふふ」
と言いながら、タオルをかけ全身をほぐしてくれた

優しい

巨NEWさんは優しい

個人的見解だが

今までお会いした巨NEWさんは、みんな優しかった

母性本能が強いのか
それがOPIに影響されるのか

調べてみると、

人間の身体のメカニズムはまだ解明されていないことがとても多いです。

バストサイズに関しても解明されていないことが多いです。

母性本能が強い女性が胸が大きくなるというのは、当たっているようで当たっていない感じですよね。

たしかに母性本能が強い世話好きな女性は、胸が大きいイメージがあります。

重要な点は面倒見が良いという点です。
面倒見が良いということは、しっかりとした生活で規則正しい毎日を送っている可能性が高いとも言えます。

規則正しい生活を送っていると女性ホルモンが正常に分泌されるため、女性らしい身体つき・魅力的なバストを作るのに最適な環境を作ることができます。

また、看護師・介護士の女性が胸が大きいと言われることが多いのは、職業柄、特に身体が資本の職業なので、一般のオフィスワークと比べると体調管理をより気をつけないといけないからではないでしょうか。

医学的に母性本能と胸の大きさが解明されていないため、関係ない可能性が高いですが、上記の理由が関係している可能性は高いと思います。

らしい

ふむふむ

それは仰向けになると、非常にわかりやすい

再び、オイターマンと化し、巨NEWに手を伸ばす

今度は到達した

あぁ
至福の時間

「ダメヨー」と言いながらも、オイターマンは聞く耳持たず

欲ボーは肉ボーと化し、いま感動しているレベルをわかりやすく表現する

アロマクイーンでオイターキングが騒ぎ出す

だってしょうがないじゃない

和田アキ子も歌ってた

エステだけはアホやねん、と

恋か

抑えきれないんだものー
やめられないんだものー
OPIがおっきいんですものー

「気持ちいい……」
「気持ちいいノー? 」
「うん」
「気持ちいいノー?  」
「うんうん」
「気持ちいいノー?  」
「気持ち良すぎるってばよーーーーーーーーー!  」

aa5be553










茅場町駅に向かう途中の交差点で、自転車に乗っていたオバハンがサンダルを落としました

僕はそのまま近づき、サンダルが上に向いて落とされているのを確認しました

「明日は晴れだね」
とオバハンに言うと

「明日は防空壕に避難する日だよ!  」
と言いながら、走り去っていきました















神田 『お姉さまのエステ ラブクリニック』ホワイトベリーがホワイトブリザードを歌ったので、僕は白い恋人を食べながら白々しく自〇行為しました

最近のメンエス出店がラッシュ過ぎて笑ってしまいます

メンエスって、そんなに儲かるのでしょうか

新しく出店するお店は、今までにないコンセプトを考えてオープンすることが多く、ホームページをみると凝った内容が書かれていることが多いです

興味をそそるので、ついつい行ってしまいますが、だいたい同じ内容だったりします

今回のラブクリニックは時間で女の子が入れ替わるシステムらしい

ラブプラスを思い出しますが、そこにプラスαがあるかもしれない

というわけで、ホームグラウンドの神田駅に降り立ちました




お姉さまエステってことは、30代?  40代?  ってこと?

まぁ、若い女の子より気楽に受けられる

お電話をし時間を確認する

1時間後なら大丈夫ということ

チャイエスならいきなり行っても大丈夫ですが、撫子エステは基本的に時間を確認した方がいいっすね

西口から近い昔からあるビルヂング

6階まで上がると目の前にいきなりカーテンが広がっていた

1,000円カットのQBハウスのような小さいイスに座っていると、中から男性が現れコースを選び料金を支払う

70分8Kの花びら2回転のプラン

しばらく待機し、カーテンの中へ案内されると、ロッカー室へ通されここで着替えるようにとのこと

着替えが終わると受付とつながっているインターホンみたいな受話器を取り、プルルと大きな音で連絡すると男性が迎えにきてくれた

そして、こちらへどうぞと促されシャワールームまで案内される

シャワーが終わったら、またインターホンで呼び出すようだ

初めてのことなので、ここまでの流れが新鮮で真新しい

4種類の紙Pから選べる

当然のようにT紙Pを選び、装着後タオルを巻いて再びインターホンを取ると男性が迎えにきた

こちらへどうぞと、やっと部屋に案内してくれる

部屋は、このビルにあるレンタルルームのような造り

まさにマッサをするためだけに造られたお部屋ですな

「こんにちわぁ」

1人目はERオーラムンムンのM嬢

ERい家庭教師のような雰囲気のベテランさんだ

「どこを重点的にやりましょうか?  それともセオリー通りにやりましょうか?  」

「ティンポ中心で!  」

と言えない小心者

ホントは全部ソケイでいいのだが

「腰がいいかな」と普通の返答をしてしまった

なんてこった

30分交代なので、基本的に時間がない

肩、背中などはせず、紙Pを少しズラし丁寧にオイリーナしてくれた

OK2をグニグニコネコネ

そば粉をこねるようにグニグニコネコネ

ウラモーモーもオイリーナでスリスリヌリヌリ

OK2までスリスリヌリヌリ

ウラ玉袋までスリスリヌリヌリしてくれるのは、さすがっす

腰の横の変なツボらしきところもマッサしてくれる

初めてマッサされた部分なので、ウヒウヒとなった

「この部分は初めてだよ」

「腰が悪い方はこの辺りもやらないといけないんですよ」

さすがはお姉さまエステ

心得ている

すると、部屋内のインターホンが鳴りワンコールで切れた

「あ、お時間ですねぇ」

ほー
早い

30分とはあっという間だ

「では、次のセラピストがきますので、お待ちくださいね」

この待ち時間はカウントされないらしい

そりゃそうだ

待つこと5分

「お待たせしました」

またベテランらしきセラピさんが入ってきた

「どこを重点的にやりましょうか?  」

1人目と同じ質問がきた

「では……」

「はい」

「ティンポ!!」

「申し訳ございません……」

「ティンポ!!」

「そのようなことは……」

「ティンポ!!」

「ソケイ部やりますね~」

イタズラ坊主をあやすように、仰向けになる

話をしてみると、どうやら元看護師様らしい

あー
どうりで

白いナース服がしっくりきているセラピちゃんは、オイルを手からヒジまでつけ、T紙Pのスキマからスイッチを入れてくれる

いわゆるひとつのスキマスイッチだ

お手手からロングストロークでヒジまで使う

当然、歌麿様にカスリーナ&モロリーナだ

しかもテキパキしている

入院中のおじいちゃんのカラダを丁寧に拭くように、テキパキオイリーナしてくれる

しかも、カスリーナとモロリーナの混合技に完全FBKだ

紙Pのゴムが切れちゃいそうだよー

余裕ではみ出す歌麿様

天井を向いた歌麿様は、ジョイスティックのように前後左右にギュインギュイン動く

これがスターフォースなら、一機もやられず最終面までいきそうだ

高橋名人に教えてあげたい

「16連射もお願いします」

「はい?  」

お姉さまエステティシャンには通じなかった

「16連射……」

自ら連射しようとしたが

「ダメですよぉ」

と即刻、制されてしまった

「16連射したい……」

「ダメ」

「16連射……」

「ダメ」

「16……」

プルルルルルルル……

終了のインターホンがお部屋に鳴り響く

僕の欲ボーは、ここで終了した

「では、シャワーどうぞぉ」

シャワーまで案内され、ちゃっちゃと浴び、またインターホンで呼ぶと、受付の男性が再登場した

あー
ホントに終わりなんだ……

P1020207_ks














寂しさをかかえながら、先ほどのロッカー室に案内され、帰り支度をする

終始白い世界を満喫しながら、白いモノが出せず悶々しながらERベーターを降りました

次は期待できる

そう信じながら、神田の闇に消えていきました


御徒町 『わ◯家』ここが我が家と言えばそうなのですが、言わせねーよと言われるので言えないのです

旅に出てしばらく家を空けることがあります

旅先でハメを外して全力少年のように遊びまくった次の日、寂しい気持ちのまま帰路につきます

そして家に着いたら、ひと言
「やっぱり、わが家が1番だな」
と呟く方は多いと思います

がしかし

エステブロガーである僕は、間違いなく途中下車し、糸の切れた風船のように駅周辺を彷徨います

風の向くまま気の向くまま

ふと目にしたのは、我が家ではないのに我が家だと勘違いしてしまうわが家でした


御徒町「わが家」


「はい、どうぞぉ」

担当は清楚にも見えますが、気はメチャクチャ強いだろうM嬢

ベッドの中では淡白なのか、豹変するか、わからないが大きなOPIになぜかいろER期待してしまうタイプ

100分13K

旅の疲れからか、ワーシャーを浴びてとっとと横になりたかった僕は、うつぶせーナになり、ふぅ~と一息つく

やっぱりエステはいいな~

エステブロガーの皆さんは、こう感じるのでしょう

タオルをかけて、さっそくマッサ開始

力の入った入念なマッサすね

手技が凄い

交差にグングン動きほぐされていく

ここのお店は、本格的なテクを売りにしているんだろう

しかし、ここはエステの名門御徒町

この場所で普通のマッサやってて儲かるわけがない

時折、M嬢のフトモーモーに当たる僕の手が悪さをし始めた

チロチロチロ

無言のまま、施術を続ける

チロチロチロ

さくさくと施術を続け、足側へ行ってしまった

仰向けコール…

半BKのまま、仰向けになると少しだけ微笑んでくれる


チロチロを怒ってないのか



いける

大人っぽくもみえますが、やはり笑顔を見ていると可愛らしさがにじみ出てくる

そのしおらしい手の動きを止めて、しばらく僕の手を握っていてほしい

少しだけ好きになってきた

そして

僕の脳ミソが少しずつ、御徒町モードに入ってきた

あぁ…

近くて遠いこの距離感

あぁ…M嬢…

どーして貴方はM嬢なの?

僕のM字開脚いっぱい見て……

僕のM字開脚をいっぱい触って……

御徒町でしょ……

ここは御徒町でしょ……

全ラーで、パイズーリー、スーマーターもしちゃう御徒町でしょ……

ねぇ……

ねぇ……

いいじゃないのぉ……

御徒町なんだからぁ……

いいじゃないのぉ……

いいじゃないのぉ……

「はい、お疲れさまでしたぁ」

「ジェッタシーーーーーーーーーー!!」

旅の疲れとエステでのハッスルに疲れが2倍になった僕は、高見山のマルハチのCMを思い出しました

「2倍2倍」

ハスキーボイスでM嬢にピースサインを出しましたが、全く知らないようでした

大久保発 『しこむら治療院』天国へ続く階段に星条旗が立てられていたので、ヘブン オブ アメリカンですか? と聞いてみた

シコシコシコシコ
むらむらむらむら

シコシコシコシコ
むらむらむらむら

いい響きです

スズムシやマツムシを聞いているような風情を感じるこの響き

エロムシの僕らには心地いい響きですな


大久保発「しこむら治療院」


指名料ケチってイヤな思いをするより、しっかり指名した方がいいと思う派なのですが、今日はフリーでいきたい気分

マンソンメンエスばかりで遊んでいた僕ですが、先日、久しぶりにフーエスに行ってみたところ、不思議とどこかに物足りなさを感じていたのです

高騰し続けるメンエスと、相変わらずリーズナブルなのですがホテール代が負担になるフーエス

初心に戻り、再びフーエスにお電話してみる

そんなバッチコーイなカモンベイビー状態で女の子を待ちました

コンコンコン

「こんにちわぁ」

ウイ♪
マドモアゼル♪

ド新規ドフリーで入ってこそ、お店の本質が見えるもの

「可愛いコ、いぱいイルヨー、とても可愛いヨー」と連呼するチャイエスで何度失敗したことか

ドアの向こうに立っていたのは、明らかに20代の女の子

吸い込まれそうな大きなお目目で見つめられると、FBKしそう

なかなかやるやないかい

90分13K
トップレース~付

相変わらず新大久保のバスルームは小汚い

古い建物が多いので仕方ないが、無数のカビを見るとゲンナリする

シャワーを浴びて、出てくるとすでにA嬢は着替えを済ましていた

よくある前チャックのピンキーな看護師風施術服

何十年と愛され続けるピンキー施術服

フーエスといえばピンキー看護師風施術服

ふふふ
この施術服、もう、そろそろええんちゃうの

もっと素敵なコスがあるんちゃうの

そんなことを思いながら、うつぶせーナ

うつぶせになれば、何も見えないし、仰向けになってもトップレース~なので、施術服は何でもいいか

さっそく脚からのオイリーナが始まる

軽い圧でもスリスリヌリヌリ

聞くと経験は3ヶ月ほどとか

その前に女性用エステでの経験があるとかないとか

女性用エステ出身だと、圧弱めのセラピちゃんが多い

弱めでもリンパは流れるという考えらしいのだが、強モミ派の僕には物足りない

ガッチリグイグイやってもらった方が好きなのさ

なので、たまにタイマッサに行ってしまいます

とは言っても、錦糸町のチェンマイ限定ですが

マンソンメンエスでよくあるミチャーク的なこともなく、大きなOPIをカスらせるようなこともなく、淡々と左脚から右脚のオイリーナに移行する

どうせシコシコしてくれるから、いいか

思わせぶりなことをされなくても、時間が経てばシコシコしてくれるのだ

そんな安心感からウトウトしてしまった

ふくらはぎからフトモーモー

腰やOK2をヌリヌリスリスリしたのだろう

カエル脚でだいたい起きるのだが、そういう技はやらない

そんなことしなくても、時間が経てばシコシコしなくちゃいけないのだから

あれ?
これはもしかして?

が、ないからカエル脚や焦らしックパークをやる必要もないのだ

半分寝ながら半分起きながらのウトウトムニャムニャ状態

背中の辺りをスリスリヌリヌリ

盛り上がる技もなく、静かに仰向けコール

「あぁ、寝ちゃったよ」
「……」

特に反応はなく、横に陣取りオイリーナでお腹をグルグル

ピンキーな看護師風施術服のチャックを全開にしてるので、OPIがチラチラ見える

お腹をグルグルオイリーナしていると、艶かしく揺れてくれる

これは非常にERい

「もっと見せてもっと見せて」

助平なOPI好きのおっさんに詰め寄られたセラピちゃんが、「ったく、このおっさんは……」という感じで施術服をはだけてくれる

何を思われてもモーマンタイ

やはり、僕はOPIが好きなのだ

いや

大好きなのだ

柔らかくハリのあるOPI

thumb5

















大きなお目目が軽蔑した目に変わる

何を思われてもモーマンタイ

僕はOPIが大好きなのだから

そそくさと脚側へ移行し、ウチモーモーのオイリーナ

フルティンなので、歌麿様は上下左右にブラブラしていた

これは何のためのオイリーナなのか?

リンパを流しているわけでもなく、焦らしているわけでもない

シコシコへの序章にしては、物足りない

そして、タップリのローソンを手につけ、歌麿様を包みこむ

メンエスと比べて不満点も多いのに、握られると素直にFBKする

男って永遠のおバカさんね

クチュクチュと卑猥な音を立てるFBKの歌麿様

大量のローソンを投入し、白く泡立つくらいのシコシコシコシコ

相変わらず、チラチラ見える大きなOPIがプルプルと揺れている

いい感じの見え方だ

ヨカ

シコシコシコシコ
むらむらむらむら

シコシコシコシコ
むらむらむらむら

ついに本領を発揮してきた柔らかお手手がさらに速度を上げてきた時、綺麗な放物線を描いた白濁の液体はここぞとばかりに飛び出していきました

「ムッシュむらむらーーーーーーー!」

45bf5d776af284715ac0



















シャワーを浴び、お部屋に戻るとセラピちゃんはすでにお着替えを済ませていました

「時間余っちゃったので、マッサージしますよぉ」

優しい言葉をかけてくれましたが、ベッドの上はローソンだらけ

「いや、大丈夫だよ」

と言うと

「それじゃあ失礼しまぁす」

と退室していきました

タチの悪いチャイエス以来の時短に、取り残された汚い部屋で、ポツリとつぶやきました

「Oh……ヘブリカァン……」


大久保発 風俗エステ「しこむら治療院」はこちら











大久保発 『ノース』すすきの流と書いてあったので、北海道に行ったことのない僕はすぐにテレフォンしました

北酒場
北空港
北の春
北の国から

ノースと聞くと「北」の歌を思い出す方が多いと思いますが、僕はラフィンノーズを思い出しました

ノースの部分がノーズになっただけですが

チャーミーは気仙沼出身ですな




久しぶりに入る新大久保のホーテールーが改装されていて、パッと見はどこかのクリニックかと思うほど

自動ドアの向う側は相変わらずでしたが、儲かってまっせ的な雰囲気はムンムンしていました

部屋のカギを受け取り、お部屋に入るとすぐさまお店にお電話

「お部屋に入りましたので、女の子プリーズプリーズヘルプミー」

数分後、ドアを開けると大人しそうな女性がポツンと立っていました

「こんにちゎ……」

この業界には珍しい少しオドオドした感じでY嬢

くるしゅーない、ちこーよれ

的な感じで中へ招き入れると、さっそくOPIを触ってみた

推定Cカポーの柔らかOPI

847f8c5616acc6eb65e0afb5efece5ea_400x400






















それでもボーっとしているので、マリリンモンローのマネをしながらジルバを踊りました

90分13K

お支払いを済ませ、2人で全ラーになり、柔らかいOK2をプルプル触りながらシャワールームへ移動

ユニットバスで狭いながらのイチャイチャアワアワゴシゴシ

古き良き時代のイチャイチャのようで逆に新鮮に感じた

お部屋に戻ると
「じゃあ、うつ伏せになってください」
と言われ、真っ白なシーツの上にゴロリ

背中にタオルを掛け、全身をほぐし足元からのオイルマッサ開始っす

だんまりもキツいので、こちらから色々話しかけてみる

レアキャラらしく、たまにしか出勤しないらしい

「痛くないですか?」と聞いてくれる気遣いも高ポイント

足裏、ふくらはぎ、フトモーモー、コマネチを丁寧にマッサしマッサ

身体がほぐれていく

ヨカト

次にOK2、背中、肩をやさしくマッサしマッサ

一通り背中の面が終わったところで、今度は仰向けコール

仰向けになると、CカポーOPIを揺らしながらのストマックマッサ

柔らかいOPIは最高の癒し

thumb2





































「前はDだったのですが、Cになってしまいました」

残念そうに話すその姿に、少しだけ同情した

OPIは大きい方が何かといいのだろう

Aカポーのコンプレックスといったら、僕たち男子の想像を遥かに超えるのだろう

再び、ちこーよれと言わんばかりに添い寝を促す、そっと寄り添ってくれる

ローソンを手につけ、おティンポからお玉までコロコロぬるっぬるに塗りたくられる

優しい手つきで亀頭、裏筋から蟻の門までをさわさわされ、全身が跳ねるようにビクッビクッと反応してしまう

柔らかいカラダをギュッと抱きしめ、OPIへと手を伸ばす

柔らか
ヤワラカ
ヨカヨカヨカト

少しだけ固くなっているB地区に触れると「んんっ…」と声が漏れる

ぬちゃっぬちゃっという卑猥な音を立てながら歌麿様をしごくこY嬢

至近距離だから感じられるシャンプーのいい香り

駆け落ちが似合うY嬢と、このまま一緒に北国へ逃亡したい

逃亡先のホテルはやっぱり「北の宿」

斜め上を見ながら、僕は綺麗な放物線を描きました

「都はるみーーーーーー!!」

002e2133















大久保の街に出た僕は、いろいろな国の人たちにもみくちゃにされながら駅に向かいました

そんな中、心の中で歌っていたのは、ラフィンノーズの「GET THE GLORY」

僕の性春はまだまだ続きます




最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ