メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

新宿 『神楽』久々に訪問した老舗の名店は時代の流れに乗りながら、いまだに進化を続けるようです

久しぶりに訪れる新宿は、相変わらず人が多い

どんどん暑くなる気温とともに、女の子の服装がどんどん薄くなる

素敵な季節

OPIの数だけロマンがあります

今日の脳内はとてもファンタジーです




電話越しのお兄さんは丁寧でとてもいい感じ

男性が電話に出ると身構えますが、安心できますわ

ここに来る前にホームページで写真を見ましたが、口から下しか写っていないので妄想は広がり放題

暖簾をくぐり中へ案内されると、ERい家庭教師風のセラピちゃんK嬢とご対面です

いや~
ERい

久しぶりです
このERさ

僕の助平なハートにズキンドキン

ナイスですね

ドドドドストライクですわ

きっと良い体験ができるだろうし、見ようによっては、すごい玄人にも見えます

とにかくERフェロモンがハンパない

僕の助平レーダーもピンピンビンビンに反応し、「助平襲来!助平襲来! 」と叫んでおります

90分16K
オプションの白をつけて19K

最近のメンエス価格にしてみたら、こんなもんか

特に新宿や恵比寿、中目黒辺りはこのぐらいが相場になっている

神楽がオープンした頃は通常料金でも高めに感じましたが、時代の流れなのでしょう

それともメンエスの存在価値が上がったのか

それだけ払ってもくるしゅーない、という殿方が増えたのでしょう

さて

相変わらず狭いシャワーを浴びて、ヨコスカ紙Pを履いてとっととお部屋に戻る

なぜかって?

ドドドドストライク嬢に会いたいから

うつぶせーナから始まるのですが、最初からとてもいい

ほぐして~

もんで~

スリスリして~

僕の反応を確かめるように、ゆっくりとマッサしマッサ

OK2のワーレメーもサラサラサワサワ

才能溢れるERテロリストは、じらして、じらして観察する

その絶妙な触り方で少しずつ、やる気スイッチが入る

そしてカエル脚でご挨拶

アンダースローで入場行進

あーいあーいあーい

いくらでも入場して~くださいませぇー

あーいあーいあーい

あーいあーいあーい


FBK

「たたたたたたっちゃった……」
「うふふ」

ERテロリストは笑うだけでした

腰から背中、肩へとオイリーナを伸ばす

膨張したカーイメーンターイから血液を逃がすため、ジョー阪神へと移ったのか

まだまだよ、と言わんばかりにじらす

歌麿様はしぼんでもガーマンジールーは紙Pを濡らす

テロテロ出ますやん

ガーマンジールー出ますやん

ERテロリストですやん

それにしても気持ちいい

肩コリ持ちのセー欲マンは、少しだけホッとしながら身を委ねる

しっかりとほぐしてくれて、とてもヨカ

うまい

手つきや力加減がさすが

ERフェロモンだけではないところに、奥の深さを感じる


蒸しタオルで全身を拭くと仰向けコールセンター

ここでもオイリーナを使ってほぐし、リンパを流す

足をたてて、ふくらはぎのほぐし

フトモーモーもスリスリ

そしてカエル脚から添い寝的なヌリヌリスリスリコマネチ

両脚終わリーノ

後ろからと、また横からやって

スリスリコマネチ

そしてここからオプション発進

宇宙戦艦ヤマトの波動砲の準備に取り掛かる

白のオプションはアワアワヌリヌリ

予想はできるが、気持ちいいに決まってるオプション

よく考えますな

スカスカの紙Pがここでも活かされ、申し訳なさそうに乗っているだけの紙切れは、僕の欲ボーのジャマをしない

空気を読める紙P

ヨコスカ紙P……

お前……

なかなか、やるやないかい

そうだ

今度、「北風と太陽と紙パンツ」という絵本を書こう

北風に脱がせなかったコートは太陽の力で脱がせますが、紙パンツまでは脱がせない

そこで登場するのが、メンエスセラピちゃん

オイルとアワアワを駆使して、「あー!俺脱いじゃおー!紙パンツ脱いじゃおー!」

というお話

そして最後はアワアワに包まれて、そのまま天まで伸び続けて、ジャックと豆の木とバベルの塔の間にそびえ立つ

そんな絵本

ベストセラーのロングセラーだ

300年は売れ続けるだろう

アンデルセンもアイソーポスもビックリのロングセラーだ

一所懸命、アワアワするK嬢に話しかける

「ねえねえ」

「はい?」

「印税で温泉でも行こうぜ」

「何ですか、それー」

「イソップーーーーーーーーー!」













外に出ると、新宿のビル群が僕を包み込みました

このビルのどれかは豆からできたに違いない

屋上にジャックらしき人がいたら、それが豆ビルだ

そんなことを考えながら、新宿の空を見上げていました




西川口 『姫恋』アジアンエステのゴールドラッシュを期待する今日このごろ

西川口で稼ぎまくった女の子は、いま何をしているのでしょう

お金持ちと結婚して、人生安泰になったか

それとも、シワシワのカラダになりながらいまだに現役を続けているか

時代とタイミングがゴールドラッシュを生み出し、お金はアワアワとともに膨れ上がりました

モロく打たれ弱いアワは、ヒョロヒョロのアンガールズ田中のよう

しかし最近は、チャイ娘たちがゴールドラッシュを求めて集まりだしました

ここは夢の国

大人の夢がつまったワンダーランドさ




いまだ伝説として語られる西川口

ひと昔は駅構内から外に出ると、ERい魔闘気で覆われていましたが、いまはそうでもない

軽い気持ちでお電話してみました

「もちもち〜、可愛いコいますかー?
「可愛いコいるヨー」

チャイエスの「可愛いヨー」などはアテにならない

「OPI大きいのー?」
「まぁまぁ大きいいるヨー」

チャイエスの「大きいヨー」などはアテにならない

まぁいいでしょう

見覚えのあるビルディングの戦隊店

期待とコ・カーンをふくらませつつ、2階へと上がりました

100分12K

「いらさませぇ~」

満面の笑みでS嬢が登場

OPIは…
あーはん

大きくもなく小さくもなく可もなく不可もなく

うっかり八兵衛のマネをしながらOPIをさわってみる

「Oh~」

(-ω-)

服をヌギヌギし、案内された戦隊ルームへ

さっそく戦隊台にうつぶせーナ

昔々、西川でモノスゴイERプレイをされたのを思い出しました

まったく違うお店の記憶を思い出し、カラダが勝手に反応してすでに半BKしています

フワフワのアワアワを背中に乗せ、なめらかな手技のアワアワ戦隊を繰り広げる

仰向けーナになるとさらになめらかに歌麿様をアワアワ

完全体の歌麿様がS嬢にアッピールーする

乗っておくれ
乗ってスーマーターしておくれ

昔の池袋AQV並のミチャークを期待しましたが、キレイに洗い流しお部屋へ戻る

薄暗い秘密の小部屋はいつも僕に優しい

うつぶせーナからの丁寧な指圧にウトウトすると、さっそく仰向けーナ

たっぷりのオイリーナで歌麿様をゆっくりヌリヌリーナしてくれる

しかし、このゆっくりーナは絶品だ

中国で一体何をやっていたのだろう?

みっちり習得したのか?

ロッキー並のハードなトレーニングをしたのか?

それにしても素晴らしいゆっくりーナ

スローセ◯クスってのが一時期流行りましたが、そのノリか?

そのノリか
そのノリか
そのノリか藤原ノリか

藤原紀香
藤原紀香
藤原紀香ノリスケか

ノリスケか
ノリスケか
ノリスケかドスケベか

ジョイマンの高木とアンガールズ田中は親戚なのか

骨格がに過ぎて、ロッキーも間違えちまう

「ジョイマンのようにエンジョイしようぜ」
「誰それー? 」

「OPI見てもいい?
「ダメよそれー」

「エエドリアーーーーン!」

















満足な顔をしながらERベーターを待つ

「これから仕事に戻るデスカー」
「今日は休みやねん」
「あ~関西出身なんですカァ~?」

藤原紀香
藤原紀香
藤原紀香ドスケベか




上尾 『YOU美』夜空に浮かぶ一番星は巨根の星ですたい

大宮で降りようと思ったら、寝過ごしてしまい2つ先の駅に辿り着きました

毎日毎日ERいことを考え、それを文章にして書き込み、その文章を読みながら絵を描き、その絵を見ながら歌を作っていると夜も眠れない

そのため、それらの作品は全部卑猥なので、星一徹のように捨ててしまいます





















そんな日はエステだ

と電車に乗り込んだしだいであります




お電話すると
「今は予約でイパーイなのヨー」
と言われてしまいました

んがーふんがー

こんな遠くまできて足止めとは

「どのくらい待つの? 」
と聞くと

「30分くらいかな、ウフフ」

なんかERい

一気にコカーンに血液が集まり、僕の脳ミソが行け行けゴーゴーコイケヤポテトチーーーップスと指示が出る

なんだかんだ上尾にはチャイマッサが多い

以前行ったお店に行こうかと思ったが、あの声を聞いたら、30分くらいアッという間だろうと思ってしまった

ドアを開けるとターニーマーが美しいR嬢がお出迎えしてくれる

こんな北の方まできて、こんな素敵なターニーマーに巡り会えるなんて

おティンポを触らず、待っててよかった

こんな郊外のお店は、もしかしたらもしかする

郊外のお店は飛ばしまくるからぁ~

あなだがぁ~

好きだがだぁ~

そう思うとまたコカーンに血液が集まり始めた

90分10K

「全部脱いでネー」

すでに天井を向いている歌麿様とともに戦隊ルームへ移動する

笑顔の絶えないR嬢がオーシーリーを向けて案内してくれるので、後ろからムサボリついてしまおうかと思った

シャワーで暖められた戦隊台に向かい
「はい、どうぞ」
と言うその姿がなんか可愛い

ERそうだが、可愛い

ER可愛い、というジャンルを確立したコーダクミ

コーダクミみたいな女の子って、埼玉に多い気がする

気のせいか
森の妖精か

うつぶせーナになると、大量のアワアワで背中から脚、そしてOK2にスリスリヌリヌリ

熟練の技と絶妙なトーキングとヌリヌリスリスリング

少女のような無邪気さを兼ね備えているR嬢の滑らかすぎる手の動きに、またコカーンに血液を集めてしまう

仰向けになると、しっかりと歌麿様を洗ってくれる

ピカピカツヤツヤのカリクビッチは、いますぐにでもおムコに行けそうだ

「では、戻りまショー」

完全FBKのままお部屋に戻り、うつぶせーナ

タオルをかけ、丁寧にほぐしてくれる

この上尾でどのくらい活躍しているかはわからないが、美貌と技術を兼ね備え、いつもニコニコで丁寧な仕事っぷりを見ると、そうとうな人気嬢だろうと推測できる

大宮から電車でちょっとだけ揺られると辿りつけるこの上尾を独占するつもりか

意外にも栄えているこの地には、人が多そうだ

そうなると同志も多そう

助平は全国にいるからぁ~

ジョー阪神からオイリーナを始め、徐々に下へ下がる

OK2のプニプニほっぺをもみほぐしがら、ケツメドラインを、つつつ…

さりげなくコーモンちゃまに触れられると、釣り上げられた魚のようにピクピクと動いてしまう

そこからシワシワのお袋様を引っ張りながら、柔らかいお手手を滑り込ませる

息を合わせるように腰を浮かせ、いわゆるひとつの「裏の世界」へと誘うのだ

「いらっしゃいませー!」

半BKでお待ちしていた歌麿様は、ヌルヌルのオイリーナに包まれると早々に完全FBKへと変貌する

東京ドームのホームベース上の天井カメラから見たら、何をやっているかわからない

この秘密の花園は、ビデオ判定でもきっとわからないだろう

たまらない気持ちのまま、仰向けコール

大量のオイリーナとR嬢の笑顔

前かがみになり、大量のオイルをお腹辺りに乗せると、自然にOPIのターニーマーが目の前に迫ってくる

B地区まで見えそうな至近距離は計算か天然か

色白のお顔は笑顔なので、思わずオイタしたくなる

上尾でアゲアゲにされるなんて

こんなにアゲアゲにされるなんて~

「こういうの好きでショー」

もちろん

「好きだがだぁ~~~~~~~~~!!」



アゲアゲ気分になった僕は、そのまま美容院に入りました

「今日はどんな感じにしましょうか?  」

「角刈りにしてください」

錦糸町 『エススタイル』まつがいないこのお店は、今日も元気に午前中から営業しているのだ

腕を交差し、飛び跳ねるように錦糸町駅に降り立ちました

相変わらず、ERい雰囲気と怪しさ満点のこの街に、ビンビンにそびえ立つスカイツリー

江南スタイルを歌いながら北口を突き進み、「オ、オ、オ、オ、オッパカンナムスタイル!」と叫び続けました


錦糸町「エススタイル」


指名料を払って指名した方がいい派の僕は、高リピート率のS嬢をシメー

高リピート率にはそれなりの理由があるはず

指名料2Kなんてなんともない

高揚した気持ちを抑えようとしましたが、カラダが勝手にカンナムスタイルを踊ってしまったようです

「こんにちわぁ」

おいおい
おいおい

写真とは印象が違うでないかい

しかし……

なんともERいスタイルをしている

このERボディからお顔を差し引いても、有り余る興奮

しかも助平そうな口元だ

このERフェロモンはなんなのでしょう

相当なERとみた

さすがは錦糸町

ERいスターイル

70分14K
シメー2K

「ここ初めてなのー?  」
「スケベラインの方には何回もきてるよ」

まずは定番の会話

数年前エスラインにきたが、同じ部屋のように感じる

いや、きっと同じ部屋だろう

マットの敷かれた広めの部屋で服をヌギヌギ

その間、シャワーを出してくれる

日本人のお店では当たり前の気遣い

いいっすね

70分しかないのでチャッチャと浴び、お部屋に戻る

お着替えを済ませたS嬢がまた笑顔で迎え入れてくれた

「今日はのんびりしてくださいねぇ」

マットに座り、超丁寧で素晴らしいご挨拶に歌麿様はさっそく伸び伸びする

眼前に迫るデーカポーOPIがさらに僕を挑発した

「オ、オ、オ、オ、OPIカンナムスターイル」
「うふふ」
「タ、タ、タ、タ、タッチャッタスターイル」
「うふふ」

完全FBKの歌麿様を見て、優しく微笑んでくれるS嬢

大人の対応とはこのことか

少し汗ばんだ背中と、オイルの香り

大人の部屋に来たのだ、と改めて思いうつぶせになる

片脚ずつオイリーナするその柔らかい手の平は、OK2の裏から優しくカスリーナする

デカ紙Pをチョキチョキするなら、最初から……

そんな感じで、アメリカンホームダイレクト

Non Non Non

アメリカンホームカスリーナ

シワシワの裏玉様が
「わしゃ~、もう年でヨボヨボだわい」
と言っておきながら、カスリーナされると
「まだまだ若いモンには~」
となる

OK2の揉みほぐしから腰、背中、肩と丁寧なマッサをしマッサしてくれる

仰向けコールでオープンソース的な醤油になると、歌麿様は天井を見つめた

「うふふ、よろしくね」

深々と下げた頭を、コ・カーン付近まで持ってくる高等テキニッキからスタートっす

S嬢のお手手がコマネチラインを優しくスリスリ

さっそくナイスなカスリ具合に歌麿様が目を覚ました

脚を曲げたり伸ばしたりのオイリーナヌリヌリ

コマネチラインへの切り込み具合が絶妙

かつ、正確に歌麿様をカスらせる

リンパの流れが一気に中央へ集まってくるではないか

「気持ち良すぎる…」
「うふふ」

ERボディと助平そうな口元がさらに妖艶に見え、濃厚マッサにガーマンジールーが光輝く

布1枚で隠されたデーカポーのOPIが、僕の手を待っているようだ

いや、待っていてくれる

いや、絶対待ってる

待ってるに決まってる

完全FBKの歌麿様をメトロノームのように左右に揺らし、その手でOPIを迎えに行く

「こんにちは、チンカス星雲から来たカリクビッチだよ! 」

優しいS嬢は、また微笑んでくれる

「もう……スケベねぇ」

「オッス!  オラ助平! 」

「うふふ」

笑顔に包みこまれた僕は、またカンナムスタイルを歌うのでありました

「オ、オ、オ、オ、OPIハムハムスタイーーーーール!! 」













いつも錦糸町は僕に優しい

夜空に輝くER星雲には、錦糸町みたいな街がたくさんありそうだ

ロケットの運転免許証を取得したら、一度行ってみたいものです





S県T市 助平なマンモンマンションには秘密の奥様がいっぱいOPI

この手のエステ店はたまらない

よくアサ芸などで伏字で書かれていたお店のようだ

昔はS県T市のような見出しに、どこだどこだと詮索したものです

川口かどこかのジャスコの屋上駐車場に停めてある白いワゴン車の中でイングリモングリやら

船橋かどこかのサウナの従業員はチャイ娘ばかりで、仕事終わりを誘うと簡単に連れ出せてヤレちゃうとか

そんな情報交換を飲みながらするのが楽しくて

いま雑誌からブログになり、手軽に情報を得ることができる

たまには変化球的なエステで遊びたい方や、次世代の助平にオススメなので、書き記しておきます

電話をすると、あまり上手くない日本語で案内してくれる

案内先は、最近建てまくっている高級マンソンの一つ

世帯数は軽く300を超えるマンモンマンソンだ

こんなところにお店があるのか

オートロックを解除してもらい、住民のフリをしてコンシェルジュがいるカウンターを通り過ぎる

この時、「僕は住民ですが何か?」的な気持ちじゃないとオドオドしてしまう

とは言っても初めての場合、エレベーターの場所がわからない

若干キョロキョロしましたが、家族連れがぞろぞろ出てきたので、とにかくそちらへ向かうとERべーターがありました

その時、一本の電話が

「1番右のエレベーターで上がってきてネー、100メートルぐらい右に行くとあるからネー」

お店からだった

しかも、100メートルか

確かにマンソンの端っこを見るとそのくらいはありそう

とりあえずテクテク歩き、ERベーターを目指す

途中、小さな子どもが走りまくってたり、親子連れに挨拶したり

マンモンマンソンっぽい日常を目にすることになります

助平とバレないように「こんにちはー」と爽やかに挨拶

これから助平なことをするとも知らずに「あ、こんにちはー」と返してくれる

敵の秘密基地に乗り込んだ心境だ

ERベーターを上がると案内通り、目の前が指定された部屋だった

ピンポンを押すと、白いスリップを着た熟姐がノーブーラーでお出迎え

いまにもポロリしそうな垂れた巨NEWと、エッチなことが大好きで溜まりまくってます、という顔が印象的だ

「どうぞぉ」

中に入ると生活感丸出しの普通の家

リビングにはテレビもあり、ソファもあり、キッチンには洗い残した皿もある

普通に生活してる

そこで疑問点が出てきた

この熟姐の家か?
旦那はいるのか?
子どもは?

確か玄関に男性用の靴があった

旦那が仕事の時間にマッサをしてるってことか?

「ここは何時までやってるの?  」

旦那と鉢合わせとかイヤなので聞いてみる

12時までやってるヨー」

うーん
その後に帰ってくるのか?

「毎日忙しい?  」
「夜が忙しいネー」

夜もバリバリやってるのか

そうなると、子どもはいないっぽい?

考えごとをしていると、完全に寝室だろうという施術部屋に通される

マッサージチェアがどんと置いてある

パソコンで中国のニュースが流れている

異空間だ

60分9K

ヌギヌギし、マッサージチェアに服をひっかける

そのままうつぶせになり、マッサが始まった

全身にタオルをかけ、力の入っていないマッサは明らかにニュースをみながらのものだろう

早々に仰向けになり、テロテロのスリップをズリ下ろし、大きなOPIをもみまくった

こんなオイタは特に問題ないだろう

B地区をしゃぶりまくり、おパンツの中に手を入れる

指でクリクリし出すと、少しだけ息が荒くなった

FBKの歌麿様を握り、上下にうごかす熟姐

このまま一発貫太くんコースかと思いきや

「あと、5しぇんえんヨー」

と言ってきた

なるほど
しかも、こんな熟姐に計14Kはないな

そう思った僕は、そのまま寝そべり手なづけられた助平犬のようにおとなしくなる

完全FBKの歌麿様にチューブ型のローソンをつけ、優しく握ってくれた

気持ちのいい手コキと、どこにでもありそうな部屋でのひと時に変な錯覚を覚えてしまう

このオバハン、宅急便のお兄さんや飛び込みの営業マンにも手コキをしていて、僕も飛び込みにきたら、してもらっちゃった的な

そんな日があってもいいかも

そう思いながら、白濁の助平汁を寝室に撒き散らすのでありました

「ウタマーーーーーーーロ!!」











「この後も予約が入ってるのよ、今度は
予約してゆっくりきてネー」

助平な笑顔で見送る熟姐

扉が閉まった瞬間、また日常に包み込まれました




最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ