メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

2016年02月

越谷『コンフォートラブ』早朝からやってる助平なお店

http://comfort-love.info/

誰か行きましたかね?


気になる

image

本厚木『エレーネ』岡田彰布と岡田真澄とイジリー岡田のバックスクリーン3連発

ホイップクリームを見ると原宿を思い出す

原宿で食べたとか、そういう思い出はないが、オサレな横文字を見るとなぜか原宿と直結する

田舎モノのサガか




二階建てのバッティングセンターで特打に精を出す

寒いので100スイングしないと汗をかかないが、今年のドラフト会議になんとかひっかかるよう、必殺のローリングサンダーアッパースイングに磨きをかけよう

やはり冬場はグアムかワイハあたりでキャンプだ

夜は夜で、ルービーにシースーとチャンネーにうつつをぬかして、夜のバットもキャンプインしたいね

そんなこんなでバッティングセンターを後にし、マンソンへと向かう

「いらっしゃいませ」

お出迎えしてくれたのはムチムチボデーのセラピスト様

いかにも、マッサやってました的なオーラだ

ホイップ&オイリーナ130分21K

軽くチンカスをとる程度にシャワーを浴びて、お部屋へ戻る

防水シートの上にうつぶせーナになると、原宿に売ってそうなホイップクリームが運ばれてきた

「美味しそうスね」
「美味しいよぉ」

そのまま、お背中に乗せ、ゆっくりと泡をのばす

温かい…

本来ホイップクリームはイジリー岡田のような高速ベロベロで舐めるモノなのに、今日はなんだろう

逆に、僕のカラダを舐めまわされている気分だ

背中から腰、そして両の脚

何度も観たAVのワンシーンのように、全身を舐めまわされた

ホイップクリームを乗せた巨大なコーンと化した僕のカラダが、セラピスト様の柔らかいお手手に反応する

うつぶせーナながら、すでに半BKだ

「では、シャワー行きましょ」

全身をホイップクリームに犯された僕は、マターリとバスルームで泡を落とす

排水口に流れる白いアワアワが、僕に向かって舌をベロベロしている…

イジリー岡田よりも速いベロベロだ

こんなベロベロのアワアワに包まれていたなんて

思い出しただけて、再び半BKだ

お部屋へ戻り、またうつぶせーナ

「では、オイルに入りますね」

片脚ずつ丁寧にオイルをヌリヌリすると、股間のキワキワまで手が伸びてくる

いいぜ

ヌリューーー…

ピト

いいぜ

柔らかいお手手だ

いいぜ

ヌリューーー…

ピト

いいぜ

ロマンスカーの終点は箱根ではなく、プヨプヨの玉袋駅

「終点玉袋ォ~玉袋ォ~」

「え、え、なんて?」

「スパイダーフラッシュローリングサンダー」

「ちょちょっちょっちょっちょちょっと待って玉さん」

仰向けーナ

再び片脚ずつヌリヌリすると、胸のターニーマーがよく見える

お、そういえば

枕が高い

なんとも

力を入れて下から上にスリスリする

素晴らしいターニーマーがどんどん近づいてくるこの映像は、アナログな3Dだ

触れそうで触れない

大きなOPIの幻影を残しつつ、また下へ下がっていく

名付けるなら、3Dエステか?

男心を知り尽くしたセラピちゃま

挑発するように上下すると、柔らかそうなOPIがプルプルと揺れた

「春一番でも吹いているのかい?」

「え、え、なんて?」

「ゲンキデスカフラッシュローリングサンダー」

「お疲れさまでしたぁ」

新宿御苑『コヨーテ』微笑みの国からやってきた極上エローテ

コヨーテ?

なんスか、それ?

同志から話を聞き、ホームページをみてみる

むむむ

よいではないか
よいではないか




電話に出た男性から案内され、新宿御苑の近くを誘導される

解き明かされない迷路を天の声の指示に従い道を歩く

少年の心を持った大人男子はワクワクするだろう

キラキラした瞳でマンソンを見上げ、ERベーターに乗り込む

このドキドキは、毎度毎度たまらないものだ

ピンポン

「いらさませぇ」

写真通りのタイガールE嬢が顔を出す

パネマジが少ないのはタイマッサのいいところだ

微笑みの国の人らしく、笑顔で、しかも巨NEWをプルプルさせながらお部屋へ案内してくれる

よくある派手な飾り付けや、不思議な象さん?神様?みたいなのはなく、シンプルな室内

たぶん、2部屋

もう先客がいた

やはり人気店なのか?

このお店を書いているブロガーも数名いたので、評判はいいのだろう

90分11K

服をヌギヌギし、タオルを巻いてバスルームへ

超ちゃっちゃとシャワーを浴び、お部屋へ戻る

巨NEWの時は1分でも1秒でも無駄にしたくない

解放感たっぷりの全ラーでうつぶせーナでマッサ開始っス

足裏を丹念に

そして、ふくらはぎ、からのモモ裏

からの、ケツ

さすがにマッサの国の住人

丁寧、かつ力強くコリをほぐしてくれる

そして、なぜかエロい

僕の頭の中のハツカネズミがダンスを始める

ビバ!エローテ

ジョー阪神に移るが、よくあるキャメルクラッチ的なことはなく、オイリーナマッサ中心のマターリマッサだ

蒸しタオルでフキフキし、仰向けコール

再び巨PIと遭遇し、視覚の欲求を満たす

ノーパンブラブーラの歌麿様がヨダレをたらして待っているが、丁寧に右の手や腕をオイリーナしていた

早く…

そして、マターリと左の腕を…

早く…早く…

ヨダレの分泌量が増えてきた

頭の中のハツカネズミが「待つわ」を歌い始める

化阪神に移動した柔らかくて温かいE嬢のお手手がコカーンに近づくと、僕は腰を上げて迎えいれた

「はい、いらっしゃい」

遠慮がちにお玉袋をコロコロコロコロオイリーナしている

気持ちいい…

歌麿様は早々とFBKだ

微笑みの国の住人は僕を見つめ、優しく微笑んでくれる

「オパーイ見たーい」

「え?」

「オパーイ見たーい」

微笑みの国の住人は僕を見つめ、また微笑んでくれた


真っ白に輝く光の向こうに、どこまでも続く深緑の大草原が見える

おばあさんが編んでくれたセーターを着た僕に、野球帽をかぶったコウモリが笑顔で話しかけてきた

「オレたちの国境は地平線さ」

亀有『ボディリゾート』こち亀の両さんもきっと通っているはずさ

街にはそれぞれイメージがあるもので
(・ω・)

ここにくると、どうしても両さんを思い出す

ジャンプを買っていた小学生の僕は、文字の多い「こち亀」を飛ばして読んでいた

今思えば、読んでおけば良かったと後悔している




金色の両さん銅像を横目に歩いていると、小綺麗な看板を発見する

亀有っぽくない

しかも、アジアンぽくない

お店が入っているビルの2階へ上がると、これまた広くて綺麗な受付

高級志向なのか?

この様子だと、アジアンらしいヌチャヌチャチョメチョメはないのかも

最近はアジアンでも健全店が増えている

時代なのだろう

受付の女性がメニューを案内してくれた

90分10K

「ちょとまてネー」
と言い、そのまま奥に入っていった

その2分後、赤いキャミに着替えて再登場する

そのまま担当なのね

髪をアップにしたK嬢は、銀座のママ風ヘアーで部屋へ案内してくれる

半個室も綺麗だ

亀有っぽくない

「戦隊いきまショー」

なぜかT紙Pを装着し、戦隊ルームへ

これも亀有っぽくない

暖房のついた戦隊ルームは暖かく、マターリできる…

できるのだが、アワアワは普通だ

健全だ

これが時代か

お部屋に戻り、新しいT紙Pを装着し、うつぶせーナ

カラダ全体にタオルをかけ、しっかりゆっくりとほぐしてくれる

マッサ歴が長いK嬢

普通に気持ちがいい

「痛かったら言ってネー」
「気持ちいいよー」

物静かなのか、警戒しているのか、口数が少ない

単なる小市民の僕は元々無口なので、何者かわかりづらいのだろう

ただただERいことばかり考えているムツーリスケーベなだけなのに

タオルを上半身だけゆっくりめくり、しっかりとしたマッサを終え、オイリーナへと移行する

まずは上半身

ふむふむ

上手いね

そして、化阪神…

と思ったら

「蒸しタオル持ってくるネー」

ほー

化阪神は仰向けーナでのお楽しみっスか

アチチの蒸しタオルで丁寧にオイリーナを拭き取り、お待ちかねの仰向けーナ

と、その時

カランコロン…

どうやら同士が来店のようだ

K嬢が動こうとすると、別の女の子が「いらさませぇ」と対応し始めた

もう1人いたのね

新しく入ってきた同志は、30分のコースを選択

30分じゃ指圧だけらしい

本気でカラダが疲れてんのね

まぁ関係ないから、いいか

隣の部屋に入った同志

僕とは違いお話好きらしい

女の子とキャッキャ話している

すると急に声をひそめ始めた

う~ん…気になる…

まぁ、こちらはこちらでK嬢が黙々とT紙P周りを丁寧にオイリーナしている

カスリそうでカスラない

細いゴムに手が入りこんできたと思いきや、ややカスリーナでスリスリーナ

絶妙なカスリーナに早くもFBKしている歌麿様

期待に胸を膨らませ、コカーンも膨らませる

亀有で亀アタマを亀アリにしてほしい

両さんもきっとそう言うに決まってる

その時、またもや隣から音が…

オイリーナの音だ

しかも、何かを反復しているような音だ

グチュッグチュッ

グチュッグチュッ

背中や脚やらをオイリーナしている音にしてはリズミカルだ

グチュッグチュッ

グチュッグチュッ

あのヒソヒソ話

そして、この規則的な音

アジアンエステに通いつめている僕には馴染みの音だ

これって、どうすればいいのだ?

このK嬢に身を委ねていればいいのか?

僕の歌麿様は期待している

貴女の柔らかいお手手を待ち望んでいる

オラにも聞かせておくれ

あの音を

オラにも聞かせておくれ

グチュッグチュッを

オラにも聞かせて…

「お疲れ様でしたー」

2236630i
























相変わらず、トーク力の無さに落ち込んでしまう

こんなことでは、100円ライターの1本も売れない

現代版マッチ売りの少女の僕は、この冬空の下、ライターの灯りにぬくもりを感じ、両さんにカンチョーするのであった

神田『バロス東京』神田離宮と呼ばれる日も近い…?

さっそく、BAROSという言葉の意味を調べてみた

モルジブにある観光地らしい

というよりモルジブってどこにあるんだ?


神田「バロス東京」


神田にもこんなお店があったのか
という雰囲気のホームページ

実際、行ってみないとわからないことが多いのはこの業界の常

神田にこんな綺麗なお店があるのかと半信半疑半BKのまま、西口を降りた

丁寧な電話対応で案内され、西口からほどほど近いマンションのインターホンを押す

神田駅西口からそれほど遠くないし、人も少ないエリアなので入りやすいのはポイントが高い

お出迎えは小柄な美人さん

ハキハキした感じと、パチクリした瞳が特徴的だ

座る時、思わず「おっととと…」と100%言ってしまうソファで問診表を書く

「みなさん驚きますねぇ」
と小柄なセラピストさんがニコニコしながら話かけてくれた

120分12K

服をヌギヌギし、バスローブをはおり、お一人シャワー

シャワーを終え、お部屋へ戻る

紙Pのことは何も言ってなかったし、聞く気もない

解放感に包まれながら、ノー紙Pでうつぶせからマッサージ開始

力の入ったマッサージは神田のチャイエスを思い出すが、以前は整体院にいたとか

なるほどね

小さい頃からグイグイマッサージに明け暮れ、お小遣いをもらいながら大人になったチャイエス嬢とはモノが違う

カラダのツボとリンパを完全に把握している施術は、自然と心にやすらぎを与えてくれる

脚から臀部へ移動し、中年の垂れ下がったケツをグイグイもみほぐす

「お尻はコリを感じにくいですが、実はマッサージしてあげるとスゴくいいんですよぉ」

確かに

たまに、草野球やフットサルなどの激しい運動をするとケツが筋肉痛になるが、普段は何も感じない

おシリを揉みほぐすことで、腰や脚にも効果的とかなんとか

いいね

知らない情報を聞くと頼りたくなる

プロとはこうあるべきだろう

仰向けコール

デコルテ部分から、脚へ

素敵な笑顔のまま、気持ちのいいツボを捉えてくれる

いつもなら、ここで胸の谷間にうつつを抜かすのだが、このレベルのマッサージならそのままカラダを委ねよう

そして、またうつぶせコール

ダブル仰向けはあるが、ダブルうつぶせは体験したことがない

そのまま、カエル足になり、後ろからコマネチラインをグイグイ…

前後にグイグイ動かすゴッドハンドが、解放感たっぷりの股間にも伝わる

この時間が永遠に続けばいいのに…

Oh…

FBK…

…………


帰り道、ぐるりと駅の周りを歩いてみる

入りくんだ路地に怪しい看板

居酒屋、キャバクラ、ピンサロ、チャイエス…

本来の神田を眺めながら、BAROS tokyoを反すうしている自分がいた

最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ