メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

2016年03月

エステ王子と呼ばれる男

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/小野浩二

そんな方もいらっしゃるのですね

誰にエステ王子と呼ばれるのか?

一度フルティンで受けてみようではないか

s-IMG_00122

小川町『オリエンタルドリーム』パシフィックドリームとアメリカンクラッカー

都営新宿線沿いを歩いていると15~6年前を思い出す

単なるフリーターだったのに、週末は狂ったように風俗通い

当時、竹の子はぎと呼ばれる料金体系が当たり前だったため、太っちょのオバハンや汚い熟姐にどんだけスラれたことか

あの時は完全に、頭の中の脳ミソがボリウッドダンスをしていました




ERベーターで6階へ向かう

昔、7階は行った気がするが6階は初めてだ

ERベーターの扉が開くと真っ先に金色が目に入る

とっさに思い出したのは、マツケンサンバ

「いらっしゃいませ」
「松平ケンシロウだ」
「はい?」

坊主頭の兄さんと受付のシャンデリア?を見ていると、ここはエステではないのではないか錯覚してしまう

90分12K

シャンデリア風の電灯がある受付から、完全な和テイストの暖簾をくぐりお部屋へ

このお店、だいぶ広いなと感じたが、7階に行った時もずいぶん広いな、と感じたのを思い出した

ベッドタイプのお部屋に入り、女の子を待つケンサンバ

内装はやはりインド風

お香?のような香りもする

カレーの匂いはしないので安心した

戦隊ルームも部屋についている

僕たちのような、ER黄金世代はファッションヘルスをすぐに思い出してしまうが、シャワールームへの移動やら他の客との鉢合わせやら考えたら、これはこれでいいのかも

コンコン

「いらっしゃいませぇ」

真っ先にターニーマーに目がいく巨NEWのK嬢

ムチーリムチムチなバデーとエキゾチックじゃぴゃん的な美人さんだ

服をヌギヌギし、戦隊ルームへ

うつぶせーナでアワアワする柔らかいお手手

ヌルーリスリスリ
ぺちゃーりスリスリ

こうしている間も巨NEWは右に左にプルプル揺れているのだろう

あぁ…
見てみたい

たっぷんたっぷん揺れているオパーイを眺めたい

「仰向けでぇ」

下から見上げるK嬢が、よりいっそうエキゾチックでミステリアスに見える

思った通り、アワアワしながら大きなオパーイが右に左に揺れている

なんということでしょう

五円玉を目の前で揺らされ、催眠術にかけられ、何かに導かれるように、化阪神が隆起してくる

これが、オリエンタルドリームか?

金色の夢の中へ連れて行かれる

ドリームサーカスのテントのようになったまま、お部屋に戻りましょう、と促されうつぶせーナ

再び金色の夢の中へ連れて行かれる

心地よく聞こえるBGMと滑らかなオイルのすべり

日頃の寝不足がたたり、ウトウトしてしまう

ウトウトしてしまったら、部屋の中でボリウッドダンスが始まるのだろう

しかも、映画のように何百人で
(*_*)

そのまま撮影に入り、インドで上映されてしまうかもしれない

アカデミー賞にノミネートされればいいが、全ラーでFBKしているのにワースト映画を決めるラジー賞では恥ずかしい

そうなる前に確かめておこう

撮影しているかどうか、とついでに巨NEWを
(*_*)

「どーしたのー?」
「ナマステ」
「仰向け?」
「ナマステ」

仰向けコール…

下から見るK嬢は、やはりエキゾチックでミステリアスで、そして巨NEW

魅惑的な表情と、レッドスネークカモン的な妖艶なお手手が、コマネチラインと都営新宿ラインをねっちゃりまったり交差させる

タージマハールの柱のような歌麿様は、カチンカチンとインドの空を突き上げている

このままFBKを継続すれば、世界遺産登録も夢ではない

世界初の人体の、しかも人体の一部分の世界遺産だ

これは素晴らしい

取材も殺到するだろう

取材のたびにカチカチにしなくてはいけない

観光客も来るだろう

観光客が来るたびカチカチにしなくてはいけない

取材や観光客が来るたび、K嬢にお願いしてカチカチにしてもらうしかない

なんということでしょう

よく考えたら結構大変だ

労力も資金力もいる

それより何より、このFBKを…

「お疲れ様でしたぁ」

0107-02
















「タージマハールってカリ首みたいだね」

と言うと、優しく添い寝して抱きしめてくれた

僕の歌麿様は、いまだにボリウッドダンスを踊っている



池袋『癒きゅん×2エステ ナースコール』極上アロマエステと極上の接客のミチャークエステ

看板がなんとも魅力的

普通にヘルスだと思ったら、実はエステ店なんですね




受付の男性に80分コースの12Kプラス消費税を支払い、アンケートに記入して女の子を待つ

ソファに腰かけていると、太陽のような笑顔のERボディ、Y嬢が登場ス

ゆき1 - コピー































「こんにちわー」
「あ、はい」

Y嬢と手をつなぎ、ERそうな個室へ

部屋の中にシャワーがついている

これだけの広い部屋なら、大の字になってマッサを受けられますな

シャワーを浴びて、ブリーフ紙Pを装着しうつ伏せーナ

「では、よろぴくお願いしまぁす」

と言いながら、いきなり背中へのミ・チャークが開始

Oh…モーレツ

「今日はどこが疲れてるのぉ」
「お部屋寒くないですかぁ」
耳元にゴニョゴニョ話しかけてくるので、少しこそばいバイ

しばらくゴニョゴニョプレイを楽しんだ後は、ガッツリオイルマッサ

「コってますねぇ」

結構上手いやないか

看板のイメージから勝手に、ミ・チャークメインかと思いきや

聞くと、エステ経験は豊富らしい

うつ伏せマッサが終わると、仰向けへ展開

片脚ずつ丁寧にオイルを塗りまくると、僕の右側に陣取り、ソイネーコマネチスリスリ

なるほどなるほど

ブカブカの紙Pに細い指先が入り込んでくる

ヨカ…

ヨカト…

さらに左側に陣取り…

Oh…

これだけ陣取られたら、そのままの勢いでチン取られるのではないか!

そして頭側に周り込み、ヘッドスライディングのように手を伸ばしてくる

紙Pのホームベースに滑りこむと、わずかながらカスリンしてくれました

「ギリギリチョップだね」
「何それー」

そのまま僕の体をよじ登り、70マイナス1スタイルに

もしも僕が石川ゴエモンだったら、こう言うでしょう

「絶景かな、絶景かな」

もしも僕が松尾芭蕉だったら、こう言うでしょう

「おパ○ツや、嗚呼おパン○や、お○ンツや」

もしも僕が徳川家康だったら、こう言うでしょう

「鳴かぬなら、脱いでしまおう、紙パ○ツ」

もしも僕が…

「お疲れ様でしたぁ」

「ドーーーーーーーーーーン!!」

ゆき2






















いつの間にか紙Pをふくらませていた僕は、再びシャワールームへと向かいました

春の眺めは、やはり価千金ですな

次回は10分延長無料らしいス


高田馬場『メンズエステ イオ』イオンで四つん這いになってワオーン

ジャスコでお買い物をしてきました

「やっぱジャスコはいいなー」と喜んでいたら、今ジャスコって言わないみたいッスね

イオンって言わないと昔の人と思われますな




お電話をすると男性が出ました

完全予約制と書いてありましたが、「これから30分後、大丈夫っすかー?」と聞くとOKとのこと

新人のコですけど…と言うので「ええよー」と答えておきましたわ

マンソンに着き、お出迎えしてくれたのは、石原さとみ似のちっちゃいN嬢

石原さとみに似てるというのはこの玄関の時に感じたのではなく、仰向けーナになった時の下から見た感想っす
(・ω・)

でも、OPIは大きいし、可愛い女の子なので玄関の時点でもテンションは上々ですな

週エスでしたら、10分サービスか、1K割引を選べるとのこと

90分10K
あと消費税を取られたので、結局10.8K

白いブラウスからターニーマーが見える

ちっちゃいのでターニーマーが見やすい

いいぞ、N嬢

抱きしめてチューしたくなるタイプのセラピちゃんだ

全ラーになり、バスルームへ行くと湯舟にお湯がはってある

だから完全予約制だったのね

「ごゆっくりどうぞぉ」

うむ
くるしゅーない的シチュエーション

いいですな

湯舟

この湯舟はN嬢と入りたい

もしくは、N嬢が入っているところをのぞき見したい

由美かおるバリのセクシーショットを見てみたいっす

お風呂から上がり、トランクス型デカ紙Pを装着する

しかし、このデカ紙P、両サイドに深い切り込みの入ったいわゆる「ムジーナ・ハメド」紙Pですやん

超絶テクのディフェンスの持つ、元世界チャンピオンのムジーナ・ハメドですが、この紙Pを履いたらセラピちゃんからの攻撃をモロに受けまくるという「ムジーナ・ハメド」紙P

通常だと装着した後、ハサミでジョキジョキパターンですが、ここは始めから切り込んでんのね

これは期待できます

うつぶせーナからマッサしマッサ

初心者というわりには上手い

マッサージはやっていないけど、マッサージにはよく行くらしい

なるほど

やってもらうと気持ちいいポイントを知っている

オイリーナに入ると、ところどころ石原さとみ子ちゃんのフトモーモーがミチャークしてくる

柔らかい…

ちっちゃくて柔らかくて可愛い

やっぱり、抱きしめてチューしたくなるタイプのセラピちゃんだ

カエル足で裏からコマネチラインをスリスリーナ

まだギコチナイお手手の動きが、何か間違いを犯すのではないかと期待してしまう

タマ袋近辺にきたら、腰を浮かしてヒョイっと歌麿様をお手手にぶつけてしまおうか

イタズラ心に火がつく

よし、いまだ

ヒョイ

カス!

イエス!ナイバッチ!

ヒョイ

カス!

イエス!高須クリケット!

「では、あたたかいタオルお持ちしますねぇ」

あ、行ってしまった

まぁ、これからお楽しみな仰向けーナだ

前戯はここまでにしておこう

蒸しタオルでフキフキした後、仰向けーナになり再び可愛いお顔を眺めることができた

「似てるねー」
「えぇ、そんなぁ…でも、たまに言われるんですよぉ」

うんうん

可愛いぞ

可愛いぞよ

世が世なら「ちこーよれ」と抱きしめられていたろうに

そんな石原さとみ子ちゃんに対し紙Pに隠れた不純なコカーンは、また淫らなことを考えている

たっぷりのオイリーナでコマネチラインをスリスリーナ

チャンスはいっぱいある

それにしても、大きなOPIだ

たっぷりモミモミして、石原さとみ子ちゃんとのお時間を謳歌したい

お毛毛の辺りもスリスリーナ

もうちょい

もうちょいだ

巨神のようになった歌麿様と一緒に伝説を作りたいのだ

僕の坊やを触っておくれ

触っておくれよー

「オノデーーーン!」

0107-02















 
高田馬場駅にリクルートスーツを着た女子大生らしきものが大量に発生していた

ここから何人の女の子がエステ界のニューカマーになることやら

未来は明るいですな


越谷『コンフォートラブ』サイコパス的淫乱風俗エステ永久勃起狂想曲

世の中に気持ちいいことっていくつあるのでしょう

テレビに映し出された気持ち良さそうに交尾をしている亀を眺め、ふと考えていました




ラブホ特有のビニールカーテンをくぐり車を停める

たまには離れたところで欲望を満たすのも悪くないだろう

それにしても、相変わらずお盛んな人たちがいるもんだ

駐車場にズラった停められた車を横目にお部屋に入ることにした

コンコンコン

待つこと15分

ギャル風のサラサラロングヘアーに助平そうな大きな瞳

ガーターベルトのストッキングが丸見えのミニスカートをはいたM嬢が登場

年齢は30代だろうか?
特有のフェロモンと、過去に何百、何千とくわえてきただろう口元は抜群にエロい

きっと電車に乗ったら痴漢率98%だろう

「こんにちわぁ」

低血圧っぽい低いテンションが逆にそそる

90分18K→16K

服をヌギヌギしていると、エロいM嬢が近寄ってきた

「溜まってるのぉ?」

おティンポを握られ、完全なエロスイッチが入る

ワイシャツだけの姿で後ろからゆっくり上下運動されると、早々とFBKしてしまった

「シャワー浴びましょ」

一人で軽くシャワーを浴びていると、後からM嬢が入ってくる

助平そうなお手手に泡を乗せ、僕のコカーン周りを再び触りはじめる

おケツの後ろから、ねっちゃりぬっちゃり手を滑りこませ、お玉袋からおティンポを泡まみれにする

手品師のように2つの玉を転がし始め、おティンポの根元から先っぽに泡を広げていく

ガーマンジールーと泡泡がヌルヌル度を高めていった

「もう…出しちゃいたい…」
「まだダメよぉ」

イタズラそうな上目づかいと、ワイシャツから見える胸のターニーマーがまた欲望をそそる

「続きはベッドでね…」

完全FBKのまま、お部屋へ戻る

「うつぶせできないよ~」と言うと
「仰向けでいいよ…」と言ってくれた

可愛らしい子どもを見つめるように、真っ赤になって硬直してるおティンポを上から下から眺めている

「うふふ…」

妖艶な微笑みを浮かべ、丁寧なオイリーナマッサが始まった

両の脚からコマネチラインへのスリスリーナ

物欲しそうな顔でまたおティンポを上から下から眺めている

「ステキねぇ…ステキ…」

トロけそうなエロい目で僕のおティンポをこんなに眺めてくれるなんて

男冥利のFBK冥利に尽きる

「ステキよぉ…ステキよぉ…」

焦らしているのか、焦らされているのか

触りたくて触りたくてたまらないM嬢と、触らさせたくて触らさせたくてたまらない僕

しっかりオイリーナマッサしないと、という使命感が触りたい衝動を抑えているM嬢と、早く気持ちいいことをしてほしいが、まだもったいない気もする僕

「硬そうねぇ…きっとカチカチよねぇ…」

おティンポのニオイを嗅いでいるかのように、上から下から眺めている

大きく見開いた目がおティンポから離れない

アメリカ空軍もビックリのロックオンだ

「いいよ」
「え?」
「触っていい…」

触っていいよ、と言いきる前にM嬢の柔らかいお手手は僕のおティンポを握っていた

どれほどガマンしていたのだろう

オリから解放された猛獣のように、僕のおティンポを唾液まみれにし、むさぼり始めた

フェラはオプションであったが、そんなことは後で考えよう

コロコロのお玉袋から裏スジを舌先で舐めながら通過し、ガーマンジールーが溢れている先っぽをジュルジュル音を立てながらむさぼっている

お腹のすいたライオンがシマウマをむさぼるように

「あぁ~…おティンポ…あぁ~…おティンポ…」

洋モノのAV嬢並の激しい息づかいとネチャネチャな淫乱性に、僕は感動すら覚える

真っ赤に硬直したおティンポから噴水のような大量の欲望が放たれたのは、それから数分後の出来事であった

ヨ…

ヨ…

「ヨー出リッヒーーーー!」


「うつぶせになって♪」

気持ちを落ち着かせた僕たちは、改めてラグジュアリーな時を刻む

元エステティシャンのオイリーナマッサはやはり特別で、リンパを丁寧に流す姿はまさにエステティシャンそのものだ

数分前の淫乱プレイとのギャップに、またコカーンがムズムズしてくる

「なんかまた興奮してきた」
「もぉ…しょうがないねぇ…」

AQJ8QSBQ


























帰り道、旧国道4号線はやはり渋滞していた

西の空を赤く染めている夕陽を眺めながら、先ほどまでの淫乱プレイを頭の中で反すうしてみた

きっとM嬢であれば、信号待ちの間も激しいフェラをしてくれるだろう

あぁ…

最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ