メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

2016年12月

蒲田 『テラピー』元ホームグランドのこの街の景色は、いつまでも変わらずにいてほしい

お電話すると
「あーい、あーい、空いてるヨー、ダイジョブヨー」
と熟姐が対応してくれた

「OPI大きいコいる?  」
「あーい、あーい、いるヨー、いるヨー」

半信半疑のまま、お正月準備が忙しい蒲田の街をテクテクと歩きました




見慣れたビルのERベーターを上がり、受付の熟姐に70分12Kを支払う

「あーい、あーい、寒いネー」

店名は変わってもこのお店は元気のようだ

「Yちゃーんでーす、あーい、どーぞー」

この口調を聞いてると、どうしてもとんねるずを思い出してしまう
 
1















短めのカーテンをくぐると、お目目のクリクリしたOPIの大きいY嬢が、ニコニコしながら待っていた

ヨカですな

当たりッスね

さすがッスね

「じゃあ、服脱いでキチョーヒンもここに入れてねー」

ヌギヌギしながら、赤いキチョーヒン袋にサイフを入れた

以前はメンドくさがって「いーよいーよ」と断っていたが、ママさんから言われているらしい

まだ混んでいないアカスリルームに移動し、うつぶせーナ

先客がいたのでアカスリルームはまだ暖かい

同志もここで、ひとBKさせたのだろう

「サッパリするでショー」

可愛い声で話しかけながら、アワアワのボデーウォッシュ

OK2のワーレメーも丁寧にゆっくりアワアワしてくれる

ナイステキニッキ

まだ入店して1ヶ月らしいが、アワアワセンスがいいのだろう

仰向けになっても丁寧なアワアワウォッシュは続き、ゆっくりと歌麿様を包んでくれる

先客の同志と同じく、僕もひとBKさせてお部屋に戻ることにした

よくある穴開きベットにうつぶせになり、Y嬢を待った

70分コースだったのでいきなり蒸しタオルで包みこみ、その上にカバーをかけてくれる

寒い時期の蒸しタオルはほっとするッスね

カラダの芯まで温めてくれそうだ

「乗るヨー」

また可愛い声で話しかけてくれる

なんかいい

「Yちゃん、人気あるでしょう?  」

「普通ダヨー」

うーん、謙虚

やはりヨカですな

ゆっくり乗るとちょうどいい重さの足踏みが開始

親指をグッと入れ込み、背中をボキボキさせる

わかってるね

これが気持ちいいのだ

ホイル焼きのような状態で背中から腰へおりていき、太ももの裏からふくらはぎも丁寧に圧をかけてくれる

足踏みをやるために調整したような、ちょうどいい重さ

太り過ぎたら減量でもしてるのか?

それとも、ある一定ラインの体重を越えると自由契約なのか?

プレイヤーたちも過酷だ

さて

ほんのり汗ばんだところでシートを剥がされ、軽く指圧し仰向けコール

「ちょとまてネー」的なツイートをしてお部屋を出ていった

今日の蒲田は冷たい風が吹いている

ボクシング漫画の「はじめの一歩」で描かれていたが、カラダがヒートアップした時はイチモーツを冷やすのが一番のようだ

さっきまで冷やしまくっていた僕の歌麿様は、氷山のようにカチコチに凍っている

嬬恋村のキャベツのように、寒さに耐えながら甘みを蓄えている

この甘みは、欲ボーという名のエレクトリックサンダー

デンプシーロールをはじめた歌麿様は、練乳のやうな甘みをどんどん蓄える

水道橋駅でARASHIファンにもみくちゃにされた時のような、激しいデンプシーロール

いったい、そのロールの芯は何でできているのか?

夕陽をバックに彼は言った

「オレたちの国境は、地平線さ」

「ロールキャベーーーーーーーーツ!」

20100708
















駅に近づくと相変わらず、あのアナウンスが聞こえてくる

「スマタ~、スマタ~」

スマスマも、スマタスマタという番組名にしておけば、あと30年は続いたかもしれませんな

蒲田 川崎 武蔵小杉 マッサージで日本人エステティシャンのお店一覧♪





市ヶ谷 『アロマフェリーチェ』先生と呼ばれる男の90%は変態だと思う今日このごろ

ルノアールで一服していると、おじさまとおばさまの団体さんがワラワラと入ってきた

おばさま方が「先生♪先生♪」と呼んでいる

どうやら、1人のおじさまが先生らしい

なんの先生なのか?

先生といえば団鬼六だが、どうやら違うようだ

_SX298_BO1,204,203,200_
























ERの世界に住んでいると、すぐそちらに直結してしまう

仕方がない

ちなみに直結と書いている間、ずっと女の子のOK2を想像していたのも仕方がない




ERベーターが開くとすぐにお部屋のこのお店

直結だ

「いいOK2ですね」
「はい?  」

お出迎えしてくれたM嬢がお部屋に案内してくれる

暖かいお部屋のイスに腰掛け、注意事項に署名をした

もちろん、「団鬼六」と書いた

90分16K

「でわぁシャワーどうぞぉ」

黒いTシャツで覆われた胸の膨らみ具合は、厳しめで推定Cカポー

彼氏あたりには
「Dカップ寄りのCだよ」
と言ってると思うCカポー

モミ心地は良さそうだ

シャワーをちゃっちゃと浴び、T紙Pを装着する

最近ヨコスカ紙Pが続いてたので、久々に感じるこの圧迫感

イチモーツをガッツリ包みこんでいるので、歌麿様も「顔出したいよー」「タマタマポロリしたいよー」と言っている……気がする

まずはうつぶせーナから

タオルをかけ、全身を軽くほぐすと
「だいぶお疲れですねぇ」
と、ささやいてくれた

「僕はつかれてるの、とてもつかれてるの、だから全身をマッサした後、おティンポシコシコしてちょんまげよ」

と言いたかったが、小心者の僕はただただ
「疲れてるっス」
と言うだけだった

足裏を丁寧に指圧、からのスタート

足裏マッサ好きの僕は、このコは当たり、と心の中でつぶやく

きんもつがいいだす

足うんらは、きんもつがいいだす

そこからテキパキとしたオイリーナ

かなりテキパキしていたので聞いてみると、やはりエステ経験豊富のエステティシャンさんとのこと

忙しい年末の月末には、もってこいのエステティシャンさんだ

イタ気持ちいいフトモーモーのリンパを丁寧に流し、軽いストレッチまで混ぜてくれる

体のカタイ僕は「ウゴウゴルーガ、ウゴウゴルーガ」とうなっていた

カエル脚になると、そのテキパキさがカスリーナを増長させる

スピードがあるので、余裕で紙Pに切り込んでカスリーナを連発させてくれるM嬢

そのまま紙Pを切り刻んでほしいものだ

そうすれば、大義名分ができる

「切り刻んじゃったから、しょうがないじゃーん」と


そして僕は……

ファースト半BK……


スリスリスリ

スリスリスリカスッ

数回に一回カスリーナを味わえる

なんとも

これならコマネチライン側に歌麿様やお玉袋様を寄せておけばよかった

そうすれば毎回カスリーナ、もしくはモロリーナが味わえる

なでしこ店のコマネチ攻めの時、なんとかしてモロリーナできないものかと考えるのはエステ好きとしての宿命

ぶつかるだけでもポイントが高い

そんなことを考えていたら、丁寧なモミモミデンブマッサが開始される

さりげなく、そして計算高いスリスリと濃密なフィット

そして、エトセトラ的エトセトラにセカンド半BK

自然に「マンダムマンダム」とつぶやいてしまう

「気持ちいいですかぁ?」

「う~ん、ガンダム」

仰向けになってもコカーンへの攻めは続く

いわゆるBKツボも心得ている

ケンシロウ並に経絡秘孔を突いてくるので、さらに硬度を増してしまうではないか

ゆっくり目を開き、下から見ると、笑顔のM嬢がこちらを見つめている

ERさを増したお顔は、純粋さと妖艶さを併せ持ち魅力的なオーラを放っていた

紙Pを一所懸命持ち上げ、完全FBKした歌麿様は、転がされているお玉様に向かって言いました

「諸星ダンとモロ出し団はどっちもウルトラセブンに変身できるみたいだぜ」

「コロガシダーーーーーーーーーーーーーーン!!」

20121027_2317730

















帰り道、市ヶ谷駅に向かう途中、iPhoneのSiriに向かって「団鬼六」と言ってみた

「男記録」と表示され、「すみません、よくわかりません」と言われてしまった





市ヶ谷の他に飯田橋 水道橋でもマッサージを受けたい方におすすめ♪





恵比寿 『大人のやすらぎSPA』恵比寿経由大人駅行きの列車はこれからもずっと片道切符の巻

Yahoo!知恵袋で「どうしたら大人になれるか」を調べていました

おティンポのお毛毛がボーボーになったら「大人」だと思っていた僕ですが、やたらと難しいことが書いてある

ひと通り読んでみましたが、皆さんのいう「大人」に何一つ当てはまっていない

そうか
まだ子どもだったのか

そう確信した僕は、子ども料金で恵比寿駅へと向かいました




「こんにちわぁ」

OPIがとてもとても大きいERフェロモンムンムンなA嬢が笑顔で迎え入れてくれる

ざっくりと開いた胸元に、ホームページでみた通りの柔らかそうなターニーマーがこんもりとしていた

お茶を出してくれた時のOPIの揺れ具合も絶妙

いけない大人の部屋に遊びにきちゃったみたいで、すでに海綿ターイに血液が集まりはじめている

このターニーマーを見ながら、爺行為をしたいものだ

90分13K

暖かくて広いお部屋で1人フルティンになる

このままシャワーを浴びたいが、ひとまずタオルを巻くことにした

綺麗なバスルームで3秒間、ちゃっちゃと浴びてお部屋に戻る

ビコーズなぜなら

今日も巨NEWセラピさんだからだ

「早いですね」

「1分でも1秒でも眺めていたいから」

ヨコスカ紙Pを装着し、厚みのあるマットにうつぶせーナ

相変わらず、このスカスカ具合がたまらない

どこからでも手が入るこの紙PからER魔闘気が漏れ出す

ぶしゅ~
ぶしゅ~

たまに玉袋も漏れ出す

うつぶせになると、さっそく大きなOPIでご挨拶してくれる

背中に当たる柔らかいOPIが僕の感度と歌麿様の硬度を上げた

さすがの猿飛

ジャンクマンのように後ろにも顔と手が回るようにしたい

そうすれば、このような状態にでもムニュムニュギュッギュッができるから

トリッキーなご挨拶から、今度は脚へと移り、丁寧なオイリーナ

片脚ずつ慣れた手つきでオイルを伸ばし、リンパを流す

手際の良さはベテランエステティシャン並だ

聞いてみると、やはり経験豊富のようだ

いきなりのERトップギアから、今度はマジメなオイリーナ

江戸時代に言い残したといわれる祖先「喜多川歌麿」のことわざを思い出した

「振り幅の大きさはOPIの大きさに比例する」

ふむふむ
なるほどね

しゃっしゃっしゃっしゃっ
しゃっしゃっしゃっしゃっ

テキパキ動くA嬢のOPIもきっとテキパキ動いているのでしょう

プルンプルンプルンプルン
プルンプルンプルンプルン

アメリカンクラッカーのように動くOPIを眺めながら、生ビールでも飲みたいものだ

カエル脚になると、コカーン付近まで指指様を伸ばし、スキだらけのヨコスカ紙Pに滑り込んでくる

わたくしはきちんとリンパを流してるだけですのよ

的なテキパキした動き

5回に1回は玉袋のシワを引っ張るさりげないテキニッキに、しゃがれた声で褒めたたえた

「あなた……高い教育……受けてますね……」
「何それー」

コカーンがおおいにヨーロコーンでいた

両脚を終えるとタオルを化阪神にかけ、上に移動してくる

紙Pに手をかけると、そのままトップスピードでズリおろした

女性に下着を脱がされるこの行為

従順な召使いのような……
M男にはたまらない劣等感……

OK2に食い込んだ紙PのT部分もワーレメーから綺麗に抜き取り、臀部をモロ出しにする

これなら全部脱がしてほしい

懇願できない小心者のM男は、欲望と羞恥の間を行ったり来たりしていた

ジョー阪神はベテランエステティシャンらしく、丁寧にオイリーナしてくれる

背中から肩、そして肩甲骨周りも丁寧にスリスリヌリヌリ

モロ出しの臀部も、大きなお餅をこねるようにグリグリヌリヌリ

普通に気持ちいい

こういうの大切っスね

お待ちかねの仰向けコール

ざっくりと開いた胸元のターニーマーは、相変わらずプルプルしている

美しささえ感じられる

暖かいお部屋と目一杯の優しさに包まれている僕は、A嬢の膝枕に頭を乗せた

そのまま、デコルテーナからストマックのオイリーナ

自然と顔面に乗車する双子の乳房

「いらーしゃーせー!」

思わず叫んでしまった


ムクムクと血液が集まる歌麿様

数ミリ向こう側にあるA嬢の柔らかいOPIは、服という布に隠れている

変なチャイエスのゴソゴソゴリゴリしたミチャークと明らかに違う質のいい服の生地

柔肌を上品に伝えてくれる、このコスを選んだセンスはなかなかのもの

きっとチャイエスの、ゴソゴソゴリゴリを体感している人なのでしょう

ストマックからさらに奥地へと手を伸ばす

伸ばせば伸ばすほどパフパフされ、伸ばせば伸ばすほど紙Pを持ち上げる歌麿様

「おっきくなっちゃった……」

小心者の勇気出してしぼり出した言葉を、スルーしたA嬢

今度は放置プレーか……

しかし、その言葉を聞いたA嬢は膝枕をはずし、枕をそっと置いたあと脚側にまわり、Aスタイルにさせたその間に陣取った

たっぷりのオイルを手につけ、いまにもヨコスカ紙Pからはみ出しそうな歌麿様のまわりをスリスリヌリヌリする

柔らかくて暖かいお手手が紙Pを通り、ストマックまで伸びてくる

紙Pのゴムが伸びきってしまうぐらい伸びてくるお手手

そのままゴムが切れてしまえばいいのに

さらにたっぷりのオイルを手につけ、二礼二拍手三度の蟻の熊野参り

完全FBKの歌麿様はA嬢に一礼し

「教祖様」

とつぶやいた

「気持ちいいですかぁ?  」

「いらーしゃーさせーーーーーーーー!」

693













恵比寿駅に行き、切符を買うと駅員が話しかけてきました

「帰りは大人料金なのですね」
「ええ、大人になりましたので」

↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ






五反田 『かんざし』水球選手のような肩幅で風を切って歩いていたら、桃色のバラのお店がありました

五反田といえばピンクローズなのですが、今日はピンクローズを横目に目黒川を渡り、ラヴィアンローズを歌いながらお店に凸乳いたしました




「に」のトリートメント120分19K

丁寧な店員さんに案内され、のれんをくぐると江戸っぽい和テイストの空間

今日はスーツ姿なので、やはり現実からは抜け出せませんが、夏の花火の日とかに浴衣で来ると、店内の雰囲気に溶け込んで良いかもしれませんな

今のような冬の場合は、甲冑でも身につけましょう

僕は全ラーで行きますがね

一番左奥の部屋に案内されると、女の子が三つ指ついてお出迎えしてくれる

まぁ…
三つ指だなんて

その指で、どれだけの欲ボーを満たしてきたの?

セラピストはMちゃん

お顔が結構ERい

好きですね、ERい顔

まずはMちゃんとお手手つないでシャワールームへ

シャワールームは五右衛門風呂かと思いきや、普通のシャワールームでした

ゴエモン風呂だと思って、フンドシできたのに

まぁ、フンドシタイプのヨコスカ紙Pをはきましたが…
(/ω\)

お部屋に戻ってうつぶせーナ

タオルを掛けたまま全身のマッサ

からの首のマッサ

次にオイリーナ、両足マッサと続く

この時点でのキワキワゼメはまだ軽いス

マッサ自体はしっかりしていて、結構、力が強め

なかなかの経験者なのだろう

「ホリエモンってゴエモンの生まれ変わりなの?」
「なんですか、それ?」

仰向けーナ

ERいお顔をガン見してみた

「魅力的なお顔をですね」
「おサル的なおカゴですって?」
「なんで小田原チョウチンやねん」

化阪神に移ってから本領発揮したMちゃん

片方の足をMちゃんの太モーモーに乗せて、サワサワタッチでサワホマレ

コマネチラインもサワホマレ

片脚が終わるごとに、Mちゃんが上からダイビングヘッドをしてくる

サッカー場の芝生になったような気持ちだ

「失礼しまぁす」

どーやら、コマネチライン集中講座が始まるらしい

フンドシタイプの紙Pから、僕のサッカーボールがこぼれそうだ

「気持ちいい?」
「気持ちいいよ、岬くん」
「三崎くん?」

悶えるマグロになった僕は、静かに目を閉じた

あぁ…

このまま、この地球がマグロの惑星になればいいのに…

アブラの乗ったお腹をさわったMちゃんがこう言いました

「ドラえもんって、シャア・アズナブルの生まれ変わりらしいよ」
「マチルダさーーん!」

もういくつ寝るとお正月…

「五反田と段田男って親戚なんでしょ?」
「モチルダさーーん!」

6074765
















正月のお年玉で何買おうか、今から計画を立てています

とりあえず、肩パットの入ったダブルのスーツの吉川コージセットがいいですな


五反田「かんざし」はこちら



 

↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








池袋 『銀庭』銀のマクスのシルバーマンはキン肉スグルたちの祖先なのだ

きっとキン肉真弓は、とぐろターボを飲みながら頑張ったに違いない

とぐろターボを飲みながら、池袋の駅に降りたった僕の目指すはところは池袋のエステビル

今宵もあのビルで、幾つものドラマが繰り広げられることでしょう




GカッポーOPIが重たそうな、色白のR嬢が今日のご担当

オッパイ星から来たというこのコは、なんだかERい瞳をしている

そうとう助平とみた

ストレッチだかヒトリエッチだかがついている城東工業のボンタン狩りコース

牡丹120分18K

「OPI大きいねー」
「はい、大きいです」

と元気にこたえる担当のモー子ちゃん

OPIで世の男子を癒すという使命で、この地球に降り立ったのだろう

「では、どうぞ」

手をつなぎ、シャワールームへ案内してくれる

柔らかいお手手からそのまま腕を通り、その大きなOPIをお触りしてみたい

この受付兼通路で後ろから抱きしめてみたい

抱きしめた後、
「今日はハグの日だにょ」
と言ってみたい

「ハグハグ」
「はい?  」
「いや、なんでもないっす」

シャワーを浴びて、穴あきベッドにうつぶせーナ

やはり、オイリーナマッサにこのフンドシ紙Pはヨカト

月に合う月桂冠のようだ

モー子さんのフトモーモーに挟まれて、コマネチをスリスリーナされると、もれなくボッキーハラショーがついてくる

カエル脚でコカーンがヨコスカ丸出しの上に、コマネチスリスリ

もれなくカスリーナもついてくる歳末大売り出しスリスリ

Oh……

FBK……

この日もいい起ちっぷり歌麿様

冬真っ只中でも、コ・カーンはまだまだアツイようだ

仰向けーナになると、モー子さんのミ・チャークがスパーク

堪えきれず、コ・カーンに手を持っていき、自家発準備もモー子さんにタオルの上から阻止されてしまう

「ダメよー」

ボリューミーなOPIに妖艶な瞳

歌麿様をカチカチにしながら、モー子さんの耳元で

「したいしたいしたいしたいしたいしたいしたい……」

と変態丸出しささやき攻撃をすると、

「ダメだよー」

と上目づかいで言われてしまった

「したいしたいしたいしたいしたいしたいしたい……」

もう一度懇願してみたら

「しないしないしないしないしないしないしない……」

と言われてしまった

「したいしたいしたいしたいしたいしたいしたい……」

「しないしないしないしないしないしないしない……」

「したいしたいしたいしたいしたいしたいしたい……」

「しないしないしないしないしないしないしない……」

「バッファローマーーーーーーーーーーーーン!!」

real[1]


























帰り際、ドサクサにまぎれてハグハグギュッギュ

バレーボールのようなOPIの感触を残しつつ、池袋の闇に消えていきました

↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ