メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

2017年09月

新橋 『ハレ・ノア』最初から最後までERに覆われた特別空間は晴れのちアーイアーイアーイ

夜の新橋は人が多い

歩道で呼び込むおニーさんたちや、家路につくサラリーマンに酔っ払い御一行様

新宿、池袋、渋谷にはないこの雰囲気は、ネクタイから醸し出すERリーマンパワーなのでしょう

とにかく、何人もの人にぶつかりながら路地を入り、お店へ向かいました




ピンポンを押すと、ターニーマーをプルプルさせたR嬢がお出迎え

「こんばんわぁ」
「どこでもノアー!」
「はい? 」

急な階段をあがり、R嬢のミニを覗き込む

新橋駅の階段ではできないことを思いっきりやる

素敵やん

また犯罪が一つの減りましたわ

黒っぽいおパンティが見え隠れする

居酒屋でいえば、お通しみたいなものだろう

お通しみたいなものをガン見しつつ、お部屋に通される

いわゆる一つの、お通し通しだ

90分14K
デーピューリンパー2K

「今日は蒸しますね」

笑顔で話すR嬢

その笑顔から視線を落とすと、ER過ぎるボデーとOPIのターニーマーが目の中に飛び込んでくる

ソファに座りながら4545できるレベルのERさだ

「B地区見たい……」
「いきなりダメですよぉ」

お紅茶をエゲレス紳士のように飲み、服をヌギヌギしバスルームへ

スーパー高速ちゃっちゃ浴びで2秒で出る

2種類の紙Pがありますが、迷わず極小T紙Pを選び、お部屋に戻った

「早いですね」
「どこでもノアー!」

広いお部屋のマットにうつぶせーナ

この開放感はいい

そして、ご挨拶と言わんばかりのミチャークから開始っす

「よろしくお願いしますね」
「あ、あ、あ、あ、あーいあーいあーい」

背中に感じる大きなOPI

ハリがあるぅ
弾力あるぅ
そんなOPIがぁ
くるぅ

「Rさん、ERいよ、とてもERいよ」
「あふふ…うふふ…」
「ERいよ、とてもERいよ」
「うふふ…」

タオルをかけ、全身をほぐしてくれる

R嬢のOK2を使ったオリジナルストレッチをした後、なぜか途中からほぐしではなくフェザータッチが開始

タオルをはがし、OK2まわりをサワサワホマレなフェザータッチ

OK2の裏側から紙Pに包まれた垂れパンダのようになっているお玉様も丁寧にサワサワホマレフェザータッチ

このスタートダッシュはベンジョンソン以来

歌麿様に血液が集まりますわ

「Rさん、ERいよ、とてもERいよ」
「うふふ…」

おねんどお姉さんのような「うふふ…」は僕の妄想力を掻き立てる

「B地区メーナーしたい…」
「そんなことしたらダメでしょ…」

受け答えの一つ一つがとてもERい


オイリーナに移行してからも変わらずERペースのまま

足裏をオーマーターで挟みこみ、ふくらはぎからヒザ裏、フトモーモーをオイリーナ

僕の足の指がもっと長く、そして自在に動かせるようもんなら、加藤鷹のようにこねくり回せるポジション

黒っぽいおパンティの向こう側を、ハレのち土砂降りにしたいのだ

さて

腰の辺りに乗り、ジョー阪神も丁寧にスリスリヌリヌリ

ケンコー骨まわりをもみほぐした後、素敵な素敵なワンワンコール

紙Pの隙間を狙ったスリスリヌリヌリに、紙Pを揺らすオリジナルフリフリ

歌麿様が紙Pに操られ、上下左右に動きまくる

あー

もしも来世、犬に生まれ変わったら、飼い主様にオイリーナマッサしてもらおう

そしてこの上下左右プルプルもしてもらおう

あー

とても来世が楽しみだ


「では、仰向けになってください…」

蒸しタオルで拭き取り、お待ちかねの仰向けコール

数十分ぶりに見るOPIは、相変わらず巨NEWで、挑発するようにプルプルしている

自然とイケナイお手手がOPIの柔らかい部分をとらえた

「あ…」

自分でも信じられない無意識オイタだ

本能のまま動いた右手を僕は讃えた

「ダメですよぉ」
「素敵な思ひ出をありがとう」

どこがディープで、どこがライトなのかわからないディープリンパは、歌麿様を上に向けさせる

紙Pが溶けてしまうぐらいのガーマンジールーで、紙Pの中はハレのち土砂降り

「もうちょい!もうちょい!」
「そのまま!そのまま!」

心の叫びと思ったら、口に出して懇願していた

「うふふ…」

また、おねんどお姉さんのように微笑むR嬢

再びERフェロモンで包み込んでくれた僕の耳に
「お疲れ様でしたぁ」
という言葉が静かに聞こえてきたのでありました

「ハレルヤーンマダムヤーーーーーーン!」

9dc4b3f3























新橋駅に向かう途中、ガールズバーのお姉さんに声をかけられました

「いかがですかぁ?  」
「今日はFBKしたから帰るね」

そう告げると、お姉さんの頭の上に?マークが乗っていました


新橋 メンズエステ「ハレ・ノア」はこちら














門前仲町 『アリス』由緒正しき門仲にあるアジアンエステは、やはり格式の高いアワアワ戦隊でありました

深川のお不動様として親しまれている深川不動堂は、千葉県成田市の大本山成田山新勝寺の東京別院

さらに富岡八幡宮もある

そんな神聖な場所で、呼び込みのお兄さんたちに何度も声をかけられる

熟女パブやらお姉さんパブやら

キラキラした看板に目もくれず、マンソンへ向かう

まさに、不動心でエステに行くのであります




黒い素敵なコスからモリモリOPIをコンモリさせたお嬢が出てきました

90分10K

この料金だとどーだろう

しかし、ここは門前仲町

不動の心で期待しよう

「このお店に来て、もう長いの?」
「そんなに長くないヨー」

新人らしいがキャリアは35億ウーマン並だろう

服をヌギヌギし、一緒にシャワールームへ移動し、アワアワ立ち戦隊

この戦隊も久々に感じる

まずは化阪神からアワアワ

OK2の後ろからブラックエンジェルズのハシムのような、スリスリーナ

あぁ……

丁寧なお手手でハシムーナ

あぁ……

好きなのよ、この後ろからのハシムーナ

さらに浴槽の縁に座り、ジョー阪神をスリスリーナ

アワアワの滑りを利用して、肩から背中のマッサしマッサしたそのイキオイで…

前バージョンハシムーナ!

あぁ…

ナイスですね

この新人ちゃんは当たりのもよう

歌麿様はこの時点で完全FBKっす

腰に巻いたタオルをテントのようにさせながら、お部屋に戻りうつぶせーナ

「カチカチだからうつぶせーナ、キツかろーもん」
「大丈夫とー?」

優しい声がけになんとかうつぶせーナ

力の入ったマッサに、時折まぜるノッカリでカラダ全体にプヨプヨ感をプレゼントしてくれる

なんていいコなんでしょ

「カラダカッタイねー」
「疲れとーと」

丁寧にスリスリモミモミしてくれるので、カラダも脳ミソもリラークスしている

お不動様のように目を閉じ、不動の心でマッサを受けていると、いつの間にかスヤスヤしてしまった

「おニーさん、仰向けデー」

「あぁ……」
と言いながら反転すると、またOPIのターニーマーを拝ませてくれた

目が覚めた僕は仰向けーナポールポジションをゲットし、F1のエンジンのように吹かしてくれます

丁寧なコマネチラインのアウトインアウト

てゆーか、インインイン

「気持ちがいいよー」
「ふふふ」

生まれた国は違えど、心は通じている

国境をいとも簡単に飛び越えてしまうERの素晴らしさ

ボーダレス

愛や芸術と同じボーダレスパワー

こんなところで出会えるなんて、僕はなんてラッキーなんでしょう

カップヌードルが食べたくなりました

なぜか、日清のカップヌードルが無性に食べたくなりました

そうだ

僕らは民間外交官

通称、ボーダレスマン

アジアンエステに通い続ける民間外交官なのだ

「世界の平和のために」
「世界の平和のために?  」
「B地区メーナーしたい」
「ダメヨー」

そんなこんなでコマネチラインのアウトインアウト

てゆーか、インインイン

さらに、インインイン

やっぱり、インインイン


インリンリン

「M字開脚しようかな」
「大丈夫ヨー」

さらに、インインイン

やっぱり、インインイン


インリンリン

「キングオブキングスオブジョイトーーーーーイ」

o0332044413204141926
























門前仲町駅の前でチョコモナカジャンボをほおばる

門前仲町を門仲と言う人が多すぎるので、思わずモナカを買ってしまった

相変わらず、チョコモナカジャンボは美味い

幸せを噛みしめながら、地下へと潜っていきました


















新宿 『アラマンダ』若い女の子を抱きしめ濃厚なエロに絡み合った僕たちは、背脂がたっぷり浮いている濃厚な豚骨しょうゆのスープに絡みつくちぢれ麺のようだココノカトウカ

新大久保駅からの方が近い受付所でお支払いをし、ホテルへ向かう

この辺りは韓国人や中国人、タイ人など多国籍に溢れている

日本ではなく、どこかの国の路地裏にきたようだ

そんな中でも相変わらずエロい気持ちは満タンで、どこの国に行ってもエロいことをするに違いないと改めて思った




コンコンコン

ドアを開けると、明らかに若々しい女の子が立っていた

「こんにちわぁ」

なんかいい感じ

大学の学食にいたら、隣に座りたいタイプだ

シャワーをちゃっちゃと浴び、お部屋に戻る

大きなベッドでマッサ開始っす

最近、エッチなDVDの観過ぎで寝不足気味

url












うつぶせーナの時は寝たいものだが、滅多にない若い女の子との時間をムダにしたくない

「学生なのぉ?」
「バイトしてるのぉ?」
「彼氏いるのぉ?」

鼻の下を伸ばしたおっさんの質問は続くが、イヤな雰囲気を出さず、えへへ、と笑顔を混ぜながら答えてくれる

いい子や

いや、養子にしたい

いや、側室にしたい

いや、正室にしたい

マッサは一生懸命やってくれる

メンエスのセラピさんみたいなテクはないが、手の平の柔らかさが妙にエロい

「コッてるところはありますかぁ?」
「力加減は大丈夫ですかぁ?」

素敵な気配り

「君のその気配り、漁船につけたらイカが寄ってくるやつやで」
「はい?  」
「ツッコミュニケーショ~ン」
「はい?  」

オイルマッサを一通り受けた後、僕たちは恋人のようにベッドに横たわる

5










抱きしめると吸いつくような白い肌と柔らかい胸

「ヨカ」
「うふふ」

そっとキスをした後、唇から首筋、すでに固くなっている乳首からジョジョに下へさがり、静かに僕の体を舐めまわし続けた

柔らかい乳房が僕のおチンポをかすめる……

先っぽからすでにチョロチョロと溢れだしている液体を乳房につけ、上目遣いで微笑んだ後、僕のおチンポを口いっぱいに頬張り、大きな音を立ててむさぼりついた

ジュルジュル
ジュルジュル

卑猥な音がホテルの部屋いっぱいに広がり、僕の感度をさらに鋭くさせていく

ケモノのような気持ちを抑えきれず思わず上になり、白く柔らかい乳房へ子供のように無邪気にむさぼりついた

感度のいいセラピちゃんは、熱い吐息とともに、少しずつ静かに声を漏らす

僕の指は、トロトロになった蜜ツボを探し始める

指に絡みつくような甘い蜜

下へ移動し優しく蜜ツボを愛撫すると、さらに吐息が激しくなってきた

硬直し続ける僕のおチンポ

感度を増し続けるセラピちゃん

高揚した僕らはお互いの欲望をぶつけるかのように絡み合い、悶えながら局部をまさぐり合う

2人の熱い吐息がさらに激しさを増し、カラダの奥の方から沸き上がる、言葉ではいい表せない地鳴りのような快感が全身を覆った時、僕の硬直したおチンポから大量の精液が放出されたのでありました

「マスタニーーーーーーーーーーー!!」

maxresdefault








久しぶりに濃厚なエロを楽しんだ僕は、そのままカラオケボックスへと入る

一曲目にかけた歌はもちろん「お久しぶりね」だった



新宿 風俗エステ「アラマンダ」はこちら
















大宮 『ロコモーション』お願い!セニョリータと叫びたくなるこの残暑一番暑く光る秋

残暑にウロウロ

汗を流しながらウロウロ

この国は数年後、ワイハになってしまうのではないか

そんな暑さだ

あ、あー
なんかいい感じ
青空、海、どう?  このロケーション

あ、あー
マジでナイスバーディ
クモンベイベ  DO  THE  ロコモーション




常夏気分でお店に入り「アロハー」とあいさつをする

大宮のあいさつは最近「アロハ」なのだろう

行く前は60分コースでいいかな、と思っていても、激しい太陽光を浴びているといつの間にか90分コースに変えてしまいます

ふふふ…
まぁヨカ

お支払いをし、お部屋に案内されると魅惑的なコスに身を包んだスタイルのヨカセラピちゃんがお迎えにやってきてくれました

「南ちゃん……」
「違いますよー」

新体操をやってたっぽいナイスラインのセラピ様

きっとカラダはしなやかだろうなというERい妄想と、もしかしたらバリバリの体育会系なのかも、というピリッとした思いが複雑に入り交じっておりました

ワーシャーを浴びて、落ち着いたお部屋でうつぶせーナ

「失礼しまぁす」

軽く全身をほぐした後、脚から丁寧にマッサしマッサ

ふむふむ
なかなか力強い

強もみ派の僕は安心しながら、セラピちゃんのマッサにカラダをゆだねはじめました

「力加減はいかがですか?」
「ヨカトよ」

心地よい声が鼓膜に残る

礼儀正しい言葉使いと色気のあるカラダのラインがまた、僕の108つある煩悩を刺激する

「カラダがお疲れのようですね」

礼儀正しい言葉使いに優しい気遣い…

体力には自信があります!って感じのことを言うタイプだろうが、実は女の子らしいモロさも兼ね備えていそう…

この感覚は…

萌え…?

…?

体育会系萌えか…?

シンが強そうに見えても、実際はモロい心を持っている

しかし、このままではいけない!という強い意思も兼ね備えているので、転んでもまた立ち上がり目標に向かってガンバリ抜く

アキバのメイド系にはない萌え…

ある種、AKBやももクロちゃんにある「応援したくなっちゃう」感のある萌えなのでしょう

しかも、このしなやかなカラダ……

もしや……

「君の正体は、百田夏菜子ぉ~だね」
「違いますよー」

ももクロちゃんの赤ではなかった

「じゃあ、やっぱり南ち…」
「違いますよー」

カブせ気味に切り返す辺りは、なかなかの猛者……

そんな南子ちゃんが丁寧にソケイ部のリンパを流してくれる

あぁ…

素敵なコスが小学校の音楽室のカーテンに見えてきた

風に吹かれて踊るようになびくカーテンは、音楽に合わせて舞う踊り子さんのよう…

バッハやベートーベンの肖像画に囲まれた教室に、突然舞い降りた天女のように僕の心をこどもに戻し、何か温かいものに包まれる感覚とともに、クラシックのような力強い旋律にたっぷりと癒されていく…

乃木坂46の「ぐるぐるカーテン」が似合う女の子

カーテンにくるまって、顔だけ出した君は
「つかまえてごらん♪」
と言いながら、イタズラを笑みを浮かべるのだろう

あ、あー
なんかいい感じ

ゾクゾクするコ・カーンも

あ、あー
なんかいい感じ
青空、海、どう?  このロケーション

あ、あー
マジでナイスバーディ
クモンベイベ  DO  THE  ロコモーション

あ、あー
なんかいい感じ
2人包む空気  スローモーション

あ、あー
マジでナイスバーディ
クモンベイベ  オツキアイ交渉

刺激たっぷりの穴へエスコートしてぇ~

いつの間にか、大宮の街に立っていた僕は夜空を見上げました

南十字星が見えると思いきや、何も見えませんでした

やはりここは、埼玉なのだと改めて実感するのでありました


溝の口 『カルネ』台風がくるとムッシュムラムラしてくるのは、きっと僕だけではないはずだ、と窓の外の雨粒を見ながら考える今日このごろ

黒革の手帖を観ながら、フランス人とフランス語を話していました

フランス語でカルネは手帖というらしい

しかし隣にいるスペイン人が、スペイン語でカルネは肉だ!と言っていました

その隣にいたイタリア人も、イタリア語でもカルネは肉だ!と言っていました

ここで日本人の僕が言いました

「カルネはチャイエスですよ」

3人のヨーロピアンは「そうか」と言いながら、溝の口へ向かいました


溝の口「カルネ」


見覚えのある道をひたすら進みます

あー
この辺りね

名門チャイエスが夢のように散りゆくのを何度も見た溝の口

ここもいつまでもつか わかりませんが、今日は楽しんでいこう

ドアを開けると、ダイナマイトバデーの中姐が登場です

「ハーイ!」

異常なテンションの高さでアイサツをし、オープニングハグハグ

中姐は驚いた様子でしたが、ノーポーブレン

何の問題もない

なんつったって、ここは溝の口

ダイニングキッチンらしきところを通り、お部屋に案内される

「前は赤坂にいたヨ」
などの会話しながら70分9Kのキャンペーン料金を渡し、一枚一枚ヌギヌギ

ジッーと見られてるのが恥ずかしいので、脱ぐたびOK2をフリフリ

最後にてぃんてぃん太鼓をしながら、バスタオルを巻いてもらう

「タオル巻けないでショ」て言われてしまった

お手手つないでシャワールームへ

今日は時間がないと、早くダイナマイトバデーを見たいのでチャッチャと浴び、お部屋に戻りうつ伏せーナ

広い畳のお部屋は、ちょっとした旅館を思い出し、中姐と婚前旅行で温泉にでも来た気分

タオルをかけ、全身をほぐす中姐のしっかりしたマッサで気持ちヨカ

最近、しっかりしたマッサの女の子が続いているのでホッとします

「マッサ上手ね」
「上手でしょ、フフ」

しゃべり方がなんかERい

さすがベテラン

僕がアラブの石油王なら、すぐに10万石の領土をあげるのに

仰向けーナで、またOPIとご対面

オイタゾーンに入った瞬間、検証を始める

「ダメヨ」

と言われましたけど、このOPIは間違いない

間違いなく、ながさ○ま○みNEW&うえと○やNEW

伊賀の隠れ家OPI

いわゆる隠れ巨NEW

うーん、スバラシカ

そんな伊賀の中姐、オイルをソケイ部につけ、じんわりじんわり本丸に近づいてくる

お店に入る前、レッドブルとかいう青い缶ジュースを飲んだせいか、すでにマキシマム・ザ・スカイツリーに

マキシマムな状態になりながらも、じんわりじんわり石垣をノボってくる感じで、下から下から攻めてくる

なんとなく敏感になってしまったお菊様付近からなぞられると、たまらなくスカイツリーがメガマキシマムになる

「あ~~」
と、口を開いて悶えてみせると、
「うふふ」
と微笑んでくれた

「ニンニン」
「はい?」
「ニンニンニン」
「はい?」

意味不明なやり取りをしていたら、伊賀の里にワープさせられた

「大義であったぁぁぁーーーーーーー!」

































雨が降りしきる帰り道、目の前のドラッ
グストアでは今がチャンスと言わんばかりに傘が並んでいたので、本屋さんでリッキータイフーンというマンガを探しました

店員に聞いてみましたが、
「台風だからって、リッキー台風を置かないですよ」
と言われてしまいました












最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ