Gカップなんてプロフィールに書かれていたら、 真っ先に指名しちゃいます

オッパイに対する僕のサイフは、ユルユルガバガバでございますな


五反田発「五反田性感回春マッサージ倶楽部」


常連と化している僕の電話番号は、全国で通じるみたい

「歌麿様ぁ~いつもありがとざぁますぅ~」

丁寧な対応でGカッポーの予約を完了してくれました

指名料込みで75分17K

コンコン

「こんにちわぁ」

かなりデカイおっぱいをプルプルさせながら、S嬢が入ってくる

小顔なので、Gカッポーがさらに大きく見えるのだろう

「暑いですねぇ」

ボンキュッボン的バデーでせっせと用意している

カラダ中から溢れ出すムンムンのエロフェロモンは一体何なのだろ

破壊的な胸の谷間に手を突っ込んでモミモミモミモミしたい…

そんなことを考えていたら、半BKになってしまった

「じゃあ~シャワー浴びましょお~」

声が異常に艶っぽい

アップにした髪と、色白のうなじ

からの、Gカッポーおっぱい…

バスルームで一発ヌけそうな手技で完全FBKですわ

「カタくなってきちゃいましたねぇ~」

タオルで優しく全身を拭きながらひざまづいたS嬢

目の前にある歌麿様をパクパクするマネや、 フーっと息を吹きかけたりしてくる

あぁ…

なんて助平なコなんでしょ

ものスゴく助平なことがしたくなるではないか


真っ赤になって硬直した歌麿様のまま、ベッドに戻りうつぶせーナ

60分コースだとあわただしい

全体をささっとやるか、 上半身か下半身をみっちりやるか選んでチョンマ○毛とのこと

迷わず「下半身で」


両脚をオイリーナでスリスリすると、 時折大きなおっぱいが背中に当たる

「うっふ~ん、あっは~ん」
峰不二子みたいな声を出して背中をチュッチュ

「綺麗なお尻ですねぇ~」

と言いながら、また「うっふ~ん、あっは~ん」

キライではないぞよ

四つん這いで玉袋をモミモミコロコロされると、再び完全FBKへ

仰向けコールの後に
「また逢えましたねぇ~」
とささやいてくれる

いちいちエロい

そして股間にまたがると、ゆっくりブラを外し始めた

ボロローン…

ト…トレビアーン…

ずっとイキリ勃っている歌麿様にローションを塗り、 上下運動をはじめる

「気持ちいい…?」
「気持ちいいよ…」

ゆっくりと上体を倒し、乳首を優しく舐めてくれた

「コリコリしてるよぉ」

そのまま顔面にまたがり、69スタイルになると、 良い香りのおパンティが目の前に現れた

ハムハムハム…
ハムハムハム…

おパンティに顔をこすりながら口を動かす

「ハムハムダメよぉ~濡れちゃうじゃなぁ~い」

ふふふ

エロい…

態勢を変え両脚の間に入ると、 たっぷりのローションで再びピストン運動

大きなおっぱいが揺れる

プルプルプル…

プルプルプル…

あぁ…

モミたい…

しゃぶりたい…

モミまくりたい…


手を伸ばしてみる

「ダメよぉ~」

あぁ~…


上下左右に揺れ動くおっぱい

プルプルプル…

プルプルプル…

「気持ちいい…?」

「気持ちいいよ…」


予測できない魅力的な動きを脳ミソに刻みこみながら、 僕は大量のスペルマビームを放出するのでありました

「パイドリアーーーン!」

%A5%DD%A5%BB%A5%A4%A5%C9%A5%F3














五反田駅は今日もエロい風が吹いている


「潮吹きしてみる?」と聞いてきたS嬢と、 次回はパンパンダンスをしてみたいものだ


五反田発「五反田性感回春マッサージ倶楽部」はこちら