「アロマ香房」を目指し平塚駅をテクテク歩く

料金高めで、しかもピン◯ロも数多くある平塚なら、期待大だろう

意気揚々とお店に入ろうとするが、駅から近くなので人が多い

しかも、看板がピカピカと光っているので入りづらいっス

そんな小心者の僕は「アロマ香房」からテクテク歩き「ツボ娘」というトリッキーなお店を発見した

看板が綺麗なので儲かってる?

儲かってってことは、いい思いができる?

そんな連想ゲームをしながらお電話すると、すぐに入れるとのこと

そのままERペーターに乗り込み、お店を目指しました

ERペーターの扉が開くと、いきなりお店

このパターンは、「おぉ」と思う

僕のような小心者では、引き返せない

引き返えすと悪いと思ってしまうからだ

バブル時代のようなメイクをしたR嬢が、奥から小走りにお出迎え

真っ赤なリップで、いまにも平野ノラばりに「しもしも~」と言いそう

70分8K

靴のままお部屋に入り、そのままヌギヌギ

「ここ、はじめて?」

「はじめてだよ」

「じゅあ、紙P履いてネー」

戦隊やるのに紙P装着

期待感が削がれる

戦隊くらいは全ラーで受けたい

ここはド健全店か?

部屋に置いてあるティッシュ箱が悲しそうにこちらを見ている…気がする

戦隊台にうつぶせになり、アワアワ戦隊開始

たっぷりのアワアワで全身を覆ってくれますが、OK2部分やコカーン部分はチロチロ

紙Pがジャマでジャマで仕方ない

お湯で溶ける紙Pならファインプレイだが、そうではなさそうだ

何事もなく仰向けーナ

大量のアワアワをお腹に乗せ、全身にヌリヌリ

コカーン部分も軽くカスるが、軽くでは…

いくつもの超絶テクを味わってきた歌麿様は、まったく反応せず

そのまま洗い流し、お部屋に戻る

あぁ
金返して欲しい

この時点で後悔しまくる

素直にアロマ香房に行っとけばよかった

お部屋でうつぶせーナになり、タオルをかけてのほぐしからスタート

新しい紙Pがジャマくさい

脱ぎたい

産まれたままの姿になりたい

ティッシュ箱がオラを呼んでいる

使って欲しいに決まってんだ

使いたい

あぁ
いっぱい使ってあげたい

いとしのティッシュ箱

タオルを剥がし、OK2周りをチョロチョロフェザータッチと軽いオイリーナ

あのね

そんなの気持ちよくないから

1番気持ちいいのはね

ティンコ4545よ

一歩引いて、キワキワよ

「おにーさーん」

「ん?」

「園長する?」

「しない」

「お疲れ様でしたぁ」

「仰向けナシかーーーーーい」

28300488













無表情のままERペーターを待ち、お店を出る

平塚の夜空の下、早歩きでアロマ香房に向かったのは言うまでもない

「やっぱい気持ちいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」



↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ