Yahoo!知恵袋で「どうしたら大人になれるか」を調べていました

おティンポのお毛毛がボーボーになったら「大人」だと思っていた僕ですが、やたらと難しいことが書いてある

ひと通り読んでみましたが、皆さんのいう「大人」に何一つ当てはまっていない

そうか
まだ子どもだったのか

そう確信した僕は、子ども料金で恵比寿駅へと向かいました




「こんにちわぁ」

OPIがとてもとても大きいERフェロモンムンムンなA嬢が笑顔で迎え入れてくれる

ざっくりと開いた胸元に、ホームページでみた通りの柔らかそうなターニーマーがこんもりとしていた

お茶を出してくれた時のOPIの揺れ具合も絶妙

いけない大人の部屋に遊びにきちゃったみたいで、すでに海綿ターイに血液が集まりはじめている

このターニーマーを見ながら、爺行為をしたいものだ

90分13K

暖かくて広いお部屋で1人フルティンになる

このままシャワーを浴びたいが、ひとまずタオルを巻くことにした

綺麗なバスルームで3秒間、ちゃっちゃと浴びてお部屋に戻る

ビコーズなぜなら

今日も巨NEWセラピさんだからだ

「早いですね」

「1分でも1秒でも眺めていたいから」

ヨコスカ紙Pを装着し、厚みのあるマットにうつぶせーナ

相変わらず、このスカスカ具合がたまらない

どこからでも手が入るこの紙PからER魔闘気が漏れ出す

ぶしゅ~
ぶしゅ~

たまに玉袋も漏れ出す

うつぶせになると、さっそく大きなOPIでご挨拶してくれる

背中に当たる柔らかいOPIが僕の感度と歌麿様の硬度を上げた

さすがの猿飛

ジャンクマンのように後ろにも顔と手が回るようにしたい

そうすれば、このような状態にでもムニュムニュギュッギュッができるから

トリッキーなご挨拶から、今度は脚へと移り、丁寧なオイリーナ

片脚ずつ慣れた手つきでオイルを伸ばし、リンパを流す

手際の良さはベテランエステティシャン並だ

聞いてみると、やはり経験豊富のようだ

いきなりのERトップギアから、今度はマジメなオイリーナ

江戸時代に言い残したといわれる祖先「喜多川歌麿」のことわざを思い出した

「振り幅の大きさはOPIの大きさに比例する」

ふむふむ
なるほどね

しゃっしゃっしゃっしゃっ
しゃっしゃっしゃっしゃっ

テキパキ動くA嬢のOPIもきっとテキパキ動いているのでしょう

プルンプルンプルンプルン
プルンプルンプルンプルン

アメリカンクラッカーのように動くOPIを眺めながら、生ビールでも飲みたいものだ

カエル脚になると、コカーン付近まで指指様を伸ばし、スキだらけのヨコスカ紙Pに滑り込んでくる

わたくしはきちんとリンパを流してるだけですのよ

的なテキパキした動き

5回に1回は玉袋のシワを引っ張るさりげないテキニッキに、しゃがれた声で褒めたたえた

「あなた……高い教育……受けてますね……」
「何それー」

コカーンがおおいにヨーロコーンでいた

両脚を終えるとタオルを化阪神にかけ、上に移動してくる

紙Pに手をかけると、そのままトップスピードでズリおろした

女性に下着を脱がされるこの行為

従順な召使いのような……
M男にはたまらない劣等感……

OK2に食い込んだ紙PのT部分もワーレメーから綺麗に抜き取り、臀部をモロ出しにする

これなら全部脱がしてほしい

懇願できない小心者のM男は、欲望と羞恥の間を行ったり来たりしていた

ジョー阪神はベテランエステティシャンらしく、丁寧にオイリーナしてくれる

背中から肩、そして肩甲骨周りも丁寧にスリスリヌリヌリ

モロ出しの臀部も、大きなお餅をこねるようにグリグリヌリヌリ

普通に気持ちいい

こういうの大切っスね

お待ちかねの仰向けコール

ざっくりと開いた胸元のターニーマーは、相変わらずプルプルしている

美しささえ感じられる

暖かいお部屋と目一杯の優しさに包まれている僕は、A嬢の膝枕に頭を乗せた

そのまま、デコルテーナからストマックのオイリーナ

自然と顔面に乗車する双子の乳房

「いらーしゃーせー!」

思わず叫んでしまった


ムクムクと血液が集まる歌麿様

数ミリ向こう側にあるA嬢の柔らかいOPIは、服という布に隠れている

変なチャイエスのゴソゴソゴリゴリしたミチャークと明らかに違う質のいい服の生地

柔肌を上品に伝えてくれる、このコスを選んだセンスはなかなかのもの

きっとチャイエスの、ゴソゴソゴリゴリを体感している人なのでしょう

ストマックからさらに奥地へと手を伸ばす

伸ばせば伸ばすほどパフパフされ、伸ばせば伸ばすほど紙Pを持ち上げる歌麿様

「おっきくなっちゃった……」

小心者の勇気出してしぼり出した言葉を、スルーしたA嬢

今度は放置プレーか……

しかし、その言葉を聞いたA嬢は膝枕をはずし、枕をそっと置いたあと脚側にまわり、Aスタイルにさせたその間に陣取った

たっぷりのオイルを手につけ、いまにもヨコスカ紙Pからはみ出しそうな歌麿様のまわりをスリスリヌリヌリする

柔らかくて暖かいお手手が紙Pを通り、ストマックまで伸びてくる

紙Pのゴムが伸びきってしまうぐらい伸びてくるお手手

そのままゴムが切れてしまえばいいのに

さらにたっぷりのオイルを手につけ、二礼二拍手三度の蟻の熊野参り

完全FBKの歌麿様はA嬢に一礼し

「教祖様」

とつぶやいた

「気持ちいいですかぁ?  」

「いらーしゃーさせーーーーーーーー!」

693













恵比寿駅に行き、切符を買うと駅員が話しかけてきました

「帰りは大人料金なのですね」
「ええ、大人になりましたので」

↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ