お電話すると
「あーい、あーい、空いてるヨー、ダイジョブヨー」
と熟姐が対応してくれた

「OPI大きいコいる?  」
「あーい、あーい、いるヨー、いるヨー」

半信半疑のまま、お正月準備が忙しい蒲田の街をテクテクと歩きました


蒲田「テラピー」


見慣れたビルのERベーターを上がり、受付の熟姐に70分12Kを支払う

「あーい、あーい、寒いネー」



続きはこちら。