池袋北口の階段をのぼっていると、いつも感じるこの高揚感

竜宮城への入口か
理想郷への入口か

何かを期待させるこの階段に命名をして、豊島区長に申請したいものだ




看板がなんとも魅力的

ヘルスだと思う同志は多いと思いますが、実はエステ店なんですね

受付の男性に80分コースの12Kプラス消費税を支払い、アンケートに記入して女の子を待つ

ソファに腰かけていると、太陽のような笑顔のERボディ、I嬢が登場ス

「こんにちわー」
「あ、はい」

I嬢と手をつなぎ、相変わらずERそうな個室へ

部屋の中にシャワーがついている

これだけの広い部屋なら、大の字になってマッサを受けられますな

シャワーを浴びて、ブリーフ紙Pを装着しうつ伏せーナ

「では、よろぴくお願いしまぁす」

と言いながら、いきなり背中へのミ・チャークが開始

Oh…モーレツ

「今日はどこが疲れてるのぉ」
「お部屋寒くないですかぁ」

耳元にゴニョゴニョ話しかけてくるので、少しこそばいバイ

しばらくゴニョゴニョプレイを楽しんだ後は、ガッツリオイルマッサ

「コってますねぇ」

結構上手いやないか

看板のイメージから勝手に、ミ・チャークメインかと思いきや

聞くと、エステ経験は豊富らしい

その話しぶりからすると、アッチの方も経験豊富のようだ

「Iちゃん、スケベネー」

チャイエス仕込みのカタコトで言ってみる

「エクボにスケベ汁、溜めてみたいヨー」

再度言ってみるが軽くあしらわれる

「うふふ、歌麿さんは助平ねぇ」

軽くあしらわれ、鼻で笑われ、放置される

M男にはたまらないシチュエーションに、腰をカクカクしてしまう

自分でもおかしくなるくらいな奇行に、改めて「僕は変態なのだ」と認識した

「でわぁ、仰向けでぇ」

仰向けへ展開すると、テカテカのナース服がより一層光って見える

ターニーマーを見せつつ、片脚ずつ丁寧にオイルを塗りまくると、僕の右側に陣取り、ソイネーコマネチスリスリ

なるほどなるほど

ブカブカの紙Pに細い指先が入り込んでくる

ヨカ…

ヨカト…

さらに左側に陣取り…

Oh…

これだけ陣取られたら、そのままの勢いでチン取られるのではないか!

そして頭側に周り込み、ヘッドスライディングのように手を伸ばしてくる

紙Pのホームベースに滑りこむと、わずかながらカスリンしてくれました

「ギリギリチョップだね」
「何それー」

そのまま僕の体をよじ登り、70マイナス1スタイルに

もしも僕が石川ゴエモンだったら、こう言うでしょう

「絶景かな、絶景かな」

もしも僕が松尾芭蕉だったら、こう言うでしょう

「おパ○ツや、嗚呼おパン○や、お○ンツや」

もしも僕が徳川家康だったら、こう言うでしょう

「鳴かぬなら、脱いでしまおう、紙パ○ツ」

もしも僕が…

「お疲れ様でしたぁ」

IMG_7345




































いつの間にか紙Pをふくらませていた僕は、再びシャワールームへと向かいました

春の眺めは、やはり価千金ですな