手を使わないでティッシュペーパーを宙に浮かせてみました

やればできるものですね

今度は手を使わずにテンガを使えるようになりたいです

きっと気持ちいいでしょう

楽しみです




アジアンちっくな入口からアロマの香りが漂い、見えない力が僕のコカーン、いや五感を刺激します

「いらっしゃませ」

「予約した歌麿です」

「歌麿様、お待ちしておりました」

メンズエステらしからぬ対応に少々緊張する

ジャグジー20分付きの60分コースをお願いした

計80分で7,800円払うと少々お釣りがくる

最近のメンエスは高いところが増えてきたが、爆安の価格に思わず「あ、安いっすねー」と言ってしまった

担当はそのまま受付をしてくれたH嬢

黒いTシャツからでもわかるいい形のOPIと素朴な笑顔が素敵な若者だ

池袋に染まってない感じがまたいい

「でわ、ジャグジーへ行きましょう♪」

この池袋でジャグれるなんて、江川達也にでもなった気分だ

都会の露天風呂は僕の変態度を自然に上げてくれる

最上階なので周りからは見えないだろうと思ってたが、ここよりも高いビルやマンソンがあるので結構見られる

別のビルの屋上で、電気工事をしている業者さんに手を振ってみようか

それともこの柵の上で謎のダンスでも踊ってみようか

このジャグジーの柵の上からシャセーをしたら、どこまで飛ばせるだろうか

そんなことを考えていたら、H嬢が迎えにきた

「のぼせてないですかぁ」

「オレたちの国境は地平線さ」

お部屋に戻り、ブリーフ紙Pをはきかえ、うつぶせーナ

それにしても、風呂上がりのハーブティーがやたら美味かった

タオルをかけ、全身をほぐしてくれる

やはり上手い

このお店の雰囲気がそうさせるのか
それとも経験者しか採用しないのか
それとも鬼コーチにスパルタ教育されたのか

とにかく的確で力加減もちょうどええ

オイリーナにうつると、まずは足裏からふくらはぎ、フトモーモーを丁寧にヌリヌリしてくれる

「脚ハッてますねぇ」

「地平線まで走ったからね」

「はい?」

足裏に時間をかけてゆっくりとマッサしてくれる

足裏マッサ好きの僕にはたまらない至福の時間だ

メンエスやチャイエスでも足裏マッサはしてくれるが、だいたい1分もやらず、グイグイ、ゴリゴリ、ちゃっちゃ、という感じだが、H嬢は丹念にマッサしてくれる

「胃の機能が低下してるかもしれませんねぇ」

ほーほー

こんなことを言ってくれるのは、錦糸町の足裏マッサのおばさん以来だ

「赤ずきんちゃんのおばあちゃんを食べちゃったからね」

「オオカミさんですかぁ?」

「昼間は歌麿ですが、夜は…」

無言のままマッサは続き、背中から肩へと移行していく

腰の辺りに股がるH嬢の柔らかいOK2が、僕の心の奥底にある「希望」を膨らませてくれた

「でわぁ…仰向けでぇ」

H嬢は制服を着たらそのままJKにも見える若さと、混じりっけのない純朴な感じが、都会のERにまみれた男たちのカラダを揉みほぐすのか

その可愛く膨らんだOPIをマジマジと眺められながら、この密室で紙Pを膨らませた男たちを相手にするのか

そう思うと大変な仕事だ

僕はH嬢が汚れた男たちと対峙し、純朴から成長して、この池袋で天下を取る妄想を始めた

明治通りに停まったリムジンから、さっそうと降りてくるH嬢がサングラスを外し、「ごきげんよう、歌麿」と言う日がくるかもしれない

取り巻きから「女帝」と呼ばれながら、葉巻を吸い、大量の煙をプカプカする日がくるかもしれない

僕はそんなH嬢を見ながら、うんうんとうなづくのだ

デコルテーナをスリスリしているH嬢を眺め、相変わらず黒いTシャツを膨らませている可愛いOPIが、未来を明るく照らす

今日は「女帝」としての記念すべき誕生日だ…… 

「お疲れ様でしたぁ」

51NQACVSFVL


























この可愛い笑顔に「女帝」の貫禄が隠されている

H嬢はメンズエステで天下を

そして僕は…

「オレ…テンガで天下取るから」

「はい?」







174951017_624