この場所は過去に何度もきています

久しぶりに王子に降り立ち、まずはバッティングセンターで打ちこみ

しかし、東京ドームのバッティングセンターと同じで、上にもネットがあるため打球が上がるとすぐにカサカサとネットに引っかかる

なんだかスッキリしない

こんな日は、みのめんたでラーメンを食べてエステでサッパリしよう




てゆーか

みのめんたがなくなっている

img_0



















みそ熊に変わってる

a9293be2



















なんてこった

過去の訪問でも、必ず書いていたみのめんたが……

時代が悪いのか

明治通りの名物ラーメン屋だったのに

それにしても、ここのエステもコロコロ変わる

相変わらず入りづらい入口だが……

IMG_8385



































高校生の下校時間と重なる時は、余計注意が必要

入る時はいいですが、出る時に出くわすと、うしろ指さされながら駅に向かう形になってしまいます

さて

壊れかけのピンポンを押すと、赤いドレスに身を包んだA嬢がお出迎え

こんもりモリモリしたターニーマーを揺らしながら、カギを開けてくれました

「いらさませぇ」

短いコースもありますが、てもみん価格なのでどう考えても面白くない

ならば料金がピョコンと上がる70分コース以上を選ぼう

70分9K

「はじめてデスカー?  」
と聞かれたので、
「お店変わる前はいっぱいきたよ」
と答えておいた

奥へ通されると、しっかりとリフォームされていた

受付にも胡蝶蘭なんてあるし

チャイエスらしく、金色の招き猫もたくさんある

みのめんたも、金色の招き猫をたくさん置けば潰れなくてすんだのに

小上がりのお部屋でお着替えをし、ジョリパッドを塗りまくったオサレな壁に服をかける

Tシャツも汗ばんでいたので、乾かすにはちょうどええ

服をヌギヌギし、なぜかT紙Pを装着

戦隊ルームに向かうが古さは変わらずだ

年季を感じるが、お湯の出方はまずまず

紙Pを装着しての戦隊なので、イマイチ盛り上がらないが、アワアワを伸ばすテキニッキはなかなかERい

仰向けになっても大量のアワアワをスリスリヌリヌリしてくれるが、アメリカンホームダイレクトはナッシング

警戒レベル10だ

洗い流し終えると、
「アソコは自分で流してネー」
と言い残し、戦隊ルームを出て行った

むむむ

期待ハズレか

王子のクセに

そういえば、赤羽も健全店が増えてしまった

京浜東北線も変わってしまったなー

1人戦隊ルームで遠い目をするベテランエスター

お部屋に戻り、また新しい紙Pを装着する

京浜東北線も変わってしまったなー

さらに、遠い目をするベテランエスター

うつぶせーナになると、タオルの上からこんもりモリモリさんらしくウエイトを乗せた圧がかかる

これがなかなかちょうどええ

「マッサージ長いの?  」
「1年くらいヨー」

ほーほー

肩から背中

腰辺りに圧をかけ、カラダをほぐしてくれる

気持ちええ

チャイ娘は小さいころから身内にマッサをしているらしい

ずっとやっていたから、自然と身についたらしい

なかなか関心ですな、と思いきや

「おこづかいくれるからー」
と淡々と話していた

ニッポンにきているチャイ娘は、身内からでもお金を取っていたのだろう

パーパ
パーパ
おこづかいちょーだい

って感じだった子どもが

おニーさーん
エンチョする?
エンチョ気持ちイイヨー

に変わるのだろう

おニーさーん
3000円!
3000円!

と街中で言っているチャイ娘は、パーパからも竹の子ハギをしていたかもしれない


全身のほぐしを終えると、オイリーナが開始

ここでもケンコー骨に添い、ゆったりと力強く圧をかけてくれ、そのまま肩へと伸び、首のリンパを流してくれる

これならパーパもおこづかいをあげてしまう

下へ移動し、OK2付近も丁寧にオイリーナしてくれる

しかし、紙Pがあるため、ワーレーメーへのペッティングはスムーズではなく、ガサゴソガサゴソといった感じ

T部分のゴムを引きちぎってしまおうか、と思うぐらいのノースムーズ

フトーモーモーからふくらはぎ
そして、足裏へと下がる

足裏を丁寧にオイリーナしてくれたのは良心的

気持ちいいっすね

まあ、てもみんに行って男子にモミモミされるより100倍マシか

「おニーさーん、仰向けでー」
「はいはい」

さてさて

仰向けで何をするのだろう

てもみんやリラク辺りでは肩や首をゴリゴリやしたり、デコルテなどをやるだろう

もしくは、スネ辺りももみほぐしか

はたまた、足裏を入念にマッサしてくれるのか

30分3Kほどの足裏マッサであれば、仰向けで足湯をチャプチャプし、そのまま施術に入ってくれるものだ

しかも、痛がる箇所によって、胃が疲れてるねとか、寝不足だねとか言ってくれる

痛いが、胃の疲れが取れるような錯覚になる

いや、実際回復に向かうのだろう

足裏は第2の心臓とまで言われているのだ

実際、錦糸町の足裏マッサでグリグリしまくられた次の日の朝、超目覚めが良かったことがあった

そんなことを思い出していたら、

「おニーさん、ゴニョゴニョゴニョ……」

とA嬢がターニーマーをプルプルさせながら言ってきた

そして僕はまた遠い目をした

今度は、野原一面に広がるヒマワリを眺めるような……

西の空に沈む真っ赤な夕陽を眺めるような……

綺麗な心のまま

純真無垢な心のまま

僕はつぶやきました

「飛鳥山から聴こえるラブソングは激愛だっぺーーーーー!  」

1hatecEWHyicy7J_KdTpy_22














お店を出ようとすると、外からキャピキャピした声が聴こえてくる

このまま出てしまうと王子駅までずっと、うしろゆびさされ組になってしまう

通り過ぎたであろうタイミングをみて扉を開け、鳴りもしないケータイを耳に当てて

「あぁ、うん、うん、そうそう、奇面組の絵コンテ、メールで送っといて」

と言いながら駅へと向かいました