大好きなアザブジュバーンにまた来てしまいました

アザブジュバーンといえば、オサレなシャチョさんたちがデデデデスコでフィーバーしてて、飲みに行くとこは、店なのか住まいなのか倉庫なのかよくわからない怪しげな扉を開けたとこ、てイメージ

電車が1時間に1本しか走らないド田舎から出てきた僕は、東京人の顔をして4番出口のマクドナルドでアイスコーヒーを飲むのが精一杯OPI

しかし、助平の力を借りれば、どこにでも行けるのだっふんだ


お電話をすると男性が丁寧に道案内してくれます

「あ~、あそこを左ね、あ~はいはい」