この駅を降りると、悪い人たちにカラまれるのではないかとドギマギします

昔のイメージのまま、駅前を歩くとマッサージ屋さんが目に入ってきます

疲れてる人が多いのか

西口がわからず北口からテクテク歩き、電話言っていた
「キュウコシュカイド、キュウコシュカイド」
を目指しました

長年チャイエスに通ってると「キュウコシュカイド」は「旧甲州街道」なのだと予想できました




優しい気持ちのまま、マンソンのピンポンを押し、ツヤツヤしたターニーマーのM嬢にお出迎えされる

赤いお洋服はピタっとしていて、カラダのラインを浮き彫りになっていた

ヨカト

「お兄チャーン、何プーンがいいのー?」

少しだけ甘え口調とリズム感のいい聞き方は心地がいい

どこかで誰かに習ったのだろう

90分10K

センベエ布団にうつぶせになり、お部屋戦隊から始まる

この戦隊方法が始まったころは防水シートが必需品だったが、いまではタオルの上で始まることが多い

それほど濡れないのだろう

「お兄チャーン、アワアワいくヨー」

暖かいアワアワを腰の辺りに乗せ、デンブを中心にスリスリヌリヌリする

「お兄チャーン、スベスベヨー」

相変わらず、甘え口調でスリスリしてくれる

そして、もれなくOK2の裏からコマネチスリスリ

「お兄チャーン、お兄チャーン」

こんな妹がいたら、毎日マッサしてもらうのに

しかも何度も何度もOK2裏から柔らかお手手をソーニューしてくる

にゅるにゅる

コロコロコロコロ

にゅるにゅる

コロコロコロコロ

いい感じでハルクコーガンをアックスボンバーしてくれる

歌麿様が超人ハルクになるのも、それほど時間がかからない

いい感じのアワアワやーん

夏はやっぱり戦隊やーん

もうしょうがない猛暑で、汗まみれになったカラダをキレイキレイしてくれる

んま~
いいザマス!

金鳥の夏
日本の夏
FBKの夏

仰向けコールで元気な歌麿様を披露し「お兄チャーン、スゴイねー」という有難い言葉をいただいた

女の子から「スゴイねー」とか「おっきい!」とか「こんな硬いの初めてー」とか言われるとさらにBKしてくる

僕は褒められて伸びるタイプ

伸びて硬くなるタイプなのだ

オモテ面も暖かアワアワでキレイキレイしてくれたので、いたるところがピカピカ

赤いおべべからのぞくターニーマーに手を伸ばしても、ビジであしらわれる

「ダメよーお兄チャーン」

お兄チャンも助兵なことしたいのに

ええやん
ちょっとぐらいええやんか

スタイルのヨカM嬢に連れられ、バスルームへ案内される

「アワアワ流してネー」

クーラーで冷え切ったカラダを温かいお湯で洗い流す

お部屋戦隊の冷却効果は凄いものがある

カラダの上に乗せたアワアワがクーラーで冷やされ、そのままカラダも冷えてくる

施術をする方は暑くなるのだろうが、じっとしてマッサを受けている方はどんどん寒くなるのだ

3秒だけシャワーを浴び、お部屋へ戻る

「お兄チャーン、早いネー」

当たり前だのクラッシャーバンバンビガロ

早く助平なこと、したいのだ

「それじゃあ、うつぶせでー」

解放的な化阪神のままうつぶせーナ

タオルの上からカラダをほぐしてくれるが、僕の脳ミソは卑猥なことばかり考えている

「カラダカったいネー」

化阪神が硬くなる前にジョー阪神は常にカチカチ

ザブングルの加藤並にカチカチだ

ゾクゾクもする

タオルを半分めくり、桃のようなOK2をペロリとオープン

たっぷりのオイリーナで片脚ずつスリスリーナしてくれた

「上手いねー」
「ありがトゥー」

ん?
上原チョー?

いや、この丁寧な手さばきは上原チョーのわけがない

「上手いねー」
「ありがとう」

良かった

可愛らしい声で「ありがとう」と言ってくれたので、やはり上原チョーではなさそうだ

聞くと、都心でのマッサ経験は豊富らしい

なるほど
長年ERなツワモノどもをさばいてきたわけだ

OK2に切り込む手さばきも、なかなかのモノ

自然に腰を浮かしてしまう

そして自然に腰をカクカクさせてしまう

「助平ネー」

半分めくり上げたタオルを化阪神に戻し、今度はジョー阪神をあらわにする

肩や背中や腰へのオイリーナだ

まぁ…気持ちいい

気持ちいいのだが、気持ちいいだけだ

いつもここの部分になると、素直になれない

早くチョー気持ちいいことをしてほしい

早くトゥートゥー体操したいのだ

「Mちゃん、どこにいても人気あるでしょう?」
「そんなことないトゥー」

ん?

「変なお客さんいたでしょ?」
「結構、いトゥー」

ん?

「結構いたの?」
「いたヨー」

あぁ…
空耳アワーか…

仰向けーナコール

夏の輝きに照らされたお部屋に浮かび上がるM嬢は、さらに妖艶さを増している

口角の上がった口元と、イタズラそうな瞳にドギマギしてしまう

ヤンキーなどいなくなった烏山の街に、天使が舞い降りる

街全体をこのこの笑顔で照らしたいものだ

「お兄チャーン、気持ちいい?」

「トゥートゥーも」

「え?」

「トゥートゥーも気持ちいいよ」

僕の心はいつでもサマーバケーションだ

上原…

上原…

上原…

「チョーーーーーーー!」

img61641302




















気がつくと、天狗のお面をかぶり、駅のホームに立っていました

駅員さんに
「どーも、鞍馬天狗です」
と言うと
「新宿は向こうだよ」
と親切に教えてくれました