広尾にくる時は疲れていないといけない

そう決めています

10年くらい前、広尾のとあるマンソンの前を通った時、僕たちOPI星人の最高峰、サンズ会長野田義治氏を見かけたことがありました

あの時の佇まいといい、オーラといい、背中に無数の乳房が見えました

背負ってるものが違う

OPI星人の神に近づけるよう、今日も助平でいよう


広尾「アロマプリンス」


広尾の商店街らしきところを通り路地裏へ

大使館かと思ったらオサレなイタリアンでした

「どうぞぉ」

優しい声でこたえてくれた女性がオートロックを開けると、僕はダッシュで階段を駆け上がりました

「こんにちわぁ」

色白で小柄で可愛らしいO嬢が笑顔でドアを開けてくれたので、思わず抱きしめそうになりました

お部屋に案内する後ろ姿も可愛らしい

後ろからギュッと抱きしめて、そのまま施術ルームという卑猥なお部屋でイングリモングリしたい

欲ボーに支配されながらも、おとなしくイスに座り、フライングしてしまいそうな歌麿様を落ち着かせ、静かにお支払いしました

100分17K

最近は高いのかちょうどええのかわからなくなる

この価格に、まぁいいかと納得してしまうのだ

お部屋は打ちっぱなしで広尾らしい

麻布十番やギロッポン、恵比寿やら中目やらオサレタウンの代名詞

打ちっぱなし

打ちっぱなしのお部屋で勃ちっぱなしのやりっぱなしの出しっぱなしをしたいものです

さて

シャワーをちゃっちゃと浴び、桃色ヨコスカーZ紙Pを装着する

この紙Pを装着すると、桃色クローバーに加入した気になる

お部屋に戻り、うつぶせーナ

タオルの上から全身を軽くほぐすとさっそく、ムチムチーナなO嬢のフトモーモーがマタガーテくる

腰の辺りに感じられる温かいOK2と形のいいチコツ

いつも思いますが、腰からチンアナゴのように触覚が出せれば……

こんな楽しいことはない

黒いブルマーなので余計体温を感じ取れる

「お疲れですねぇ」

硬くなったカラダを触り、そして背中にOPIを押しつけるミチャーク

最高の肉感

巨NEWさんではないが、柔らかいお肉のミチャークは、松坂牛を初めて食べた時のような感動だ

色白でポニョポニョしてて、可愛いお顔

あー
ストライクな女の子

早く仰向けになって愛の告白したいものだ

肩から背中、腰をオイリーナしてくれると、徐々に下がり、OK2をグリグリ

「お疲れですねぇ」

「広尾にくる時は疲れていないといけない、そう決めているのです」

「そうなんですねぇ」

「疲労……」

「はい?  」

「広尾で疲労を……」

さらに下がり、脚をスリスリスリーっとオイリーナ

左脚からスリスリヌリヌリ

ふくらはぎからフトモーモー

伸びてくる指先はお袋様をカスリーノ

そしてまた引いて、また伸びてきてカスリーノ

ヨカト

男子の心を鷲掴み

桃色ヨコスカーZからカスリーナも忘れないナイスなペッティンGoo

この時点でいいお店だとわかります

次にくる攻撃を待ち望んでしまう僕は、自然と腰をカクカク

すると引いていた指先がまた伸びてきて、お袋様の中の円球セーエキ生産工場新宿営業所製造一部生産四課をコロコロコミック

ドラえもんやおぼっちゃまくんやツルピカハゲ丸くんもコロコロコミック

コロコロコロコロ

コロコロコミック

右脚に移ると、プラモ狂四郎やファミ拳リュウをコミックボンボン

ボンボンボンボン

コミックボンボン

そして、大量のオイリーナでラビリンスの時のデヴィッドボウイが2つの水晶を回すようにラビリンスラビリンス

コロコロコロコロ

コミックボンボン

ボンボンボンボン

コミックボンボン

完全無欠のOK2を眺められながら、水晶を回される

腰を浮かせ、完全FBKの歌麿様を解放させたその姿は、一つのアートとして日展か二科展に出品したいほどだ

「いかがですかぁ?」

と聞かれましたが、「気持ちいいよぉ」という決まりきった返答をするのも粋ではないなと思い

「完璧なFBKなどといったものは存在しない……完璧な絶望が存在しないようにね」

と、つぶやいておきました

「でわぁ、ワンワンでぇ」

ヨカト

ワンワンがあるだけでポインントアップです

ワンワンになっても丁寧にセメてくれる

完全FBKなのは言うまでもない

「Oさん、人気あるでしょ?」と聞くと
「ウフフ」と微笑んでくれる

間違いなく人気あるな

そして、その要因を調べたくなってきました

蒸しタオルで拭き取り、仰向けーナコールセンター

この瞬間がいつも好き

数十分ぶりに見る可愛いお顔は相変わらず可愛いお顔で

ムチムチのOK2が僕を挑発する

頭側にまわり、ひとまずお腹まわりから胸、そしてデコルテーナをヌリヌリスリスリ

ヴィックスヴェポラップのCMを思い出してしまい、「気持ちいいよ、ママ」と言いそうになってしまいます

化阪神に移ると、より妖艶さを増すO嬢

ヴィックスヴェポラップを塗ってもらい元気になった歌麿様は元気玉を蓄積している

ミチャークからの桃色ヨコスカーZの脇からシンニューして、スリスリヌリヌリ

素敵な思い出スリスリヌリヌリ

カエル脚でもスリスリヌリヌリ

ここで、お待ちかねアワアワホイップイソップスリスリヌリヌリ

あぁ……

きた……

歌麿様とともに膨れ上がるトロトロのアワアワ

きたきた……

これこれ……

これだよね……

草原は駆け回る少年のようにはしゃぎました

「ここに咲いてるのは花はなんて花なの?」

「それはね、タンポポよ」

「チンポポ?」

「タンポポよ」

「タンポン?」

「お疲れ様でしたぁ」

「ダンデライオーーーーーーーン!」

0024b





















外に出ると夏の日差しが包み込んでくれました

広尾で疲労を癒した僕は、全ラーのままメトロを目指す

すれ違う人たちに
「服は?  」
と聞かれたので、
「太陽が輝いているのに服を着るなんて、夏に申し訳ない」
と答えておきました

近日再訪決定


広尾 メンズエステ「アロマプリンス」はこちら