歌麿チルドレンたちよ

可愛いの息子たちよ

最愛のわが子たちよ

主の鍛錬を軽んじてはいけない

主から懲らしめられても、力を落としてはいけない

なぜなら、主は愛する者を鍛え、子として受け入れる者を皆、鞭打たれるからである

あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい

神は、あなたがたを子として取り扱っておられます

いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか

およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです

だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい

さぁ

こちらへおいで

そして






引っ越しました。続きはこちら。