メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

アジアンエステ南行徳・西葛西

行徳 『アロマオーキッド』宝の持ちぐされのセラピストは、たくさんいるのだろう、と思う今日このごろ

オーキド博士の研究所は広大で、庭にポケモンを放し飼いにして研究をしているらしい

eejBHtLU_400x400






















ニッポン国で放し飼いにされているエスターたち

その生態も研究しているのかも

この店名は、もしやオーキド博士の?  と思ってしまった

行徳駅を降り、ママさんらしき人の電話誘導で、ERそうなマンソンを上がっていった




ERい心を抑えつつピンポンを押す

ピンポン

……

ピンポン

……

何の反応もない

間違えたかな、と思い一度下へ戻る

やはりここで間違いない

マンソン名を確認し、再度ERベーターで上がりピンポンを押す

が、また反応なし

もう一度と押すと、やっと部屋から足音が聞こえてきた

扉を開けたシシカバブーのようなHana嬢が、やっとのお出迎えだ

2a91b900















寝起きなのか?
目をこすりながら、中へと案内してくれる

しかも、ノーメイク

OPIはやたら大きく僕を興奮させるが、右鎖骨付近にある変なタトゥー見ていると気分が悪くなる

たまにこういうチャイエスはある

しかも、今回のような郊外に多い

サービス業という概念がないのだろう

仕事を完全にナメている

テキトーにコース説明をするので、ケータイで割引を見せる

自分が働いているお店の割引も把握していないのか

「ちょとカクニンしてきます」とのこと

久しぶりのいい加減な展開に、もう帰ろうかと思った

こんなセラピストにお金など払いたくない

部屋に戻ってきたシシカバHanaが「大丈夫です」と言うので、渋々お金を払ってしまった

60分9K

目の前をチラチラ横切る巨NEWが、僕の心を留めたのだろう


お部屋戦隊からスタートのようで、さっそく防水シートを敷く

その横で全ラーになり、うつぶせーナ

「ちょと待ててネー」

アワアワでも取りに行ったのだろう

数分後に戻ってきたが、気持ちは冷める一方

遅いし、寒いし

やはり帰ればよかった

OK2付近をアワアワスリスリし、後ろからお玉袋をヒッパリーノ

大量のアワアワで包みこみながら、お玉様コロコロ

あぁ

結局は

気持ちええ

仰向けになり、コカーン付近をアワアワスリスリ

お玉様からお竿様までアワアワスリスリ

あぁ

やっぱり

気持ちええ

「では、シャワー行きまショー」

FBKのままタオルを巻き、バスルームへ

その2秒後にはお部屋にうつぶせで寝ていた

巨NEWさんだからね

早い方がいいですやん

「Hanaちゃん、OPI大きいね」

「………」

返しがない

聞こえなかったか?

まぁいいか

タオルをかけ、全身をほぐしてくれる

とは言っても、マッサ歴は浅いようだ

いわゆるひとつのヘタクソだ

力が入ってない

力が入っていたのは、最初の5秒くらいだ

このシシカバHanaは手を抜くクセがある

仕事したくないオーラがムンムンだ

やる気ゼロ子だ

僕が支払った9Kのうち、どのくらいこのコに入るかわからない

仮に半分だとしてもかなりの金額だ

時給に換算したら、1時間4.5Kだ

そんなバイト、他にないがな

私はそれだけもらえて当然の仕事をしている、とでも言うのか

こんな態度で

こんな技術で

シシカバブーで

OPIは、ちょっといいが……

OPI分だけで4.5Kは高すぎる

だから東京にお客さんが行ってしまうのだ


仰向けになり、再度

「Hanaちゃん、OPI大きいね」

と言ってみた

「………」

やはり反応がない

「みんなに言われるの?  」

「……うん」

悲しそうな横顔で、うなづいた

この大きなOPIが、悩みでもあったのか?

これだけ大きければ、お客で入る男子は必ず「OPI!OPI!」と言うだろう

しかも、僕のようなOPI星人であれば「またか……」という心境なのだろう

無言のまま手にオイルをつけ、歌麿様を包みこんでくれた

そうか

OPIのことで悩んでたのか

助平な男どもに疲れていたのか

なんて不憫な

こんな素晴らしいスタイルを持っているのに

もったいない

MOTTAINAI

モタイナーイ!


気がつくと僕は、シシカバHanaのOPIを、これでもかというくらい揉みまくっていた

心の中にいるオイターマンが、こう言っている

「そんなのカンケーねー!」

「そんなのカンケーねー!」

モミモミモミモミモミモミモミモミ

「デケーOPIは揉まれるためにあるのじゃ!」

「揉まれるためにあるのじゃー!」

モミモミモミモミモミモミモミモミ

モミモミモミモミモミモミモミモミ

モミモミモミモミモミモミモミモミ

「ウシャシャシャシャシャシャシャーー!」



662fda2a

















行徳駅に向かいながら、Hana嬢のOPIを思い出す

あれだけのスタイルを持っているのに、モタイナーイ

高い意識を持ち始めたら、すごいセラピちゃんになるのに

そんなことを考えながら、違うお嬢で再訪してみようと思う今日この頃でありました

森下 『仁寺洞』と書いてインサドンと読むらしいドン

むかしむかし、都営新宿線ユーザーだった若き日の歌麿は、今の100倍の性欲を兼ね備えていました

ミスター生殖器として、24時間勃起していたこともありました

日本で1番、チンコケースが似合う20代であったかと思います

チンコケースを外して乗り込んだ都営新宿線は相変わらずガラガラで、乗っている女の子たちも都心のメトロに比べるとやはりその程度なわけで

駅を出て、おじいちゃんおばあちゃんが並んでいるバス停を見ると、やはりここは都営新宿線なのだ、と再認識しました


森下「仁寺洞」


熟姐が1人で切りもりしているお店らしい

ホームページの写真ではなかなかのフェロモンをムンムンさせていましたので、結構な期待を胸にお店に乗り込みました

「いらしゃい…」

Oh…

低テンション…

このテンションの低さは、大人の女性としてのアピールか?

低血圧で朝は弱いのよ的な

朝方のバーのママのような気だるい雰囲気で、脚付きベッドのシーツを直している

90分11K

「着替えてシャワー浴びてネ…」

ワンルームの部屋に入口から見えないようにするカーテンをつけ、半個室にしている

壁には整体院で見るような全身や足裏のツボのポスターなどが貼られている

整体院に非常に近いのだろうと思いましたが、棚に置いてあるオイルとティッシュボックスが僕の脳ミソを撹乱する

さて…

どっちだ…?

シャワーを浴び、穴開きベッドにうつぶせーナになると、さっそくタオルをかけ全身をほぐしてくれる

装着したT紙Pはどちらに転ぶ?

都心のメンエスでは久しく味わってない、これはどっちだ?感をしばらく堪能しました

熟姐らしいレベルの高いオイルマッサが始まると、余裕でオマタまで指が切り込んでくる

長年のマッサ経験を持つ熟姐からすれば、ここまで指を伸ばすオイリーナは常識の範疇なのだろう

OK2も丁寧にグリグリすると、そのまま背中と肩をオイリーナしてくれる

マッサは非常に上手いので安心できますが、この先の展開についてはまだまだドギマギしている

蒸しタオルでふき取ると、お待ちかねの仰向けコール

前かがみになった熟姐の白いTシャツから、豊満な胸のターニーマーが見える

年の割にはしっかりスタイルをキープしている辺りを見ると、美意識は高いようだ

フェロモンをムンムン出し始めたところで、僕の目の上に優しくタオルを乗せてきました

視界を遮断された…

五感の中の1つを取り上げられたまま、脚からオイリーナが始まる

相変わらず、T紙Pまで切り込んでくる指先

このまま紙Pの中でモゾモゾしてほしいものですが、そんな動きはせず同じ場所を往復するだけ

垂れ下がっているだろう乳房を見たいのに、それもできない

仕方がないので、他の四感を研ぎ澄ませる

特にオイリーナされるフトモーモーや、時折切り込んでくるコカーン付近に神経を集中させた

触覚の王にでもなってしまおうか、という勢いだ

さあ

僕の左側にあるティッシュボックスを使おうではないか

このティッシュボックスから柔らかいティッシュペーパーをサクサク取ろうではないか

さあ

さあ

さあ

「お疲れさま…」

「プテラノドーーーーン!」

4









帰りに乗り込んだ都営新宿線は、新宿方面に向かい静かに動き出しました

都心では味わえないこの疎外感にも似た感覚がクセになりそう

しばらく、マニアック都市巡りにでも出ますかね




↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ

葛西『ボシズ』 臨海公園の観覧車は今日もグルグル回っています

TVショーのアナウンサーが
「雪に雨が混ざって道路の雪はシャーベット状です」
と言っていました

「グチョグチョです~」とか言えばいいのに

卑猥な言葉は永久に不滅ですな




駅からチョー近いお店

ピンポンを押すとムッチリムチムチとした女性がお出迎えです

むむ

OPIがビックサイズ

Yes!ビックサイズ!

そのままお部屋に通され、穴開きベッドを眺めながら待ちぼうけっス

90分8,980円

おつりの20円を受け取らない人がいるらしいが、僕はそのままいただきました

うまい棒が2本買えるから
(・ω・)

どうやら、先ほどの女性がそのまま担当のようだ

お着替えをし、うつぶせーナからマッサ開始

ダイナマイトお嬢は巨PIだけでなく、体格もよくパワーも十分

肉を通り越して骨まで響く指圧

チャイマッサではよくあるパワー系スね

化阪神に移ると意外にも心地よい強さに変化

太股をプルプルとゆすってくれます

やはり、化阪神は大事ということはわかってるみたいですね

プルプルを終えるとジョー阪神に乗り、ストレッチ….

ストレッチというより、これはプロレス技に近い

もしも僕が中国雑技団の一員なら、そのまま逆に折り曲げて、大きなOPIに顔をうずめるのに

そんなことを考えていたら、仰向けーナコールセンター

また化阪神を優しく指圧

足裏やふくらはぎ、太股をプルプルしてくれます

ホッと一息していると獣神サンダーライガーのような背後からのロメロ・スペシャル

おぉ…

この状態でFBKになれたら、僕は天下を取れるだろう

しかし、度重なる大技にうろたえてしまっている

なんて日だ

フニャフニャにもほどがある

しかし、最後の最後にパフパフを頂くことに

なんて優しいのでしょう

アメとムチをうまく絡ませ、僕のような変態エスターを手玉に取っている

僕のFBKチャンスはいつくるのだろう

歌麿様も戸惑っている

そんならオイタしてしまえ

その大きなOPIを、この両の手でもみほぐしてしまおう

さぁ、おいで

パフパフ以上のことをしようではないか

さぁ

さぁ

さぁ

「おちゅかれ様でしたー」
「ドドンパーーーーー!」

bg3
img_1

























今日も葛西臨海公園の観覧車は回っている

葛西の街中がエロで溢れても、観覧車は無言で回り続けるのだろう

南行徳『フォ○ストラブ』とんだ森林浴だぜ

ここにくるとついつい期待してしまいます

なんでもないようなことに反応してしまうコカーンが、妖怪アンテナのようにおっ勃っておりました


南行徳「フォレストラブ」


フォレストと聞くと森しか思い出さない乏しい英語力

森でラブってアオカンか!
と思った僕の脳ミソは中二のまま

まぁ

これでいいのだ

南行徳駅のガラガラのペッパーランチを横目にお電話すると、魅惑的なマンソンへと案内してくれる

ニンニクパワーでも補充しようかと思いましたが、帰りにしようかな

OPIをプルプルさせてお出迎えしてくれたRちゃんの笑顔が素敵

90分10Kのたっぷりコースは期待できますな

「1円のお返しです」
「とっときなー」

至近距離でヌギヌギし、フルティンにタオルを巻いてくれる

あたたかいバスルームでアワアワしてくれるそのお手手は、歌麿様をさらに元気にしてくれた

お部屋に戻り、半BKのままうつぶせーナ

静かな森の中の気分だ

「森のクマさんって知ってる?」
「知らないヨー」

そうかそうか

知らないだろう

クマさんは森の中だと普段の2倍以上、ERくになるのを知らないんだな

水を得た魚のよう

そう
魚の交尾のようなスピードも纏えるのだ

まさにフォレストラァーブ

オイリーナでユターリマターリしているが、頭の中はERでいっぱいOPI

なんてったって、クマさんのホームグランドの森なのだから

歌麿様一本でカラダを支えられそうだ

さぁ来い
仰向けコール

「では、仰向けデー」

よし、きた

0コンマ数秒で反転すると、先っぽからハチミツを垂れ流している歌麿様が天井を見上げている

さあ、おいで

クマのプーさんのように、トロトロのハチミツと戯れるのだ

さあ、来い

オラのハチミツは、いつまでも出てくるだ~

んだ~

出てくるだ~

ほーれ、いじってみっせ

あーよ

あーよ

いじってみっせって

気もづいいどがら~

いじってみっせって~

あーよ

あーよ

気もづいいど~

いじってみっせって~

いじってみっせって~

ほーれ

ほーれ

………………

images











帰り道、見上げると空には大きな雲が浮かんでいる

南行徳って実は千葉県なんだな、と改めて考えるのでありました

 
南行徳「フォレストラブ」はこちら

西葛西『パンドラ』 スケベな箱はパンドーラ

やっぱり、なんだかんだ言っても、オールヌード&タッチOKのお店で欲望を撒き散らしたいものです

そんな僕は西葛西の駅に降り立ちました


西葛西「パンドラ」


駅に降り立った僕の股間は、すでに半BK

image

「こんにちは」

オッパイの大きな女の子が目の前に現れた

良いではないか
(・ω・)

そうそう
もう欲望を抑えなくてもいいのだ

シャワーを浴びながら、僕のおチンポを丁寧に洗ってくれるオッパイちゃん

僕の両手は、柔らかいオッパイを揉みまくっている

「スケベねぇ」

そうそう
僕はスケベなのだ

完全にFBKになったイチモツ

僕の股間だけが、すでに物凄くハッスルしている気がする

疲れてるけど欲求不満の僕は、そのまま仰向けーナで、完全に受け身状態

ただ仰向けーナになってるだけで昇天できそうな予感の股間から、すでにガマン汁が溢れ出していた

「こんなになってるよぉ」

大きなオッパイをたわわに実らせたオッパイちゃんは、僕の上に覆い被さり音を立てて欲情してくる

ピチャピチャピチャ

乳首から徐々に下へ下がり、シワシワの玉袋をほおばってきた

それでもオッパイちゃんの手は、おチンポを離さない

ジュルジュルとスケベな音を立てると、大きな口を開けて…

パクリ

おチンポが一瞬で、口の中に隠れてしまった

静かな部屋に卑猥な音がこだまする

バキュームフェラがより一層、僕の欲望を増していった

「気持ちいい…」

妖艶な上目づかいで、感じている僕の顔を眺めると、そのまま騎乗位へと姿を変え、ロデオのような馬乗りをする

ぐちゅぐちゅ
ぐちゅぐちゅ

ローションまみれの股間と股間は、お互いの体温を高め、紅潮した顔から欲望が溢れ出してくると、僕の股間は悲鳴をあげ、白いスケベな液体を大放出するのでありました

「気持ち良過ぎるわー!!」

50f58a9fff969ff1b2b5977923b593fc


都会の外れ、西葛西

こんなところに、こんなエロいお店があったとは…

どうやら僕は、スケベなパンドラの箱を開けてしまったらしい


西葛西「パンドラ」はこちら
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ