メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

アジアンエステ上野・御徒町・湯島・浅草

御徒町 『わが家』ここが我が家と言えばそうなのですが、言わせねーよと言われるので言えないのです

旅に出てしばらく家を空けることがあります

旅先でハメを外して全力少年のように遊びまくった次の日、寂しい気持ちのまま帰路につきます

そして家に着いたら、ひと言
「やっぱり、わが家が1番だな」
と呟く方は多いと思います

がしかし

エステブロガーである僕は、間違いなく途中下車し、糸の切れた風船のように駅周辺を彷徨います

風の向くまま気の向くまま

ふと目にしたのは、我が家ではないのに我が家だと勘違いしてしまうわが家でした


御徒町「わが家」


「はい、どうぞぉ」

担当は清楚にも見えますが、気はメチャクチャ強いだろうM嬢

ベッドの中では淡白なのか、豹変するか、わからないが大きなOPIになぜかいろER期待してしまうタイプ

100分13K

旅の疲れからか、ワーシャーを浴びてとっとと横になりたかった僕は、うつぶせーナになり、ふぅ~と一息つく

やっぱりエステはいいな~

エステブロガーの皆さんは、こう感じるのでしょう

タオルをかけて、さっそくマッサ開始

力の入った入念なマッサすね

手技が凄い

交差にグングン動きほぐされていく

ここのお店は、本格的なテクを売りにしているんだろう

しかし、ここはエステの名門御徒町

この場所で普通のマッサやってて儲かるわけがない

時折、M嬢のフトモーモーに当たる僕の手が悪さをし始めた

チロチロチロ

無言のまま、施術を続ける

チロチロチロ

さくさくと施術を続け、足側へ行ってしまった

仰向けコール…

半BKのまま、仰向けになると少しだけ微笑んでくれる


チロチロを怒ってないのか



いける

大人っぽくもみえますが、やはり笑顔を見ていると可愛らしさがにじみ出てくる

そのしおらしい手の動きを止めて、しばらく僕の手を握っていてほしい

少しだけ好きになってきた

そして

僕の脳ミソが少しずつ、御徒町モードに入ってきた

あぁ…

近くて遠いこの距離感

あぁ…M嬢…

どーして貴方はM嬢なの?

僕のM字開脚いっぱい見て……

僕のM字開脚をいっぱい触って……

御徒町でしょ……

ここは御徒町でしょ……

全ラーで、パイズーリー、スーマーターもしちゃう御徒町でしょ……

ねぇ……

ねぇ……

いいじゃないのぉ……

御徒町なんだからぁ……

いいじゃないのぉ……

いいじゃないのぉ……

「はい、お疲れさまでしたぁ」

「ジェッタシーーーーーーーーーー!!」

旅の疲れとエステでのハッスルに疲れが2倍になった僕は、高見山のマルハチのCMを思い出しました

「2倍2倍」

ハスキーボイスでM嬢にピースサインを出しましたが、全く知らないようでした

御徒町 『ライム』イカしたサングラスをかけたポニーテールのあの娘はAKASURI JET CITYの住人さ

メンズエステは仮面ライダーやウルトラマンみたいに、たくさんの数と歴史があって

そして、いつの時代も必ず誰かの心に残っている

心から尊敬する真紫準のようなタンクトップ姿で御徒町の駅に降りた僕は、夕陽をバックにこうつぶやいた

「夕方、働く気は薄れるが、ヒゲは濃くなる」


御徒町「ライム」


御徒町にくると、なぜか必ず思い出します

「めざま◯テレビ」

しかも、毎朝「スッ◯リ」を観ているのですが、御徒町にくると「めざま◯テレビ」を思い出します

お店の中に入ると受付にはヒョロッとした男性がいました

「フ◯テレビですかー?」
「違いますよー」

80分11K

お相手の女の子は、どこかの女子アナをおばちゃんにした感じのA嬢

女子アナ熟姐がテキパキと用意し、

「準備できたヨー」

と、ワーシャーを出してアカスリルームを温めてくれてましたね

マターリしたいので80分にしたけど、この時期にアカスリとか戦隊は…

でも、女子アナ子ちゃんは心得てますな
暑さ対策を

少しだけアカスリルームの扉を開け、のぼせるのを防いでくれます

さっそく、アカスリ台にうつ伏せーナ

アカスリしていない箇所にタオルをかけ、背中きら丁寧にゴシゴシ

「韓国人は小さい頃からアカスリやってるからネー」
ふむふむ、納得

「韓国ではKARAよりも少女時代の方が断然人気があったヨー」
「へー」
「日本ではKARAの方が人気あるネー」
「ふむふむ」
「日本人は美人タイプより可愛い子タイプが好きネー」
「OPIが大きい子がタイプだよー」
「そうカー」

懐かしいハムニダ…


で、お部屋へ

うつ伏せーナでマッサしマッサ

しばらくすると、足踏みマッサでグイグイ

「重いー?」
「重くないよー」

親指でツボを確実にとらえるテキニッキは、ベテランの証

肩からケンコー骨にそって、足の親指でグイグイ

親指に目があるかのように確実にとらえる

右肩のケンコー骨まわりをマッサされるためにエステにきているようなもので、確実にコリまくってるここをセめられるといい気分になり、
徐々ににチョンマゲとチョビヒゲがはえてきて、
「余は満足じゃ」
と言い放ってしまう

お待ちかねの仰向けコールセンター

からの…

スリスリサワサワ

スリスリサワサワ

いーよ

いーよ

僕はKARAよりこっちの方が…

いーよ

いーよ

伊予柑よー

スリスリ

スリスリ

スリスリサワサワからの…

あいちゃーん

あいちゃーん

あいちゃーーーーん

昔々の大塚キャスターがニコニコしながら、あいちゃんを呼ぶ顔を思い出しつつ、

「あぁイぃーチゃーーーーん!」

06



















実は伊賀の隠れ巨PIのアナ子ちゃんとハグハグムニムニして、静かに退室チュセヨー

久しぶりにアカスリを受けたので、明日は久しぶりに「めざましテレビ」を観ようと思いながら、御徒町の闇へと消えていきました








御徒町『アロマクイーン』アジアンエステ激戦区にできた良心的なお店♪相も変わらず可愛らしい店長さんがお出迎えの巻 

春がキターと思ったのもつかの間

結構暑い

このまま梅雨を通り越して夏になっちゃえばいいのに

ニッポンもハワイのような常夏になっちゃえばいいのに

アメ横をトップレスビーチ、いや、トップレス商店街にしちゃえばいのに




駅から歩いて近いってのは、うれしいポイント

いろいろなお店が入ってるマンソンのERベーターをあがってみると

そういえば

前に凸したことがあったのような……

違うお店だとは思いますが……

なんだったかな?

昔のレポを探してみようか?

うろ覚えではありますが、トキメキが止まらないのはなんでだろう

受付で対応してくれたのは、茅場町でもおなじみの可愛い店長さん

クリクリしたお目目とニコニコ笑顔が素敵やん

可愛いやん

感動するやん

待合スペースにて受付をパパッと完了

週エスを見せたら、90分10Kに

さっそく、待合所のすぐ脇にある施術室へご案内

なかなかゆったりとした作りが好印象

着替えを済ませると、受付してくれたE嬢が別のコスチューム姿で登場

素敵やん

可愛いい

笑顔たっぷりなのもイイ

シャワーをチャッチャとすまし、部屋に戻って、うつぶせーナ

さっそく指圧モードON

こちらは打って変わって丁寧マッサッサで全身をじっくりほぐしてくれる

特にコリコリの肩や腰はじっくりと

だんだん下へと下りていき、ふくらはぎや太ももの裏側をぐいぐいと

片言のトークで軽く雑談しながら、強めの指圧マッサを仕掛けてくるとは

なかなかのツワモノだわ

一連の指圧が済むと、オイリーナへ突入

艶めかしいオイリーナタッチで背中やわき腹やOK2をさわわ

さわわ

さわわ

される

ままに

こんどはいよいよオイリーナでオイナーリ

その時だ、思いがけない耳寄り情報が飛び込んできた


「わんわん」ポーズで♪


わ、わ、わ、


わんわんポーズ

ウイ、マドモアゼル!

いい……

とても、いい……

めっちゃ、ええやん

即座にわんわんポーズを決める僕

ただちに、B地区やら裏玉様への猛攻が

歌麿様からガマンできずに我慢スープーが……

ワンワンの段階であっさりアロマクインクインしかけたところへ

仰向けコールでひとまずおあずけ

タオルを掛けてもらいながら、タオルの上から本丸がいよいよ……され始め…

ぬう

おぬし

おおお……

クインクインレベルというか、卒倒級に気持ちいい

いよいよタオルが取っ払われてアメリカンホームダイレクトアタック・オイルオイリーナリミックス!

感動するやん

そして……

オ…

オ…

「オカチマ珍ーーーーーーーーーーーーーー!!」

ロッキー



















帰りに道、アメ横を紙パンツ一丁で歩いてみました

「おい、そこの君! 」

と声をかけられたので

「ここはトップレス商店街になるんですよ」

と答えておきました





御徒町 『ココアン』アメ横で売っている原色のスーツが欲しくなりました

残念なことに、名門ラベンダーがなくなっていた

というより、お店の名前が変わっていた

unnamed



































これは一大事

御徒町エステ界の盟主が店名変更したのだ

1



































読売ジャイアンツが読売スイトピーに変わったぐらいの衝撃

女の子も変わっちまうのか

せめて女の子はそのままでいてほしい

傷心の中、トボトボとアメ横を彷徨っていると、自然に階段を上がっていた




「いらさませぇ」

キュウリをほおばりながら、ドアを開けてくれる女の子が「いらさませぇ」と言ってきた

帰ろうと思ったが、大きなOPIを見てしまったのでカラダが勝手に中へ入りこんでしまった

「お兄さん、早いネー」
「お姉さんに逢いたかったから」

ホントはラベンダーでイングリモングリしたかったが……

70分10K

お部屋に通され、全ラーになる

その間、A嬢は戦隊の準備をするようだ

「テンチョー、なんちゃらかんちゃら~」

なにやら誰かと話している

なんだ、男の店長がいるのか

2人きりなら、いろいろな意味で楽しみが増えたのに

御徒町では男性店長が普通なのだろう

どこのお店も受付には、白いワイシャツに黒いズボンのおっさん店長がいる

パンチパーマ率は70%

僕がエステデビューした十数年前もパンチ店長がわんさかいた

御徒町はタケノコはぎが当たり前だったから、クレーム防止のために常駐してたのか

いまそんなことしていたら、お客さんなんて入らない

だから女の子だけでもいいのに

まぁ、いいか


それにしても大きなOPIだ

パフパフが十分できる大きさだ

で、まず戦隊

アカスリ台に上がり、背中に大量のアワアワを乗せ、スリスリアワアワ

気持ちいい

ローソンが混ざったトロトロなアワアワだ

春の陽気になってきたので、戦隊はやはり気持ちいい

仰向けコールで、再び大量のアワアワスリスリ後

ダイレクトターッチング

YES!
高見山クリニック!

慣れてる
小慣れている

一旦、完全FBKされてから綺麗に洗い流し、お部屋に戻る

うつぶせになり、タオルをかけ全身をもみほぐしてくれた

腰に座り、肩甲骨辺りをマッサされる

指使いがいいですわ

70分コースなので、お時間は少ないっスね

戦隊で結構時間を使ったので仕方ない

「うつぶせ疲れるでショー」

ということで仰向けコール

大きなOPIをブラブラさせながら、オイルをトロトロと歌麿様にたらす

顔がERい

「OPI触りたい」
「ダメヨー」

ボインボインブラさがっている魅力的なOPI

フンフン興奮していると、素敵な情報をくれた

「120分以上だったら……だヨー」

Oh……
マイ仏像……

でも、そこからのソーイネーで
「お、なんだ」
というフィンガー5

歌麿様がネッシーのようになる

前に読んだ、水嶋かおりんというお嬢の本の中に、ホントに気持ちよさそうな「初めチョロチョロなかぱっぱ」みたいなテクが書いてあったのを思い出し、もしかして弟子?と思った

「どこでこんな技を教えてもらったの?」と聞くと、

「誰にも教えてもらってないヨー」とのこと

初めチョロチョロ最強

ダイヤモンド硬度100!

さらに




からの

「オカチマチーーーーーーーーーーーーーーー! 」

Cc7TGdOUkAAWJc4_R


















アメ横の上野屋に寄って、明鳥のようなスーツを眺めていた

すると、老人夫婦がやってきて、真っ赤なジャケットを羽織っている

「カラオケで使うのよ~」

と上品な奥様が店員に話していた

赤いスーツといえば、やはり歌う曲は、氷室京介の「KISS  ME」だろう

このおとっつぁんが、だんだん氷室京介に見えてきた


御徒町 アジアンエステ「ココアン」はこちら















御徒町 『ラベンダー』我が肉体は年老いても美しいエステ嬢は常に現れるの巻

「アイちゃーん」

めざましテレビで大塚さんが皆藤愛子を呼ぶように指名しました

いつもは違う女の子に入っていましたが、これを機に乗り換えそうです

乗り換えなんて、この世界ではお茶飲んだりご飯食べたりすることと同じ日常的なことでしょう


御徒町「ラベンダー」


電話すると「2時間待ちですけどどうしますか?」と丁寧に案内される

さすが人気嬢

2時間待ちならまだマシだろうということでそのまま予約し、寒い中ケバブを食べながら待っておりました

「いらっしゃいませ」

丁寧な対応の受付に80分11Kを支払い、中へ案内される

ふわっとした香水の香りに包まれたA嬢が優しくお出迎えしてくれました

スラっとした長い脚にセクシーなくびれ、大きなOPIのナイスなスタイル

グラビアアイドルのような可愛い顔で
「どうぞぉ」
と招いてくれました

アカスリルームの湯船で冷え切ったカラダを温めると自然とホッとし、エロい気持ちが2倍にも3倍にもなってくる

「どうぞー」

アカスリ台にうつぶせになり、ゴシゴシとアカを出してくれる

定期的にやるアカスリはやはり気持ちがいい

カラダが軽くなる

仰向けになり、歌麿様も綺麗にしてくれるが、僕の目は巨NEWをロックオンしている

早く生OPIを見たい

最初からずっと思っている

早く生OPIを見たい

「では、お部屋に戻りましょ」

タオルで丁寧に吹いてくれ、お部屋に戻る

うつぶせになり、軽くほぐすと蒸しタオルとカバーをかけ、足踏みマッサージをしてくれた

背は高いですが、ちょうどいい体重

親指を使い、背中をポキポキ鳴らす

若いのにナイスなテキニッキですわ

蒸しタオルをはぎ取ると「ちょっと待っててね」と言い残し、しばらくするとシャワーの音が聞こえる

お待ちかね……

これこれこれ

「お待たせ」

これこれこれ

「よいしょ」

ベッドに上がるA嬢が、背中に柔らかい「何か」を当てる

やっぱりラベンダーは素晴らしい

ちょっとだけケツメド付近をサワサワすると早々に「仰向けで」と優しく声をかけてくれたので、歌麿様を天井に向けて大解放した

キラキラと輝くナイスバディーが目に飛び込んでくる

おぉ……

素晴らしいかラスカル……

久しぶりに見た絶景は、先日電車から見えた富士山よりも感動した

なんとも素晴らしい

たっぷりのローソンをつけ、卑猥な音とともに僕を天国へと連れていってくれました

春に目覚めた花も 優しくそよぐ風も

空に歌う小鳥も きらめく月明かりも

この胸に吹き荒れる 孤独という嵐を

かき消せはしないだろう

かき消せはしないだろう……

ラベンダー……

「SURRENDERーーー!!」

hqdefault



















美しいA嬢にひれ伏した歌麿様は、こうつぶやきました

「再訪決定……」
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ