メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

なでしこエステ市川・船橋・西船橋

西船橋 『アイリス』通りに雨は降りしきり、家々のこしいたふるい…もろもろの愚弄の眼は淑やかとなり、わたくしは花弁の夢をみながら目を覚ます

以前、侍プリンなるものを発見しました

西船の駅だったか

プリンにも侍があるのか

三船敏郎みたいなプリンか

それとも、藤岡弘のような骨太なプリンなのか

一度、食してみたい

美味しかったら、セラピちゃんに差し入れするのも大人っすね




場所が変わったのか

西船にくるとERのイメージしかないので、一気に気持ちのERさが増してくる

扉が開くとセラピちゃんとご対面

女の子の家に遊びに来たようなそんな錯覚に陥るワンルームマンソンだ

120分12K

船橋時代と変わらない相変わらずの安さ

安心の「リンパ周辺」の文字

とりあえず、バッチコーイだ

シャワールームへ向かい、紙Pを装着

数メートルしか離れていないお部屋に戻り、うつぶせーナになり、タオルの上から全身をマッサしマッサから開始だ

「だいぶコッてますね」

優しい声は耳から癒される

鼓膜がプルプルと震えると、なぜかプッチンプリンを思い出した

このコもプリンが好きなのだろうか

「プリン好き?  」
「へ? あ、あぁ好きですよ♪ カラメルソース最高ですね」

一瞬、頭の上にウエスチョンマークが出たようだが、さすがはサービス業、柔軟にこたえてくれる

変なヤツだと思われたか?

「最近、駅前で選挙演説が凄くてね……」

年相応の会話をはじめ、変なヤツから普通のおっさんへと切り替える

とは言っても、選挙の話なんて女の子からしたらつまらないだろう

自分自身もつまらない

もっともっと毒々しい下ネタで盛り上がりたいものだが、はじめチョロチョロなかパッパだ

オイルは足先からキワキワまでしっかりとマッサしマッサ

しっかりとカスリーナも忘れない

OK2のワーレメーもさりげなくオイリーナスリスリ

男子のツボを捉えたオイリーナスリスリだ

腰から背中に移っても、丁寧にオイリーナ

なかなかの技術のオイリーナは、心地良さを追求したらこうなりました的な感じだ

蒸しタオルで綺麗にフキフキし、仰向けコール

脚から丁寧にしっかりとオイルを伸ばし、コマネチまでしっかりと伸ばす

指指様には当たりーナのカスリーナ

そのまま立てヒザで、キワまでしっかり手を差し込んでくれる

なかなかのテキニッキ

わかってらっしゃるマッサっすね

そこからカエル脚になり、丁寧にゆったりとしたオイリーナ

キワキワスリスリ

スリスリキワキワ

そしてコマネチに向かって一直線に食い込ませるナイスショット

さらにAスタイルになり、Aエリアに侵入してきます

プルプル震えるプリンのような歌麿様

何度も何度も続くコマネチスリスリに、硬度が増していく

「プリンがプリンじゃなくなっていく」
「はい? 」
「プリンがね、プリンがね」
「プリンお好きなんですね」
「違う」

もう、小学生みたいな言い方しかできなくなっている

「ちゃうで」

関東の人間なのに関西弁にもなっている

ビコーズなぜなら

気持ちがいいからだ

「プリンが好きゆーたけど、ちゃうで」

合ってるか間違ってるのかわからない関西弁風で否定している

普通に「気持ちいい」という言葉を、文学的でもっと前衛的な表現をしたいのだが、結局は「プリンが」になってしまった

「大丈夫ですかぁ? 」
「ダイジョブだぁ~」

志村かよ

心の中で自分自身にツッコミを入れた

優しい言葉に結局シムラになってしまう

ボキャブラリーのなさに凹むが、歌麿様は完全FBKだ

「プリンが硬くなってきたよー」
「どこのプリンですかぁ? 」
「ここ!ここ!」
「お疲れ様でしたぁ~」
「ポムポムプリーーーーーーーーーーーーーーーン!!」

BswoFJ0CQAAjLwp-375x500



























帰り道、傘をさしながら歩く人たちの横を半BKのまま通り過ぎる

みんなうっとしそうな雨に気を取られ、僕が半BKなのに気づかない

そんなことを考えていたら、FBKになってしまった

西船だから、まぁいいだろう


船橋 『M~エム~』作家ザッヘル=マゾッホの名にちなむ、肉体的・精神的苦痛を受けることにより性的満足を得る異常性者専用ザクはいったい何色? と考える今日この頃のマゾ

いつも一緒にいたかった

となりで笑ってたかった

いつも一緒にいたかった?

いつも一緒に板買った?

どこで?

カインズホーム?

VIVAホーム?

板買って、どうするの?

本棚?

夏休みの宿題?

この歌をカラオケで歌うと別れるという伝説がありましたが、ホームセンターで12ミリのコンパネを買えば、オールOK

それで造った本棚にエロ本を並べれば、よりOKでしょう


船橋「M~エム~」


南口を降り、ふなっしーを探す

「もちぃもちぃ~、駅にふなっしーいないですよ~」

「そのまま、まっすぐきていただいて……」

ふなっしーのことなどスルーし、丁寧に道案内をしてくれる

見覚えのあるマンソンの階段を上がり、ピンポンを押すとダイナマイトボデーのN嬢がお出迎えしてくれました

「こんにちわぁ」

「僕はね……君のカラダが好きなんだ……」
とは言えない小心者

理想に近いERボデーは、僕のテンションをアゲてくれました

夢が溢れる妖精ふなっしーの街で、なんて魅力的が格好をしているのでしょう

白いシャツからはターニーマーが見え、短い黒スカートから長い脚がスラリと伸びている

「ふんづけてやる! 」
と言われたら素直にふんづけられよう

90分14K

まずは署名

撫子エステは署名をすることが多い

フルネームを書かないといけないので、あらかじめ決めてある名前を記入する

たまには本名でも書いてみようか

それとも、ゴンザレス歌麿と書いてみようか

迷ったあげく「シコシコきゃん玉男」と書いておいた

そして、U、K、Yの摩訶不思議な暗号が並ぶ

迷わずワンワンのYを選んだ

「僕はね、ケツメドを見られるのが好きなのだよ」

「では、シャワー行きましょう」

サクっとバスルームへ案内される

部屋は3部屋くらいあるのか

少し古いタイプのバスルームは綺麗にしており、好感が持てる

しかも、紙Pが数種類ある

どれにしようかな
神様の言う通り

で決まった紙PはピンキーなT紙P

1番ヒワイなヤツだ

チャッチャと浴び、2秒でお部屋に戻りうつぶせーナ

N嬢のカラダのラインを舐めるように見たので、うつぶせの間は妄想で乗り切ろう

あー
早くオイタしたい

ギターのようなラインをテロテロなでてみたい

欲ボーは増すばかりだ

オイリーナで脚から丁寧にスリスリヌリヌリ

ポヨポヨしたフトモーモーに挟まれながら、スリスリヌリヌリ

早くワンワンになりたい

ピンキーな紙Pを脱ぎたい

ギンギンのギンギラギンをアッピールしたい

カエル脚になり、スリスリヌリヌリ

Yを選んでも、カエルちゃんはやってくれるのね

やっぱり素敵なN嬢

助平そうなので、もっと好きになりそう

仰向けーナ

ヒザマクーラでデコルテーナをスリスリヌリヌリ

お約束のOPI布団が顔面をとらえて離さない

亀仙人が大好きなパフパフは、当時ジャンプを読んでいたシコシコ少年たちの憧れ

いつの日か……と何度も思ったものです

あー
このまま窒息死しても安楽死として処理してほしい

白いシャツからはみ出しているターニーマーをパン食い競争のようにパクパクする

「ダメですよぉ」

優しく諭すN嬢のターニーマーは、汗ばんでいて余計ERい

もしかしたら、おパンティの中も魅惑のお汁で汗ばんでいるのかしらぁ?

そんなこと考えていたらFBKしてしまった

そこに、デコルテーナからヘッドスライディングで紙Pまでお手手が伸びてくるもんだから……



当たりますやんマダムヤン

「触ってー」

「ダメですよぉ」

「握ってー」

「ダメですよぉ」

押し問答の末、脚側にまわりAスタイルの脚の間に陣取り、最後の仕上げ

さてさて
このお店は何処までいけるのかしら?

ヒワイなピンキー紙Pのゴムが伸びきるほどのスライディングから入り、縦横無尽にお手手が動く

大量のオイリーナがついているので、滑りは抜群さ

紙Pからはみ出す歌麿様など目もくれず、しっかりとリンパを流してくれる

しっかり流しながらも、ジョイスティックのように動く歌麿様

「そのまま、そのまま……」

「はい?  」

「もうすぐクリアできるから……」

「はい?  」

「もうラスボスまできてるから……」

「いやいや」

「もうすぐだから……」

「もうすぐだから……」

「お疲れ様でしたぁ」

「ゼビウゥーーーーーーーーーーーーース!  」

bb96ec55fbf94e3ab4c1e98135682357_600


























ドアを開けると、目の前に船橋の風景が広がっている

目隠しがないマンソンなので、外から丸見えだ

僕は、家庭訪問にきた学校の先生のフリをしながら、ふなっしーが待つららぽーとへ向かい、車のエンジンをかけました

船橋 『アイリス』あのストリップ劇場は伝説となり、◯ッキーとふなっしーがベイエリアを独占してますわ

昔々、若松劇場に愛染恭子が出演していました

歌麿少年は電柱に掲げられたストリッパー様の釘づけになり、大人になったらこの劇場に行こうと心に決めていました




「もすもすぃ~、若松劇場はどこですかぁ~?  」

「若松劇場はもうありませんよ~」

やんわりと返され、場所を聞きマンソンへと向かう

扉が開くとクリクリとしたセラピちゃんとご対面

可愛らしいその姿に、ネコの格好をしたおっさんは思わず
「ワンワン!」
と吠えてしまいました

マンションの中は綺麗でしっとりエステな雰囲気が漂います

そして、お支払い

120分12K

てもみん価格ですやん

このバブリーなメンエス料金時代の中、おサイフに優しい料金設定

この料金じゃドドドドドドドドド健全なのでは?

と思いきや、料金表に「リンパ周辺」の文字

しかも120分なら20分のリンパーナ

ほーほー

リンパ周辺てことは、リンパ周辺てことでしょう

とりあえず、メンエスらしい思いができる安心感と激安な料金に胸をなでおろしました

そのままシャワーにいき、紙Pを装着

いざ施術スタートです

まずはうつ伏せになり、タオルの上から全身をもみほぐします

少し長めのマターリしたしっかりマッサ

そしてオイリーナマッサに突入

ここまでの流れで感じることは、上手な会話術とマターリ雰囲気

嫌な感じがなく会話が進んでいきます

おっとりとした会話や、次に何の話が出てくるのか楽しみになるセラピちゃんです

オイルは足先からキワキワまでしっかりとマッサしマッサ

若いわりには自然にこなし、カスリーナも忘れない

OK2のワーレメーもさりげなくオイリーナスリスリ

全くもってドドドドドドドド健全的なマッサかと思いきや、男子のツボを捉えたオイリーナスリスリ

腰から背中に移っても、丁寧にオイリーナしてくれます

手抜きのない、とても真面目さを感じるオイリーナ

このコの性格なのか
お店のカラーなのか

心地良さを追求したら、こうなりました的な感じです

蒸しタオルで綺麗にフキフキし、お楽しみの仰向けコールセンター

脚から丁寧にしっかりとオイルを伸ばし、コマネチまでしっかりと伸ばす

ドドドドドドドド健全ではありませんが、ガッツリキワキワERERでもない

がしかし、指指様には当たりーナのカスリーナ

そのままの流れで立てヒザニーパット

立てヒザでもキワへしっかり手を差し込んでくれるので、なかなか

そしてそのまま横に倒しカエル脚になり、丁寧にゆったりとしたオイリーナ

キワキワスリスリ

そして日向小次郎のようにコマネチに向かって一直線に食い込ませるタイガーショット

さすが、小学生のころから屋台でビールケースを運んでいただけのことはあります

ここまで行くとAスタイルになるよう指示を出され、ご開帳しペナルティエリアに侵入してきます

まず左サイドからオーバーラップするロベルト・カルロス

さらに右サイドから長友がやってくる

両サイドから上げられたクロスボールを、オーバーヘッドキックのように脚を上げる歌麿様

しかも、これが何度も何度も続きます

ボクシングの3分間が長く感じるように、プレイヤーたちの20分間もとても長く感じる

しかし、ボクサーと違う点は「気持ちいい」といところ

「オレたちの愛は永遠だよね」
「うん、ずっと一緒にいたいの」

と言いながらイチャイチャしている高校生カップルとは違う、永遠のコマネチーナスリスリ

僕はずっとこのままコマネチをいじくり回されて一生が終わるのでないか、と錯覚してしまうほどのコマネチーナスリスリ

これがこのお店の醍醐味

きっと世界的人気のネズミさんも喜ぶだろう

「ぼく、◯ッキーだよ♪」

「はい?  」

「ぼく、◯ッキーだよ♪」

「はい?  」

「ぼく、ボッキーだよ♪」

「お疲れさまでしたぁ 」

「エーキモチデスヤーーーーーーン!  」
















帰り際、若松劇場の年間パスポートはありますか?  と聞いてみました

「またお待ちしてますね」

と笑顔で見送られた船橋の一日でした











船橋 『一楽』人生楽ありゃクロマティ

最近、仕事をセーブしているふなっしーの故郷に立ちおりました

グラビアアイドルが売れなくなった場合、ヌード写真集を出すパターンがありますが、ふなっしーや、ふなごろーはそうもいかない

中の人を出して盛り上がる人はいるのだろうか

しかも、274人も兄弟がいると聞いてしまうと、虎舞竜のロードを思い出します

いっそのこと、ふなっしー兄弟にはエステの道を極めてほしい

ゆるキャラ界を盛り上げた後は船橋のエステを盛り上げてほしいものです




船橋駅からの一本道をみると、剣の道をひたすら真っ直ぐ歩んだ剣豪宮本武蔵を思い出します

「どうぞぉ」

素敵な笑顔のM嬢が担当のよう

相談しやすそうな優しい笑顔でしたので、とにかく僕はとてもティンティンが淋しんぼで週に7回は可愛がってあげないと、しょぼくれてしぼんでしまうのだ

的なことを言おうと思いましたが、そんなこと言う勇気がナイジェリア

仕方がないので、静かにお部屋へ向かいました

さて

シャワーを浴びて紙Pを装着

部屋も綺麗で、バスルームも綺麗

これだけ綺麗ならば、モデルルームもできそうだ

きっと宮本武蔵も
「ふむふむ、このお風呂なら足を伸ばせてゆっくりできるなっしー!」
と言うだろう

「なっしー?」

うつぶせーナになってオイリーナマッサと指アーツ

背中からの肩からの首マッサへ

気持ちいい首マッサは、僕の妄想筋肉のコリをほぐしてくれる

「これでまたいろいろな妄想ができるべっきー!」
「べっきー?」

仰向けーナになり、脚からのオイルマッサに、船橋感を加えたカエルマッサ

体が硬い僕の脚を曲げる時、痛くないかを聞きながらゆっくり進めてくれる

なんとも優しい

M嬢のプヨプヨを感じつつ、妄想トランス状態に…

軽く微笑むM嬢

中学生のような眼力を使い、そのERいスタイルがくっきりわかる施術服の透視を始めた

見えるぞ

見えるぞよ

ERシルエットが…

つま先から丁寧に、しかもしっかりとしたマッサで僕のコリというコリをほぐしてくれた

ものスゴくERオーラを出しているM嬢

美しいOPIのシルエットに目を細め、眺めている

「たのもー!」

「はい?」

「たのもー!」

「どうしましたぁ?」

「見たい…」

「はい?」

「見たいのじゃ…」

「はい?」

チェリーボーイのように顔を赤らめ、そのOPIが見たい…という言葉を飲み込む

名刀「大和国住国宗」のように天に高々と向かう歌麿様

キレ味抜群のFBKをM嬢にアピールするが、「わたしはオイリーナをしっかりやり、リンパを丁寧に流すお仕事をやるだけですよ」的なクールな表情で、コマネチラインの血流を良くしてくれる

「たのもー!たのもー!」

「はい?」

「たのもー!ここもたのもー!」

「ダメですよぉ」

「たのもー!たのもー!」

「………」

「たのもー!たのもー!」

「はい、お疲れ様でしたぁ」

「ふなもとむさっしーーー!」

IMG_6197


























帰りに千葉ピーナツのお店の前で「モスラ」の歌を唄う

そんな僕に店員さんが話しかけてきました

「もしかして、ふなっしーの中の人ですか?」

「いえいえ、通りすがりのタンショーホーケーなっしー!」


船橋「一楽」はこちら


 

↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ

千葉発『千葉回春性感マッサージ倶楽部』エロ果汁100%の助平風俗

栄町に足を踏み入れると、独特の香りがしてくる

欲望と涙と廃墟の香り

精液が混じってそうな道を歩いていると、ボロボロになったソープランド「英国館」が目に入る

うわ~

思わず声を出してしまった

ソープが100軒以上あった千葉の大繁華街もそのうち砂漠になるのではないかと、ふと考えてしまう




時折すれ違うおじさんやお姉さんは、どちらにしてもどこかのお店に消えていく

その人その人に人生があり、その人その人、今この一瞬はここ栄町に身を委ねているのだろう

栄町の駅前で女の子と合流し、120分3Kのラブホに入る

ショートカットのA嬢は、安藤美姫と熊田曜子を足して2で割ったような女の子だ

「寒いですねぇ」

舌ったらずな話し方と抜群のスタイル

「人気あるでしょう」と言うと
「上には上がいるんですよぉ」と返された

まぁ、上位の人気嬢なんだろうな

指名料込み60分17K

他エリアのお店で遊んでいるので新規扱いにはならなかった
(*_*)

シャワーを浴びず、うつぶせーナから開始

「さっきウンコしたからー」
「いいよ、いいよ」
と言いながら、背中からケツメドまで舌を這わせる

OK2周りもレロレロ

その間、ケツメドを指でいじくりまわしていた

あぅ…

完全なFBKにしてからタオルをかけ、指圧を始める

おふ…

「腰ハッてますねぇ」

丁寧にほぐすと、脚からオイリーナを開始してくれた

ちょうど良い力加減と絶妙なリンパの流し

「うまいねー」
「まだまだ勉強中ですよぉ」

全体的に流し終えると、またOK2に舌を這わせてくれる

60分コースなので展開が早い

ワンワンスタイルを要求すると、さっそくケツメドにチロチロチロチロと指で攻撃してくる

舌で舐められているのではないか、と思う程のテキニッキ

発情した犬のように、コカーンを真っ赤にし硬直させると

「エロいの大好き~チンチン大好き~」

という言葉をささやいてきた

ライトに照らされたガーマンジールーが、茶色いタオルにしたたり落ちる

そのまま恥ずかしそうに染み込み、黒っぽいシミを作って隠れてしまった

仰向けコールとともに、ブーラーのホックを外す

DカポーのOPIとピンクの地区Bが「こんにちわ」と言っている

反射的に触ろうとすると、熊田曜子のような顔で「ダメよ」と優しく諭してくれた

完全なるFBKだ

たっぷりのローソンで歌麿様を包み込むと、僕のB地区を舐めながらゆっくりと動かす

そう、まだ時間はあるのだ

「残りの時間を恥ずかしそうに硬くなったおティンポを握っていたい」

A嬢がそう呟いた気がした

なまめかしい表情で歌麿様を眺める

出してしまったら、この素敵な時間が終わってしまう

A嬢の欲望がローソンに伝わり、歌麿様は焦らされる

「最近、右手が性感帯になってきたかも」

おティンポの握り過ぎでそうなってしまったのか

握っているだけで蜜壺が濡れてくるらしい

なんと、助平なおなご

トロリとした目で見つめ、そのまま僕の手を持ち、口に含む

人差し指を舌で激しく転がすと、なぜかフェラをされている気分になってしまう

ホンマもんや

ホンマもんの助平や

再びローソンを投入し、ヌニャヌニャの性器のようなA嬢の右手が速度を増した

ヌニャヌニャヌニャ…

ヌニャヌニャヌニャ…

静かなお部屋に響き渡る卑猥な音

そして僕は…

フェラと挿入を同時にしているような錯覚の中、今までにない大量の助平汁をまき散らすのでありました

「ドドドドストエフスキーーーーー!」

32446928



























濃密な60分間…

そう感じた僕は再び栄町を歩く

10年後はなにで性欲を満たすのだろう

廃墟と化した「英国館」を眺めながら、ふと考えるのでありました


千葉発「千葉回春性感マッサージ倶楽部」はこちら
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ