メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

アジアンエステ西武新宿・高田馬場

高田馬場 『ひまわり』ID野球の極意は、重い予備知識と軽い先入観や

花の中にだってヒマワリもあれば、人目につかない所でひっそりと咲く月見草もある

名将、野村克也の言葉を思い出す

高田馬場の路地裏にある太陽のような明るい看板が、僕には眩しすぎた

ON時代の読売巨人軍のように光り輝いている

思わず階段を駆け上がり、ピンポンを押してしまった

ヒマワリが呼んでいる

後楽園球場のまばゆい照明が、打席に立つ僕をスポットライトのように照らしてくれた

と思いきや

……

暗いやん




薄暗い店内から静かに出てきたA嬢

右脚に何かぶら下げているのか?

よく見てみると、立派なタトゥーだった

「いらさませ……」

テンション低っ

これ、ひまわりか?

看板の明るさからすると、200分の1ワット

ひっそりと営業してますよ的な

雑居ビルらしい昔ながらのただずまいだ

ソファに座り、料金表を見せてもらう

近くで見ると可愛らしいA嬢

しかもリアルに若い

「いくつ?  」

と聞くと、?マークが頭の上に出ていたので

「何才?  20才?  21才?  」

と聞いてみた

「22才」

覚えたての日本語で話してくれる

少し好感が持てた

がしかし

60分7Kのコースを選択

若くてもお試しコースで様子見だ

お部屋へ案内されるが、カーテン仕切りのせんべい布団に少し気が引けた

「地べた」という言葉がしっくりくる

玄関から同じレベルでの地べた

ドザエモンレベルの地べただ

なるほど

高田馬場に数多くあったパンパン店の名残か

数をこなして大回転

ガッポガッポ儲けていた古き良き時代の部屋なのかもしれない

服をヌギヌギし、さてシャワーへ……

とは言わず、「うつぶせデー」

ほー
ノーシャワーですか

ノー入浴のNo New Yorkですか

ホムペと違うような……

60分だからか?

まぁ良い

それより、入店する数分前にウンコをしているので、ケツメドにチリ紙がついてないか心配だ

ウォシュレットなど使わず、紙で拭いただけなので、どこかにウンコカスがついているかもしれない

そんなこと知ったか知らずか

肩から背中、腰を丁寧にオイリーナしてくれる

ヌリヌリスリスリ

ヌリヌリスリスリ

これはこれは

ジョンソン&ジョンソンのベビーオイルの香り

やはり昔ながらっすね

みんなジョンソン&ジョンソン使ってた

懐かしい

……

すると

ガチャガチャ

「ん?  ちょと待てネ」

A嬢が部屋を出て玄関へ向かう

誰かが入ってきた

同志か?

しばらくすると部屋に戻ってきたので聞いてみると、どうやらママさんらしい

気を取り直して、マッサ再開だ

脚側にまわり、ふくらはぎからフトモーモーへ

そして、OK2をチロチロマッサ

おふ

おふ

若いのに

知ってますな

チロ

チロチロ

チロチロチロ

時折、お玉様も

チロチロチロチロ

おふおふ

気持ちええ

……

そんな至福の時

……

カッカッカッカッカッカッカッ

パチン

ジュワ〜

ん?

いい匂いがしてきた

これは

玉子焼きか

ブュ〜ブュブュブュ〜


屁ぇこきやがった

玉子焼き作りながら屁ぇこきやがった

なんだかなー

BGMはテレサテン

雰囲気は中国の屋台か何かだ

中国行ったことないけど

場末感がすごい

くちゃくちゃくちゃ

くちゃくちゃくちゃ

食べ始めた

くちゃくちゃ食べてる

マジか

このカーテンの向こう側はどこの国だ?

そんな気がしてきた

ジャー

ジャジャジャジャ

かちゃかちゃかちゃ


洗い物始めた

早!

食べ終わんの早ぇーから

シャカシャカシャカ

歯磨き始めた!

なんか急いでるのか?

「おニーさん、仰向けデー」

カーテンの外で歯磨きをしているママをよそに、ヒソヒソ声で仰向けコール

コマネチ付近をヌリヌリスリスリ

アンド

チロチロ

んー

ヨカト

こっちの空間はこっちでヨカト

「♪$5〒423587○1・+25〒9<」

「×79々+9×9$°」

A嬢に何かを伝えてお店を出ていくママさん

やはり用事があったのか

玉子焼きを作り

屁をこき

くちゃくちゃ食べ

洗い物をし

歯を磨き

外出

まあ、忙しいのだろう

さて

ようやく2人きりになった僕たちは、ドアが閉まる音を聴き終えると、無言のままER心を増した

阿吽の呼吸か

BGMは谷村新司に変わり、低くも艶っぽい声が静かに流れる

深夜ラジオで下ネタ全開のトークをしていた頃が懐かしい

僕も谷村新司のような、品のあるERガッパになりたい

そんなことを考えながら、A嬢との時間を満喫した


5Kプラス

……

「サンフラワーーーーーーー!」

img_0



















高田馬場駅に向かう途中、駅のアナウンスから懐かしい言葉が聞こえてきました

「4番、キャッチャー、野村……」

おぉ……

「キャッチャー、野村さ○よ」

おおぉ……

「背番号、シックスナイン」


おおおぉ……























高田馬場 『ラッキースタイル』ボールはトモダチンコと言ってた大空ツパサくんは、今いくつになったのでしょう

「ラッキー」という言葉を口グセにすれば、ラッキーなことが自然と集まってくるのです

と自己啓発セミナーや自己啓発本などでよく言われています

確かに「巨NEW!  巨NEW!」と叫んでいると巨NEWさんと出会えます

この日も早稲田通りを「巨NEW!  巨NEW!」とブツブツ言いながら歩いておりました




「こにちワー」

ドアが開き、可愛らしい元気な女性に中へ案内される

人生、ラッキー続きで幸せですぅ的でもないが、ある程度幸せなのだろう

とにかくもう、幸せに寝ていたい僕は長いコースを選び、支払いをした

90分9K

施術室に通され、汗まみれになったTシャツを脱ぐ

Tシャツには「I am a whore」と書いてある

「I am a whore」の訳は「私は尻軽女」や「私は売○婦」らしいがニッポンなのでモーマンタイ

ナイスなコスで登場したN嬢が優しく笑顔で迎え

汗まみれのアブラムシのような僕の心に、爽やかな風が吹きます

戦隊ルーム案内され、うつぶせーナから汗を流してくれます

アブラムシにママレモンをかけたぐらい、綺麗にサパーリ

魔法のアワアワは背中も脚も、そしてケツメードも綺麗にサパーリ

仰向けーナで歌麿様も綺麗にサパーリ

BKしますやんか

完全BKしますやん

お部屋に戻り、うつぶせーナからマッサ開始っす

指圧を受けているとなんとも懐かしい曲が聞こえてくる

映画「美女と野獣」のテーマ曲っすね

テレビで、綺麗な奥様とゴツい旦那の「美女と野獣夫婦」みたいな特集がありますが、街を歩いてると逆バージョンもたくさんあります

特に新宿界隈に多く見られるのが、得意げに英語を話すのぺっとした顔の日本人女性と白人男性のカップル

「え?  それのどこがいいの? のぺっとした和風な顔? 紫式部みたいな…… 」
と外国人に聞きたくなります

英語を話す時の口の形が、のぺっとした顔に全くマッチしない

英語はやはり顔の濃い方々の言語なのだ、と改めて感じます

「ハンサムと和顔」という映画もディズニーで作ってほしいです

ところで指圧の方はと言うと、さほどうまくはありませんが、強めの指圧なのでまあまあ

肩、背中、腰を丁寧に指圧してもらうと、化阪神へと移行

フトモーモーやふくらはぎはそのままグリグリマッサしていきますが、OK2はサワサワホマレタッチング

なんという指の動きなのでしょう

舞踏会でダンスを踊っているようだ

指圧がひと通り終わるとオイリーナが開始

首、肩から背中にかけてスリスリヌリヌリ

オイルの滑らかさ
強さ
なかなか、ちょうどええ

徐々に化阪神に移り、フトモーモーからのOK2をスリスリヌリヌリのサワサワホマレ

じわじわくるクライマックスへの滑走路

舞踏会の音楽がワルツからチャチャチャ

そして、サンバとなり、激しさを増していく

仰向けーナコール

静かなBGMがアルゼンチンタンゴに聞こえてしまうER変換脳ミソ

B地区やコマネチ付近をルンバのリズムでルンバルンバしていく

お掃除ロボットルンバのように隅々までオイリーナ

パソドブレからジャイブへと激しさを増し、アルゼンチン航空でブエノスアイレスへGOヒローミ!

「ブエノスディアース!  」

「何それー?  」

「マラァドーナァーーーーー!!」

5af5d1aada613d4c0da0dc35b7090d7a













外に出ると、南米かと思うぐらいの暑さが僕を包み込みました

もしもいまサッカーをしたら、第3の脚でオーバーヘッドキックができそうです

高田馬場 『風雅堂』オレの胸には赤いイナズマ、アクセル全開環七フィーバー、ちょっとヤバイが止まれないぜ、全開全開全開ゴーゴーゴー

神楽笛や楽太鼓など、雅な音色が聞こえてくるタイルのマンソン

神田川のせせらぎのような風流で優美な緑の扉と、強く押さないといけない取れかけた白いチャイム

日本の「美」がここにあり……




って

あれぇ~

よくあるチャイエスだぁ~

寄りかかったら倒れそうな壁のチャイエスだぁ~

「空いてる?  」

「いまお客さんいっぱいダヨー」

「フィーバーしてるね」

「環七フィーバーよ、歌麿ウルフ」

愛車のCB400にまたがり、僕は早稲田通りを突き進むのでありました


久米川 『康楽』気持ちいい!チョー気持ちいい!こんにちわ!北島康楽です!

もう夏っすね

こんなフルティン日和は、全ラーでマラトンしたくなります

ロマンチックとムッシュムラムラが止まらりませぬ


久米川「康楽」


古そうなビルの階段を上がると、そこにお店はありました

汗を大量にかいたので、ウォッシュムラムラしてほしいです

階段を上りきると、ずんぐりした熟姐さんが受付にきてくれました

「あちゅいネー」

夏の挨拶は数百年変わらない

80分9.5K

ひと昔前の懐かしい雰囲気の店内

中姐ですが、郊外のお店にしてはまぁまぁなお身体のY嬢が今日の担当です

服を脱ぎ脱ぎし、アカスリルームへ

戦隊とアカスリが選べたので、ウォッシュムラムラな戦隊を選びました

うつぶせーナになると大量のアワアワが背中に乗せられる

柔らかいお手手で丁寧にのばすと、いやらしくOK2のワーレーメーに指先を突っ込んできた

夏だね

仰向けーナでも同じようにお腹の辺りにアワアワを乗せ、丁寧にB地区をスリスリーナ

からの、コ・カーンウォッシュ

ねじり込むような動きと、時折みせる高速ウォッシュに完全FBK

中姐のお顔がイタズラなお顔になる

「気持ちいい?」
「それは怪獣モチロンさ」

夏はこれに限るね

まさに、ウォッシュムラムラ

夏だね

お部屋に戻るとNo紙Pでうつぶせーナ

ガマンできない僕は、早々に仰向けーナに反転しました

「早いネー」
「ガーマンでーきないよー」

長い髪を後ろでまとめると、より妖艶さが増し、避暑地の避暑地の未亡人のようなオーラが狭いお部屋に充満してくる

大量のオイリーナを手につけたと思ったら、もったいぶるようにB地区をスリスリ

あぁ…

スリスリ

あぁ…

スリスリ

……

こっち…

こっちへ…

こっちへおいで

こっちへおいで

下腹部でお手手を呼んでる声が聞こえる

すでに完全FBKの歌麿様だ

「久米川も暑いね」

「どこに行っても暑いでショー」

「こんな日は花火でもやりたいね」

「花火打ち上げたいネー」

夏が来る
きっと夏は来る
真っ白な馬に乗ったFBKの王子様が~♪

あやしいBGMから夏らしい歌声が聞こえてきたので、歌麿様も唄い出す

夏ーの元気なご挨拶ー

日清サラダー油セットーーーー!

1b4f35be



























お店を出ると、元気な太陽さんがサンサンと照らしてくれました

照らされれば照らされるほど、コーガンの中のセーシ工場は活発になります

さてさて

明日はどこへ行こうかしら


久米川「康楽」はこちら

久米川『薔薇園』酸欠になったカンガルーがサングラスをかけ始めた途端、酸性雨が降り注いできた的なお話

薔薇園といえば神田だろう、と昔を思い出しながら久米川の地に降り立ちました

昔ながらのお店を思い出しながら、昔ながらの一平ちゃんを食べてみる

たまにはいいもんだな、と1人つぶやいています




胸がパックリ開き、ターニーマーが眩しい綺麗なお姐様がお出迎えしてくれました

「変な天気ネー」

120分14K

魅惑的なOPIをプルプルさせながら、お部屋に案内してくれる

担当はそのままダイナマイトバデーのN嬢

暗がりなのでイマイチわかりませんが、もしかしたらセーケー?なのではないかと推測できる

シャワーを浴びて、うつ伏せーナ

広々としたマットの上でマターリしてみる

セーケーだろうが、入れ乳だろうが、魅力的なので全部OK

もっとセーケー、ホーキョーが一般的になればいいのに

と個人的には思うのだ

Yes!高須クリスピー!

的確にツボをおすN嬢

ダラリと垂れ下がった僕の腕に、時折柔らかい太ももが当たる

ここはオイタしてもよかろーもん

ツツツと手を這わせると、「うふふーん」と言いながらマッサを続けてくれました

さすが、セクシーガール

OK2まで丁寧に揉みほぐしてくれると、仰向けコール

用意してくれた枕に後頭部を乗せ、N嬢のお手手を楽しみに待った

オイルを手につけ、「うふふーん」とまた微笑むと、僕の歌麿様は昔を思い出す

吸い込まれそうな青空を眺めながら、ビールを飲んでそのまま芝生の上で昼寝をしてる時に、スケベな女の子に騎乗位で犯されてみたい

あーはん

うーふん

あーはん

最近初々しい新入社員をよく見かける

大学を卒業して、就職先に幻滅した女の子がメンズエステ店に流れてくるのはもうすぐか

なんとも楽しみだ

大日本帝国国民総助平計画を水面下で推進していた頃が懐かしい

世界の国々に比べたら、まだまだニッポンは助平さが足りないらしい

僕はあと何人、助平にすればいいのだろう

1億1990万人くらいか

残りの人生、この大日本帝国国民総助平計画に費やすのもオツではないか

そんなことを考えながら、歌麿様は天空に向かい「幸せだなぁ」と叫ぶのであった

IMG_5682
























こんな春雨な日は暖かいベッドの上で、夢を見る

夢の中の僕は、マスカラとマラカスを持ちながら、小粋なサンバを踊るのでありました


最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ