メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

アジアンエステ小岩・新小岩

小岩 『アルフォンス』恋は盲目、高貴なヌルヌルが僕を呼んでいました

小岩に長い間君臨するヌルヌルエステ

十数年のエステ遊びをしていますが、いまだ未凸のお店

ファンキー小岩に来たら、一度は訪れないといけないッスね


小岩「アルフォンス」


いつも通り「OPIの大きいコ、いますか?  」と電話で聞いてみる

「OPIの大きいコ、いるヨいるヨ、何時になる?  」

いつもながら、アジアンエステ特有の半信半疑になる受け答えでしたが、テクテクと向かうことにしました

「いらさませ、さっき電話した?  」

熟姐がお出迎えし、昔ながらの待合室に通される

よくあることですが、待合室に置いてあるエロ本に掲載されているエロ写真を見過ぎると、この店にもこんな可愛い女の子がいるのではないか、と錯覚してしまう

案内された後のギャップにガッカリすることは数多い

なので、何も見ずじっと待つことにしました

「この中だと、どのコがいい?  」

さっきの熟姐が写真を持って来てくれた

3人いるらしい

迷わず、1番OPIの大きいコを選んだ

70分13K

「Yちゃーん、かくかくしかじかー」

熟姐が女の子に準備するように伝えたもよう

案内されると、薄暗い壁にかかっているアルフォンス・ミシャの絵が僕をみて笑っている

ここのアルフォンスはこのアルフォンスだったのか

昔ながらのお部屋の昔ながらのカーテンを開けると、巨NEWのY嬢が待ち構えていました

「いらさませー」

いいね

薄暗いのでよくわからないが、たぶん中姐

昔は美人だったと予測できる

それにこの巨NEWなら、モーマンタイですわ

「服脱いだらシャワールームヨー」

寒い通路を通り、泡泡王国のマットのお部屋へ

そして、国王にでもなったかのようなぬらりひょんプレイ

仰向けになると、眩しいばかりの巨NEWが僕の視界に入ってくる

ヌルヌルヌルヌルぬらりひょん

ヌルヌルヌルヌルぬらりひょん

そーだよね

そりゃ、そーだよね

ヌルヌルヌルヌルぬらりひょん

ヌルヌルヌルヌルぬらりひょん

「おい!  亀頭太郎!!  」

「目玉金父さーーーーーーーん!!  」


お部屋に戻り、マッサをうける

あまりにも力の弱い指圧に笑ってしまった

「どこがコッてるのー?  」

そう聞かれたので「ティンポ!!  」と答えておきました

「ホント、スケベネー」

そーなのだよ

小岩にくる殿方は90%が助平なのだよ

「小岩内科に、恋は無いか」

「何それー」

4









帰り道、小岩ポポの本屋さんで官能小説を朗読しました

小岩なので大丈夫だろうと思いきや、店員さんに注意されてしまいました

「小岩は怖いわー」




小岩 メンズエステ♪  このエリアもお店がいっぱい♪





小岩 『ゆうゆう』うしろゆびさされない立派なうしろゆびさされ組

先日、秋元康の激やせニュースが出てたので、見てしまいました

一瞬見ましたが、「高井麻巳子  現在」という気になるワードが出てきたので、すぐにそちらに飛んでしまいました

セレブらしいお着物姿や、いまでも若々しい姿を見て、さすが勝ち組だなと感心しましたわ

ゆうゆも今は何やってんでしょうね


小岩「ゆうゆう」


ここのオーナーは「ゆうゆ」のファンか

岩井由紀子岩井由紀子岩井由紀子岩井由紀子と連発してると、自然に「こいわ」と言ってしまう

だから「ゆうゆう」か

今は芸能界を引退して、青年実業家と結婚し、2児の母になってるそうで

なんだ、こっちも勝ち組ですな

電話に出たのはハキハキした若そうな女の子

すぐに向かうと、アラレちゃんを縦に引き伸ばした女の子がお出迎えしてくれました

「さっき電話した人?」
「んちゃ」

小岩のアジアンはだいたい露出の多い服で出てくるものですが、このお店はだいぶ小岩離れしている

小岩でまさかまさかの健全店か?

40分298のお試しコースで探索してみるか

40分コースなのでシャワーはなし

自前のパンツ一丁で穴開きベッドにうつぶせなり、マッサがスタートする

はじめチョロチョロなかぱっぱ

タオルをかけての指圧で全身をほぐしてくれる

オイリーナはなしの、力の入ったもみほぐし

まぁまぁ上手い

途中、ガス屋のおっさんがきたので、女の子はそのまま退出

代わりにNという名前のセラピストがもみほぐしを引き継いだ

こちらのお嬢も力の入ったマッサで、なかなかいい

でも、結局は小岩

はじめチョロチョロなかぱっぱ

はじめはしっかりマッサで

「おにーさーん」
「エンチョする?」
「気持ちいいヨー」

と言うに違いない

知ってんだから

そっちの考えなんて、お見通しなんだから

そうそう

ぐいぐいマッサして

「おにーさーん」なんだから

なんだから

なんだから

……


「おにーさーん」

ほれきた!

「お時間ヨー」

「奇面フラーーーシュ!!」

f0170995_103424



















店内に流れていた中島みゆきを口づさみながら、小岩の駅へと向かう

昔のような激しい時代がまわってきてほしい

そう願いつつ、黄色い電車に乗り込みました



↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ

新小岩 『森の樺』平和橋通りにガラの悪い人たちがいたので、まったく平和感がなかったので危険通りに変えた方がいいと思ったの巻

白樺青空南風

歌うと長いが文字にすると単純な言葉の羅列なんですね

千昌夫がシェパードとラブラブしている時、僕は蒲焼さん太郎をかじる少年でした


新小岩「森の樺」


風の吹くまま気の向くまま

これこそがエステブロガー本来の姿であろう

ボブ・ディランを口づさみながら雲のジュウザのようにフラフラっとマンソンへ消えていきました

「いらさませぇ」

ショートカットで太っちょの女の子がお出迎え

いつも思いますが、総武線沿線は太っちょが多い

都心から離れていてもサービス業なんだし、殿方専門のお仕事なんだから、もっと見られているという意識を持ってほしいものですわ

和室に案内され、敷きっぱなしのせんべい布団でお着替えをする

造りが古いマンソンらしいバスルームでシャワーをちゃっちゃと浴び、チンカスを洗い流す

このチンカスを集めて「チンカス太郎」でも生み出そうか

そういえば、絵本の「ちから太郎」は、おじいさんとおばあさんの垢からできたんだ

それにしても人間はどれほど垢を出すか?

垢が人間の赤ん坊になる

実に不思議な現象だが、桃から生まれた桃太郎や、瓜から生まれた瓜子姫などに比べれば、はるかに納得できる話である

垢は、皮膚の角質層が剥がれ落ちたもの

元をたどれば人体の細胞だったのだから、垢の塊にはおじいさんとおばあさんのDNAが含まれていたはずである

2人のDNAが垢の海で接合したとすれば……

いや、するかなあ?

そんなことが起こったら、銭湯の排水溝では元気な赤ちゃんが、ほぎゃあ、ほぎゃあ……

しかし、接合しなかったら力太郎は生まれない

ここは無理を承知で、接合したと考えよう

すると、老夫婦にとっての力太郎は、桃太郎や瓜子姫より血縁関係が濃いどころか、遺伝的には普通に生まれた赤ん坊と同じといえる

しかし、人間の新生児は3㎏

2人でこれほどの垢を出すのは大変であろう

そもそも、人間は1日にどれほどの垢を出すのか?

調べてみたがデータを見つけられなかったので、皮膚の一生から考えよう

皮膚は、表面を覆う表皮と、その下の真皮に分かれる

表皮はさらに4層に分かれ、基底層の細胞分裂に押される形で、下から上に移動しながら基底層→有棘層→顆粒層→角質層と変化し、剥がれ落ちて垢となる

このサイクルは6週間といわれる

表皮の厚さは0.1~0.2㎜で、人間1人の皮膚の総面積は1.6㎡

厚さを中間の0.15㎜とし、生体組織なので密度を水と同じとすれば、表皮の重量は240gとなる

これが6週間で入れ替わるのなら、1日に出る垢の量は5.7g

球形に捏ね固めると直径2.2㎝、大きめのビー玉くらいである

誕生までの時間は同じ

おじいさんとおばあさんが2人で出す垢は、1日に11.4gである

このペースで3㎏の垢を出すには260日、およそ9ヵ月かかる

ああ、大自然とはなんとお茶目なのだろう

ヒトの妊娠期間は280日=9ヵ月と10日

人間というものは、通常の方法で子どもを産むにしても、垢で赤ちゃんをこしらえるにしても、ほぼ同じ期間を要するのだ

自然の神秘に打たれている場合ではない

垢を落として人形を作ったということは、おじいさんとおばあさんは、9ヵ月分の垢を体に付着させていたわけだ

つまり、9ヵ月間、顔も洗わず風呂にも入らなかった

昔話の登場人物とはいえ、不精にもほどがある

体を覆う9ヵ月分の垢とは、厚さ1㎜

これは冬でも寒くない

この厚さになると、風呂に入らなくても、ひび割れたり服でこすれたりして自動的に落ちそうなものである

それでも皮膚にしっかり固着していた2人の垢は、力太郎になる前から力持ちだったのだろう


そんなことを考えていたら、太っちょセラピちゃんから仰向けコール

そして僕のチンカス太郎は、化け物をやっつけることも、何をするでもなく、黒ずんだ古い天井を目指して昇天いたしました


めでたしめでたし

3











↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ




亀戸『エアリー』エアリアーなそよ風

亀仙人にカメハメ波を教えていただいたのは、もう十数年も前のこと

今では、いつでもどこでも発射できるようになりました




このお店、最後のお見送りがとてもヨカ

なるほど
考えてますな

亀戸特有の路地裏に現れた都会臭のするオサレな看板

2階へ上がると、モリモリOPIのK嬢がお出迎えしてくれました

「こにちわー」

とても気持ちがいいという、180分21Kを選んでみました

綺麗なお部屋で服をヌギヌギ

総武線沿線にありがちな、赤い灯にカーテン仕切りのせんべい布団ではなく、やはり都会臭がするオサレなマットにオサレな内装

総武線沿線も、こういうお店が増えてくるんでしょうね

戦隊ルームの場所が、入口から丸見えなのは、まぁ仕方ないスね

たっぷりのアワアワで包んでくれるK嬢

小慣れた手つきなので、「もう長いの?」と聞くと「1週間くらいダヨー」とのこと

ほーほー

仰向けーナになり、再びアワアワで包んでくれる

紙Pなんて戦隊にはいらないわ
と言わんばかりに全身をアワアワサワサワしてくれる

いいぞ、亀戸

FBKのまま、お部屋に戻ることになった

「とても元気ネー」
「まぁね」

解放感たっぷりのノー紙Pでうつぶせーナ

K嬢の力強いマッサで全身をほぐしてくれる

強揉み派なのでちょうどいいですが、そうとうパワフルなマッサですわ

「カラダカッタいネー」

お決まりの言葉も出た

そうさ
オラのカラダはカチカチなのさ

これだけエステに行っても全く改善されないのは、カラダのコリを取るのが目的ではなく、ER目的で通っているからでしょうね

オイリーナに入る前に、柔らかいカラダをミチャークさせ、ケツメド辺りをイジリーしてくれた

すんませんね

ミチャークさせているので、時折耳タブに息を吹きかけてくれた

なんか、夏だね

オイリーナになると、丁寧に肩からお背中をスリスリ

最近、寝不足なので、どうやらウトウトしてしまったらしい

気がついた時は、僕のケツメド辺りをオイリーナでグチュグチュしていた

おぉ…

裏から入り込むヌルヌルのお手手が、何度も何度も滑りこむ

後ろから前へ

前から後ろへ

高校球児並の滑りこみようだ

おかげで金属バットまで目を覚ましてきた

「今日の決勝はホームランが打てそうな気がするよ!」
「何それー」

仰向けーナになると、歌麿様が予告ホームランをしている

「あれが亀仙人の星だね」
「は?」

そうそう

ここは亀戸

亀戸の天神様も、きっとこう言うに違いない

「オコエの分まで打っておくれ」

「アイアイサー」

カ~

メ~

イ~~

ド~~~

波ーーーーー!!!

0918-04kamehameha1



































亀戸の駅に向かう途中、横になって寝ているウサギを見つけました

「こんなところで寝ていると、亀に抜かれるよ」

と言おうと思いましたが、やはり、やめておきました

ヌカれるのもいいもんですからね

帰り際に物凄い可愛い女の子に「今度は私を指名してね♪」と言いながら見送られたので、また来てしまいそうですわ

小岩『優』 駅前のマンソンには助平様がいっぱい訪問しますわよ

チャイ店のパネマジはツキモノ

特に山手線以外のお店、しかも小岩であればまだまだ当たり前なのでしょう


小岩「優」


ヘルスなどの受付がある駅近のマンソンの5階

今回はパネマジというか、名前変換というか、チャイ店はよくやるよねー

と感心してしまう手口でした

顔にボカシが入った写真をみながら、ホームページに載っているY嬢を電話口で指名する

「4人全員いるから大丈夫ヨー」とのこと

凸してみると、
こんな感じだったかなーとか
もっとOPI大きかったよなーとか、
首をかしげながら「Yでーす」と言う小姐

若いし、まぁいいか
でも、なんかOPIがなー…

と腑に落ちない

90分11K

全ラーになり、シャワールームでバシャバシャ

穴開き足つきベッドにうつぶせーナ

ニッポン語がほとんど話せないので静かなスタートでしたが、ゆっくりできるので僕は好きッス

力強い指圧にたっぷりのオイリーナ

受付をしてくれたママらしき巨NEWさんが、「新人なのヨー」と笑ってましたが、ぎこちないマッサでしたので、何度「チェンジ」と言いかけたことか

仰向けーナになり、再びたっぷりのオイリーナに包まれる

すると巨NEWママゴンがカーテンを少し開け、
「おニーさん、ゴニョゴニョ」
と耳打ちしてきた

僕は即OKする

やはり小岩だからね
だって小岩だからね

自称Y嬢のぎこちないお手手がまた、何か不思議な気持ちにさせる…

やはり小岩
だって小岩

やっぱり僕は…

「小岩が好きだかだぁー」

ロッキー



















次の日、このお店のホームページを開いてみました

昨日のY嬢がS嬢として載っている

まぁいいか
だってチャイ店だもの


小岩「優」はこちら


リンパマッサージのお店がズラリ♪にほんブログ村

 
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ