メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

アジアンエステ

人形町 『フェルシー』麒麟の翼を伸ばし、人形町に降りたった僕は、人形焼を頬張りながら明日も晴れますようにと天に祈りました

チェルシーはママの味

フェルシーはアワの味

トイレにチェルシーしなくて、どしますか?

昔のCMは混ざってしょうがない

お風呂のジャバとポリデントも混ざってしまいます

タケシとススムも混ざってしまいます

実はこの店名、フェラチオ・クワエル・エクスタシーが混ざっているのかもしれません

そんな期待を胸にERベーターを上がると、よくあるOLスーツに身を包んだ豊満な女性が乗り込んできました

アレ?
と思ったら、隣のビルと間違えていました


人形町「フェルシー」


ERベーターの扉が開くとすぐにお店で、ピンポンのセンサーが鳴る

しかもERベーターの扉が閉まると、すぐに下へいってしまった

引き返すのが困難なパターンのやつだ

「いらさませぇ」

即座にお出迎えにくる

ピンポンダッシュの逆バージョン

「こんにちワー」

赤いドレスを着た若い女の子

ホームページの写真のようなターニーマーをアッピールした服がよかったのに

ここで汚いオバハンが出てきたら、帰るづらかったとこだが、まぁヨカト

「座って座って」

ソファに腰かけ、何分コースがいいか聞かれたので90分のアワアワコースを選択

90分11K

そのままこのY嬢が担当のようだ

狭いお部屋に案内され、そそくさと服をヌギヌギ

その横で防水シートを準備するY嬢

お部屋戦隊ですな

「うつぶせで待ててネー、アワアワ持てくるヨー」

一生懸命ニホン語を使うので、だんだん可愛く見えてくる

若いながらも、お店を切り盛りしているのだからなかなかのものだ

ハリキッているのだろう

応援したい

オイタもしたい

オメ◯もしたい

温かいアワアワを背中に乗せ、腰を中心にヌリヌリのばしてくれる

時折、OK2もムニュムニュとアワアワしてくれた

ケツメドにも指を伸ばし、ウ◯コしたての校門もアワアワスリスリ

ウン◯ついてないかしら

ウ◯コを拭いたトイレットペーパーのカスはついてないかしら

若い女の子なので、申し訳ない気持ちでいっぱいだが、気にせずアワアワしてくれる

介護されているおじいちゃんの気分だ

僕たちが介護される頃は、この世代がやるのだろう

「すまんねぇ~、申し訳ないねぇ~」

そう言いながら、心の中ではもっとセメてと叫んでいる

ジイさまになっても助平でいよう

そう、心に誓った

「おニーさん、仰向けデー」

背中のアワアワを拭き取ってくれたので、反転した

少しだけ硬直していた歌麿様を見て

「元気になってきたネー」

と言ってくる

僕は嬉しくなった

まだまだ4分の1BKだったからだ

この辺りが何百何千本と見てきた熟姐と違うとこ

嬉しさのあまり、FBKしてしまった

お腹の上にアワアワを乗せ、B地区からおヘソ周辺をアワアワスリスリ

B地区をクリクリしてくるので、お礼にY嬢の脇腹をムニュムニュした

コカーンには一切手を伸ばさないジョー阪神だけのアワアワスリスリだが、歌麿様はずっとFBK

何か新鮮だったのだろう

ガーマンジールーも溢れてしまいそうなところで、シャワーコール

ここで途切れるのは何かイヤだったが、アワアワが冷えてきたので致し方ない

相変わらず、2秒でシャワーを終わらせると
「早いネー」
と言われた

これから幾千ものエスターと対峙するY嬢

いろいろな変態がいることを、覚えておくがよろし

お部屋に戻り、うつぶせーナ

タオルをかけ、全身をほぐしてくれた

力が入っているので気持ちがいい

チャイ娘は小さい頃からマッサをし合っていると、どこかのお店で聞いたことがある

Y嬢もその口なのだろう

子どもの頃、お父様に肩モミをしてあげて喜ばれただろう

異国の地で知らないオジサンのコカーンをマッサしても喜ばれただろう

そして今、真性ド変態の僕をマッサして喜ばれている

「気ぃ~持っちいいにょ~」

鼻の下を伸ばし、瀬川瑛子が変態になったような口調で喋る

もう、どうしようもない変態のムダづかい

なんだか今日は、変態になりたい気分なのだ

仰向けコールがくると、より一層変態度は増した

腰をカクカクさせながら、
「気ぃ~持っちいいにょ~」
「気ぃ~持っちいいにょ~」
と連呼する

鼻の下を伸ばしているので、顔の長さは通常より5センチは長い

目はトロリと下がり、いまにもヨダレが垂れそうな口元から、イジリー岡田のように舌をペロペロ出している

介護施設にこんなジイさまがいたら、間違いなく窓の外に捨てられる

それでも優しくしてくれるY嬢

そっと寄り添い、僕の変態を丸ごと包んでくれた

暗いお部屋に光が差す

僕はそこに神を見た


懐かしい人に出逢ったような

優しい便りが いま届いた

忘れかけていた幸せ

あなたにも分けてあげたい

ホラ、チェルシー

もひとつチェルシー

「イヒィィィィーーーーーーーーーーー!」

9dc4b3f3





















人形町の街は、相変わらず僕に優しい

どこかに東野圭吾はいないかと探してみましたが、いるのはジイさまとバアさまばかりでした


人形町  アジアンエステ「フェルシー」はこちら











茅場町 『アロマクイーン』セラピちゃんの写真はとても大事ということを改めて感じた日

パッとみて即、尻断しました

いや、決断しました

やっぱり思いますが、写真て大事

僕たちエスターは長年、パネルマジックなるものに翻弄されてきました

完全にニセモノで、どこぞの国のモデルなんかじゃないの?
と疑いの目でみながら、もしかしたら、ホントにいるんじゃないのかも……みたいな、わずかな光を期待して凸入するわけでござーます

実際行ってみて別物が出てくると一瞬落ち込みますが、柔らかそうなOPIやフトモーモーなどにオイタしていると、化阪神は猛虎となるわけです

男の子っておバカですな

そんな経験豊富な僕ですが、今回はパネマジ無しとふんだのです

生写真ぽいし、顔よりOPI重視なので即お電話リンリンですわ




「もすぃ~もすぃ~、Cちゃんいますのぉ~」

「はいはーい、いるヨー」

久しぶりに訪れた茅場町は相変わらず硬質な街で、急ぎ足で行き来しているムッツリ助平のサラリーマンも、数字とにらめっこした毎日に明け暮れているのだろう

1Fに中華料理屋さんが入ったビル入口からインし、奥のエレベーターで6Fボタンを優しく連打

ピンポンし扉が開くと、大きなOPIをユラユラ揺らしたC嬢がお出迎え

「こんちわ」

中姐ですが、挑発的なOPI

半BKになりながら、そのまま落ち着いた雰囲気のお部屋に案内される

90分10K

冷たいお茶を一気に飲み干す

静かな空間ですが、僕の脳内は阿波踊りの音楽と、とんねるずの「一気」が鳴り響いている

服をヌギヌギし、半BKの歌麿様をオープン

鼻の下を伸ばし、ハァハァしながら
「OPIおっきいね」
とつぶやいた

開始5分で変態丸出しだ

お部屋アワアワでアブラ虫のようなカラダをアワアワ

残暑のTOKIOは、湿度が高い

気分爽快になるには、このアワアワウォッシュはうってつけなのだ

仰向けになると、さっそくC嬢にご挨拶

大きなOPIに手を伸ばしますが、
「ダメよぉ」
と断られてしまった

焦る

OPI星人にとって、触れない巨NEWは拷問だ

歌麿様は、早く触れ!と直立不動の姿で指示を出してくる

そんな姿もアワアワで隠され、泡の中で阿波踊りをしていた

横道坊主の「暴発ピストル」が脳内で流れる

視覚と触覚を完全にC嬢のものにされてしまった

僕はまな板の上の広島カープ

真っ赤になった亀トーが赤ヘルに見えてきた

「鉄人衣笠みたい?  」

「はい?  」

鉄みたいにカチカチでしょ、と言おうと思ったら、衣笠が出てきてしまった

連続エステ出場なら衣笠並かもしれませんが……

「シャワーいきまショー」

完全FBKのまま、シャワールームへ向かい、2秒でお部屋へ戻る

再び、せんべえ布団にうつぶせーナになると、魅惑のマッサがスタートしました

「どこがコってる?  」

そんな愚問がきたので、
「ティンポ! ティンポ! 」
と答えておきました

撫子さんには遠慮して言えないのですが、チャイエスでは気軽に言える

撫子エステは探り探りなので緊張感が違うのだろう

「うふふ」
と言いながら、タオルをかけ全身をほぐしてくれた

優しい

巨NEWさんは優しい

個人的見解だが

今までお会いした巨NEWさんは、みんな優しかった

母性本能が強いのか
それがOPIに影響されるのか

調べてみると、

人間の身体のメカニズムはまだ解明されていないことがとても多いです。

バストサイズに関しても解明されていないことが多いです。

母性本能が強い女性が胸が大きくなるというのは、当たっているようで当たっていない感じですよね。

たしかに母性本能が強い世話好きな女性は、胸が大きいイメージがあります。

重要な点は面倒見が良いという点です。
面倒見が良いということは、しっかりとした生活で規則正しい毎日を送っている可能性が高いとも言えます。

規則正しい生活を送っていると女性ホルモンが正常に分泌されるため、女性らしい身体つき・魅力的なバストを作るのに最適な環境を作ることができます。

また、看護師・介護士の女性が胸が大きいと言われることが多いのは、職業柄、特に身体が資本の職業なので、一般のオフィスワークと比べると体調管理をより気をつけないといけないからではないでしょうか。

医学的に母性本能と胸の大きさが解明されていないため、関係ない可能性が高いですが、上記の理由が関係している可能性は高いと思います。

らしい

ふむふむ

それは仰向けになると、非常にわかりやすい

再び、オイターマンと化し、巨NEWに手を伸ばす

今度は到達した

あぁ
至福の時間

「ダメヨー」と言いながらも、オイターマンは聞く耳持たず

欲ボーは肉ボーと化し、いま感動しているレベルをわかりやすく表現する

アロマクイーンでオイターキングが騒ぎ出す

だってしょうがないじゃない

和田アキ子も歌ってた

エステだけはアホやねん、と

恋か

抑えきれないんだものー
やめられないんだものー
OPIがおっきいんですものー

「気持ちいい……」
「気持ちいいノー? 」
「うん」
「気持ちいいノー?  」
「うんうん」
「気持ちいいノー?  」
「気持ち良すぎるってばよーーーーーーーーー!  」

aa5be553










茅場町駅に向かう途中の交差点で、自転車に乗っていたオバハンがサンダルを落としました

僕はそのまま近づき、サンダルが上に向いて落とされているのを確認しました

「明日は晴れだね」
とオバハンに言うと

「明日は防空壕に避難する日だよ!  」
と言いながら、走り去っていきました















御徒町 『わ◯家』ここが我が家と言えばそうなのですが、言わせねーよと言われるので言えないのです

旅に出てしばらく家を空けることがあります

旅先でハメを外して全力少年のように遊びまくった次の日、寂しい気持ちのまま帰路につきます

そして家に着いたら、ひと言
「やっぱり、わが家が1番だな」
と呟く方は多いと思います

がしかし

エステブロガーである僕は、間違いなく途中下車し、糸の切れた風船のように駅周辺を彷徨います

風の向くまま気の向くまま

ふと目にしたのは、我が家ではないのに我が家だと勘違いしてしまうわが家でした


御徒町「わが家」


「はい、どうぞぉ」

担当は清楚にも見えますが、気はメチャクチャ強いだろうM嬢

ベッドの中では淡白なのか、豹変するか、わからないが大きなOPIになぜかいろER期待してしまうタイプ

100分13K

旅の疲れからか、ワーシャーを浴びてとっとと横になりたかった僕は、うつぶせーナになり、ふぅ~と一息つく

やっぱりエステはいいな~

エステブロガーの皆さんは、こう感じるのでしょう

タオルをかけて、さっそくマッサ開始

力の入った入念なマッサすね

手技が凄い

交差にグングン動きほぐされていく

ここのお店は、本格的なテクを売りにしているんだろう

しかし、ここはエステの名門御徒町

この場所で普通のマッサやってて儲かるわけがない

時折、M嬢のフトモーモーに当たる僕の手が悪さをし始めた

チロチロチロ

無言のまま、施術を続ける

チロチロチロ

さくさくと施術を続け、足側へ行ってしまった

仰向けコール…

半BKのまま、仰向けになると少しだけ微笑んでくれる


チロチロを怒ってないのか



いける

大人っぽくもみえますが、やはり笑顔を見ていると可愛らしさがにじみ出てくる

そのしおらしい手の動きを止めて、しばらく僕の手を握っていてほしい

少しだけ好きになってきた

そして

僕の脳ミソが少しずつ、御徒町モードに入ってきた

あぁ…

近くて遠いこの距離感

あぁ…M嬢…

どーして貴方はM嬢なの?

僕のM字開脚いっぱい見て……

僕のM字開脚をいっぱい触って……

御徒町でしょ……

ここは御徒町でしょ……

全ラーで、パイズーリー、スーマーターもしちゃう御徒町でしょ……

ねぇ……

ねぇ……

いいじゃないのぉ……

御徒町なんだからぁ……

いいじゃないのぉ……

いいじゃないのぉ……

「はい、お疲れさまでしたぁ」

「ジェッタシーーーーーーーーーー!!」

旅の疲れとエステでのハッスルに疲れが2倍になった僕は、高見山のマルハチのCMを思い出しました

「2倍2倍」

ハスキーボイスでM嬢にピースサインを出しましたが、全く知らないようでした

新越谷 『フェアリー』少年隊のヒガシのように若々しくいたいのだが、細胞レベルで老化してくる今日この頃の巻クロード

大きなOPIを見ていると、毎回「デカメロン伝説」を思い出します

少年でも童貞でもない少年隊が歌っていましたが、まだおティンティンがチュルチュルの僕にはデカメロンの意味がわかりませんでした

デカメロン伝説って、大流行したペストから逃れるために邸宅に引きこもった男3人、女7人の10人が退屈しのぎの話をする?

男女が集まったら、することはお話ではなく、アッチでしょー

昔々のハプニングバーでしょー

昔々の乱コーでしょー

今回、デカメロンさんを指名し、東武スカイツリー勃起ラインに乗り込んだ時から半BKの僕は、早くもガーマンジールーが溢れ出そうでした
























それにしても看板が多い





















赤いオベベでお出迎えしてくれたK嬢

猛烈な膨らみのOPIはハリがあり、ターニーマーが僕を挑発する

「おっきぃね~、おっきぃね~」

「おニーちゃん、OPI好きね~」

「OPI!OPI!」

越谷の街中に広がる声で「OPI!」と連呼

OPIを中心にし、キャンプファイヤーをしているインディアンのようにK嬢の周りをグルグルまわりました

「何それー」
「儀式」

90分10K

服をヌギヌギし、FBKの歌麿様をブラブラさせた

「元気ネー」

防水シートを敷いた後、うつぶせーナになるが、歌麿様を下敷きにするので少々痛い

が、しばらくすると平穏を取り戻すことができた

ひと安心だ

大量のアワアワを背中に乗せ、丁寧にのばしてくれる

この季節のお部屋戦隊は気持ちがいい

雨続きであったので、カラダにカビが生えそうだった

ひとヌリひとヌリが興奮を煽る

早く仰向けになりたい
早く大きなOPIを眺めたい

そんなことを考えていたら、またBKしてしまった

「では仰向けでー」

シャワーを浴びていない全ラーの姿が、少しだけ申し訳なさそうに表を向く

申し訳なさそうにしてたが、歌麿様は天井を向いていた

白いアワアワで隠されると少しだけ寂しいが、K嬢のお手手が優しく慰めてくれる

あーいあーい
あーいあーい

2つのデカメロンが赤いオベベで窮屈そうに暴れている

早くお洋服から逃してあげなければ

そして、モミモミ揉みほぐしてあげなければ

「気持ちいいの?」
「あーいあーい、あーいあーい」

優しい笑顔で見つめてくれるK嬢

素敵やん

女性ホルモンが多いからOPIも大きいのか?

あまり好きではないが、知恵袋などを読んでみると、OPIの大きさは成長期にどれほど精神にストレスがかかったかで決まるらしい

K嬢の成長期は、全体的にリラックス状態のノリノリだったのかもしれませぬ

母性本能につつまれながらFBKの僕は、シャワールームへと向かい、今年最短の0.2秒でお部屋に戻りました

「早いネー」
「1分でも1秒でもOPIを見たいから」
「うふふ」

おねんどお姉さんのように、また優しく微笑んでくれました

うつぶせーナになりタオルをかけ、ひと通り全身のほぐし

からの部分的なほぐしとなる

カラダの右側を肩から首、そして背中から腰へと進み丁寧にほぐす

力も入っているので、強モミ派の僕にはちょうどええ

腰を横から指圧されるのは、なかなか痛さがある

「おふっおふっ」
としていると、

「大丈夫?  疲れてるネー」
と気づかってくれた

感動するやん

きっと、あの大きなOPIもアメリカンクラッカーのように、バイ~ンバイ~ンとなっているのだろう

下へ下へ移り、足裏からふくらはぎ、フトモーモーも力強く揉みほぐしてくれる

丁寧ですやん

大好きな足裏もしっかりマッサしてくれるのはポイントが高い

理想的な、母性に溢れた優しい女性像

疲れたニッポン人はこんな女性を求めているのかもしれない

そして、突然タオルをはぎ取り、OK2周辺をオイリーナスリスリ

ヌリヌリスリスリ
ヌリヌリスリスリ

経験値の高いヌリヌリスリスリは、自然な流れで裏コマネチもヌリヌリスリスリ

お袋様のシワとシワを合わせて幸せヌリヌリ

タマとタマを合わせて幸せスリスリ

あぁ……
ありがたや……

「おニーちゃ~ん、仰向けデー」

蒸しタオルで拭いた後、少しだけ艶っぽい声で仰向けコール

90分だが、たっぷり時間を使っていたので、残りわずか

柔らかいお手手にオイルをつけ、デカメロン伝説をはじめてくれました

「むか~し昔、あるところにおチンさんとおマンさんがいたとかいなかったとか、いなかったとかいたとか……」

また、大きなOPIがアメリカンクラッカーのように、バイ~ンバイ~ンとなっている

赤いオベベが、「もう包みこめませんよ~」と言っているよう

いい眺め

スカートからチラリと見えるおパンティと、巨大なOPIをガン見しながら、少年隊の歌を歌いました

いっそ X・T・C
俺と X・T・C
強く~強く~~

「気持ちいいのぉ?」
「エクスタシィーーーーーー!!」

「そういえば、植草ってバック宙ができないんだよ」
「知らないヨー」

undefined__lt__iframe frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://www.youtube.com/embed/7mcR8-8Bm4E" width="560" height="315"__gt____lt__/iframe__gt__">








津田沼 『ブルーハワイ』コンビニで「ザ・カクテルバーください」と言ったら「もう売ってないよー」と言われたある夏の日のお話

津田沼に長らくあるお店

名物のあま太郎焼と同じくらい有名なのかもしれません

そういえば、津田沼の名物ってあま太郎焼なのでしょうか?

検索すると出てきます

小さい頃から食べていた印象ですが、結局は今川焼の別名のようです

こんな日は、コンビニで「ザ・カクテルバー」のブルーハワイを買いに行った方がいいですな




ハワイらしい看板のお店に入ると、もりもりOPIのY嬢が登場

90分10K

「あちゅいネー」
「コカーンはいつでも熱いゼ」
「あん?  」

チャイ娘は聞き返す時、よく「あん?  」と言う

僕みたいな小心者は、ヤンキーに絡まれた少年のようにビクっとしてしまう

しかし、もりもりのターニーマーを見て心を落ち着かせる

いい……

でけー……

いい……

でけー……

よし~……

服をヌギヌギし、半BKのまま、戦隊ルームへ移動

アカスリ台にうつぶせーナになるとアワアワ戦隊が始まりました

最近の気温の上昇っぷりといったら、もう……

戦隊全盛期ですな

汗ダクダクの季節は

ニッポン語があまり得意ではないY嬢

静かなアワアワタイムを楽しむにはちょうどええ

会話しない分、化阪神に神経を集中できる

OK2のワーレメーに滑り込ませ、ケツメドを可愛がるなかなかの手業

ヨカト

「シゴト…ヤスミですカー?」
「休み休みー」

そんな感じで仰向けーナ

やはり上手いアワアワ戦隊

歌麿様をキレイキレイすると、さっそくFBKしてしまった

化阪神に集中している分、硬度がマシマシだ

FBKのまま、お部屋に戻るがうつぶせーナになりづらい

久しぶりのカチカチFBKはなかなかおさまらないッス

しばらく抱き合いながらオイタしまくると、さらに硬度をマシマシにしてしまった

「うつぶせデー」

再度促されて渋々うつぶせーナ

タオルをかけてほぐされてるうちになんとかおさまってきた

ふんがふんが

無言でマターリしながらマッサしマッサ

おしゃべりなセラピさんよりずっといい

長めのほぐしから、たっぷりのオイリーナ

ほぐしの方が上手いな

ちゃっちゃと終わらせて仰向けーナになりたい

Y嬢のフトモーモーが近づいてきたので、チョロチョロオイタして遊び始めたところで、お待ちかねの仰向けーナコール

ペロっと1枚だけのワンピースなのでオイタしがいがありんす

ノーブーラーなのがすぐにわかる

千手観音のような手数でY嬢のバデーを触りまくっていると、外から何か聞こえてきた

ピンポーン…

お客さんがきたようだ

受付の中姐は手が離せないのか、中国語で他の嬢に話している

そして…

「Yー!」

と呼んでいるではないか

「呼んでるよ」
とY嬢に言うと、

「ダイジョブダイジョブ」

「ホント?  」

「ダイジョブダイジョブ」

若干、手の動きが早くなり、焦っている様子

オアフ島からのビックウェーブを早く呼びこんでいるようだ

「大丈夫?  」

「ダイジョブダイジョブ」

「ホント?  」

「あん?  」

次の瞬間、オイリーナまみれの僕は、ロングボードに乗ったまま天空へ駆け上がってしまいました

「アロハイロハニホヘトーーーーー!」

mig






















谷津遊園が閉鎖された時、津田沼はもう終わったと思いました

しかし、この「ブルーハワイ」がある限り、新しいテーマパークとして発展する……

…かもしれない

そんな気がしないわけでもないわけでもない


















最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ