メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

アラマンダ

新宿 『アラマンダ』若い女の子を抱きしめ濃厚なエロに絡み合った僕たちは、背脂がたっぷり浮いている濃厚な豚骨しょうゆのスープに絡みつくちぢれ麺のようだココノカトウカ

新大久保駅からの方が近い受付所でお支払いをし、ホテルへ向かう

この辺りは韓国人や中国人、タイ人など多国籍に溢れている

日本ではなく、どこかの国の路地裏にきたようだ

そんな中でも相変わらずエロい気持ちは満タンで、どこの国に行ってもエロいことをするに違いないと改めて思った




コンコンコン

ドアを開けると、明らかに若々しい女の子が立っていた

「こんにちわぁ」

なんかいい感じ

大学の学食にいたら、隣に座りたいタイプだ

シャワーをちゃっちゃと浴び、お部屋に戻る

大きなベッドでマッサ開始っす

最近、エッチなDVDの観過ぎで寝不足気味

url












うつぶせーナの時は寝たいものだが、滅多にない若い女の子との時間をムダにしたくない

「学生なのぉ?」
「バイトしてるのぉ?」
「彼氏いるのぉ?」

鼻の下を伸ばしたおっさんの質問は続くが、イヤな雰囲気を出さず、えへへ、と笑顔を混ぜながら答えてくれる

いい子や

いや、養子にしたい

いや、側室にしたい

いや、正室にしたい

マッサは一生懸命やってくれる

メンエスのセラピさんみたいなテクはないが、手の平の柔らかさが妙にエロい

「コッてるところはありますかぁ?」
「力加減は大丈夫ですかぁ?」

素敵な気配り

「君のその気配り、漁船につけたらイカが寄ってくるやつやで」
「はい?  」
「ツッコミュニケーショ~ン」
「はい?  」

オイルマッサを一通り受けた後、僕たちは恋人のようにベッドに横たわる

5










抱きしめると吸いつくような白い肌と柔らかい胸

「ヨカ」
「うふふ」

そっとキスをした後、唇から首筋、すでに固くなっている乳首からジョジョに下へさがり、静かに僕の体を舐めまわし続けた

柔らかい乳房が僕のおチンポをかすめる……

先っぽからすでにチョロチョロと溢れだしている液体を乳房につけ、上目遣いで微笑んだ後、僕のおチンポを口いっぱいに頬張り、大きな音を立ててむさぼりついた

ジュルジュル
ジュルジュル

卑猥な音がホテルの部屋いっぱいに広がり、僕の感度をさらに鋭くさせていく

ケモノのような気持ちを抑えきれず思わず上になり、白く柔らかい乳房へ子供のように無邪気にむさぼりついた

感度のいいセラピちゃんは、熱い吐息とともに、少しずつ静かに声を漏らす

僕の指は、トロトロになった蜜ツボを探し始める

指に絡みつくような甘い蜜

下へ移動し優しく蜜ツボを愛撫すると、さらに吐息が激しくなってきた

硬直し続ける僕のおチンポ

感度を増し続けるセラピちゃん

高揚した僕らはお互いの欲望をぶつけるかのように絡み合い、悶えながら局部をまさぐり合う

2人の熱い吐息がさらに激しさを増し、カラダの奥の方から沸き上がる、言葉ではいい表せない地鳴りのような快感が全身を覆った時、僕の硬直したおチンポから大量の精液が放出されたのでありました

「マスタニーーーーーーーーーーー!!」

maxresdefault








久しぶりに濃厚なエロを楽しんだ僕は、そのままカラオケボックスへと入る

一曲目にかけた歌はもちろん「お久しぶりね」だった



新宿 風俗エステ「アラマンダ」はこちら
















渋谷『アラマンダ』ドリブルは続くよどこまでも♪ 野を越え山を越えても谷間でパフパフ

近所の公園に空気の抜けたサッカーボールがあったので、 蹴ってみた

すると、どこからか野良犬が走ってきて、ボールを追いかけまわしていた

すかさずボールを奪いにいくが、なかなかのキープ力

スライディングタックルをしてみても、ひらりとかわされる

太陽の光を浴びながら、僕を飛び越える姿は、大空翼を連想させた

僕は思わず「翼くん! 」と言ってしまったが、野良犬はこちらを振り返らず、ベコベコのサッカーボールに腰をこすりつけていた

一心不乱……

僕は静かに渋谷へ足を向けるのでありました




出勤表情報を上から下から舐めまわすように眺め、良さげな女の子を探す

ここは女の子が多いので迷ってしまうが、長い時間みていると、どの子も正解なのだろうと錯覚してしまう

まあ、人気がある子ならまつがいないだろうとお電話リンリン

「もすぃもすぃ~、I嬢はいらっしゃいまするのぉ~」

優しげな男性のお電話対応で予約完了

百軒店を坂を上がるたび、欲ボーも上昇していく

受付を済ませ、ダッシュでラブホーへ向かい、待つこと数分

「こんにちわぁ~~」

髪で隠れていて、はっきりと顔は見えないが、雰囲気からわかる可愛いオーラ

ヨカト

さすがは渋谷っすね

という感じだ

面白い話でもして、緊張をほぐしてあげようかと思ったが

「可愛いね」

しか言えなかった

なんというボキャブラリーのなさ

今度生まれ変わったら国語辞典になりたいっす

シャワーを浴びてお部屋へ戻り、目の前に現れたI嬢にそっと手を握られる

なんか、待ちわびていた恋人のよう

至近タマ距離でお顔をマジマジと眺めてみる

やはり可愛いではないか

この助平な熱視線に目を合わさないようにしているのか、目を合わせてくれず伏し目がち

この恥じらいがいい

ん?
伏し目にしながら、歌麿様のサイズチェックか?

なんとも隙がない

しかし、かわいい子に話しかけたくなるのが男心

軽く会話してみるが、話は盛り上がらない

甲子園の話をしてるから当たり前か

板東英二が甲子園でいくつ三振を取ったとか
板東英二は巨人の星にちょっとだけ出てきたきと
板東英二はゆでたまごが好きとか

まぁ、女の子は盛り上がらないだろう

やっぱり恋愛話か?
それとも芸能話か?

よくわからない

なんとか会話を始めるが、質疑応答になってしまう

しばらくの間、静かな時が流れる

気持ちんヨカなマッサに身を任せ、たまに腰をカクカクしてみる

いつ仰向けコールが来るだろうか

セラピストのトップの形はどうだろうか

そんなことを考える

しかし、ゆっくり考えている時間はなかった

ワンワンコールがかかったのだ

ヨカ

ヨカ!

淡々と進むと思っていたので、このコールは意外だった

うれしさを隠しながら、ゆっくりと、そして凛としたワンワンになる

頭を下げベッドにつけるか、頭を上げたままにするか迷ったが、そんなのどっちでもいいかと言わんがごとく、I嬢のお手手が背後から歌麿様に伸びてくる

じらしの時間などない、ダイレクトプレーだ

ワンタッチのダイレクトプレーはサッカー観戦者を魅了する

セラピストのワンタッチダイレクトプレーも、その意表をついた攻撃で、興奮度を一気に高める

ワンタッチでゴールまで運ぶスーパープレーのように、ワンタッチでゴールを予感させる興奮度まで一気に上げていく

このまま興奮させ続けるのかと思ったら、その後はじらしてくるジラシックパークだ

完全にセラピストのペース

カチカチになる歌麿様に、軽いボールタッチ、ひねりを加えたフェイントモーション

このままゴールに持ち込むのかと思わせる攻撃だ

カチカチが止まらない

腰だけが浮き、卑猥なポーズになってしまっている

素敵やん

そんな時ハーフタイムに入った

セラピストのパフォーマンスショーが始まる

さわさわとコスを脱ぐと、大きくてハリのあるOPIが露出する

ハツラツとした若さとピンクのB地区

可愛いお顔とは裏腹に攻撃的なGカポー

そっとピンクトップに触れると、のけぞり気味なパフォーマンス

この動きは興奮を引き起こす

マキシマムボッキーショー

歌麿様のビンビンが再び始まったところで後半戦に入る

ローソンが歌麿様を包みこむ

僕もI嬢を感じさせてあげたい

欲望に任せて激しくB地区をメーナーするが、I嬢のお手手が歌麿様をヌリヌリスリスリ攻撃する

攻撃は最大の防御なり、とはよく言ったものだ

セラピストの攻撃は、セラピスト自身が攻撃されるのを防ぐ

どんな体勢になっても歌麿様を離さない

歌麿様への連続攻撃を受けながら果敢に攻めることなど出来ないが、普段味わえない可愛いI嬢との一戦

こちらも攻撃の手を緩めるわけにはいかない

しかし、I嬢から新たな切り札が出される

抱きしめるような体勢になると、首筋に軽くKISS

このまま下へとリップ攻撃し、ピンクなトップを奮い立たせようという戦術に出たが、セラピストのトラップがきた

フェロモン攻撃だ

セラピストの髪から甘い香りがする

とろけてしまいそうないい香り

その香りに刺激され、かわいさに刺激され、歌麿様も刺激され、敏感トライアングルに囲まれた

これは抜け出さない

気持ちいいけどもう少し楽しみたい

そう願ったが、I嬢は容赦なく両手で歌麿様を包み込む

大きく上下に動かし、歌麿様をより大きく引き伸ばしているかのような動きだ

もうこのまま攻められようと思い、起こしていた体をI嬢とともに横たわる

どんなポジションにいても、歌麿様をキープしている

キープ力抜群である

そのキープ力を活かし、ゴール前まで運ばれる

もみもみディフェンスなど攻撃に入らないようだ

表情を変えることなく、ドンドン攻めてくる

ヘロヘロになり、ディフェンス崩壊

無人のゴールへ強く蹴り込むかのように、I嬢は最後まで攻撃の手をゆるめない

そして、大きくネットを揺らすゴールが決まった

「ゴォーーーーーーーーーンザレスゥーーー!!」

hqdefault



















放心状態になっている中、優しく手入れしてくれるI嬢

しばらくの間、楽しい余韻が続いた

「地平線の向こう側にゴールがあるけど、翼くんたちは何百メートルドリブルしてるんだろうね」

池袋『アラマンダ』きっとニュートンもここで遊ぶはずさ

Excuse me Mr. Postman
天国の住所を教えて

いつまでも飛び続けるセーシくんが万有引力を探しているの




キラキラしたラブプラスちゃまを横目に地下へと続く階段を降りる

「らっさいまうぇ~」

池袋チックな店員さんにオススメの女の子を聞いて、お金を支払う

OPIの谷間といい具合の髪型が素晴らしいT嬢を指名して、そのままトコトコとホテル向かいました

あのDカップを早く拝みたい…

妄想しながら歩いていると、自然に歌麿様が大きくなってしまいました

完全FBKのままホテルに入り、T嬢を待つこと10分

「こんにちわぁ」

幼い顔に大きなOPI

若くて可愛らしいお顔とはアンバランスな助平な体つき

思わず、オッパイを掴んでしまいました

「まだですよぉ」

チューしたい!
体中をいじくりまわしたい!

そんな欲望が全身を駆け巡りました

服を脱ぎ脱ぎし、1人シャワー

ちなみにシャワーのお時間は時間外

このシャワーで100分使おうが200分使おうが、時間外なのだ

まぁそんなにシャワー浴びてたら、全身ふやけてワンタンみたいになってしまうだろう

でも好きっスね
この気配り

お部屋に戻ると、黒いTシャツのT嬢が笑顔で迎えてくれる

うつぶせーナからのオイルマッサ

ヌリヌリスリスリと塗りたくってくれる

僕の後ろでは、きっとオッパイも揺れていることだろう

腰の辺りにまたがってくると、柔らかくて少し汗ばんだ太もーもーが僕の脚に当たる

ガリガリくんの当たりより、こちらの当たりの方がどれだけ価値があるだろうか

T嬢の股関の温もりと、可愛らしい声で「お疲れですねぇ」と優しく囁いてくれるこのシチュエーション

おケツ丸出しの無防備な股間に、小さなお手手をそのまま滑り込ませてくれた

「おふ…」

自然に腰を浮かせてしまった僕はお犬様スタイルに変わり、後ろからくる欲望の根源に身を任せるだけ

ヌチャヌチャヌチャ…
ヌチャヌチャヌチャ…

静かなお部屋にこだまする卑猥な音

暗闇で襲われているようなワンワンスタイルでは、後ろにいるDカッポーオッパイが眺められない

「オッパイ見たい!オッパイ見たい!」

欲情した仔犬のように懇願すると、優しく仰向けコールを囁いてくれました

YES!高津クリトリス!

久しぶりに見たT嬢は相変わらず童顔で、やはり大きいオッパイを搭載している

Tシャツの下から現れたDカッポーOPI

膝枕でローアングルパノラマオパーイを披露してくれるので、お礼としてオッパイチュパチュパローリングサンダーをさせていただきました

「あん…」

可愛らしい顔の可愛らしい声

居酒屋で「一気」が流行っていた頃に生まれたT嬢のオッパイを、生ビールのように吸いまくる

卑猥で助平な大きい赤ちゃんと化した僕の下半身に移り、鳥ナンコツくらいの硬さになった歌麿様をいじくりまわしてくれた

添い寝スタイルになったM嬢のオッパイを揉みまくり、おパンティにも失礼してみる

ナマアタタカイ感触と熱帯雨林のオマタ気候に、僕の指指様はおおはしゃぎ

お互い卑猥な音を奏でると、森の奥からマフラーを首に巻いたクマさんが眠気まなこで歩いてきました

「欲情という名の地下鉄に乗ると僕たちは一体どうなるの?」

「終点のアラマンダまで停まりませんよ」

「春がきたら僕たちは桜の花びらの乗って、梅干しが美味しい曇り空の上まで行きたいんだ」

「万有引力くんとクリームソーダを飲みながら相談してみるよ」

「G = 6.67408(31)×10-11 m3 kg-1 s-2ーーーー!!」

IMG_4093



































池袋の桜の木が、春はまだか?春はまだか?と言っている

とまり木で止まらない僕の欲望に、ひと足先に春がきたようだ

T嬢で再訪決定です



池袋『アラマンダ』 幼い女の子の柔らかいの手の中で暴れまくる沙羅曼蛇byコナミ

もしも僕のチ○ポコが、キングギドラのように3本にわかれていたら…

春になるとそんなことを考えてしまいますな


池袋「アラマンダ」


渋谷と新宿でいい思いをしたので、今度は池袋に凸乳してみました

「らっさいまうぇ~」

池袋チックな店員さんにオススメの女の子を聞いて、お金を支払う

OPIの谷間具合が素晴らしいM嬢を指名して、そのままトコトコとホテル向かいました

あのDカップを早く拝みたい…

妄想しながら歩いていると、自然に歌麿様が大きくなってしまいました

完全FBKのままホテルに入り、M嬢を待つこと10分

50539_10_20150731231253











「こんにちわぁ」


幼い顔に大きなOPI

可愛らしいお顔とはアンバランスな助平な体つき

思わず、オッパイを掴んでしまいました

「まだですよぉ」

チューしたい!
体中をいじくりまわしたい!

そんな欲望が全身を駆け巡りました

服を脱ぎ脱ぎし、1人シャワー

お部屋に戻ると、黒いTシャツのM嬢が笑顔で迎えてくれる

うつぶせーナからのオイルマッサ

ヌリヌリスリスリと塗りたくってくれる

僕の後ろでは、きっとオッパイも揺れていることだろう

腰の辺りにまたがってくると、柔らかくて少し汗ばんだ太もーもーが僕の脚に当たる

ガリガリくんの当たりより、こっちの当たりの方がどれだけ価値があるだろうか

Mの股関の温もりと、可愛らしい声で「お疲れですねぇ」と優しく囁いてくれるこのシチュエーション

おケツ丸出しの無防備な股間に、小さなお手手をそのまま滑り込ませてくれた

「おふ…」

自然に腰を浮かせてしまった僕はお犬様スタイルに変わり、後ろからくる欲望の根源に身を任せるだけ

ヌチャヌチャヌチャ…
ヌチャヌチャヌチャ…

静かなお部屋にこだまする卑猥な音

暗闇で襲われているようなワンワンスタイルでは、後ろにいるDカッポーオッパイが眺められない

「オッパイ見たい!オッパイ見たい!」

欲情した仔犬のように懇願すると、優しく仰向けコールを囁いてくれました

YES!高見山クリ○リス!

久しぶりに見たM嬢は相変わらず童顔で、やはり大きいオッパイを搭載している

Tシャツの下から現れたDカッポーOPI

膝枕でローアングルパノラマオッパイを披露してくれるので、お礼としてオッパイチュパチュパローリングサンダーをしてあげました

「あん…」

可愛らしい顔の可愛らしい声

居酒屋で「一気」が流行っていた頃に生まれたM嬢のオッパイを、生ビールのように吸いまくる

卑猥で助平な大きい赤ちゃんと化した僕の下半身にまわり、鳥ナンコツくらいの硬さになった歌麿様をいじくりまわしてくれた

添い寝スタイルになったM嬢のオッパイを揉みまくり、おパンティにも失礼してみる

ナマアタタカイ感触と熱帯雨林のオマタ気候に、僕の指指様はおおはしゃぎ

お互い卑猥な音を奏でると、森の奥から小鳥のさえずりが聞こえてきました

「ここのお店は、なんてお店なんだい?」

「とっても助平なお店らしいど~」

「あら、まんだぁ~」

「サラマンダーーー!」

neta-97

















池袋でも桜の花びらが舞っております

きっと、遠山の金さんもこんな遊びを待ち望んでいたのだろう

M嬢で再訪決定です


池袋「アラマンダ」はこちら

渋谷発「ALLAMANDA-アラマンダ-」 石原さ○み似のスケベ様ご降臨

この渋谷にエロいエステができたらしい

そんなことを小耳にはさんだ僕は、スケベな気持ちを抑えきれず、渋谷へ




受付所は相変わらず緊張する

イケイケの店員がいっぱいいるんじゃないか、とか
カツアゲされないかな、とか

いらぬことを考えてしまいますが、テキパキと女の子を案内してくれた

ふふ
相変わらず小心者だ

「こんにちわぁ」

ホテルで待ってると、石原さ○みのようなN嬢が登場

エロフェロモンがムンムンでている

色白でカラダのラインが美しい巨乳さんだ

90分18K

シャワー時間が無料らしい

ゆっくりと歌麿様を洗えたので、亀の頭がピカピカしている

まずはうつ伏せからベッドでまったりとした全身マッサージ

オイルを使ったリンパマッサージの技術は非常に高い

しっかりとしたマッサージを教育されたらしい

「女性講師がいるんですよぉ」

いいねー
お会いしてみたいもんですわ


仰向けになると、トップレスになったセラピストさんがひざまくらをしてくれた

そのままデコルテーナのスリスリすると、顔面に柔らかいオッパイが乗ってくる

ムニムニムニ

至福のお時間ですな

お礼にモミモミモミ

柔らかいオッパイをモミモミモミ

石原さ○みのようなお顔で、「オッパイ好きなの?」と聞いてくる

僕は、うんうんとうなづきながらオッパイをモミまくりました


下半身にまわり込んだ石原嬢が優しく密着してくれる

良いニホヒと生温かい吐息

歌麿様は完全にFBKだ

添い寝になった僕の耳元で卑猥な言葉をささやく

そのまま乳首をメーナーしながら、たっぷりのローションで歌麿様をシコシコしてくれる

激しい手コキはどこで教えてもらたの?

講師?
ホリプロ?

グチュグチュという音とともに、頭の中が真っ白になった僕のアーメンザーメンは、和田ア○子の身長くらいの飛距離を記録しました

「飛ぶドリアーーーーーーーーン!!」

ロッキー



















しばらく、渋谷のファミマでのんびりとコーヒーを飲んでいました

さて、明日はどこへ行こうかな


最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ