メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

メンズエステ

日本橋 『サロンブランカ』躍動する肉感とたわわに実る両の乳房は僕の妄想を掻き立てるat日本橋リミックスfeat.完全FBK

この界隈はテクテク歩いていると、どこかの地下鉄に遭遇する

路線が違う駅もあるので、電車で動くより歩いた方が早かったりもする

日本橋界隈のど真ん中にいれば、そうとうな数の店舗に行けるので、この辺りに住んでいる人たちがうらやましいと感じる今日このごろっス




お店のアクセスページを見ると、結構いい場所だったりもする

どこからでもいけまっせ的な
どこからでもこれまっせ的な

なので今日もフルティンでブラブラするのでありました

硬質なマンソンに入り、ERベーターに乗りこむ

お部屋のピンポンを押すと、指名した甲斐があった的な巨大な爆NEWのT嬢がお出迎えしてくれた

「こんにちわぁわぁわぁわぁわぁわぁ……」

僕の中でエコーがかかりながら、プルプルOPIが動いてるように見えた

少しポチャっとしているが……

全然あり

全然ありぽちゃ

1番最悪なのは、デブなのに貧乳

場末の激安ソープや韓国エステなどに行くと、たまに遭遇する

もう何年も行ってないが、あのショックは忘れられない

90分16K
指名1K

お部屋は広めのワンルーム

いま流行りのワンルームマンソン

トレンドとでも言うのかね

白いソファーに座り、お茶を飲みながら誓約書みたいな紙に名前を書く

しかもフルネームだ

「ゴンザレス歌麿」と記入すると、さっそくシャワーへ案内してくれた

広くて綺麗なバスルームにはボディソープやシャンプー、リンスなどもある

このままお泊まりしたい気持ちにさせるアメニティだ

ヨコスカ紙Pを装着し、スカスカ気分でお部屋に戻る

ポロリ率100%なので、最初からポロリさせておこう

片玉ポロリンサービスのまま広いマットにうつぶせーナ

後ろでゴソゴソゴソゴソと期待してしまう音が聞こえてきたが、仰向けまでのお楽しみとしよう

「では、よろしくお願いしまぁすぅ」

甘い声を出しながら背中に寄り添い、耳元でささやいてくれる

「今日はどこがお疲れですかぁ」

このまま反転してイングリモングリしたい

艶やかで艶かしい

巨大で柔らかいOPIが僕の背中を敏感にさせる

すでに半BKだ

全身を軽くほぐした後、脚からのオイリーナ

ポカポカにしてあるホットオイリーナだ

たっぷりとつけてくれるので、一気にカラダがあたたまる

優しく伸ばす両の手

スリスリヌリヌリ

さっそくカエル脚になるが、さらに僕のフトモーモーをT嬢のフトモーモーが挟み込んでくれた

ポカポカオイリーナに包まれた4本のフトモーモーが、あんかけうどんのようにからみつく

ネチャネチャと卑猥な音を立てるもんだから、こちらも卑猥な気持ちになってくる

フトモーモーで挟み込みつつ、柔らかいお手手はコマネチラインをスリスリヌリヌリ

あぁ
もうFBKですわ

完全FBKですわ

両脚が終わるまでFBKを続けたヨコスカ紙Pは、ガーマンジールーでヌチョヌチョ

背中や肩のオイリーナでようやくしずみかけたが、仰向けコール後に再びFBKになるのでありんす

仰向けになると頭側にまわり、まずはあたたかい枕を用意してくれた

そして目にタオルをかけ、軽いフェイスマッサ&ヘッドマッサ

T嬢の吐息が聞こえる距離での、頭部マッサ

巨大なOPIはすぐそこにある

目隠しされているのでガン見はできないが、ちょっと触ってしまおうか

間違えた、とか言って

何の間違いかわからないけど

目隠しを取り、デコルテーナスリスリ

B地区も丁寧にスリスリヌリヌリ

ここできたダイナミック3DOPI

たわわに実るとはこういうことだろう

やっぱり、ちょっと触ってしまおう

間違えた、とか言えばなんとかなるだろう

「触りたい……」
「ダメですよぉ」

予想通りの答え

でも触りたい

そんなことを考えていたら、脚側に行ってしまった

カエル脚になり、再びフトモーモーでフトモーモーを挟み込む

ヌリヌリスリスリ

完全FBKしてヨコスカ紙Pをメチャメチャ膨らませているのに、なに食わぬ顔でオイリーナしている

ねえねえ

わかるでしょ

こんなんなってんだから、ちょっとはええやん

ちょっとくらい触ったらええやん

そんな妄想の中、ガーマンジールーだけが溢れ出てくる

「時間経つの早いですねぇ」

T嬢がそういうので時計をチラっとみたら、残り20分

シャワーやお着替えの時間を抜いたとしたら、あと10分くらいしかない

早い

至福の時は早く進むもの

さあ

スリスリヌリヌリはもういいから、ヌチョヌチョシコシコしておくれ

完全FBKしてるの、知ってるでしょー

可愛い可愛いおティンポが貴女のお手手をお待ちしてるのよー

さあ

さあ

さあ

「お疲れ様でしたぁ」

「おティンポブランブランブランカーーーーーーー!」

e8d8b959










シャワーから出ると、迎え入れてくれた時と同じ黒のワンピースに着替えていた

Oh……

最後の最後までターニーマーを眺めていたかったが、まぁ仕方がない

帰り際、ハグハグして全身の肉感を感じた僕は、そのまま日本橋の闇に消えていきました

小伝馬町 『ノースキャンダル』頭をフリ続け、誰も足を踏み入れない荒野を走り続けるのだ

料金がセラピストによって違う

画期的なシステムだが、不安だったので行かずじまいでした

逆を返せば、料金の高いコはそれだけ自信があるのだろう

あたしの施術はこれだけの価値がありますから的な

あらやだ
そういうコって、きっとSよ! S!  サドよ!

気になったので、一度電話をしてみると丁寧な男性が出てくれた




ふむふむ
ふむふむ

どうやら指名料がかからないらしい

ヨカト
良心

20KのI嬢を指名して小伝馬町駅からテクテク歩く

人形町からも行けるし、僕の助平パワーを使えば馬喰横山からでも楽勝

丁寧に案内され、高級そうなマンソンへ

ピンポンを押すと綺麗なI嬢がお出迎えしてくれた

「こんばんわぁ」

さすがは20K

素晴らしい容姿に、素敵なOPI

魅力的なターニーマーとおっとりとした雰囲気

20Kの女とは、こういうことなのだろう

期待に胸とコカーンが膨らみます

いま流行りのワンルーム

オサレソファに座り、I嬢のターニーマーをガン見しながら90分20Kを支払い、ERへのカウントダウンを始めた

相変わらず巨NEWの時は早いシャワーをちゃっちゃと浴び、お部屋に戻りうつぶせーナ

分厚いマットがいい香りっス

いい香りの枕に顔をうずめる瞬間と、大きなOPIに顔をうずめる瞬間はどちらも至福の瞬間

「どこが疲れてますかぁ?  」と聞かれだので

もちろん「ティンポ!  」

とは答えず「腰と脚かな~」と普通of普通sの答えをしてしまった

すると、藤原組長並の関節技?  いやストレッチを仕掛けてくれる

タイマッサにも精通しているのか

経験豊富な知識で僕のカラダをグギグギといじってくれた

肘をうまく使ってピンポイントで押しほぐす高度な技術はさすが

そして、オイリーナ

ストレッチからのオイリーナで満足度がまた上がる

20Kの価値がどんどん近づく

「でわ、仰向けで」

仰向けーナになるとまた脚のストレッチが始まる

入念にストレッチをするイチロー並にほぐしてくれるので、僕のバットは間違いなくヒットを打つだろう

オイリーナに移行すると、コマネチラインをスリスリヌリヌリ

ほらほら
イチローモデルのバットが伸びてきた

ヒット打っちゃうよー
ナイスバッチしちゃうよー

「腸もほぐしていきますね♪」

お腹にオイルをたっぷり塗っての腸セラピーってやつ

一旦熱くなった助平心をクールダウンしてくれた

でもその後のジャジャ馬荒馬ロデオスタイルななるのでまた、完全FBKへ

あれ?
コントロールされてるやん

僕のバットを大っきくしたり、しぼませてみたり

あれ?
このコ、やっぱり……

……

「Sよ! S!  サドよ!」

「うふふ……」

「サディスティックデザイアーーーーー!  」

4877d06f-s


























後半の10分はハードコアの曲が頭の中に流れ始め、ムチウチになるほど頭をフリり時間終了となった

ここはいいっスね

池袋 『カーマ・スートラ』サンシャイン池崎のようなハイテンションで瞬間移動したら、丸井の裏に到着しました

瞬間移動と透視能力が欲しい

まだおティンポのお毛毛がちゅるちゅるだったころからそう思っていた

もしかしたら、すでにこの能力を持っている人が今この瞬間、メチャメチャ楽しんでいるかもしれない

そう思うと夜も眠れない




丸井の裏側には素敵なお店が増えてきた

いわゆるひとつの丸井裏エステ

「カーマ・スートラ」の絵と、我が「ウタマーロ」の絵は共通するところが非常に多いので、行かずにはいられませんでした

959a90d6c42f3bea339620ebf89ba931_17724





















AN00583060_001_l

















「どうぞぉ」

大きなOPIのM嬢が担当のようだ

まっさきに触りまくりたい

Fカポーはありそうだ

とにかく、僕のお手手は淋しんぼで、週に6回はOPIを触っていないと震えてしまう

そして、僕はとてもティンティンも淋しんぼで週に7回は可愛がってあげないと、しょぼくれてしぼんでしまうのだ

「お胸、とても魅力的ですね」

「そんなことないですよぉ」

いや、そんなことあるぞよ

マッサしながら、B地区メーナーしているところを絵にして、カーマ・スートラの絵画シリーズに付け加えてほしい

さて

ちゃっちゃとシャワーを浴びて、お部屋に戻る

いつもいつもそうですが、巨NEWちゃんの時はマッハで済ます

なぜなら
1分でも1秒でも長く巨NEWを眺めていたいから

まずはうつぶせになり、全身をほぐす背中からの肩からの首マッサ

気持ちがいい

さぁ、はじまるぞというこの前戯的ほぐしが好きなのだ

そして脚からのオイルマッサに、ストレッチを加えた感じのマッサ

体が硬い僕の脚を曲げる時、痛くないかを聞きながらゆっくり進めてくれる

なんとも優しい

A嬢のプヨプヨを感じつつ、仰向けーナに…

軽く微笑むM嬢のコスチューム

中学生のような眼力を使い、そのERい服の透視を始めた

見えるぞ
見えるぞよ
シルエットが…

つま先から丁寧に、しかもしっかりとしたマッサで僕のコリというコリをほぐしてくれた

ものスゴくERオーラを出しているM嬢

美しいOPIのシルエットに目を細め、眺めている

「たのもー!」

「はい?」

「たのもー!」

「どうしましたぁ?」

「見たい…」

「はい?」

「見たいのじゃ…」

「はい?」

チェリーボーイのように顔を赤らめ、その大きなOPIが見たい…という言葉を飲み込む

丸井よりも高くそびえ立つサンシャインのように天に向かう歌麿様

キレ味抜群のFBKをM嬢にアピールするが、「わたしはオイリーナをしっかり丁寧にすすめるだけですよ」的なクールな表情で、コマネチラインの血流を良くしてくれる

「たのもー!たのもー!」

「はい?」

「たのもー!ここもたのもー!」

「ダメですよぉ」

「たのもー!たのもー!」

「………」

「たのもー!たのもー!」

「はい、お疲れ様でしたぁ」

「サンシャイーーーーーーーーーーン!」

08















今日も透視能力は発揮できなかった

仕方がないので、池袋から故郷まで瞬間移動することにしました




















池袋 『スパ五感』スパゲティの話でもなければ股間の話でもなければ誕生日の話でもないお話の巻

手を使わないでティッシュペーパーを宙に浮かせてみました

やればできるものですね

今度は手を使わずにテンガを使えるようになりたいです

きっと気持ちいいでしょう

楽しみです




アジアンちっくな入口からアロマの香りが漂い、見えない力が僕のコカーン、いや五感を刺激します

「いらっしゃませ」

「予約した歌麿です」

「歌麿様、お待ちしておりました」

メンズエステらしからぬ対応に少々緊張する

ジャグジー20分付きの60分コースをお願いした

計80分で7,800円払うと少々お釣りがくる

最近のメンエスは高いところが増えてきたが、爆安の価格に思わず「あ、安いっすねー」と言ってしまった

担当はそのまま受付をしてくれたH嬢

黒いTシャツからでもわかるいい形のOPIと素朴な笑顔が素敵な若者だ

池袋に染まってない感じがまたいい

「でわ、ジャグジーへ行きましょう♪」

この池袋でジャグれるなんて、江川達也にでもなった気分だ

都会の露天風呂は僕の変態度を自然に上げてくれる

最上階なので周りからは見えないだろうと思ってたが、ここよりも高いビルやマンソンがあるので結構見られる

別のビルの屋上で、電気工事をしている業者さんに手を振ってみようか

それともこの柵の上で謎のダンスでも踊ってみようか

このジャグジーの柵の上からシャセーをしたら、どこまで飛ばせるだろうか

そんなことを考えていたら、H嬢が迎えにきた

「のぼせてないですかぁ」

「オレたちの国境は地平線さ」

お部屋に戻り、ブリーフ紙Pをはきかえ、うつぶせーナ

それにしても、風呂上がりのハーブティーがやたら美味かった

タオルをかけ、全身をほぐしてくれる

やはり上手い

このお店の雰囲気がそうさせるのか
それとも経験者しか採用しないのか
それとも鬼コーチにスパルタ教育されたのか

とにかく的確で力加減もちょうどええ

オイリーナにうつると、まずは足裏からふくらはぎ、フトモーモーを丁寧にヌリヌリしてくれる

「脚ハッてますねぇ」

「地平線まで走ったからね」

「はい?」

足裏に時間をかけてゆっくりとマッサしてくれる

足裏マッサ好きの僕にはたまらない至福の時間だ

メンエスやチャイエスでも足裏マッサはしてくれるが、だいたい1分もやらず、グイグイ、ゴリゴリ、ちゃっちゃ、という感じだが、H嬢は丹念にマッサしてくれる

「胃の機能が低下してるかもしれませんねぇ」

ほーほー

こんなことを言ってくれるのは、錦糸町の足裏マッサのおばさん以来だ

「赤ずきんちゃんのおばあちゃんを食べちゃったからね」

「オオカミさんですかぁ?」

「昼間は歌麿ですが、夜は…」

無言のままマッサは続き、背中から肩へと移行していく

腰の辺りに股がるH嬢の柔らかいOK2が、僕の心の奥底にある「希望」を膨らませてくれた

「でわぁ…仰向けでぇ」

H嬢は制服を着たらそのままJKにも見える若さと、混じりっけのない純朴な感じが、都会のERにまみれた男たちのカラダを揉みほぐすのか

その可愛く膨らんだOPIをマジマジと眺められながら、この密室で紙Pを膨らませた男たちを相手にするのか

そう思うと大変な仕事だ

僕はH嬢が汚れた男たちと対峙し、純朴から成長して、この池袋で天下を取る妄想を始めた

明治通りに停まったリムジンから、さっそうと降りてくるH嬢がサングラスを外し、「ごきげんよう、歌麿」と言う日がくるかもしれない

取り巻きから「女帝」と呼ばれながら、葉巻を吸い、大量の煙をプカプカする日がくるかもしれない

僕はそんなH嬢を見ながら、うんうんとうなづくのだ

デコルテーナをスリスリしているH嬢を眺め、相変わらず黒いTシャツを膨らませている可愛いOPIが、未来を明るく照らす

今日は「女帝」としての記念すべき誕生日だ…… 

「お疲れ様でしたぁ」

51NQACVSFVL


























この可愛い笑顔に「女帝」の貫禄が隠されている

H嬢はメンズエステで天下を

そして僕は…

「オレ…テンガで天下取るから」

「はい?」







174951017_624





御徒町・湯島 『ハニーロッジ』助平とともに歩んだ四半世紀はキラキラと夜空に輝く満天の星のようだ

御徒町駅からここまで歩くと、いろいろ思い出す

合コンしたオサレ居酒屋

呼び込みがハンパなかったチャイキャバ嬢

パンツをなくしたタケノコはぎの韓国エステ

懐かしさとともに、僕は一生助平なのだ、と確信できる道にこのお店はあった




お出迎えてくれたのは、K嬢

ぷっくりOPIとオートーナーの雰囲気が助平な僕を優しく包んでくれる

120分18K
オププラスで21K

サイフのヒモが緩くなるお色気だ

服をヌギヌギし、ちゃっちゃとシャワーをあびて、茶色のヨコスカPを装着しますが、この時重要なのはスムーズなポロリができるかどうかの確認

15度、30度、45度とカラダを傾ける

うん

ヨカ

お部屋に戻り、うつぶせーナ

素晴らしい衣装に着替えてくれたK嬢が、さっそく全身にオイルをヌリヌリ

ハキハキとした話し方と物腰の柔らかさ

少しサバサバした感はあるが、こういう美人さんはベッドに入ると面白いと思う

世が世なら悪代官に
「お~お~、ワシは気の強いおなごが好きなのじゃ~」
と言われるタイプだ

小心者なので、帯をグルグルポーンはできないが……

それにしても気持ちのいいマッサだ

ヌルヌルの状態で話し方同様にテキパキと手を動かしてくれる

リンパの流れを完全に把握している

スリスリグイグイ流してくれる

気持ちいい

カエル脚になると本領発揮

後ろから入りこんでくるお手手が的確に気持ち良いところをスリスリしてくれる

茶色のヨコスカがガーマンジールーで変色するではないか

背中に当たる柔らかOPI

後ろから犯され、当たり前のようにFBKになってしまった

「気持ちいいですかぁ?  」

当たり前の質問をする

愚問とは言わないが、この挑発的で確信的な質問は僕をさらにM男にする

「もっと……もっと……」

横向きコールがきたので、横になり、計算通りのヨコスカポロリ

90度なら完全ポロリは当たり前田のクラリネット

後ろから入りこんでくるヌルヌルお手手は、出たりモグったりするチンアナゴに見える

「ティンアナゴに喰われるー」
「食べないですよぉ」

そんなこと言いながら、歌麿様がチンアナゴ化

90e9cfe1


























FBKの珍アナゴだ

仰向けコール

ヨコスカ紙Pを完全に持ち上げたまま仰向けになるが、なに喰わぬ顔で脚からオイリーナしてくれる

ストレッチを混ぜてくるので、カチカチの歌麿様がどこかに刺さりそうだ

藤原組長のような関節技でグイグイされると何かドキドキする

柔肌とミチャーク

吸いつくようなミチャーク

川の流れのようなスムーズな動きでソイーネすると、美しい顔が至近距離に現れる

初めてお会いしたK嬢だが、「僕の彼女です」と言ってしまいそうな至近距離

このままデートに行きたい

この距離を保ったまま、映画でも行きたい

こんな至近距離じゃ映画も観れないか

そして、鑑真のようなあぐらになり、ハグされ、肩や背中をマッサしマッサ

ここまで、歌麿様はずっと上を向いている

刺さりますよー
突き刺さりますよー

涼しげなお顔でミチャークしてくれるので、腰をカクカクしてみた

「ダメですよぉ」

美人さんにダメですよぉと言われるとさらに興奮する

カクカク
カクカク

「ダメですよぉ」

カクカク
カクカク

もしも僕が、ゆりやんレトリィバァなら「調子に乗っちゃって」とか言うレベルのカクカク

カクカク
カクカク

e8d8b959










「ダメですよぉ」

カクカク
カクカク

「ダメって言ってるでしょー」

「はい……」

「お疲れ様でしたぁ」

「ハニーフラーーーーーーーッシュ!!」

19











御徒町駅に向かう途中、「コットンクラブ」というキャバがあった

20年くらい前に通ったこのお店のあのキャバ嬢は、いま何をしているのだろう

綺麗なコだったから、お金持ちさんに水揚げしてもらったかな

もしかしたら、まだいたりして

そんな期待を胸に、キャバへのハシゴをしてしまった
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ