メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

出張

品川 『品川やすらぎ』老舗の底力を見せつけられたスーパー助平なエロエロプレイ

京浜東北線の大森駅を出ると、必ず聞こえるアナウンス

このブログで何度も書いてますが、やはり「次は~スマタ~スマタ~」と言っている

初めてそう聞こえたのは、25才のころ

品川のレストランで働いていた時に、同僚とよく蒲田にきたものです

朝4時までやっていたマンヘル「生っこ倶楽部」の常連だった僕らは、その時からこう聞こえていました

「次は~スマタ~スマタ~」

あの頃よりおティンポの硬度は下がりましたが、ERに対する情熱と女体への興味は右肩上がりです




蒲田の街を歩いていると、生っこ倶楽部の料金説明がアタマをよぎる

「このコースは、玉舐め、竿舐め、丁寧に下から上へとお客様のイチモツをなんちゃらかんちゃら……」

と5分くらいノンストップで説明してくれる

ある意味、芸術的な料金説明に当時の僕たちはよくマネをしたものです

あの名ゼリフに曲をつけて、ピコ太郎のように全世界に配信したい

きっと、ジャスティンも拡散してくれるでしょう

あの名ゼリフを言える方、そっと教えていただきたいです

そんなことを考えながら、ホーテールーについた僕は、3つしか空いてないお部屋を選び、女の子を待つことに

それにしても昼間からお盛んなものです

あと2部屋で満室ではないですか

今日、蒲田じゅうのセーシを集めたら小学校のプール一杯分はあるかもしれませぬ

さすがERタウン、SUMATA


コンコンコン

下半身丸出しでドアを開けると、コートの上からでもわかる巨NEWのY嬢が笑顔で待っておりました

「こんにちわぁ」

清潔感のあるショートカットと、人の良さそうな瞳が印象的

満員電車の中にいたら、真っ先にチカンにあうタイプだ

うんうん

すごくいい

蒲田限定60分14.5Kをお支払い

「60分だとマッサージは少なめですが……」

「ええよ」

「それにしても寒いですねぇ」

おっとりとした雰囲気で話すY嬢がゆっくりとコートを脱ぐと、やはり、と納得する巨大なお胸が現れました

「OPI大きいね」

「うふふ」

上着を脱ぎキャミソール姿になると、そそくさと洗面台の方に隠れてしまう

どうしたんだろう、と思い洗面台をのぞくと、隠れるようにブーラーを外している

「恥ずかしいんです……」

むふぉふぉ

逃げると追いかけたくなる男子の心理を巧みに操る

ホントに恥ずかしいのか
それとも計算か

全ラーで歌麿様をブラブラさせながら
「良いではないか、良いではないか」
と追いかける僕は、頭の悪いお殿様のよう

大きなOPIをプルンプルンさせる柔肌を抱きしめ、意味もなくカラダをスリスリさせる

「あったかいのぉ~、あったかいのぉ~」

鼻の下を伸ばし、舌ったらずな話し方で大型犬のように腰を振る

第三者が見たら、完全に引くだろう

この時の僕は脳ミソが変態一色になっていた

「シャ、シャワー浴びてて……」

後からすぐに入るから、と続けて言うので、先にバスルームでシャワーを浴びていると、後ろからそっと抱きしめるY嬢が静かに入ってきた

柔らかくて暖かい大きなOPIが背中に当たる

そのままボディソープに手を伸ばし、後ろから歌麿様をぬちゃぬちゃと洗ってくれた

即BK

そのままカラダをぬちゃぬちゃと洗い続けてくれるので、ゆっくりと反転し、Y嬢のカラダも洗ってあげた

大きなOPIと艶っぽいクビレがたまらない

ボディソープをOPIに伸ばし、そのままクビレからおケツへと伸ばし続ける

敏感なのか、恥ずかしいのか、カラダをピクピクされるY嬢

さらに背中にボディソープを伸ばしサワサワすると、「あぁ…」と声をあげた

発情した大型犬となった僕は、そのままY嬢のオマタへと指を伸ばし、丁寧に洗い続ける

すでにトロトロの蜜ツボとなっていた秘部は、ボディソープなのか、なんなのか

わからないので、そのまま丁寧に蜜ツボの中で遊ぶことにした

オマタからのグチュグチュという音
孤独にお湯を出し続けるシャワーヘッド

時折Y嬢の噛み締めるような声が、バスルームに漏れる

完全FBKの僕はヒザを曲げ、Y嬢の美しい秘部を愛撫した

震えるカラダが僕の欲求を煽る

もう何時間でも舐めまわしてしまおう

そんな思いの中
「お、お部屋に行きましょ……」
と言うY嬢

完全FBKのままバスルームを出ると、優しくタオルで拭き取ってくれた

「のぼせちゃうところだったよぉ」

上目遣いで恥ずかしそうに言うY嬢が、お部屋の電気を調節している

タオルを巻いているが、こちらにオケツをつき出しながら調光しているのだ

これも計算か
それとも天然か

そんなことはどうでもいい

そう思った僕は、大きなオケツを両手で抑え、パンパンさせてみた

もちろん、NOソーニューのエアーパンパンだ

「ダメですよぉ~」

この恥じらいの中のERスは、全世界の男子にとって、最高の興奮剤

脳ミソがまた変態一色になる

ベッドに移動したY嬢を追いかけるように、僕も移動する

真っ先に秘部を見つけ、さっそく愛撫をはじめた

もうアソコにしか目がいってないようだ

もともとマッサ時間が少ないのなら、最初から最後までERERでヨカ

そんな気持ちもあったので、真っ先に愛撫をはじめる

そう、狂ったように……

すでに濡れているアソコからトロトロの愛液が、僕の唾液と混ざり流れ出す

整えられた陰毛をかき分け栗とリスを舌で激しく舐めまわし、右の指で蜜ツボをかき回す

究極のローアングルから見える風景は、肌色のER山脈

遠くに見えるピンクのB地区を左手でクリクリさせると、またカラダを震えさせた

男って生き物はなんでこんなに忙しいのだ

ただでさえ忙しい年の瀬に、ベッドの上でも激しく動きまわっている

「今年も1年、大変お世話になりました~、これ来年のカレンダーです~」

的なご挨拶周りより忙しいのではないか

少し疲れた僕は、ベッドに横たわる

トロリとした目のY嬢が「じゃあ、今度は……」と言いかけたことろで歌麿様を眺めはじめた

股の間に陣どり、内モモからお玉袋に向かいツツツと舌を這わせる

先っぽからチョロチョロと溢れだしている液体を見つめ、上目遣いで微笑んだ後、歌麿様を口いっぱいに頬張り、大きな音を立ててむさぼりついた

ジュルジュル
ジュルジュル

卑猥な音がホテルの部屋いっぱいに広がり、僕の感度をさらに鋭くさせていく

何度も何度も上下に動き続けるY嬢

形を変えた口元は歌麿様の包みこみ、硬直している亀頭を舌で絡めるように舐めまわす

ヨカト……

このまま時間を止めてほしい
このままここで、一生を過ごしたい

カラダをピクピクさせられた僕はケダモノのような気持ちを抑えきれず、Y嬢の上に移動し白くて柔らかい乳房へ無邪気にむさぼりついた

感度のいいY嬢は、熱い吐息とともに、少しずつ静かに声を漏らす

僕の指はトロトロになった蜜ツボを探し始める

指に絡みつく甘い蜜

再び蜜ツボを愛撫すると、さらに吐息が激しくなってきた

硬直し続ける歌麿様

感度を増し続けるY嬢

高揚した僕らはお互いの欲望をぶつけるかのように絡み合い、悶えながら局部をまさぐり合う

2人の熱い吐息がさらに激しさを増し、カラダの奥の方から沸き上がる、言葉ではいい表せない地鳴りのような快感が全身を覆った時、最大限に硬直した歌麿様から大量のやすらぎが放出されたのでありました

「バンバンビガローーーーー!」

cap053_20081010004548



















大波に揺られた後の小舟のように、ひっそりとベッドで抱き合う僕たち

夢のようなひと時は終わりをつげ、天使のようなY嬢は、僕の脳内にしっかりとした記憶を残し、笑顔のまま部屋を出ていきました



↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








錦糸町発 『エロティックマッサージ錦糸町』Gカップの爆乳を舐めまくる5分間は、僕にとっては3秒に感じます

錦糸町はいつでも僕を受け入れてくれる

ここでの思い出は数多く、良いことも悪いこともどちらも起こる

ピンサロでぼったくり
基盤……
韓国エステで毛ジラミうつされ
内緒で4545……
猛烈な食あたり

ある意味、奇跡の街なのだろう

今日はどんなことが起きるのか、期待に胸とコカーンを膨らませながら、南口の改札を出ました




昔からあるお店で、巨NEW揃いのイメージがあるエロティックマッサージ

指名料無料と書いてあったので、GカポーのM嬢を指名することに

レンタルルームまでいろいろな誘惑が僕に襲いかかりますが、Gカポーを見たい一心でなんとかたどり着きました

レンタルルーム1.5K

部屋からお店に電話してから数分後、大きなOPIをプルプルさせたM嬢が、笑顔で入ってきました

「こんにちわ~、ぐふふ」

笑顔が眩しいM嬢は、倖田來未に似ている

いや、倖田來未のモノマネをしているやしろ優に似ている

ホームページには、スレンダーボディがなんちゃらかんちゃらと書いてあるが、スレンダーではない

まぁまぁ
可愛げがあるのでヨカですが

60分10K

新人ちゃん割で9K

「オプチョンでオ~ルヌ~ドとかあるにょ~」

すり寄りながらのゴロニャン営業をされて、オールヌード2Kも追加してしまった

たわわに実る大きな乳房をあらわにしたM嬢とシャワーに入るのかと思いきや

「でわぁ、パンツ一丁になってベッドに手をついて~」

と言われる

低いベッドに手をつくと「へ」の字になる

後ろからフトモーモーをサワサワし始め、パンツの上からOK2のワーレーメーを指でスリスリしてきた

「なんか、パンツ膨らんでるよぉ~」
「ガマン汁出ちゃうのぉ~」

浴びせられる卑猥な言葉と、パンツの上からの歌麿サワサワ攻撃に思わず「あふっ」という声を出してしまった

「じゃあ~、脱がしちゃうよぉ~」

「へ」の字から直立に戻り、膨らんでいるパンツを眺めながらゆっくりとパンツを脱がすM嬢

FBKしている歌麿様をパンツのゴムで下に向け、そのままズリおろすと、バイ~~ンと跳ね上がった

「ビンビンねぇ~」

と言いながら歌麿様を舐めまわすフリをする

「舐めて、舐めて」
「ダメよぉ~」

なだめるようにシャワールームへと案内されると、今度はシャワールームでボディシャンプーを使ったヌルヌル遊び

Gカポーの爆NEWをお腹につけて、ぬちゃぬちゃぬちゃぬちゃ

うふ~ん
あふ~ん

M嬢の息づかいが狭いシャワールームでこだまする

背中にまわり、またGカポーの爆NEWをつけて、ぬちゃぬちゃぬちゃぬちゃ

OK2の後ろから前に手を伸ばし、玉袋様をコロコロぬちゃぬちゃ

そのままBKした歌麿様もシコシコぬちゃぬちゃ

「カッタぁ~くなってるよぉ~」

あぁ……

もう、このまま一発……

「出してたい……」
「お楽しみはベッドねぇ」

完全FBKで真っ赤になった歌麿様をなだめ、綺麗に洗い流してくれる

どうもなだめ上手だと思い、聞いてみたら元々保育士のようだ

もしも、歌麿様が幼稚園に通うようなことがあれば、こんなERい先生がいる幼稚園に入園したい

毎日お遊戯会だ

タオルで丁寧に拭き拭きし、またチュパチュパと歌麿様を舐めまわすフリをする

ERい

ERいっス

「でわぁ、うつぶせでぇ~」

うつぶせになると、脚からオイリーナがはじまる

スリスリ~

ヌリヌリ~

スリスリ~

ヌリヌリ~

力の入ったオイリーナをふくらはぎからオマタまで伸ばしてくる

お約束の玉袋チョロチョロも忘れない

そしてヒジなどを使い、フトモーモーの裏も丁寧にオイリーナしてくれる

「脚もコッてるねぇ~」

これは気持ちいい

「ちょっとストレッチもするねぇ」

全ラー同士のストレッチは、肌と肌が直に触れ合い、全身柔らかいM嬢の温もりが伝わってくる

ヨカト

背中から肩甲骨まわりのオイリーナになると

「コッてるねぇ」

と言いながら、ゴリゴリしているコリをほぐしてくれた

気持ちええ

とても、気持ちがええ

どうもマッサ上手だと思い、聞いてみたら元々エステもやっていたようだ

ある時は保育士
ある時はエステティシャン

キューティーハニーでも目指しているのか?

やしろ優だけに……

「でわぁ、そろそろ仰向けでぇ~」

仰向けになるとERいお顔のM嬢が、また「ぐふふ」と微笑みんできた

左右に揺れる大きなOPI

オモチャを触ろうとする赤子のように、OPIに手を伸ばすと、そっとB地区を差し出してくれる

そのまま首を起こし、夢中でB地区にムサボリついた

ぴちゃぴちゃぴちゃ……

ちゅぱちゅぱちゅぱ……

勢いのついた僕は、右の乳房から左の乳房

左のB地区から右のB地区へ、大好物をほおばるように舐めまわす

B地区が性感帯というM嬢は、カラダをプルプル震わせていた

自然と腰動かし、オーマーターのお毛毛もスリスリさせている

「んは~」と息つぎをしたかと思うと、再びカラダを震わせた

このまま昇天してしまいそうなM嬢のB地区を執拗にセメていると、FBKした歌麿様を握りはじめ、上下運動をしてくる

「もうぉ~ダメよぉ~」

B地区ペロペロ地獄から抜け出し、脚と脚の間に陣どると逆正常位の形になった

ウチモモのリンパを丁寧に流しはじめるM嬢が

「そろそろ、おティンティンいじっちゃうよぉ~」

と笑顔で言ってくる

たっぷりのローションで歌麿様を包みこむと、ゆっくりと撫で回してきた

もう何十分、FBKしているのだろう

ガーマンジールーもずっと出続けている

M嬢のカラダ中からあふれるERスのオーラはやはりホンモノで、セメるテキニッキもすごい

日本の宝のようなプルプル揺れる大きなOPIをガン見しながら、M嬢の歌麿様シコシコに脳ミソがカニミソスープ状態に……

添い寝に変わり、今度はB地区をメーナーされまくり、さらに硬度を増した歌麿様

くちゅくちゅくちゅくちゅと卑猥な音を狭いレンタルルームにこだまさせると、歌麿様の先っぽにこみ上げてくる白いマグマは、ブーマーのホームランのようなキレイな放物線を描いて、誰もいない西宮球場の上段へと打ち込むのでありました

「ワンレンボディコン勃ちヒロシーーーー!!」

9784594017606















帰り道、ポンセに似た黒服の外国人に声をかけられました

「この後ドウ?ドウ?」

錦糸町はいつでも受け入れてくれる

僕はこのまま、錦糸町の闇に消えるのでありました


錦糸町発「エロティックマッサージ錦糸町」はこちら





 

↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








越谷『コンフォートラブ』サイコパス的淫乱風俗エステ永久勃起狂想曲

世の中に気持ちいいことっていくつあるのでしょう

テレビに映し出された気持ち良さそうに交尾をしている亀を眺め、ふと考えていました




ラブホ特有のビニールカーテンをくぐり車を停める

たまには離れたところで欲望を満たすのも悪くないだろう

それにしても、相変わらずお盛んな人たちがいるもんだ

駐車場にズラった停められた車を横目にお部屋に入ることにした

コンコンコン

待つこと15分

ギャル風のサラサラロングヘアーに助平そうな大きな瞳

ガーターベルトのストッキングが丸見えのミニスカートをはいたM嬢が登場

年齢は30代だろうか?
特有のフェロモンと、過去に何百、何千とくわえてきただろう口元は抜群にエロい

きっと電車に乗ったら痴漢率98%だろう

「こんにちわぁ」

低血圧っぽい低いテンションが逆にそそる

90分18K→16K

服をヌギヌギしていると、エロいM嬢が近寄ってきた

「溜まってるのぉ?」

おティンポを握られ、完全なエロスイッチが入る

ワイシャツだけの姿で後ろからゆっくり上下運動されると、早々とFBKしてしまった

「シャワー浴びましょ」

一人で軽くシャワーを浴びていると、後からM嬢が入ってくる

助平そうなお手手に泡を乗せ、僕のコカーン周りを再び触りはじめる

おケツの後ろから、ねっちゃりぬっちゃり手を滑りこませ、お玉袋からおティンポを泡まみれにする

手品師のように2つの玉を転がし始め、おティンポの根元から先っぽに泡を広げていく

ガーマンジールーと泡泡がヌルヌル度を高めていった

「もう…出しちゃいたい…」
「まだダメよぉ」

イタズラそうな上目づかいと、ワイシャツから見える胸のターニーマーがまた欲望をそそる

「続きはベッドでね…」

完全FBKのまま、お部屋へ戻る

「うつぶせできないよ~」と言うと
「仰向けでいいよ…」と言ってくれた

可愛らしい子どもを見つめるように、真っ赤になって硬直してるおティンポを上から下から眺めている

「うふふ…」

妖艶な微笑みを浮かべ、丁寧なオイリーナマッサが始まった

両の脚からコマネチラインへのスリスリーナ

物欲しそうな顔でまたおティンポを上から下から眺めている

「ステキねぇ…ステキ…」

トロけそうなエロい目で僕のおティンポをこんなに眺めてくれるなんて

男冥利のFBK冥利に尽きる

「ステキよぉ…ステキよぉ…」

焦らしているのか、焦らされているのか

触りたくて触りたくてたまらないM嬢と、触らさせたくて触らさせたくてたまらない僕

しっかりオイリーナマッサしないと、という使命感が触りたい衝動を抑えているM嬢と、早く気持ちいいことをしてほしいが、まだもったいない気もする僕

「硬そうねぇ…きっとカチカチよねぇ…」

おティンポのニオイを嗅いでいるかのように、上から下から眺めている

大きく見開いた目がおティンポから離れない

アメリカ空軍もビックリのロックオンだ

「いいよ」
「え?」
「触っていい…」

触っていいよ、と言いきる前にM嬢の柔らかいお手手は僕のおティンポを握っていた

どれほどガマンしていたのだろう

オリから解放された猛獣のように、僕のおティンポを唾液まみれにし、むさぼり始めた

フェラはオプションであったが、そんなことは後で考えよう

コロコロのお玉袋から裏スジを舌先で舐めながら通過し、ガーマンジールーが溢れている先っぽをジュルジュル音を立てながらむさぼっている

お腹のすいたライオンがシマウマをむさぼるように

「あぁ~…おティンポ…あぁ~…おティンポ…」

洋モノのAV嬢並の激しい息づかいとネチャネチャな淫乱性に、僕は感動すら覚える

真っ赤に硬直したおティンポから噴水のような大量の欲望が放たれたのは、それから数分後の出来事であった

ヨ…

ヨ…

「ヨー出リッヒーーーー!」


「うつぶせになって♪」

気持ちを落ち着かせた僕たちは、改めてラグジュアリーな時を刻む

元エステティシャンのオイリーナマッサはやはり特別で、リンパを丁寧に流す姿はまさにエステティシャンそのものだ

数分前の淫乱プレイとのギャップに、またコカーンがムズムズしてくる

「なんかまた興奮してきた」
「もぉ…しょうがないねぇ…」

AQJ8QSBQ


























帰り道、旧国道4号線はやはり渋滞していた

西の空を赤く染めている夕陽を眺めながら、先ほどまでの淫乱プレイを頭の中で反すうしてみた

きっとM嬢であれば、信号待ちの間も激しいフェラをしてくれるだろう

あぁ…

池袋『リリアン』 出張になってもイク袋

このお店は好きでしたね

可愛いコ多いし、エロいし

出張になっても変わらず元気でなりより

電話口で「おっぱい大きいコをお願いします」と伝えておいたのは正解でしたわ




オッパイの大きく小柄で可愛いI嬢が到着したのは、ホテル到着から約5分

これは早い

小柄な体型ではありますが、スタイルが藤原紀香っぽい

「わたし、ぽちゃぽちゃしてますよぉ」

と言うハタチの可愛いコちゃんのエロいカラダを、上から下までナメまわすように眺めておりました


続きを読む

さいたま『ラブライフ』 爆乳の女の子で大放出!

朝から僕の布団が、秩父や秋川渓谷でよく見かけるようなテントみたいになっていた

たまらない硬度に達していた僕の「アレ」の先端から、トロトロと怪しげな液体が溢れ出し、その後に控える大量の白いミサイルが「まだか!まだか!」と待ち構えておりました
(´Д`)

体の一部ではないような下腹部に感じる硬いモノに促されるように、僕はケータイ電話に手を伸ばす


さいたま「ラブライフ」


プレイタウンっていう昔から雑誌に5Kの割引が書いてあった

とりあえず電話口で「プレイタウン見たんだけど…」と言うと、あっさりOK

すでにFBKの僕は、前かがみのまま店員に教えてもらったラブホに飛び込み、ものスゴく助平な気持ちを抑え、ベッドに座り、待つこと数分…

続きを読む
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ