メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

回春

五反田発『五反田性感回春マッサージ倶楽部』ついに出会えた超エロい巨乳セラピスト

Gカップなんてプロフィールに書かれていたら、 真っ先に指名しちゃいます

オッパイに対する僕のサイフは、ユルユルガバガバでございますな


五反田発「五反田性感回春マッサージ倶楽部」


常連と化している僕の電話番号は、全国で通じるみたい

「歌麿様ぁ~いつもありがとざぁますぅ~」

丁寧な対応でGカッポーの予約を完了してくれました

指名料込みで75分17K

コンコン

「こんにちわぁ」

かなりデカイおっぱいをプルプルさせながら、S嬢が入ってくる

小顔なので、Gカッポーがさらに大きく見えるのだろう

「暑いですねぇ」

ボンキュッボン的バデーでせっせと用意している

カラダ中から溢れ出すムンムンのエロフェロモンは一体何なのだろ

破壊的な胸の谷間に手を突っ込んでモミモミモミモミしたい…

そんなことを考えていたら、半BKになってしまった

「じゃあ~シャワー浴びましょお~」

声が異常に艶っぽい

アップにした髪と、色白のうなじ

からの、Gカッポーおっぱい…

バスルームで一発ヌけそうな手技で完全FBKですわ

「カタくなってきちゃいましたねぇ~」

タオルで優しく全身を拭きながらひざまづいたS嬢

目の前にある歌麿様をパクパクするマネや、 フーっと息を吹きかけたりしてくる

あぁ…

なんて助平なコなんでしょ

ものスゴく助平なことがしたくなるではないか


真っ赤になって硬直した歌麿様のまま、ベッドに戻りうつぶせーナ

60分コースだとあわただしい

全体をささっとやるか、 上半身か下半身をみっちりやるか選んでチョンマ○毛とのこと

迷わず「下半身で」


両脚をオイリーナでスリスリすると、 時折大きなおっぱいが背中に当たる

「うっふ~ん、あっは~ん」
峰不二子みたいな声を出して背中をチュッチュ

「綺麗なお尻ですねぇ~」

と言いながら、また「うっふ~ん、あっは~ん」

キライではないぞよ

四つん這いで玉袋をモミモミコロコロされると、再び完全FBKへ

仰向けコールの後に
「また逢えましたねぇ~」
とささやいてくれる

いちいちエロい

そして股間にまたがると、ゆっくりブラを外し始めた

ボロローン…

ト…トレビアーン…

ずっとイキリ勃っている歌麿様にローションを塗り、 上下運動をはじめる

「気持ちいい…?」
「気持ちいいよ…」

ゆっくりと上体を倒し、乳首を優しく舐めてくれた

「コリコリしてるよぉ」

そのまま顔面にまたがり、69スタイルになると、 良い香りのおパンティが目の前に現れた

ハムハムハム…
ハムハムハム…

おパンティに顔をこすりながら口を動かす

「ハムハムダメよぉ~濡れちゃうじゃなぁ~い」

ふふふ

エロい…

態勢を変え両脚の間に入ると、 たっぷりのローションで再びピストン運動

大きなおっぱいが揺れる

プルプルプル…

プルプルプル…

あぁ…

モミたい…

しゃぶりたい…

モミまくりたい…


手を伸ばしてみる

「ダメよぉ~」

あぁ~…


上下左右に揺れ動くおっぱい

プルプルプル…

プルプルプル…

「気持ちいい…?」

「気持ちいいよ…」


予測できない魅力的な動きを脳ミソに刻みこみながら、 僕は大量のスペルマビームを放出するのでありました

「パイドリアーーーン!」

%A5%DD%A5%BB%A5%A4%A5%C9%A5%F3














五反田駅は今日もエロい風が吹いている


「潮吹きしてみる?」と聞いてきたS嬢と、 次回はパンパンダンスをしてみたいものだ


五反田発「五反田性感回春マッサージ倶楽部」はこちら 












品川 『品川やすらぎ』老舗の底力を見せつけられたスーパー助平なエロエロプレイ

京浜東北線の大森駅を出ると、必ず聞こえるアナウンス

このブログで何度も書いてますが、やはり「次は~スマタ~スマタ~」と言っている

初めてそう聞こえたのは、25才のころ

品川のレストランで働いていた時に、同僚とよく蒲田にきたものです

朝4時までやっていたマンヘル「生っこ倶楽部」の常連だった僕らは、その時からこう聞こえていました

「次は~スマタ~スマタ~」

あの頃よりおティンポの硬度は下がりましたが、ERに対する情熱と女体への興味は右肩上がりです




蒲田の街を歩いていると、生っこ倶楽部の料金説明がアタマをよぎる

「このコースは、玉舐め、竿舐め、丁寧に下から上へとお客様のイチモツをなんちゃらかんちゃら……」

と5分くらいノンストップで説明してくれる

ある意味、芸術的な料金説明に当時の僕たちはよくマネをしたものです

あの名ゼリフに曲をつけて、ピコ太郎のように全世界に配信したい

きっと、ジャスティンも拡散してくれるでしょう

あの名ゼリフを言える方、そっと教えていただきたいです

そんなことを考えながら、ホーテールーについた僕は、3つしか空いてないお部屋を選び、女の子を待つことに

それにしても昼間からお盛んなものです

あと2部屋で満室ではないですか

今日、蒲田じゅうのセーシを集めたら小学校のプール一杯分はあるかもしれませぬ

さすがERタウン、SUMATA


コンコンコン

下半身丸出しでドアを開けると、コートの上からでもわかる巨NEWのY嬢が笑顔で待っておりました

「こんにちわぁ」

清潔感のあるショートカットと、人の良さそうな瞳が印象的

満員電車の中にいたら、真っ先にチカンにあうタイプだ

うんうん

すごくいい

蒲田限定60分14.5Kをお支払い

「60分だとマッサージは少なめですが……」

「ええよ」

「それにしても寒いですねぇ」

おっとりとした雰囲気で話すY嬢がゆっくりとコートを脱ぐと、やはり、と納得する巨大なお胸が現れました

「OPI大きいね」

「うふふ」

上着を脱ぎキャミソール姿になると、そそくさと洗面台の方に隠れてしまう

どうしたんだろう、と思い洗面台をのぞくと、隠れるようにブーラーを外している

「恥ずかしいんです……」

むふぉふぉ

逃げると追いかけたくなる男子の心理を巧みに操る

ホントに恥ずかしいのか
それとも計算か

全ラーで歌麿様をブラブラさせながら
「良いではないか、良いではないか」
と追いかける僕は、頭の悪いお殿様のよう

大きなOPIをプルンプルンさせる柔肌を抱きしめ、意味もなくカラダをスリスリさせる

「あったかいのぉ~、あったかいのぉ~」

鼻の下を伸ばし、舌ったらずな話し方で大型犬のように腰を振る

第三者が見たら、完全に引くだろう

この時の僕は脳ミソが変態一色になっていた

「シャ、シャワー浴びてて……」

後からすぐに入るから、と続けて言うので、先にバスルームでシャワーを浴びていると、後ろからそっと抱きしめるY嬢が静かに入ってきた

柔らかくて暖かい大きなOPIが背中に当たる

そのままボディソープに手を伸ばし、後ろから歌麿様をぬちゃぬちゃと洗ってくれた

即BK

そのままカラダをぬちゃぬちゃと洗い続けてくれるので、ゆっくりと反転し、Y嬢のカラダも洗ってあげた

大きなOPIと艶っぽいクビレがたまらない

ボディソープをOPIに伸ばし、そのままクビレからおケツへと伸ばし続ける

敏感なのか、恥ずかしいのか、カラダをピクピクされるY嬢

さらに背中にボディソープを伸ばしサワサワすると、「あぁ…」と声をあげた

発情した大型犬となった僕は、そのままY嬢のオマタへと指を伸ばし、丁寧に洗い続ける

すでにトロトロの蜜ツボとなっていた秘部は、ボディソープなのか、なんなのか

わからないので、そのまま丁寧に蜜ツボの中で遊ぶことにした

オマタからのグチュグチュという音
孤独にお湯を出し続けるシャワーヘッド

時折Y嬢の噛み締めるような声が、バスルームに漏れる

完全FBKの僕はヒザを曲げ、Y嬢の美しい秘部を愛撫した

震えるカラダが僕の欲求を煽る

もう何時間でも舐めまわしてしまおう

そんな思いの中
「お、お部屋に行きましょ……」
と言うY嬢

完全FBKのままバスルームを出ると、優しくタオルで拭き取ってくれた

「のぼせちゃうところだったよぉ」

上目遣いで恥ずかしそうに言うY嬢が、お部屋の電気を調節している

タオルを巻いているが、こちらにオケツをつき出しながら調光しているのだ

これも計算か
それとも天然か

そんなことはどうでもいい

そう思った僕は、大きなオケツを両手で抑え、パンパンさせてみた

もちろん、NOソーニューのエアーパンパンだ

「ダメですよぉ~」

この恥じらいの中のERスは、全世界の男子にとって、最高の興奮剤

脳ミソがまた変態一色になる

ベッドに移動したY嬢を追いかけるように、僕も移動する

真っ先に秘部を見つけ、さっそく愛撫をはじめた

もうアソコにしか目がいってないようだ

もともとマッサ時間が少ないのなら、最初から最後までERERでヨカ

そんな気持ちもあったので、真っ先に愛撫をはじめる

そう、狂ったように……

すでに濡れているアソコからトロトロの愛液が、僕の唾液と混ざり流れ出す

整えられた陰毛をかき分け栗とリスを舌で激しく舐めまわし、右の指で蜜ツボをかき回す

究極のローアングルから見える風景は、肌色のER山脈

遠くに見えるピンクのB地区を左手でクリクリさせると、またカラダを震えさせた

男って生き物はなんでこんなに忙しいのだ

ただでさえ忙しい年の瀬に、ベッドの上でも激しく動きまわっている

「今年も1年、大変お世話になりました~、これ来年のカレンダーです~」

的なご挨拶周りより忙しいのではないか

少し疲れた僕は、ベッドに横たわる

トロリとした目のY嬢が「じゃあ、今度は……」と言いかけたことろで歌麿様を眺めはじめた

股の間に陣どり、内モモからお玉袋に向かいツツツと舌を這わせる

先っぽからチョロチョロと溢れだしている液体を見つめ、上目遣いで微笑んだ後、歌麿様を口いっぱいに頬張り、大きな音を立ててむさぼりついた

ジュルジュル
ジュルジュル

卑猥な音がホテルの部屋いっぱいに広がり、僕の感度をさらに鋭くさせていく

何度も何度も上下に動き続けるY嬢

形を変えた口元は歌麿様の包みこみ、硬直している亀頭を舌で絡めるように舐めまわす

ヨカト……

このまま時間を止めてほしい
このままここで、一生を過ごしたい

カラダをピクピクさせられた僕はケダモノのような気持ちを抑えきれず、Y嬢の上に移動し白くて柔らかい乳房へ無邪気にむさぼりついた

感度のいいY嬢は、熱い吐息とともに、少しずつ静かに声を漏らす

僕の指はトロトロになった蜜ツボを探し始める

指に絡みつく甘い蜜

再び蜜ツボを愛撫すると、さらに吐息が激しくなってきた

硬直し続ける歌麿様

感度を増し続けるY嬢

高揚した僕らはお互いの欲望をぶつけるかのように絡み合い、悶えながら局部をまさぐり合う

2人の熱い吐息がさらに激しさを増し、カラダの奥の方から沸き上がる、言葉ではいい表せない地鳴りのような快感が全身を覆った時、最大限に硬直した歌麿様から大量のやすらぎが放出されたのでありました

「バンバンビガローーーーー!」

cap053_20081010004548



















大波に揺られた後の小舟のように、ひっそりとベッドで抱き合う僕たち

夢のようなひと時は終わりをつげ、天使のようなY嬢は、僕の脳内にしっかりとした記憶を残し、笑顔のまま部屋を出ていきました



↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








池袋『アラマンダ』きっとニュートンもここで遊ぶはずさ

Excuse me Mr. Postman
天国の住所を教えて

いつまでも飛び続けるセーシくんが万有引力を探しているの




キラキラしたラブプラスちゃまを横目に地下へと続く階段を降りる

「らっさいまうぇ~」

池袋チックな店員さんにオススメの女の子を聞いて、お金を支払う

OPIの谷間といい具合の髪型が素晴らしいT嬢を指名して、そのままトコトコとホテル向かいました

あのDカップを早く拝みたい…

妄想しながら歩いていると、自然に歌麿様が大きくなってしまいました

完全FBKのままホテルに入り、T嬢を待つこと10分

「こんにちわぁ」

幼い顔に大きなOPI

若くて可愛らしいお顔とはアンバランスな助平な体つき

思わず、オッパイを掴んでしまいました

「まだですよぉ」

チューしたい!
体中をいじくりまわしたい!

そんな欲望が全身を駆け巡りました

服を脱ぎ脱ぎし、1人シャワー

ちなみにシャワーのお時間は時間外

このシャワーで100分使おうが200分使おうが、時間外なのだ

まぁそんなにシャワー浴びてたら、全身ふやけてワンタンみたいになってしまうだろう

でも好きっスね
この気配り

お部屋に戻ると、黒いTシャツのT嬢が笑顔で迎えてくれる

うつぶせーナからのオイルマッサ

ヌリヌリスリスリと塗りたくってくれる

僕の後ろでは、きっとオッパイも揺れていることだろう

腰の辺りにまたがってくると、柔らかくて少し汗ばんだ太もーもーが僕の脚に当たる

ガリガリくんの当たりより、こちらの当たりの方がどれだけ価値があるだろうか

T嬢の股関の温もりと、可愛らしい声で「お疲れですねぇ」と優しく囁いてくれるこのシチュエーション

おケツ丸出しの無防備な股間に、小さなお手手をそのまま滑り込ませてくれた

「おふ…」

自然に腰を浮かせてしまった僕はお犬様スタイルに変わり、後ろからくる欲望の根源に身を任せるだけ

ヌチャヌチャヌチャ…
ヌチャヌチャヌチャ…

静かなお部屋にこだまする卑猥な音

暗闇で襲われているようなワンワンスタイルでは、後ろにいるDカッポーオッパイが眺められない

「オッパイ見たい!オッパイ見たい!」

欲情した仔犬のように懇願すると、優しく仰向けコールを囁いてくれました

YES!高津クリトリス!

久しぶりに見たT嬢は相変わらず童顔で、やはり大きいオッパイを搭載している

Tシャツの下から現れたDカッポーOPI

膝枕でローアングルパノラマオパーイを披露してくれるので、お礼としてオッパイチュパチュパローリングサンダーをさせていただきました

「あん…」

可愛らしい顔の可愛らしい声

居酒屋で「一気」が流行っていた頃に生まれたT嬢のオッパイを、生ビールのように吸いまくる

卑猥で助平な大きい赤ちゃんと化した僕の下半身に移り、鳥ナンコツくらいの硬さになった歌麿様をいじくりまわしてくれた

添い寝スタイルになったM嬢のオッパイを揉みまくり、おパンティにも失礼してみる

ナマアタタカイ感触と熱帯雨林のオマタ気候に、僕の指指様はおおはしゃぎ

お互い卑猥な音を奏でると、森の奥からマフラーを首に巻いたクマさんが眠気まなこで歩いてきました

「欲情という名の地下鉄に乗ると僕たちは一体どうなるの?」

「終点のアラマンダまで停まりませんよ」

「春がきたら僕たちは桜の花びらの乗って、梅干しが美味しい曇り空の上まで行きたいんだ」

「万有引力くんとクリームソーダを飲みながら相談してみるよ」

「G = 6.67408(31)×10-11 m3 kg-1 s-2ーーーー!!」

IMG_4093



































池袋の桜の木が、春はまだか?春はまだか?と言っている

とまり木で止まらない僕の欲望に、ひと足先に春がきたようだ

T嬢で再訪決定です



新橋発『秋波~しゅうは~』秋のビックウェーブに乗ってきたドエロい春回し♪

まさしくリーマンの聖地

あの人もその人も、もしかしたらエステ好きかもしれない

SL広場を歩けばエステ好きにあたる?

テレビカメラの前にリポーターっぽい女の子が立っていて、僕もさっそくボッキしてしまいそう

な~んてイケないことを考えつつお店に予約コールを




電話口のおねえさん曰く、今すぐならばA嬢しかいないとのこと

ほうほう

さっそくホムペでチェック

「ほんとにこんなコ?」

思い切って尋ねると、

「もちろんですよ~顔もキレイ~、スタイルもとっても良いですよ~」

というので若干不安もアリつつですがそのコをお願い、サービスがすごく上手ですよ~、との言葉に背中を押されたのでした

まだ新橋に出来たばかりの「アプレ」というレンタルルームにGOGO

すぐそばのレンタルルーム「アップル」ではないから、ちゅうい

ノックする音がしたのでドアをあけるとそこにA嬢が…

おお、ちゃーんと写真どおりのコが来たので安堵

というより、めちゃ美人やないかーい

見てるだけでもイイ、いや見てるだけじゃもったいない


いざ話してみると、日本語はあんまーり達者ではないご様子だったので、会話を楽しむのはさておき即効ワーシャールームへと~

一緒にOKという混浴洗体なのがうれしいかぎり

じろじろ眺める~狭いワーシャールームで全身を洗ってもらう

おティンポ

どうですか~!

おティンポ

すきですか~!

おティンポ!


ワーシャーの後はもうベッドに横たわってマッサスタート

スラッと背が高いせいかマッサージの圧が強めなのがうれしいかぎり

言葉はかんたんなコトならゆっくり繰り返し言ってあげれば通じるし、ちょっとしたコミュニケーションがなんかイイ感じ

ぐいぐいっと強めのマッサで背面を揉んでもらったあとは待望のあおむけーな

するすると下半シーンの方へとおりてゆくA嬢のフェザータッチがさわさわと

うーん、ウマい

めっちゃ、ウマい

サワサワワ~

サワサワワ~

サワサワワ~


しかも永遠か!と思うくらい長い時間をかけてサレたもんだから、あっという間にフル勃起

ミチャークしつつの手コキーナ、ガマンしないとアッという間にいっちゃいそう

ゴムフェラーリからの~スマーターと澱みのない流れるような動き

こちらも負けじとA嬢OPIの感触をおたのしみ♪

もう我慢もいよいよ限界だあ

いよいよ加速する手コキーナ…

おぉ~…

「シューハリアァ~~~ン!!」

ロッキー



















ものすごく丁寧だったにもかかわらず、最後ちょこっと時間が余っていて

すると手のひらをモミモミマッサしてくれたのでした

こういうキモチってなんかシミルよね

とっても性格のよい美人さんで、こういうコにはまた会いたくなる

忘れたころに、きっとまた



渋谷発『渋谷回春性感マッサージ倶楽部』 氷雨の中でほんわかエロマッサを受けてきました

寒すぎる渋谷は、僕のお珍宝を縮みあがらせます

この縮みあがったお珍宝をどこまでおっきくしてくれるのか、楽しみでもありますな


渋谷発「渋谷回春性感マッサージ倶楽部」


指名料無料と書いてあったので、Eカッポー嬢を狙い打ちです

ボカシが入ってますが、まぁ間違いないだろう

セブンイレブンで待ち合わせをして、いざホテル街へ

ほんわかしたH嬢は癒し系
こんな可愛いコが助平なことしてくれるなんて

なんて日だ!

60分14K
入会金1K
指名料無料

服をヌギヌギし、シャワールームへ

優しくシャワーで流してくれるH嬢が、縮こまった歌麿様をリラックスさせてくれますわ

後ろからERい手つきで歌麿様にボデーシャンプーをヌリヌリ

シャワールームで完全FBKス

お部屋へ戻り
「でわぁ~うつぶせでぇ」

まったりと話すH嬢が優しくリードしてくれました

ハタチ表記なので、20代前半だろうと思いますが、なかなかのERフェロモンですな

片足ずつオイリーナをスリスリ

ゆったりとした動きと、一回一回漏れる吐息

スリスリ

うっふぅん…

ヌリヌリ

うっふぅん…

あー
イチイチERい…

カエル足からワンワンへ

後ろからタマ袋をコネクリ回しながら

スリスリ

うっふぅん…

ヌリヌリ

うっふぅん…

Oh…
FBK…

仰向けーナコールで再びERいH嬢を眺める

ゆっくりブラを外すと、大きなEカッポーオッパイが顔を出しました

ヨカト…

温かいローションで歌麿様を包み込むと、優しく上下運動を始める

グチュグチュグチュ

添い寝をしながら、僕の乳首をレロレロするH嬢

今この空間は、エロ100%でいっぱいオッパイ

真っ赤に硬直した歌麿様は、お部屋のBGMに乗って大放出するのでありました

癒し安心イヤシアーーン!

1 (8)









外は冬の雨、まだやまぬ


この胸を濡らすように

傘がないわけじゃないけれど

帰りたくない

嗚呼…

今日は…

なんていい日だ!


渋谷発「渋谷回春性感マッサージ倶楽部」はこちら



リンパマッサージのお店がズラリ♪にほんブログ村

 
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ