メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

掲示板

上尾 『YOU美』夜空に浮かぶ一番星は巨根の星ですたい

大宮で降りようと思ったら、寝過ごしてしまい2つ先の駅に辿り着きました

毎日毎日ERいことを考え、それを文章にして書き込み、その文章を読みながら絵を描き、その絵を見ながら歌を作っていると夜も眠れない

そのため、それらの作品は全部卑猥なので、星一徹のように捨ててしまいます





















そんな日はエステだ

と電車に乗り込んだしだいであります




お電話すると
「今は予約でイパーイなのヨー」
と言われてしまいました

んがーふんがー

こんな遠くまできて足止めとは

「どのくらい待つの? 」
と聞くと

「30分くらいかな、ウフフ」

なんかERい

一気にコカーンに血液が集まり、僕の脳ミソが行け行けゴーゴーコイケヤポテトチーーーップスと指示が出る

なんだかんだ上尾にはチャイマッサが多い

以前行ったお店に行こうかと思ったが、あの声を聞いたら、30分くらいアッという間だろうと思ってしまった

ドアを開けるとターニーマーが美しいR嬢がお出迎えしてくれる

こんな北の方まできて、こんな素敵なターニーマーに巡り会えるなんて

おティンポを触らず、待っててよかった

こんな郊外のお店は、もしかしたらもしかする

郊外のお店は飛ばしまくるからぁ~

あなだがぁ~

好きだがだぁ~

そう思うとまたコカーンに血液が集まり始めた

90分10K

「全部脱いでネー」

すでに天井を向いている歌麿様とともに戦隊ルームへ移動する

笑顔の絶えないR嬢がオーシーリーを向けて案内してくれるので、後ろからムサボリついてしまおうかと思った

シャワーで暖められた戦隊台に向かい
「はい、どうぞ」
と言うその姿がなんか可愛い

ERそうだが、可愛い

ER可愛い、というジャンルを確立したコーダクミ

コーダクミみたいな女の子って、埼玉に多い気がする

気のせいか
森の妖精か

うつぶせーナになると、大量のアワアワで背中から脚、そしてOK2にスリスリヌリヌリ

熟練の技と絶妙なトーキングとヌリヌリスリスリング

少女のような無邪気さを兼ね備えているR嬢の滑らかすぎる手の動きに、またコカーンに血液を集めてしまう

仰向けになると、しっかりと歌麿様を洗ってくれる

ピカピカツヤツヤのカリクビッチは、いますぐにでもおムコに行けそうだ

「では、戻りまショー」

完全FBKのままお部屋に戻り、うつぶせーナ

タオルをかけ、丁寧にほぐしてくれる

この上尾でどのくらい活躍しているかはわからないが、美貌と技術を兼ね備え、いつもニコニコで丁寧な仕事っぷりを見ると、そうとうな人気嬢だろうと推測できる

大宮から電車でちょっとだけ揺られると辿りつけるこの上尾を独占するつもりか

意外にも栄えているこの地には、人が多そうだ

そうなると同志も多そう

助平は全国にいるからぁ~

ジョー阪神からオイリーナを始め、徐々に下へ下がる

OK2のプニプニほっぺをもみほぐしがら、ケツメドラインを、つつつ…

さりげなくコーモンちゃまに触れられると、釣り上げられた魚のようにピクピクと動いてしまう

そこからシワシワのお袋様を引っ張りながら、柔らかいお手手を滑り込ませる

息を合わせるように腰を浮かせ、いわゆるひとつの「裏の世界」へと誘うのだ

「いらっしゃいませー!」

半BKでお待ちしていた歌麿様は、ヌルヌルのオイリーナに包まれると早々に完全FBKへと変貌する

東京ドームのホームベース上の天井カメラから見たら、何をやっているかわからない

この秘密の花園は、ビデオ判定でもきっとわからないだろう

たまらない気持ちのまま、仰向けコール

大量のオイリーナとR嬢の笑顔

前かがみになり、大量のオイルをお腹辺りに乗せると、自然にOPIのターニーマーが目の前に迫ってくる

B地区まで見えそうな至近距離は計算か天然か

色白のお顔は笑顔なので、思わずオイタしたくなる

上尾でアゲアゲにされるなんて

こんなにアゲアゲにされるなんて~

「こういうの好きでショー」

もちろん

「好きだがだぁ~~~~~~~~~!!」



アゲアゲ気分になった僕は、そのまま美容院に入りました

「今日はどんな感じにしましょうか?  」

「角刈りにしてください」

神田 『健康ライブ』ジェーン・スー様とマッサージ談義をしたいから、連絡お待ちしています

老舗にはたまに行きます

初心忘れるべからず

室町時代、能を大成させた世阿弥の言葉らしいです

とは言っても、いまだ能も狂言の区別もわからない

ネットで調べるとすぐに出てきましたので、読んでおきました

この歳になって、また一つお利口さんになりましたわ


神田「健康ライブ」


あーやーやーいーやーやーあーやーやーいーやーやー

能のような声を出してお店の中に入ると普通に
「いらさませぇ」
と言われました

広いスペースに保健室みたいなカーテンとベッドがいくつも並んでいる

お出迎えは老舗店らしく、熟姐だ

長いこと勤務しているのだろう

昔は綺麗だったんだろうな、という顔の配置とシワが増えた大きなお目目

「はじめて?  」

アジアン定番の質問ですが、「昔はよくきた」と伝えておきました

このカーテン仕切りは懐かしい

池袋「こまち」や東新宿「クローバー」などの名店を思い出します

たった1枚の布の中で行われる秘め事

コマネチを執拗にせめられ果ててしまうもの

カーテンにスペルマビームを飛ばした強者もいたとかいないとか

誤爆という言葉を生み出した名店たちに、感謝の気持ちをこめてマッサを堪能する

仰向けになると、ゴニョゴニョ

「前はゴニョゴニョ?  いま厳しくなってねゴニョゴニョ」

お店が悪いのではない

時代が悪いのだ

完全に時代のせいにしよう

僕たちの楽しみを奪わないでほしい

このお店も以前はB地区マッサも、なんとかマッサも表記していた

それで良かったのに

なんだかなー

布切れ1枚の中で悔やむ

経験豊富なマッサで軽くなった僕は、いまにも走り出しそうだ

西口商店街をパンツ一丁で駆け抜けたら、時代が変わるかな

そんなことを考えながら、神田の闇に消えていきました


f4e8438f65a86c852f7a88dca70f74d6

久米川 『雪の華』バクチクの悪の華を聴きながら白いマンソンを目指し、SEIYUの前でヒデキ感激と叫びました

西武球場に使う電車はこの時間ガラガラ

小さい頃に1度行ったきりの西武球場は、いまやドーム球場になったらしいっすね

でも壁が全部塞がれているわけではない

風通しが良さそう

夏は暑く、冬は寒い

野球の醍醐味を残しつつ、屋根をつけたようです

そんなこだわりより、観客はゆっくりと観戦したいだろうに

いっそのこと、デカいコンドームでもかぶせればいいのに




真夏のような陽気なので「雪の華」という店名は季節ハズレですので「ロコモーション」を歌いながらマンソンへ凸乳しました

とても見覚えのあるマンソン

中島美嘉というよりはラッツ&スターかサザンかチューブか湘南乃風かオレンジレンジか関ジャニ

電話したのはoleoleoleのノリで、見覚えのあるドアからお出迎えされ、見覚えのあるお部屋に通されました

「初めて?  」
「何回もあるですだアルテスター」

60分12K

まずは広めのお部屋でお部屋戦隊

こんな暑い日は戦隊に限る

服を脱ぐだけでも快適なのに、さらにアワアワで綺麗にしてくれるだ

丁寧にアワアワを乗せ、ERい手つきで伸ばしてくれる

OK2のワーレメーを細い指で、つつつ~とさせケツメドを刺激し、ピクピクと反応をする僕を見て微笑んでくれた

シャワー前のワーレメーでピークピク

アワアワを拭き取り、早々に仰向けになるとまた丁寧に伸ばしてくれる

B地区をテロテロテロテロ

「コリコリしてるヨー」

笑顔のセラピさんがイタズラに笑う

デロンと丸出しの歌磨様は、外の陽気に溶けたように傾いている

アワはまだか
アワアワはまだか

快適な室温で快適なマッパGOGO
待ちわびるアワアワが歌磨様を包みこむと、そのまま天井に向かって伸びていった

「気持ちええよー気持ちええよー」

「じゃあ、シャワーどうぞー」

サバサバした性格なのか、テキパキしているのか、時間が短いからなのか、展開が早い

そのままバスルームでアワアワを洗い流し、ちゃっちゃと浴び、そそくさと戻る

お楽しみの時間が始まるから早く戻るのだ

なんてったって新店舗なのに「何回もあるですだアルテスター」だから

センベエ布団にうつぶせーナになり、後ろから聞こえてくる音に耳をすます

ぱちん
ぱちん
しゅー
スルスル

そうそう

このお店最大の楽しみ

相変わらず、いい音ですやん

横にちょこんと座ると、適度な肉感と温もりが伝わってくる

サラサラのパウダーを背中にかけ、フェザータッチならぬ、ロマネコンティタッチ

サラサラ
スリスリ
サラサラ
スリスリ

幸せのサラサラ
感激のスリスリ

気持ちええ

腰から背中
背中から腰

至福のお時間

そのままOK2から裏フトモーモー

適度な肉感と温もりが脚からも伝わってくる

全身が敏感になり、毛穴が広がり、ケツメドも広がる

なんと伝えればいいのか

しかし、エベレストの頂上はあんなだこんなだと説明したところで、理解は不可能だろう

百聞は一見にしかず
て言葉を考えた人、誰?

いまでも使われてますよーと伝えたい

百聞は一見にしかず
百見は一考にしかず
百考は一行にしかず
百行は一果にしかず

見て、考えて、行動して、成果を出す

仰向けコールを受けた僕は、それを実行することにした

仰向けになると広がる大地に2つの山脈

熱帯雨林の茂みが、僕に妄想と助平を加えてくれる

オラのおティンポもくわえてほしいが

店名が変わっても、ひそかにこのお店の常連となっている僕は、今日も素敵な時間を過ごす

ナイスなスタイルに柔らかい肉感と助平なひと時

外壁工事をしているので、たまに職人さんがベランダに入るそう

なんならコーキングをしながら一部始終を見てもらいたい

マスキングを撤去しながらでも見てもらいたい

かくはん機が15分で止まってしまうのも忘れるくらい見ていてほしい

閉め切ったカーテンのこちら側とそちら側で、別々の世界を繰り広げている

なんてERいのでしょう

暑い日差しをうけた後は、爽やかなアワアワ戦隊なんていかがでしょう?

ここは楽園

歌麿の隠れ家

久米久米久米宏もビックリのぴったしカンカン

「久米川って久米宏が作ったの? 」
「知らないヨー」
「あ、堤康次郎か?  」
「何それー」
「デストラーーデーーーーーーーーー!  」

mig






















外に出るとカンカン照りの太陽が迎えてくれました

もう常夏でいいんじゃないの

夏といえばCoCo壱だろうと思い、3辛を頼み、また汗だくになっときました

もういくつ寝ると楽しみな夏本番っすね














中野 『ハニー』上海ハニーを歌いながら降り立ったこの地に、ガツガツしたどエライ助平セラピストはいるのかい?

以前も書きましたが、チャイエスの警戒レベルが上がり過ぎて、勘違いしているチャイ娘が増えている

勘違いというのは、なんというか……

健全ということを、はき違えている

ママさんから「はじめてのお客さんはね……」と教えてこまれていると思いますが、健全だからといって、マッサまで手を抜かなくても良い

最近どこのチャイエスもそうですが、必ず「はじめてのデスカー?  」と聞いてくる

看板店の今回も聞かれたので「何回も来てるよ」とは言いましたが、マンソンタイプだとそうもいかない

場所わからないし
「忘れちゃった」と言っても厳しい

今回ついたお嬢は若いですが、あからさまなド新人

「何回も来てるよ」とは言っても、受付をしたママさんに、こんなヤツ見たことないと思われたのか

警戒レベル10のまま、カーテン入口のお部屋へ案内されました




「は〇〇ちゃんでーす」

ベテランママさんに紹介されたお嬢は、なかなかの巨NEWにセミロング

顔はまあまあ可愛い小姐だ

「こにちはー」

ぎこちないアイサツと、ターニーマーが全く見えないハイネックタイプの服を着ている

背中はザックリ開いていますが、ターニーマーは見たいですやん

「忙しい? 」
「わたし、日本語少しだけ……」

ガチガチの箱入り新人ちゃんやん

服をヌギヌギすると「これ履いてくださーい」とT紙Pを渡される

ほー
紙P装着でのお部屋戦隊すか?

さみしーのー

とりあえず、うつぶせになり、温かい泡を背中に乗せられスリスリしてくる

そのスリスリ加減が、小さな円をヒョイヒョイ描くような、ふざけた平泳ぎでもしているようでなんかヤダ

ちゃんと教えたんか

受付でナース服を着てたママさんらしき人~

ちゃんと教えたんか

ふざけた平泳ぎでそのまま下に移動し、OK2もそのまま平泳ぎ

ワーレーメーはノー平泳ぎで、そのままフトモーモーにいってしまう

おいおい
ワーレーメーはスリスリしよーよ
ケツメドもピコンピコンしよーよ

もしかして、ウ◯コでも挟まってたか?
もしかして、ウ◯コを拭いたトイレットペーパーでも挟まってたか?

逆に心配になる

フトモーモーからふくらはぎへ

熱々のアワアワも、乗せたまま放っておくと冷えてくる

最近暑いとはいっても、さすがに寒くなるわ

小さなタオルを押し当てて拭き取りますが、そのタオルも蒸しタオルではないので、中途半端な拭き取りだ

なんだかなー
もう、チェンジしたい

小心者なのでチェンジなどしたことはないですが、チェンジしたい

「では、シャワー行きましょ」

古めかしい狭いシャワールームで、なかなかお湯にならないシャワーヘッドを持ったまま、新人ちゃんは固まっている

僕はザックリ開いた背中を見つめながら、同じく固まっている

仕方ないのでT紙Pをヌギヌギし、ゴミ箱もないので新人ちゃんにそのまま渡した

え?
という顔をしていましたが、まぁいいだろう

シャワーをちゃっちゃと浴び、お部屋に戻り再びT紙Pを装着し、うつぶせーナ

ん?
どうやら同志が隣の部屋に入ったようだ

僕は70分コースだが、隣の同志は90分コースだ

なんか楽しげな会話してる

お嬢も何人かいたんだな

それにしてもこちらのマッサは相変わらず

タオルの上からですが、体重をかければいいってもんじゃないだろ、てとこに圧をかけている

なんだかなー

そういえば、中野駅前のマックから出る時、チャリンコに乗ったおじいさんとぶつかりそうになった

「なんなんだね、君は! 」
みたいな顔で僕をじーっと見ていたので
「すみません」
と言ったら、そのままスーっと行ってしまいました

いや、その前にここ歩道なんだけど
と腑に落ちないまま、お店に入ったのでイヤな予感はしていたのだ

今日はついてない日なのだな

オイリーナも少量でまた平泳ぎスリスリ

背中、腰、フトモーモー、ふくらはぎと平泳ぎし、OK2はサワサワフェザータッチ

ワーレーメーには切り込んでこない

仰向けコールをしてきたので、少し期待をしましたが、内モーモーをフェザータッチするのみ

このまま終わるはずがないだろ

ここはアジアンエステだぜ

氷室が昔言ってた
「ここは東京だぜ」
を思い出す

部屋に無造作に置いてあるトイレットペーパーを見た時、よしよしと思いましたが

まさか

いや、ここからだろ

まさか

いやいやいや

まさか

いやいやいや

「では、シャワー行きましょー」

え?

しかも

10分の時短……

いやいやいや

ないわ

ないわ~

シャワーを浴び、お部屋に戻ると

「ごめんなさい、時間まだ余ってた、またマッサージする、ごめんなさい」

シャワーを浴びている間に、ママさんに注意されたのか

「いや、いいよ」
と言いつつ、クールに服を着る

1366x768_cool-cat














ため息を1つついて、中野駅に向かう

ママさんに何を言われても暴走してしまう、そんなガツガツしたチャイ娘はもういないのか

今日もまた遠い目をする歌麿でありました


中野 アジアンエステ「ハニー」はこちら








某駅『愛』一度は訪問したい未開拓地! 掲示板に書き込まれる欲望の数々は魅力的

某掲示板を読んでみると、素敵なレスがいっぱいOPI

しかし遠い

いや、遠くても行ってしまうのがエステブロガーなのだ


某駅「愛」


まずは掲示板でもたくさん書き込まれているLeoへお電話

がしかし、電源が入っていないようで繋がらない

看板店なので凸入するが、ドアも開かない

ならば次のお店

お電話すると若めの女の子が出てくれた

2軒目はビューティー

「これから大丈夫?  」
「1時間待ちだけど大丈夫?  」

ふむふむ

ということで、3軒目にお電話

3軒目は「愛」

掲示板を読む限り、
どこに入っても良さげ
でも高い
たけのこはぎあり
この金額なら千葉の栄町に行く
栄町まで行くなら近場がいい

などなど

書き込まれているお店はどこも忙しいのか?

すると「ダイジョブよー」とのこと

マンソンタイプなので、電話で案内され凸撃

お出迎えは、ポロリしそうなヨレヨレのベビードールを着た巨NEWのE嬢

ヨカト

郊外のチャイエスは、やはりこうでないと

広いお部屋に案内され、服をヌギヌギ

赤い電球のバスルームは欲望を掻き立てます

もちろんマッパでもうつぶせーナ

ほぐし、オイリーナから蒸しタオルでフキフキ

お待ちかねの仰向けーナで巨NEWを再び拝み、そのままオイターマン

オイタに何の抵抗もない

さすが

そして

スルスル

スルスル

……

……

……

……


……

……

……

はふ

……

……

……

……

……

「カツタダーーーーーイ!! 」

images











駅前はパチンコ屋さんが君臨していて、若者の姿もない

そういえば、先ほどのチャイ娘が
「60才、65才のおじいさんたちもよく来るヨー」
と言っていた

ここの地はまだまだ元気な殿方が多そうですな
















最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ