メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

新宿

新宿 『エロティックマッサージ新宿』クロネコヤマトは値上げしたが、ここのお店はいつでもどこでもリーズナブルアズナブル

朝勃ちをした

ものすごく強烈な性欲が、朝から襲いかかってくる

たまらない硬度に達していたおティンポの先端から、トロトロと怪しげな液体が溢れ出し、その後に控える大量の白いミサイルが
「まだか!まだか!」
と待ち構えておったのじゃ

体の一部ではないような下腹部に感じる硬いモノに促されるように、僕はケータイ電話に手を伸ばした




とりあえず電話口で「週エス見たんだけど……」と言うと、
「あー、はいはい」
とのこと

すでにFBKの僕は、前かがみのまま店員に教えてもらったレンタルルームに飛び込み、ものスゴく助平な気持ちを抑え、ベッドに座り、待つこと数分…

「こんにちわぁ」

老朽化したダムが決壊するように、僕の欲望が体内で爆発し、再び硬度を増したおティンポ

カラダ中の穴という穴から、恥ずかしい液体が溢れだしそうになってしまうくらいくらいくらいくらい明るい~的な興奮

「シャワー浴びましょ」
と言った巨乳のS嬢

カラダ中から溢れだすエロス

洋服を着ていてもわかる挑発的な体のラインが、一枚一枚あらわになるにつれて、僕の中の「白いミサイル」たちがマグマのようにフツフツと沸き上がってくる

恋人のようにベッドに横たわる僕たち

抱きしめると吸いつくような白い肌と柔らかい胸

そっとハグをした後、首筋からすでに固くなっている乳首へジョジョに下がり、静かに僕の体を舐めまわし続けた

S嬢の柔らかい乳房が僕のおティンポをかすめる……

先っぽからチョロチョロと溢れだしている液体を乳房につけ、上目遣いで微笑んだ後、スキンキャップに覆われたおティンポを口いっぱいに頬張り、大きな音を立ててむさぼりついた

ジュルジュル
ジュルジュル

卑猥な音がお部屋いっぱいに広がり、感度をさらに鋭くさせていく

ケモノの気持ちを抑えきれず、思わず上になった僕は白く柔らかい乳房へ子供のように無邪気にむさぼりついた

感度のいいS嬢は、熱い吐息とともに、少しずつ静かに声を漏らす

僕の指は、S嬢のトロトロになった蜜ツボを探し始める

「そこはダメですよぉ」

優しく諭されるが、いまだ硬直し続けるおティンポ

感度を増し続けるS嬢

高揚した僕らは、お互いの欲望をぶつけるかのように絡み合い、悶えながら局部をまさぐり合う

二人の熱い吐息がさらに激しさを増し、カラダの奥の方から沸き上がる、言葉ではいい表せない地鳴りのような快感が全身を覆った時、僕の硬直したおティンポから大量の「マグマ」が放出された

「アルテイシア・ソム・ダーーーーーー逝クンーーーーーーーーーーーーーー! 」

………

4










大波に揺られた後の小舟のように、ひっそりとベッドで抱き合う僕たち

夢のようなひと時は終わりをつげ、天使のようなS嬢は僕の脳内にしっかりとした記憶を残し、笑顔のまま部屋を出ていった

新宿 『ルビー』寺尾聰のサングラスはOK2をモチーフにデザインされてるよーだココノカトーカ

曇りガラスの向こうには、池袋・上野方面行きの電車が走っている

こんな肌寒い日は電車の隅っこでヌクヌクしていたいものだが、なんとなくアワアワに包まれたくなった

新宿の職安で「時給5万円の仕事ください」と言ったら白い目で見られたので、そのままテクテク歩き看板がフィーバーしているマンソンへ入ることにした




「はい!いらっしゃいませえー!」

若くて元気な店員さんに出迎えられ、イスに腰掛けた

職安通りのチャイエスなんて何年ぶりなんでしょ

遠い記憶の中にある

数年前の新宿チャイエスは、なぜか健全化がされていて、ナマゴロシのお店が多かった

浄化された直後だったかな

なので僕たちエスターは、神田に流れたのだ

懐かしい

しかし今は撫子エステが異常に増え、チャイエスも生き残るのが大変になったそうだ

100分9,999円

なんて価格なんだ

てもみんの10分1Kよりも安い

激戦区に勃発する価格競争

どこかが下げると、こっちはさらに下げる

やべーから
そんなことやってると

いずれ、てもみんも60分2,980円もなくなるのではないか

殿方が求めているのは、AVみたいな世界なのですよ

普通のマッサージ屋さんだな~とか思わせといて、徐々に徐々に……ていう

そうそう、それっス


今日の担当嬢も、それがなかなか上手い

全体的にポテっとしてるが、大きなOPIはとても魅力的で僕には充分刺激的で感動的

戦隊ルームに案内され、うつぶせからアワアワすると、さっそくOK2の裏からお手手を差し込み、お玉様のシワをヒッパリーノしてくれる

暖かいアワに包まれながら、腰を浮かし、半BK状態になってしまった

ジョー阪神に移り、後ろから僕のB地区を両手でコリコリしてくれる

このM嬢……
なかなかの助平とみた……

「おふっおふっ」

大人しめのゴリラのようなため息の後、お待ちかねの仰向けコールへ

溜まりまくった歌麿様は真っ赤に硬直し、戦隊ルームの天井を見上げている

今日は化阪神に力がみなぎっている

もしかして、天井まで飛ばせるのではないか

そんなことを妄想していると、大量のアワアワを胸からお腹、そして歌麿様へと乗せてくる

「寒くない?  」

優しくて巨NEWのM嬢が優しく声をかけてくれた

「カラダ中の血液が流れまくってるから寒くないだ」と勇ましく答えた

たぎる男性ホルモン

漢をアピールする僕は、ただ単にその大きなOPIを見たいだけ

前かがみにアワアワスリスリしてくれるので、黒いTシャツからこぼれ落ちそうにプルプルしている

いい……

「OPI触りたい」
「ダメヨー」

ならば、とTシャツの中をのぞき込む

ほほぉ……

プッチンプリンのようにプルプルしている

プルプル……
プルプル……

おぉ……

ナイスですね……

こんなこと外ではできない

電車の中にもターニーマーをアピールしている女性はいますが、さすがにできない

非日常空間とはよく言ったものだ

これで痴漢が一件減った

この社会には必要な業種というのを再認識した

「洗い流すネー」

水しぶきが飛ばないように手で押さえながらお湯をかけてくれる

こんな季節でも寒さを感じないのは、血液の循環がいいのと、常にお湯をまいてあたためているからだろう

この気配りは、店員のお兄さんの教育か?

ならば、彼は間違いなくエステ好きですな

お部屋に戻り、うつぶせからマッサを開始する

低反発のマットにフルティンで寝そべると、とても気分がいい

仰向けコールで、棚にあるティッシュ箱をチラ見し、新宿の夜空を想像する

激戦区となった新宿は、この先どこまでいくのだろう

高くなったメンエスの料金は、どこまでハネ上がるのか

陰毛をカットしてカツラとして売り飛ばして生計を立てている僕にとって、100分9,999円という料金は助かる

この料金で、これが最高にヨカばいね

「明太コォーーーーーーー!  」

c0208836_2033237



















少し懐かしい気持ちになった僕は、陳エステ近くの富士そばで温かいたぬきそばを食す

たぬきの「ぬき」て、やはりヌキのヌキですかね

そんなことを考えながら、新宿の闇に消えていきました


新宿「ルビー」はこちら





新宿 メンズエステをお探しならこちら












新宿 『神楽』浦島太郎さん、竜宮城ってハンパないっすね

雑居ビルにありながら、高級感漂い、異空間な雰囲気と様々な色の光を放つ和洋折衷な店内

近未来的なワーシャールーム…

感動したっ!
(小泉純一郎風)




施術してくれたのはSさん
MAXにいそうなバブリーな雰囲気漂う綺麗なお姉さん

「アムロ・ナミエはニュータイプでなんでしょ?」
「そーだよ」

週エス見せて青のコース130分18K

「この色って何が違うの?」
「青はラーメン大好き小泉さんよ」

(´Д`)??

シャワーを浴び、大好きなヨコスカ紙Pを装着しお部屋へ戻る

お玉様をほぐし、いつでもポロリスタンバイはOKホーケーだ

脚付ベットにうつぶせーナになると、脚からのオイリーナが始まる

カエル脚になると、さっそくファーストポロリ

イチロー並のルーティーンでストレッチした甲斐があった

お構いなくコマネチをスリスリしてくれるS嬢

暖かいオイリーナが指からコマネチに移動し、一体化していく

このままS嬢の一部になりたい

一緒にご飯を食べ、一緒にお風呂へ入り、一緒に寝る

そして見る夢はもちろん、歌え踊れの酒池肉林だ

「飲み過ぎちゃったよー」
「いい夢見ていたんですね」

仰向けになっても丁寧なオイルマッサを入念にしてもらい、体が蘇生していく

本格的なメンズエステですな

胸元がセクシーなタンクトップ…
スポーティーな施術着はツボでごじゃりまする

話もバリエーション豊かで、興味があることをうまく引き出してくれる

ナンバー1キャバ嬢みたいな上手さを自然体でやってくれるのは、なんとも心地ヨカ

このビルからは想像もできない内装と、MAX子ちゃんの癒し

竜宮城に行った浦島太郎と飲みに行ったら、このお店のことで盛り上がれそう

そして、ヨコスカ紙P本領発揮のコマネチスリスリ

完全FBKになった歌麿様が顔を出したがっている

「玉手箱はいる?  」
「何それー」
「歌麿箱から白い煙が湧き上がるよ」
「お疲れ様でしたぁ」

hqdefault














優しい笑顔で見送られ、お店の扉を静かに閉めると、薄暗い通路が目に入ってきました

先ほどまで目にうつっていた光景が全部ウソだったのではないか?
と疑ってしまう感覚

きっとここは竜宮城なのだろう


新宿「神楽」はこちら




↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








新宿『カルム』マッスルスティックシュシュポポシュシュポポ的総天然色

食欲の秋ですな

僕のマツタケをパクパク食べてくれる綺麗な女の子はいないだろうか、と新宿をフルティンでブラブラしていましたら、いつの間にかここにたどり着いておりました




階段を上がり、中へ案内されます

半BKで指名した爆NEW嬢を今か今かと待つこと数分

「こんばんわぁ」

いまにも飛び出しそうなOPIミサイルを搭載したS嬢が爆NEWをプルプルさせながら登場ス

色白のダイナマイトボデーと、キリッとした目と眉毛は元ももクロのブルーのあかりんに似ている

右手にビックマック、左手にLサイズのコカコーラが似合いそうなS嬢に思わず
「アロハ」
と言ってしまいました

「あたしハーフじゃないよぉ」

「ジャンボ」

「あたしハーフじゃないよぉ」

「チ◯ポ」

「シャワー行きましょ」

巨NEWの時は相変わらず早いシャワーをちゃっちゃと浴び、ヨコスカ紙Pを装着

やはり、1分でも1秒でもムダにしたくない

早く視覚の欲求を満たしたい

早く

早く

急いでカーテンを開け、再度S嬢のダイナマイトボデーを舐め回すように眺める

「ファンタスティック」

「早いですねぇ」

「ファンタスティックファンタグレープマッスルスティック」

「何それー」

「1分でも1秒でもムダにしたくないからぁぁ」
とチャンドンゴン風に言っておきました

うつぶせになるとタオルをかけ、優しくほぐしてくれる

しばし爆NEWを見ることができないので、背中に全神経を集中させて、柔らかい手の温もりや時折当たるフトモーモーの感触を楽しんだ

「気持ちええよー気持ちええよー」
「うふふ」

オイリーナに入ると右脚からスリスリヌリヌリ

ふくらはぎからフトモーモー

伸びてくる指先はお袋様をカスリーノ

そしてまた引いて、また伸びてきてカスリーノ

ヨカト

男子の心を鷲掴み

次にくる攻撃を待ち望んでしまう僕は、自然と腰をカクカク

すると引いていた指先がまた伸びてきて、お袋様の中の円球セーエキ生産工場新宿営業所製造一部生産四課をコロコロコミック

ドラえもんやおぼっちゃまくんやツルピカハゲ丸くんもコロコロコミック

コロコロコロコロ

コロコロコミック

左脚に移ると、プラモ狂四郎やファミ拳リュウをコミックボンボン

ボンボンボンボン

コミックボンボン

そして、ラビリンスの時のデヴィッドボウイが2つの水晶を回すようにラビリンスラビリンス

コロコロコロコロ

コミックボンボン

ボンボンボンボン

コミックボンボン

完全無欠のOK2を眺められながら、水晶を回される

腰を浮かせ、完全FBKの歌麿様を解放させたその姿は、一つのアートとして日展か二科展に出品したいほどだ

「いかがですかぁ?」

と聞かれましたが、「気持ちいいよぉ」という決まりきった返答をするのも粋ではないなと思い

「完璧なFBKなどといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」

と、つぶやいておきました

化阪神からジョー阪神に移る一瞬、その爆NEWをOK2にカスらせる

うまい

このテクで新宿の猛者どもを翻弄してきたのだらう

ジョー阪神に入ると丁寧にケンコー骨周りからオイリーナしてくれる

基本的な技術も持っているので気持ちがいい

「Sちゃん、人気あるでしょ?」と聞くと
「ウフフ」と微笑んでくれる

間違いなく人気あるな

そして、その要因を調べたくなってきました

蒸しタオルで拭き取り、お待ちかねの仰向けーナ

この瞬間がいつも好き

久しぶりに見る爆NEWは相変わらず爆NEWで

重力がなければ、S嬢の肩もコらないだろうな、と考えてしまいます

ひとまずお腹まわりのヌリヌリスリスリ

ヴィックスヴェポラップのCMを思い出してしまい、「気持ちいいよ、ママ」と言いそうになってしまいます

化阪神に移ると、より妖艶さを増すS嬢

ヴィックスヴェポラップを塗ってもらい元気になった僕は、草原は駆け回る少年のようにはしゃぎました

「ママ、ここに咲いてるのは花はなんて花なの?」

「それはね、タンポポよ」

「チンポポ?」

「タンポポよ」

「タンポン?」

「お疲れ様でしたぁ」

「ダンデライオーーーーーーーン!」

P1370294














お店を出ると、ふと空を眺めてしまいました

夜空に浮かぶ無数の星の光は、何年前に輝いたのでしょう

きっと歌麿様の先っぽで輝く卑猥な光も、数年後には違う星で輝いて見えるのでしょう


新宿「カルム」はこちら




↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ

新宿 『ボードぺぺ』斉藤さん、ペペペっ!このお店はなんなのでしょう

名前がいい

ワケがわからないので、とてもいい

すぐに思いつくのは、保積ぺぺしかない

保積ぺぺが出てきたら帰ればイイか


新宿「ボードぺぺ」


動きのノロいERペーターで待っていると、工事の人系も乗り込んできた

しかも、同じ8階まで行くではないか

気まづい

降りた瞬間、右側にあったよくわからないエステ店に入ってその場を切り抜けた

「いらさませ、予約のお客様?」
「違いますよ」

少しだけ話し、またお店の外に出てみると、もう工事の人たちはいなくなっていた

チャンス

素早く隣のお店に移動し、ピンポンを押す

「いらさませぇ」

おさげが似合う熟姐が助平な目をしながら、お出迎え

どうやら保積ぺぺのお店ではないようだ

90分8K

シャワーを浴び、足つきベッドにうつぶせーナ

穴開きベッドなので顔を突っ込むと、そこには素敵な未来が見えていました

「んふふ」

お?

「んふふ」

お?お?

「んふふ」

お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?

「んふふ」

お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?


「あいやーーーーーー!!」

1











こんな場所でこんなこんな…

この激戦区新宿で、スターなお店に巡り会えたのは、ER神様の贈り物なのでしょう





↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ

最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ