メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

蒲田

蒲田 『テラピー』元ホームグランドのこの街の景色は、いつまでも変わらずにいてほしい

お電話すると
「あーい、あーい、空いてるヨー、ダイジョブヨー」
と熟姐が対応してくれた

「OPI大きいコいる?  」
「あーい、あーい、いるヨー、いるヨー」

半信半疑のまま、お正月準備が忙しい蒲田の街をテクテクと歩きました




見慣れたビルのERベーターを上がり、受付の熟姐に70分12Kを支払う

「あーい、あーい、寒いネー」

店名は変わってもこのお店は元気のようだ

「Yちゃーんでーす、あーい、どーぞー」

この口調を聞いてると、どうしてもとんねるずを思い出してしまう
 
1















短めのカーテンをくぐると、お目目のクリクリしたOPIの大きいY嬢が、ニコニコしながら待っていた

ヨカですな

当たりッスね

さすがッスね

「じゃあ、服脱いでキチョーヒンもここに入れてねー」

ヌギヌギしながら、赤いキチョーヒン袋にサイフを入れた

以前はメンドくさがって「いーよいーよ」と断っていたが、ママさんから言われているらしい

まだ混んでいないアカスリルームに移動し、うつぶせーナ

先客がいたのでアカスリルームはまだ暖かい

同志もここで、ひとBKさせたのだろう

「サッパリするでショー」

可愛い声で話しかけながら、アワアワのボデーウォッシュ

OK2のワーレメーも丁寧にゆっくりアワアワしてくれる

ナイステキニッキ

まだ入店して1ヶ月らしいが、アワアワセンスがいいのだろう

仰向けになっても丁寧なアワアワウォッシュは続き、ゆっくりと歌麿様を包んでくれる

先客の同志と同じく、僕もひとBKさせてお部屋に戻ることにした

よくある穴開きベットにうつぶせになり、Y嬢を待った

70分コースだったのでいきなり蒸しタオルで包みこみ、その上にカバーをかけてくれる

寒い時期の蒸しタオルはほっとするッスね

カラダの芯まで温めてくれそうだ

「乗るヨー」

また可愛い声で話しかけてくれる

なんかいい

「Yちゃん、人気あるでしょう?  」

「普通ダヨー」

うーん、謙虚

やはりヨカですな

ゆっくり乗るとちょうどいい重さの足踏みが開始

親指をグッと入れ込み、背中をボキボキさせる

わかってるね

これが気持ちいいのだ

ホイル焼きのような状態で背中から腰へおりていき、太ももの裏からふくらはぎも丁寧に圧をかけてくれる

足踏みをやるために調整したような、ちょうどいい重さ

太り過ぎたら減量でもしてるのか?

それとも、ある一定ラインの体重を越えると自由契約なのか?

プレイヤーたちも過酷だ

さて

ほんのり汗ばんだところでシートを剥がされ、軽く指圧し仰向けコール

「ちょとまてネー」的なツイートをしてお部屋を出ていった

今日の蒲田は冷たい風が吹いている

ボクシング漫画の「はじめの一歩」で描かれていたが、カラダがヒートアップした時はイチモーツを冷やすのが一番のようだ

さっきまで冷やしまくっていた僕の歌麿様は、氷山のようにカチコチに凍っている

嬬恋村のキャベツのように、寒さに耐えながら甘みを蓄えている

この甘みは、欲ボーという名のエレクトリックサンダー

デンプシーロールをはじめた歌麿様は、練乳のやうな甘みをどんどん蓄える

水道橋駅でARASHIファンにもみくちゃにされた時のような、激しいデンプシーロール

いったい、そのロールの芯は何でできているのか?

夕陽をバックに彼は言った

「オレたちの国境は、地平線さ」

「ロールキャベーーーーーーーーツ!」

20100708
















駅に近づくと相変わらず、あのアナウンスが聞こえてくる

「スマタ~、スマタ~」

スマスマも、スマタスマタという番組名にしておけば、あと30年は続いたかもしれませんな

蒲田 川崎 武蔵小杉 マッサージで日本人エステティシャンのお店一覧♪





蒲田発『リピストーク』楽をしても苦労苦労、苦労しても苦労苦労、お前が打たなきゃ明日は雨ぇ~クロマティィィィ~

次わぁ~
素股ぁ~素股ぁ~

欲求不マンの時には、どうやってもそう聞こえてしまうらしい

素股行進曲が流れるホームをカニ走りしながら人を避け、蒲田駅東口に降り立つ




何回利用したか分からないレンタルルームm2に入る

ベッドの上でゴロゴロしながら、リピストークとは何ぞやと調べてみたら、ロシア語で「花びら」という意味らしい

何故にロシア語をチョイスしたかは不明だが

ひYでねーの

コンコン

嬢のノックだ

「オニーサン、こんにちは~」

お、Kawaiiでねーの

12




















60分11Kを払い、マッハで真っ裸に

マッハ文珠もクリビツの速さだ

マジマジとE嬢の脱衣を眺める

この嬢、なかなかのエロボディやないの~

電話受付のオネーサンに「若くて可愛くて、なるべくOPI大きいエロい子じゃなきゃオラ嫌だど~」とお願いした甲斐があったようだ

ほふく前進でシャワールームへ

ぷるるんとしたOPIに目が釘付けになる

言葉はいらない、触らせてもらおうか

嬢に身体を洗ってもらいながら、OPIをひたすら弄り回す

なかなかボリューミーでタマランチ会長だ

「背中向けてください~」

OPI好きが嬢にアピールできたのか、ピトっと背中に密着してきて、OPIで8の字を描くように洗ってくれる

するすると嬢の手が前に伸びてきてB地区をシゲキックス

気持ちええ

この時点で既に歌麿様はFBKだ

FBKになった歌麿様も丹念に洗ってもらう

洗体だけで発射しそうになったので、ほどほどにしてもらいベッドにうつ伏せーナ

背中、肩、腰、脚と丁寧にグイグイとマッサしてもらう

このマッサの時間で、ある程度嬢のやる気が分かる

こちらがうつ伏せで気付いていないと思って、
たまに携帯を弄りながら、文字通り片手間にマッサをする嬢に当たることもある

「こっちは何気にチェックしてるんだからね!」

「オニーサン、こってますね~」

決まり文句だが、E嬢に手抜きは無い

途中に軽めのストレッチみたいなのが入る

時間も程よいところで仰向けーナ

E嬢が添い寝で歌麿様をサワサワホマレしながらB地区をメーナー

「オニーサン、キモチイイですか?」

「いーよ、いーよ、松本いーよ」

いちゃいちゃキャッキャウフフな時間を過ごしていたら、E嬢が自ら体勢を変え、ゴムフェラ69の形になる

なんとも幸せな光景にテンションが上がり、ついついお手手がイタズラしてしまう

E嬢のあんなとこやそんなとこをイジイジクリクリ弄り回す

E嬢がエロエロな吐息を漏らし、歌麿様からはガーマンジールーが漏れる

身も心もトロトロヘロヘロになりそうな矢先、E嬢が歌麿様をピストン堀口運動させていく

もう12Rだ

嬢の攻めが激しくなってくる

どこにそれだけの余力が残って…

ああ!

あ…


ハラショー!!!!!

sim
















部屋を出る間際、E嬢がハグしてくる

「オニーサン、股ね」

「素股?」

少し肌寒く感じる秋の夕方、駅前の横断歩道をムーンウォークしながら家路を急ぐのであった





↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ

蒲田 『キャンディ』雨音とブルースを聴きながら

キャンディ I Love You目覚めてよ
窓を越えて ぼくは来た
イバラに囲まれ眠る横顔を
揺り起こすのは風さ…




ERベーターで静かにあがる

久しぶりの蒲田だが、やはりワクワクするものだ

10数年前、名門「生っこ倶楽部」で思いっきりはしゃいでいたのを思い出した

ピンポン

ひっそりとした声で「どーぞー」と言うK嬢

モー娘の飯◯圭織似の美人さんが赤いおべべでお出迎えだ

「超絶可愛いね」
「そんなことないヨー」

ニッポン語も上手

このフェイスなら、ジャパニーズドリームを掴む逸材であることは間違いない

90分10K

異常に広いリビングを通り、シャワールームへ

ここはアシ付きシャワーなんスね

蒲田となれば、赤い電球のシャワールームで服をヌギヌギして…

しかし、いっこうに服をヌギヌギしない

丁寧に丁寧にカラダ中をアワアワしてくれるだけ

あの時の蒲田は、もうここにはないのか?

「お部屋に戻りまショ」

可愛いお顔で隅々までバスタオルで拭いてくれる

ひざまづいて脚を拭く時に、歌麿様がモー娘子ちゃんの目の前でフルーチェのようにプルプルしていた

キャンディI Love You許してよ
ダイヤモンドは 持ってないけど
草の葉に光る 朝のきらめきを
素肌にかけてあげる

かけてあげる…

かけてあげる…

広いお部屋に戻り、フルティンでうつぶせーナ

腰の辺りにマタガーリー、背中やら首やらをもみほぐしてくれた

マターリとした時間

いつも思うが、このまましばらく時間を止めてほしい

そして、ゆっくりと眠りたい

ぼくは君の中…溶けてゆく…

すると

柔かいモノが背中をつつつーっと這っていく


これは?

モー娘子ちゃんのERい舌ではないか

翔んで蒲田!

そうか

ここは蒲田なのだ

この調子でいけば、翔んで蒲田!を味わえるかもしれない

いいぜ

さすが蒲田だ

「でわ、仰向けデー」

0.1秒で反転し、むき出しの欲望を天井にぶつけた

歌麿様もすでに半BKだ

「相変わらず可愛いね」
「そんなことないヨー」

数々のお客に言われたであろうフレーズをあえて言ってみる

何度言われても嬉しいフレーズというのはあるものだ

B地区をメーナーしながら柔らかいお手手が歌麿様を包み込む

僕はまた、原田真二の歌を歌い出した

寒い心
そのやさしい手で包んで
Woo…キャンディ…

君はぼくの中 ひとつだね
夢の渦に 巻きこまれて舞い上がるよ
I Love You

キャンディI Love You泣かないで
君が泣けば 空も泣いちまう
誰も君の髪 さわらせたくない
死ぬまでぼくのものさ

寒い心
そのやさしい手で包んで
Woo…キャンディ…

IMG_5680






















セブンイレブンの前

シトシトと優しく降り続ける雨を眺めながら、アイスキャンディをなめてみる

降り止まない雨と昇らない太陽はないのだろう、と考えながら蒲田の闇に消えていった

蒲田発『ゴッデス』ごっつうええオッパイのダイナマイトボデー

駅のホームに素股行進曲、もとい蒲田行進曲のテーマが流れる

エロエロな女神がいるという噂を聞きつけ、またこの地に降り立ってしまった




毎度おなじみレンタルルームm2に入り、嬢を待つこと数分

コンコン

「こんにちは~」

待ってましたよ、S嬢

電話受付のオネーサンから、この嬢はエロエロでサービスが良いとのリサーチ済み

60分11K

「オニーサン、寒くなってきたね~」

「そうだね、こう寒いと歌麿様もしょんぼりしちゃってさ♪早く元気にしておくれ」

「ワタシ脱ぐの早いから、早く脱いでいいですよ」

S嬢はそう言うや否や、パパパっと服を脱いでいく

シャワールームに移動して全身を洗ってもらう

改めてS嬢の身体を至近距離でマジマジと見ると、OPIがデカい…

Fカッポーかふむふむとテンションが上がったところで、身体をフキフキ、ベッドにうつ伏せに

背中、肩、腰とぐいぐいマッサが始まる

ん?マッサが上手い…

何でも以前はちゃんとしたマッサのお店で働いていたらしい

そんなS嬢がどのような経緯でOh My Goddessに入店したか興味しんしん丸だが、とにかく日本語も上手く、意思疎通も全く問題ない

純朴少年も顔を赤らめてしまうに違いないYヒーな話も自らしてくれるというサービスっぷり

お話上手で愛嬌もあってマッサも上手いなんて素敵やん

そしてお目当てのエロエロタイムに突入

S嬢が背中に覆いかぶさってきて、OPI密着&全身リップ攻撃

ほどなくして仰向けになり、密着からの乳首舐め&歌麿様を攻撃

続いて濃厚フェラーリと連続攻撃だ

その間、仰向けになって自由になっていた悪いお手手はもちろんFカッポーに伸びていく

モミモミ

モミモミ

「オニーサン、モット強く揉んでいーよ」

どうやらS嬢はOPIが感じるらしい

それではご期待に答えなくてはと

モミモミモミモミ

モミモミモミモミ

モミモミモミモミ

モミモミモミ籾井

後半はひたすらFカッポーを揉みしだいていたような気がする

S嬢の攻めも加わって歌麿様もギンギンだ

そしてついにその時がきた

「オニーサン、素股やる?」

「素股行進曲キターーーーーーーーー!!!!!」

「ナニそれー」

sim
















夜になり、肌寒さを感じる蒲田の街を駅へと向かう

もう冬なんだなぁ

人肌恋しくなる季節、再訪を心に誓うのであった


蒲田発「ゴッデス」はこちら 

蒲田『弥生』エロい文化は縄文時代のもっと前からあったようですね

次わぁ~
素股ぁ~素股ぁ~

そう聞こえたので降りてみました

あー
蒲田か


蒲田「弥生」


漢字のお店には名店が多いですが、どうやらここは生粋の韓エスのようです

写真を見て、きっとこんな女の子が出てくるのだろう、と信じていた若かれし頃が懐かしいス

80分9.8K

お部屋に案内されると、爆NEWのM嬢がスタンバッておりました

「いらさませぇ」

あとでホームページを見ましたが…

なるほど、面影はあるかも

というレベルです

でも、この爆NEWならオールOKですな

アカスリ台で両面をアワアワアワアワ

歌麿様も満足のアワアワアワアワ

以前は御徒町にいたらしいですが、歌麿様の扱い方はさすが

お部屋に戻り、穴開きベッドに顔を突っ込みうつぶせーナ

いいっすね
韓エスって感じ

いつになったらお楽しみコーナーになるのやら

もう、そのことで頭の中がいっぱいOPI

あんなに大きなOPIを見れるなんて…

なんて日だ!

オイリーナを早めに切り上げて、定番の蒸し焼きの巻

蒸しタオルを大量に乗せ、シートをかぶせると足踏みマッサが開始されました

いいよね
久々だね

蒸しタオルをはがされた後の爽快感は、なんとも言えない

パウダーをテキトーにまぶし、テキトーにスリスリし、しばらくすると、

「チョト待てネー」とM嬢がシャワールームへと向かっていきました

やはり夏は韓エスだ

夏フェスだ

アメリカンクラッカーのような大きなOPIは、夏の風物詩だ

風鈴の代わりに、このOPIをぶら下げていたい

ぽよん…ぽよん…

縁側に腰掛けて

ぽよん…ぽよん…

風流だねぇ

都会の煩わしさや、満員電車の中のウザいおっさんなど、このパイ鈴の音を聞いたら吹き飛びそうですな

あー

夏ですな

ぽよん…ぽよん…

ぽよん…ぽよん…

sim
















今日も猛烈な光を出し続ける太陽さん

夏はいいですな

全裸で過ごすのが当たり前の世界になったら、面白いんですけどね


蒲田「弥生」はこちら


最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ