メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

評判

日本橋小伝馬町 『マジェスティ』イカしたアイツはシャベルを一つ抱えてアメリカに渡り、見事金塊を掘り当てるのでありました

馬並みと言われたことは、この人生、一度もない

おっきぃ!
すごいおっきぃ!

てのも

すごいわ!
すごいわ!

というのも言われたこともない

昔々、伝馬には大伝馬も小伝馬もあったようで

僕のような鉛筆並のイチモーツの場合は、自動的に小伝馬に配属されるのだろう

え?

違う?

マジすか




お電話リンリンしマンソンへと向かう

「もすもすぃ〜、マジすかマジェスティですのぉ? 」

「はい? 」


優しそうな男性に案内され、お部屋へ到着しピンポン

笑顔が素敵なセラピちゃんに

「僕ちゃん、小ぶりなんで小伝馬町に来たの」

と言うと不思議な顔をしていた

120分22K

「では、シャワーの準備してきますねぇ」

たんショーホーケーの僕にも優しく接してくれる

お礼に全速力でコカーンを洗い、1.7秒でシャワーを終えた

部屋に戻り、分厚いベットマットにうつぶせーナ

どこが疲れているかと聞かれたので、とりあえず

「ティンポ! 」

と答えておいた

もう一度どこが疲れているか聞かれたので、今度は

「腰かな……」

と普通の答えをしてしまった

押し切れない小心者なのでコ・カーンが育たないのだろう

おおらかで純朴に育てば、息がつまるほどの巨根になれたのに

残念だ

腰辺りに陣取ると、やられたことがないような新しいポージングでほぐしてくれる

なかなかのメンエスキャリアは、中一が高一になるくらいあるらしい

さらに整体歴はもっと長いらしい

ヒジを使い、ピンポイントでグリグリゴリゴリしてくれる

「だいぶハッてますね」

ヨカト

高度な技術はヨカヨカヨカト

黙々とマッサは続き、年末だろうが閑散期だろうが関係ない僕を丁寧にほぐしてくれる

しかし歳のせいか、こういう上手いマッサをされると安心してウトウトしてしまう

……

……

は!

あぁ

寝てもーた

でもまだうつぶせだった

「寝てましたぁ? 」

「真紫準と一緒に金塊を掘り当てる夢を見ました」

25012733_1203498013118509_6156894683206254592_n












仰向けコール

仰向けになると脚のストレッチから開始のようで

「ストレッチいきますねぇ」

と伝えてくれた

「ヒトリエッチ?  」

「ストレッチですよぉ」

「フタリエッチ?  」

「……………」

グググググ

おおおおぉぉぉぉぉ

フタリエッチの答えは、コノヤローという気持ちをこめた関節技に近いストレッチ

ググググググググググ

おおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉ

「カラダ硬いですねぇ」

「コカーンはもっと……」

ググググググググググググググググググググ

おおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉ


しっかりたっぷりとほぐした後は、コマネチ付近をスリスリヌリヌリ

ムチの後のアメのごとく

スリスリヌリヌリ

お玉様をしっかりカスリーナさせながらのスリスリヌリヌリ

あらあら

ツンデレですの?

なかなかやるやないかい

ホントはいじりたいんでしょ

オラのコカーンをいじりたいんでしょ

ねー

ねー

何食わぬ顔で、そこからお腹にオイルをたっぷり伸ばし、腸セラピーとやらを開始

上に乗り、キジョーイでのオイリーナをしてきたので、FBKした歌麿様を伸ばしツンツンしてみる

がしかし

僕の歌麿様は小伝馬

伝わりませぬ

馬のエサにもならないポークビッツサイズ

届きませぬ

届きませぬか

この想い……

「短いか……」

「どうしました?  」

「ツンツンしたいのだが……」

「ダメですよぉ」

「でも、ツンツクツンしたいのだ」

「お疲れ様でしたぁ」

「ハッスルジェーーーーーーーーーーーット!」

201503252140183be


















高いマッサテクにツンデレストレッチ

雑誌によく載っている巨根化の薬を頼んでみようか

そんなことを考えながら、日本橋の闇に消えていきました

新橋 風俗エステ『秋波』おもらし団地妻、ガマンできない公然失禁というAVを見ながら泥んこ相撲をしていたら、思わず失禁してしまったある冬空の日のお話

昼間も夜も新橋は多くのエロリーマンが行き交う

トイレを借りる為に立ち寄った駅前の家電量販店

テレビ売り場のモニターには、相も変わらず貴ノ岩の話題に触れているワイドショーが映し出されていた

そういえば、高ミ盛(現・振ワケ親方)の下の名前が精ケンと知った時は、
なんてお盛んで性欲が強そうなお名前なんでしょと、いたく感心したものだ




コンコン

「コンニチワー」

いつものレンタルルームにやってきたA嬢は、せくすぃー女優の鈴木さ〇みにちょっと似ているかもしれないロリ系タイプだ

90分12K

以前からのキャンペーン価格だが、風俗店とは思えない料金設定はかなり有難い

チャイナ姉ちゃんの全ラーを拝めて、OPIを存分に揉みしだき、キャッキャッウフフしながらフィニッシュしてもらえる

ひょっとしたら地雷嬢もいるのかもしれないが、この店で大失敗した記憶は無い

「オニーサン、この店ハジメテですか?」

「出稽古でちょくちょく来るよ」

嬢にシャワーを促されたので、マッハで真っ裸になり、一緒にシャワールームに入る

A嬢は巨ヌーでも無く、貧ヌーでも無いエロボディだ

全身を優しく洗ってもらう

歌麿様を丹念に洗われる時にFBKを見せつけるところまでがルーティンだ

ベッドに戻り、まずはうつ伏せーナで指圧開始

もう何度も利用しているので、分かっていることがある

アジアン風俗では取分け、振分、マッサの部分は大目に見たろー的なスタンスなので、現役時代の第65代横綱のような、右四つ、寄り切りの安定感までは期待してなかったりする

やっつけ、手抜き、八百長さえしなければ、そして、マッサの後のムフフなお楽しみを「がっぷり四つ」で取り組んでくれさえすればそれで良しなのだ

はてさてA嬢のマッサは、全体的には粗削りだが、及第点で一生懸命さは伝わってくる

嬢自らの膝を使い、力加減に気を使いながらフトモーモーをグリグリという、普段この店では見られないオリジナルの技も織り交ぜてくる

日本語のコミュニケーションもほぼ問題ない

全身をひと通りマッサし終えると、身体を覆っていたタオルを剥ぎ取られ、あられもないモロ出し姿になったところでサワサワホマレタイムの開始

フトモーモーの内側からOK2、オイナーリから歌麿様までをABリピート

A地点からB地点まで、恋のちんぽシートだ

時折り漏れてしまうこちらの吐息に反応して、嬢のピッチも上がる

仰向けになったら、いよいよお楽しみの時間だ

相撲で言えば中入り後といった感じだろう

嬢が添い寝ミチャークスタイルで歌麿のB地区をメーナーメーナー

もう片方のB地区も繊細な指のタッチで刺激してくる

双方のB地区を決してお留守にはさせない徹底的な攻めっぷりだ

「オニーサン、固くなってるネ」

脚を絡ませながら、FBKになった歌麿様を刺激し始める嬢

さながら三所攻めといったところか

お次はゴムフェラ、嬢の舌づかいが秀逸で気持ちええ

なかなかのテキニッキの持ち主だ

現役時代の朝ショー龍に「おい!シュー平」と暴言を吐かれた往年の技のデパート、世田〇自然食品コンドロイチンことマイの海のような切れ味だ

体勢を変えて騎乗位スマター

プルプル揺れる嬢のOPIをモミモミ揉みしだく

再びの添い寝ミチャークで、嬢のお手手が歌麿様をピストン堀口運動させていく

こちらも負けじと嬢のB地区をコリコリと刺激

「ダメよぉ~」

嬢はB地区が弱いらしく、色っぽいあえぎ声を上げる

嬢の桃色吐息に、ここぞとばかりに琴ショー菊ばりのがぶり寄りで攻めようとした矢先

土俵際で粘っていた歌麿様から勇み汁が…

あ…!

ああ…!!

「ダグワドルジーーー!!!」

mig















エロ相撲、新橋場所は今年もエキサイティングだった

初場所が始まる頃、また再訪してしまうかもしれない










出張メンズエステ 『極選』ここのお店が気になる気になるキニナール

レンタルルームじゃダメダメ 

もちろんラブホもダメダメ

自宅……

うーん……

シティホテル……




どこぞのドラマのように「出張だから」と都内のシティホテルに泊まるか

それともよく出張で行く名古屋や大阪まで来てくれるか?

それは割に合わない

それにしても気になる

image



















気になる

image




















写真がそそる
image



































僕好みなんだろう

image




















昔懐かしい投稿写真を思い出す

image



































気になる

image




















気になる

キニナール

どなたか

レポをお願い



















五反田 『ラブヘブン』レッドツェッペリンの天国への階段を歌いながら目指すと、ちょうどサビ前の辺りで到着する愛天国

オープン間もない中、いろいろなブロガーさんがレポをアップしています

さぞかし忙しいのだろうと思いきや、すぐに予約が取れました

五反田駅に降りたった僕は、ロバートプラントのようにレッドツェッペリンの天国への階段を歌いながらテクテク歩きました




お電話すると丁寧な男性が対応してくれる

五反田駅から、まぁまぁぼちぼちテクテクテクテク

道の途中で全ラーのお姉さんに手招きされたら、そっちにホイホイついて行ってしまうくらいの距離にある

指定の場所から再度お電話リンリン

ERベーターに乗り込み、上へあがると気分も上昇していった

ピンポンを鳴らすと、ピンキーなワンピからターニーマーが見えるナイスなコスでセラピちゃんが登場

「若いね」

「ありがとうございます」

普通に出た普通の会話

この業界は30代が1番多いと思う中、普通に若いと思ったからだろう

久しぶりのリアル20代だ

サンダル履いて数メートルほどの廊下を歩き、お部屋へ

イスに座ると丁寧に料金説明をしてくれた

ふむふむ

ふむふむ

ではでは

とイロイロERERつけてお支払いを済ませる

この料金の何割が女の子に入るかわからないが、ニコっとしてくれたのでまぁいいだろう

服をヌギヌギし、シャワールームへ

ユニットバスで少々ヒジをぶつけながら、2秒でお部屋に戻る

「早いですね」

「1分でも1秒でも……」

紙Pを装着し、ビニールシートが敷かれたマットにうつぶせーナ

電気を暗くし、脚からスタートだ

とろとろのオイリーナをスリスリヌリヌリ

いやいや

オイルではなく

これ、ローソンですな

温かいローソンを下から下からヌリヌリヌリヌリ

ときたまローソン店と遭遇しますが、こちらの方がより助平さを感じる

たぷーりと使うヌルヌルの伝道師は僕を優しく包んでくれる

ローソンを発明したローション博士にノーベル平和賞を贈りたい

ヌリュヌリュと伸びる指先はOK2裏までしっかり届き、お玉様の付け根をカスリーナする

そうや

そうやで

繰り返されるカスリーナ

徐々にエンジンをふかし始める歌麿様

膝を曲げてカエル脚になると、曲げた脚を挟み、フトモーモーからコマネチラインへ

ツボを心得たスリスリヌリヌリ

男子の心をわかってらっしゃる

そして、OK2のほっぺをプニプニし、背中へスリスリヌリヌリ

腰からケンコー骨をたぷーりのローソンが包み込んだところで、仰向けコールだ

反転すると頭側にまわり、両手でデコルテーナを優しくスリスリヌリヌリ

からのヘッドスライディング

お腹からヘソへ

そして、待ち構えている歌麿様付近へ

そうなると、自然の流れでOPIが眼前に迫る

やめてやめてやめてやめ

せめてせめてせめてせめて

やめてやめてやめてやめ

せめてせめてせめてせめて

やめないでー

米米ウォー

やめないでー

ありがとう

OPIスタンプ

今日も記念になりました


OPI布団をかぶりながら、お腹をグワングワンまわす

若者のピチピチ布団は新鮮でごじゃります

OPI布団が終わると、今度は先程グワングワンしたお腹にマタガーリ、OK2の3Dマッサ

眼前に広がるすもももももももものうち

ビッグアップル!

VRゲームにはないリアルの凄味

そのまま至近距離でコマネチスリスリ

ボーコーからヘソのまわりもスリスリヌリヌリ

そんなにマッサしたら、腸が活発になってお腹減りますやん

ウンコもドバドバでますやんマダムヤン

というところで、コ・カーンに大移動

Aスタイルの両脚の間に陣取り、ラスボスを倒すかのような気迫がこもる

コマネチラインからボーコー付近へ

再度コマネチラインを戻り、フトモーモーへ

さらに繰り返されるコマネチラインからのボーコー付近のゴールドコースト

HISも驚く絶妙なプランだ

こうなると、自然にOPIもついてくる

私をスキーに連れてって状態だ

偶然か?

もしくは計算か?

ボーコーからヘソへのストロークのたびに、おまけがついてくる

素肌同士であれば乱痴気騒ぎになるが、お互い布と紙をまとっている

文字通りの紙一重

完全FBKの歌麿様を挑発しているのか、あやしているのか

繰り返される大波小波は、大好きなあのゲームを思い出す

「ボンバーマンてコナミだよね」

「はい?  」

爆弾並みのOPIが、歌麿様の白い爆弾を暴発させようとしている

「スイッチ持ってるの? 」

「いやいや」

「爆風の飛距離、伸ばしてるの?  」

「いやいや」

「爆弾をいっぱい並べて、一気に爆発させるの? 」

「いやいや」

「オラのセーシも壁を破壊できるよ」

「お疲れ様でしたぁ」

「二酸化ゴタンダマンガーーーーーーン!」

帰り道、五反田の歓楽街をフルティンで歩きました

ホテルから出てくるスッキリした顔の殿方や、どこかへ小走りで向かうお嬢たち

忙しい師走

僕のフルティンなど、誰の目にも止まりませんでした

西川口 『おとなのアロマ』一直線に向かったその先には、極楽浄土にも似た大人の社交場がありました

ここ数年、一日一行動しかしない僕は、愛車のレクサスLXで首都高を法定速度で突っ走る

ちなみに昨日は、コンビニに切手を買いにいき一日を終えた

今日はエステに行く日

戦車のような大きい車を運転していると、黒王号に乗ったラオウの気分になれる

西川口駅のロータリーをグルグル回り駐車場に停めた僕は、マントをなびかせながら今日初めての行動をとることにした




タイマッサ店やらなんやら、いろいろ入ったビルヂングへ凸乳し、ERベーターで上へ向かう

ピンポンを押すと、礼儀正しいお嬢がお出迎えしてくれた

「順番でアタシなの」

「全然OKホーケーだよ」

ターニーマーに向かいご挨拶し、中へ案内してくれる

順番制のお店はたまにありますが、当たりを引いたようだ

今日はユターリマターリしたい

というわけで、扉にもデカデカ貼ってあるポッキリ料金を選んだ

100分9.999K

お相手は巨NEWで鈴木◯羽似のH嬢

「サワさんに似てるね」

「サッカーできないよー」

ほー
オドボケですか

なんて返しましょ

イモ神様の話でもしましょか


服をヌギヌギし、戦隊タイム

寒い冬でも汗はかいてるもんで

ジトッとしたおっさんのカラダをウォッシングしてくれる献身的なH嬢が女神に見えてくる

シャワーを浴びてアワアワをキレイに洗い流しお部屋へ戻る

さっそく、うつぶせーナからのマッサ開始

ほー

ほほー

なかなかですな

ちょうどええ力強さが普通に気持ちがいい

こちらは何百回とマッサを受けたいわゆるひとつのベテラン

こういうマッサを受けるとホッとするわけです

「シゴト終わったの~?」

声が優しい……

「今日は竹鶴でいっぱいやりたい気分さ」

「いっぱいしちゃうの?  」

「そうそう、いっぱいしちゃうの」


カラダ全体にオイルをヌリヌリ

最後にOK2付近から裏コマネチラインをスリスリヌリヌリ

際どーい際どーいラインをスリスリヌリヌリ

そして、お玉様までカスリーナ……

絶妙な指加減のカスリーナ

知ってますな

男子の心を鷲掴みの鷹掴みです


完全FBKで仰向けコールセンター

からの……

すかさずヌリ込まれる表コマネチライン……


あぁ~……

久しぶりの感覚……

過去に訪れた名店を思い出す……

絶妙なヌリ込み……


しかし、コア部分には絶対に触れない徹底さ

そんなんでも男の子だから仕方がない

堂々とFBKになりまくり、紙Pを神Pへと盛り上げ、天を目指して伸び上がる


わかってるさ……

こんなになっても一切触れないことを……

素晴らしいではないか……

完全FBKの歌麿様は

天に拳を突き上げる北斗の長兄ラオウのよう……

まさに

メンズエステ業界の

道路交通情報センターやーーーー!!



西川口の夜風を浴びながら、スギちゃんのようなワイルドな街だった昔を思い出す

あんな時代がまたきたらいいのに……

と、つぶやきながら、西川口の闇に消えていきました























最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ