メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

高田馬場

高田馬場 『ボディチューンルーム』あの娘は太陽の困っちゃうエンジェル

大きな通り沿いで大きなOPIの女の子と戯れる

暇を弄ぶ

神々の遊び

フォーチュンクッキーを食べながら、紙を挟みこむ

fe0d1e0e













おみくじを入れているのは、暇を弄ぶ神々

戯れじゃよ
戯れじゃよ
カッカッカッカッ……

15624834_280170045719621_8780150352713351168_n


























源平討魔伝の安駄婆のモノマネをしながら、長い横断歩道を歩き渡りました




マンソンに着くと、セラピストとのご対面

今日のセラピストは、上品なお姉さまタイプのT嬢

とても感じのいい巨NEW様だ

90分12K+腸セラピー2K

世間話をすることもなく、服を脱ぐようにと指示を出すと、部屋を出ていく

一人寂しく個室に残される

部屋を見回すと、おしゃれに装飾されたおり、とても雰囲気が良い

施術はベッドタイプ

この狭いベッドでどうセラピストとからまるかということを考えると、何かドキドキする

服を脱ぎ終わり、しばらく待っていると、コンコンというノック音がする

自分の部屋ではないから、「はい」と返事をするのも変な気がして、しばらく黙っていると、ゆっくりとドアが開き、セラピストが入ってきた

フルティンで待ってればよかったか

シャワー室へ案内される

シャワー室では、いつものように、セラピストの攻略を考えるが、美人系のサービス業のプロのような接客態度では、攻めるスキがない

ということで、いつものように施術の流れに任せることにした

なりゆき戦略だ

シャワールームを出ると、部屋のドアが開いており、ご主人様お待ちしていました、という万全の体制だ

気持ちいいくらいの接客態度である

再び施術部屋に戻ると、ムーディな空間をT嬢と時間を共有する

狭いベッド、狭い部屋であるが、肩身まで狭くなることはなく、温かいセラピストの気遣いで、癒されていく

うつ伏せ施術が始まるとすぐにそのスキルの高さを感じた

さすがキャリアが長いだけはある

顔が見えないせいもあり、すぐにムーディな世界に溶け込んでいった

会話もなく、静かに流れるヒーリングミュージック

ミュージックのMUSICをM.U.S.I.Cと、手と体で表現するヘビーローテーションの振り付けのように、うつ伏せになりながらも、テンションは上がっている

フトモーモーをマッサする時、お玉様をカスリーナ

何事もなかったかのように自然であるが、歌麿様はノリノリである

女性の体とついているものの違いで、たまたまぶつかっているんだろう

そう感じるくらい淡々とした施術である

蒸しタオルタイムが終わり、仰向けになるが、何の変化もない

時計が見えないので、このまま終わってしまうのだろうか、という不安が出てきた

そんな不安に思った直後のこと

おもむろにベッドに膝から上がるT嬢

脚を開くように指示される

軽く脚を開くと、セラピストは自分のももでさらに開いてくる

何かERい

コカーンの間に入り込むと、人間の体を知り尽くしているのか、男の体を知り尽くしているのかは分からないが、反射的にピクッとしてしまう部位をガンガンと刺激してくる

強弱をつけながら、緩急をつけながら、リズミカルなローテーション

これぞ、エステ界のヘビーローテーションや~、と何とか摩呂のような寒いか激受けかのギリギリ表現が脳裏をよぎる

さらに、歌麿様を縦横無尽によぎるT嬢のお手手

あと一歩、もう一歩のギリギリのラインをキープしながらも、じらし戦略は続く

シャワー室で決めた、なりゆき戦略は全く意味をなさず、セラピストペースで進む施術

思わず起き上がり、セラピストのもも付近からするするっと手を伸ばし、セラピストのヒモの下を魔の手が通る

すると、素に戻ったようにかわいく反応のT嬢

美人と思っていたが、かわいいところもあるなあ、と別な素顔を見て楽しめた

ERな心がそんな行動を誘導したが、理性が抑えられなかった

腸セラピーに入ると、お腹をグルグルとマッサしマッサ

時折、歌麿様にもグルグルグルグル

はみ出した腸のような歌麿様もグルグルグルグル

もしもし
これは腸じゃないチョー

硬化する歌麿様腸がアピールを開始した

「もうちょいだチョー」

「?」

「もうちょいだチョー」

「?」

「もうちょいだチョー」

「お疲れ様でしたぁ」

「フォー腸クッキーーーーーー!!」

4ca9034f55c97766adac6c28b41dcfd6


























今日も外は常夏灼熱

こんないい天気の日は、ヌーディストビーチのようにしてほしい

そろそろ、神々にお願いしてみようか

2013_03_16_oso_01

高田馬場 『ラッキースタイル』ボールはトモダチンコと言ってた大空ツパサくんは、今いくつになったのでしょう

「ラッキー」という言葉を口グセにすれば、ラッキーなことが自然と集まってくるのです

と自己啓発セミナーや自己啓発本などでよく言われています

確かに「巨NEW!  巨NEW!」と叫んでいると巨NEWさんと出会えます

この日も早稲田通りを「巨NEW!  巨NEW!」とブツブツ言いながら歩いておりました




「こにちワー」

ドアが開き、可愛らしい元気な女性に中へ案内される

人生、ラッキー続きで幸せですぅ的でもないが、ある程度幸せなのだろう

とにかくもう、幸せに寝ていたい僕は長いコースを選び、支払いをした

90分9K

施術室に通され、汗まみれになったTシャツを脱ぐ

Tシャツには「I am a whore」と書いてある

「I am a whore」の訳は「私は尻軽女」や「私は売○婦」らしいがニッポンなのでモーマンタイ

ナイスなコスで登場したN嬢が優しく笑顔で迎え

汗まみれのアブラムシのような僕の心に、爽やかな風が吹きます

戦隊ルーム案内され、うつぶせーナから汗を流してくれます

アブラムシにママレモンをかけたぐらい、綺麗にサパーリ

魔法のアワアワは背中も脚も、そしてケツメードも綺麗にサパーリ

仰向けーナで歌麿様も綺麗にサパーリ

BKしますやんか

完全BKしますやん

お部屋に戻り、うつぶせーナからマッサ開始っす

指圧を受けているとなんとも懐かしい曲が聞こえてくる

映画「美女と野獣」のテーマ曲っすね

テレビで、綺麗な奥様とゴツい旦那の「美女と野獣夫婦」みたいな特集がありますが、街を歩いてると逆バージョンもたくさんあります

特に新宿界隈に多く見られるのが、得意げに英語を話すのぺっとした顔の日本人女性と白人男性のカップル

「え?  それのどこがいいの? のぺっとした和風な顔? 紫式部みたいな…… 」
と外国人に聞きたくなります

英語を話す時の口の形が、のぺっとした顔に全くマッチしない

英語はやはり顔の濃い方々の言語なのだ、と改めて感じます

「ハンサムと和顔」という映画もディズニーで作ってほしいです

ところで指圧の方はと言うと、さほどうまくはありませんが、強めの指圧なのでまあまあ

肩、背中、腰を丁寧に指圧してもらうと、化阪神へと移行

フトモーモーやふくらはぎはそのままグリグリマッサしていきますが、OK2はサワサワホマレタッチング

なんという指の動きなのでしょう

舞踏会でダンスを踊っているようだ

指圧がひと通り終わるとオイリーナが開始

首、肩から背中にかけてスリスリヌリヌリ

オイルの滑らかさ
強さ
なかなか、ちょうどええ

徐々に化阪神に移り、フトモーモーからのOK2をスリスリヌリヌリのサワサワホマレ

じわじわくるクライマックスへの滑走路

舞踏会の音楽がワルツからチャチャチャ

そして、サンバとなり、激しさを増していく

仰向けーナコール

静かなBGMがアルゼンチンタンゴに聞こえてしまうER変換脳ミソ

B地区やコマネチ付近をルンバのリズムでルンバルンバしていく

お掃除ロボットルンバのように隅々までオイリーナ

パソドブレからジャイブへと激しさを増し、アルゼンチン航空でブエノスアイレスへGOヒローミ!

「ブエノスディアース!  」

「何それー?  」

「マラァドーナァーーーーー!!」

5af5d1aada613d4c0da0dc35b7090d7a













外に出ると、南米かと思うぐらいの暑さが僕を包み込みました

もしもいまサッカーをしたら、第3の脚でオーバーヘッドキックができそうです

高田馬場 『コーズィー』文明は私たちを幸福にしたのか? 資本主義、テクノロジー、そして人類の未来はこのお店にかかっている

高田のヴァヴァ駅トゥ山口を出て、サンキュスを通り、軽く坂を上がります

この山の頂上に天竺のような新世界があります

いつ来ても非日常の世界に浸らせてくれるこのお店は、相変わらず発音に気をつけないといけません

「あ、もしもし、コージーっすか?  」
「コーズィーです」




電話をかけると、いつもの女の子が出てくれます

「コージーっすね」
「コーズィーです」
「はぁはぁ、きょきょ今日はどんな格好しししてお電話してるの?  大股びらーき?  おおお大股びらーき?  」
「お待ちしてま~す」

マンションに入り、お部屋に通されて料金を支払います

120分17K

今日のご担当も素敵な女性です

層が厚いです

ひと昔前のジャイアンツのようです

寒いので軽くシャワーを浴び、いつもの紙パンツを履いて、うつぶせになります

今日もトキメキトゥナイトの始まりです

まずは全体にほぐし、柔らかい手の平を身体に乗せてくれます

こんな変態のかたまりの僕の身体を触ってくれます

とてもいい人です

「あなた、高い教育受けてますね」
「はい?  」

エステ経験豊富なセラピストさん
軽くほぐして、さっそくオイルへ移りました

足を挟みこむあのスタイルから、柔らかくて暖かい手の平が、私の脚をオイルでトリートメント

もしも足の指が加藤鷹先生のような手の指だったら、これはこれは大変なことになります

そのままふくらはぎから太ももへ
そして股間付近へ

可愛い顔してギリギリアウトなチョップを入れてきます

いいです
とてもいいです

紙Pの上からではありますが……

とてもいいです

そしてカエル脚へ

ここでも……

とてもいいです

そのまま、お犬様のポージングへ

「徳川吉宗様ですか?  」
「違いますよ」

股間エリアに両手にが伸びてきます。

「ゴムゴムの実ですか?  」
「違いますよ」

伸びてきます

「やっぱりゴムゴムの実ですよね?  」
「違いますよ」
「であれば、吠えていいです?  」
「赤犬みたいにマグマグの実を食べたいですね」

イヌイヌの実を食べたかのように四つん這いになり、後ろから丁寧なコロコロコミックを味わいました

「集英社はもともと小学館から派生したんだよ」
「そーなんですね~」

うつぶせのまま、頭側にまわってきた素敵なセラピストさん

いいのかな?
いいのかな?
と思いながら顔を上げると、予想通り目の前数cmのところに純白パンチーがありました

パンチラの実を食べた能力者ですかね?

そのまま、肩から背中をオイリーナスリスリ

お部屋に設置してある鏡を見ると、ここも純白パンチーを映し出していました

やはりパンチラの実を食べた能力者ですね

柔らかい手の平は背中からお尻あたりまでスイーと伸ばし、オイリーナスリスリ

蒸しタオルで拭き取り、お待ちかねの仰向けです

さっそく頭側にまわり、デコルテをオイリーヌリヌリ

からの乳首あたりをオイリーナスリスリヌリヌリ

いいですね

小さくおっ立った乳首が女の子にアピールします

「乳出るがな、ちちちち乳出るがな」

再び脚側にまわると、最後の仕上げ

一所懸命持ち上げてる紙Pのゴムがパツンパツンになっています

いっそのこと、持ち上げまくってゴムを切ってしまいたい

そんなことを考えていましたが、この紙Pもゴムゴムの実を食べたらしく、伸びるところまで伸びてしまいました

ふん!
ふん!

特命係長のように腰をフリますが、ゴムゴムの実の能力パンツにはビクともしません

「どうしたのですか?  」

セラピストさんが優しく話しかけてくれました

「いや~、こんなんなっちゃったよ……」

「ボキボキの実を食べたのですね」

「完全フル勃◯王に 俺はなる!  」

「お疲れ様でした~」

images










家に帰り、冷たいせんべえ布団に入りました

夢の中にニコ・ロビンが出てきましたので、挨拶をしたら、たくさんの手でいろいろなところを触ってくれました

とても気持ちよかったです



高田馬場 メンズエステ「コーズィー」はこちら




メンズエステ 大久保 新大久保 高田馬場 日本人エステが熱い!



高田馬場 『シャングリラ』失われた地平線に見えた殿方たちの理想郷

高田馬場も撫子店が増えて、どこへ行けばいいのかわからないっす

そんな時はブログを読むか、掲示板を読むか、あとは女の子の写真のターニーマーで判断しています

しかし、反射的に行きたくなった時は、どうしてもギャンブル的になります

鬼が出るか蛇が出るか
鬼が出るか仏が出るか

ホームページなど見ずに凸するのは、お久しぶりーふです




ERベーターを上がると男性が受付をしていました

最近、マンソンタイプばかり行ってたので、一瞬ひるんでしまいました

どうやら混んでいるらしいですが、外は寒過ぎるのでおとなしく待つことに

この待ち時間で、やっとこさホームページを眺めることができました

OPIボヨヨーンボヨヨーン、ダッダーン、ボヨヨーンボヨヨーン……が何名か在籍している

ヨカト

90分14K

「Sさんでーす」

通路で待っていた幼妻的な雰囲気のS嬢が、笑顔でお出迎えしてくれました

コスが写真と違う

しかし

ん?

これは

よく見ると……

ん?

横から見ると……

マーベラス!

よくもまぁ、こんなコスを見つけたものです

しかも幼妻的なS嬢が身にまとうと、年齢の離れた夫婦でも頑張れちゃいMAX的な

加トちゃんやマチャアキやらが若い奥様をゲットする気持ちがわかりはじめてくる不思議な魅力

無性に抱きしめたくなったので、ハグハグしようとしましたが、柔道の組手をはばむかのように拒否されてしまいました

「シャワーどうぞぉ」

幼妻S嬢に案内され、狭い通路を通りシャワールームへ

ちゃっちゃと浴び、お部屋へ……の展開ですが、このシャワー、お湯が熱すぎる

心頭滅却すれば、的なのか

しかし僕は坊主ではない

YOSHIKIだったら帰ってるレベルだろう

暗くて外観はわからなかったですが、古い建物なのかな

「熱いよ!母さん!」

平泉成のモノマネをしながら、シャワールームを後にし、お部屋へ戻る

T紙Pを装着し、うつぶせになると、まったりとしたオイリーナで僕を癒してくれました

片脚ずつ、マターリぬらーり

可愛くて童顔のS嬢はリアルなティーンエイジャー

僕が生まれて初めて風俗に行った時、S嬢はまだ精子にもなっていない計算だ

S嬢のおとっつぁんは何を食べて、ゴールデンボールで生成したのだろう

何億というオーディションを勝ち抜いてきたS嬢は、時速48.2キロの韋駄天精子だったのだろう

あの時子宮に、必死にへばりついた頑張り屋のS嬢

へばりついていた時も僕は相変わらず風俗に行っていた

そんなS嬢は、今はこうして僕の股ぐら付近をスリスリヌリヌリしてくれている

紙Pを一生懸命持ち上げる歌麿様に、さらに血液を集めてくれるS嬢の柔らかいお手手

近くでみると、やはり美人で可愛らしい

コスのメッシュ部分から手を入れてみたい

もっとじっくりメッシュ部分を眺めていたい

時間を止めてほしい

そして、僕の韋駄天を受け止めてほしい

僕の韋駄天を……

「お疲れ様でしたぁ」

「オルガスムーーーーーーー!!」

NewXJPN













再び熱いシャワーを浴び、カラダについたオイルを一瞬で消し去る

そうだ

帰りに辛いカレーを食べに行こう

そして床屋に寄って、髪型を昔のYOSHIKIにしてもらおう


高田馬場 メンズエステ「シャングリラ」はこちら



男性マッサージ 口コミ情報満載♪





https://youtu.be/pjF-FWHZqKc


高田馬場 『風雅堂』オレの胸には赤いイナズマ、アクセル全開環七フィーバー、ちょっとヤバイが止まれないぜ、全開全開全開ゴーゴーゴー

神楽笛や楽太鼓など、雅な音色が聞こえてくるタイルのマンソン

神田川のせせらぎのような風流で優美な緑の扉と、強く押さないといけない取れかけた白いチャイム

日本の「美」がここにあり……




って

あれぇ~

よくあるチャイエスだぁ~

寄りかかったら倒れそうな壁のチャイエスだぁ~

「空いてる?  」

「いまお客さんいっぱいダヨー」

「フィーバーしてるね」

「環七フィーバーよ、歌麿ウルフ」

愛車のCB400にまたがり、僕は早稲田通りを突き進むのでありました


最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ