メンズエステ口コミ評判ブログ ゴンザレス歌麿が今日もゆく

新宿、池袋、大塚、巣鴨、日暮里、西日暮里、上野、神田、秋葉原、新橋、 品川、五反田、中野、高円寺、錦糸町、王子、赤羽、横浜、川崎、埼玉、千葉などなど。アジアンエステ、日本人エステ、アロマリンパ、回春マッサージ、洗体、アカスリなどの体験談&口コミ日記。

麻布十番

麻布十番 『ジール』綺麗なお姉さんに会いたくなったので、ついついきてしまいました

ERい気分が止まりません

なぜでしょう

みんな冬のせいにしちゃえばいいですかね




ERベーターをあがり玄関を開けると、だれがどう見ても美しいE嬢がお出迎えしてくれました

ワンルームで見るセラピさんは、魅力的です

浮世離れしているオーラと、ERフェロモンをムンムン出しながら料金案内してくれました

120分22K

メニュー表を見ると魅惑的なコースも多いようですな

綺麗なバスルームでチャッチャとシャワーを浴び、お部屋へ戻る

「仰向けからお願いしますね♪」

うつぶせで待っていた僕に、優しく声をかけてくれました

つかみはOKホーケー

「それではよろしくお願いします」

デコルテからB地区エリアをスリスリヌリヌリ

頭側から丁寧なオイリーナでなかなかのテキニッキからのスタートだ

やわらかい吐息がE嬢との距離を感じさせてくれる

わずか数十cmのところに美しいE嬢のお顔があるのか…

ちょっとだけなら、チューしてもいいのかも

ん~っぱ

ん~っぱ

「んふふ」

軽く流され、淡々と施術を進める

しかし、頭側から伸ばした両の手は、お腹まで到達し、自然とやわらかいものが目の前にやってくる

ヨカト

今度はB地区をチュパチュパしたい

そんな妄想の中、うつぶせコールを耳にする

「うつぶせになってくださぁい」

うつぶせになるとコマネチの切れ込みに、E嬢のお手手が侵入してくる

さっそくナイスなカスリ具合に歌麿様が目を覚ましました

流れるようなカエル脚への移行で、コマネチラインをスリスリヌリヌリ

慣れている…

そして、横向き…

ここも横向きプレイのお店なのか

たまに受ける横向きオイリーナは、僕のコカーンを興奮させる

ヨカト…

ヨカト…

あぁ…

婚姻届でも持ってくればよかった…

「Eさん…」

「はい?」

「ぼぼぼぼぼぼぼ、僕と…」

「では、また仰向けでお願いしまぁす」

仰向けーナ…

脚を曲げたり伸ばしたりのオイリーナヌリヌリ

コマネチラインへの切り込み具合が絶妙

かつ、正確に歌麿様をカスらせる

リンパの流れが一気に中央へ集まってくるではないか

「気持ち良すぎる…」

「うふふ」

女優さんのようなお顔がさらに妖艶に見えてくる

濃厚マッサにすでに満足してしまった僕は、ゆったりとマッサを受けるだけ

「気持ちいいですかぁ?」

E嬢の癒しボイスを目覚まし時計に録音したい

そんなことを考えながら仰向けーナを堪能する

ERフェロモンムンムンビームを大放出しながらのコマネチオイリーナが始まると、眠っていた歌麿様がまた起き出してきた

「おはよう」

「おはよ」

「ここはどこだい?」

「ジールですよ」

仰向けーナの状態でマウントしてくるE嬢

デコルテーナをスリスリしているものの、神経はフィットしている化阪神に集中していた

ロデオマシンに乗っているかのようなE嬢

デコルテーナにあった血液が一瞬にして化阪神タイガースへと変貌した

閑静な住宅街の一室で行われる非日常的な時間

シトシトを降り続ける雨のもと、寒さに耐えながら働く皆様の近くで、ガーマンジールーを溢れさせている

取引先にお詫びの言葉を言いながら頭を下げている皆様の近くで、ガーマンジールーを溢れさせている

浮世離れしたこの空間を絵にしてみよう

現代版浮世絵は、こういう絵なのかもしれない

完全に紙Pを持ち上げた歌麿様は、
「お疲れ様でしたぁ」
という言葉を静かに聞くのでありました

0918-04kamehameha1



































外に出ると、また静かなマンソン街が広がっている

浦島太郎が竜宮城を出た時と同じ気持ちかもしれません

少しだけ頭の中が軽くなった僕は、マクドナルドへ向かうのでありました


麻布十番「ジール」はこちら



↓エッチな話題盛りたくさん

エッチ系の話題ブログランキングへ








麻布十番『ジール』なんかヨーダここのかとおか

街を歩いている人がみんなカネもち、カメもち、いたらきもちに見えてしまうという麻布十番

歩く身代金を探しに、いやエロ可愛いセラピを探しにやってきましたよ




電話受付の男性店員さんの丁寧な案内でマンソンに到着

お出迎えしてくれたのは、川田裕美と大宮エリーを足して2で割ったような綺麗めのM嬢

部屋は完全個室というかワンルームになっており、完全なるプライベート空間だ

80分16K

シャワーを済ませ、ホームページの店内写真と全く同じベッドにうつぶせーナ

マッサージベッドに暖房器具が付いているらしく、あったかい

もしも部屋に猫がいようものなら、間違いなく猫まっしぐらのベッドだ

腕をだら~んと前に垂らし、マッサが始まる

ちょうどええ力加減でマッサは上手い

ほどなくしてオイリーナでじっくりと背面をマッサ

うん、気持ちええ

ここであることに気づく

あったかい…

ベッドにうつ伏せになっている部分は勿論だが、そうではなく、マッサしてもらっている背面があったかい

おぼっちゃまくんに登場する「びんぼっちゃま」で言うと、スーツでカバーしきれていない部分があったかい

そう、マッサしてくれるM嬢のお手手がとってもあったかいのだ

仰向けーナになり、再びM嬢とご対面

オイリーナでデコルテ、お腹を文字通り温もりのあるお手手で丹念にマッサしてくれる

一連の動きに無駄が無く、洗練されたマッサだ

軽いストレッチを経由して両脚リンパに凸入

キワキワまでしっかりやってくれるあたりは分かっていらっしゃる

気持ちええ…

思わず歌麿様から我慢ジールが漏れそうになる

さあ、後はそのあったかいお布団のようなお手手で歌麿様を優しく包んでおくれ

さあ…さあ!

さあ…さあ!

さあ…さあ!

あ…!

「お疲れ様でしたー」

「落ちぶれてすま~ん!!!」

c33f1b7b200b0bbfb4edf1a676ebcca7













駅へ向かう途中でヨーダみたいなお爺さんがトボトボ歩いてました

週末はスターウォーズでも見に行きますかな

麻布十番「ジール」はこちら

麻布十番『スイートチーク』噂のメンズエステはどんな塩梅ですの?

ついついフラっときてしまいます

見た目は何もない街ですが、隠れ家的なお店が多いのでしょう

見えないところで、あんなことやこんなことが…




受付時に出てきたママさんらしき風貌のお姉さま

80分16Kを支払い、案内される

受付のO様がそのまま担当らしい

聞くとママではないみたい

シャワーを浴び、T紙Pを装着

うつぶせーナから通常スタートですが、心の中ではいつグイグイキワキワくるのか、期待に胸がいっぱいでございます

「お仕事お休みですかぁ?」
「休憩中だよ」
「あ、いいですねぇ」
「まぁね」

他愛もない…
他愛もなさすぎるが、きっとここから怒涛のセメが待っているに違いない

あまりの期待に、今度はコ・カーンが膨らんできました

ヌルヌルオイリーナで柔らかいお手手がOK2に切り込んでくる

カンナで削られるように手が滑り、洗練されたお肌が生まれた

ちゅるっちゅるのムキタマゴ肌と、両脚の間にあるモッサモサのタマタマ

「もっとコロコロしておくれ」

「もっとコミックボンボンしておくれ」

エステ狂四郎と化した僕は、エステシュミレーションの装置に座っているようだ

仰向けーナになった僕に、セメの姿勢を変えないO嬢

「もうカラダはちゅるっちゅるだよ」
「うふふ」

柔らかいお手手がオイリーナで上下に動くたび、
「カモン!ベイベー!」
と心の中で叫ぶ

「ここだよ!ここまでおいで!」
と心の中で叫ぶ

キワキワ…
キワキワ…

スローダウンしたお手手がまた違う妙技を出してくる

完全なる「キモティ」

紙Pを持ち上げた司令塔は女の子に「MORE!MORE!」と伝達し続けた

相変わらず、さりげなくスリスリヌリヌリするO嬢に

「よいではないか!よいではないか!」
と言ってみる

「いいじゃないの~」
とも言ってみる

「ダメよーダメダメ」
と言われる

「そんな関係ねぇ」
と言ってみる

「ダメよーダメダメ」
と言われる

「安心してください!履いてます」
と言ってみる

そして再び「いいじゃないの~」
と言ってみる

「ダメよーダメダメ」
と言われる

「残念~」
と言ってみた

91ee64d678cb5930ac21f924a2479de590a7de54















オサレ星人が多く住む麻布十番

FBK星人の僕は、そんな街を横目に北に車を走らせるのでありました



 麻布十番「スイートチーク」はこちら

麻布十番『アロマクラブAzabu』 再訪してみた魅惑のマッサルーム

再び訪れた麻布十番

打ちっぱなしのマンソンが僕を呼んでおりました


麻布十番「アロマクラブAzabu」


おっとりしたK嬢がドアを開けてくれる

「お仕事中ですかぁ?」
「人生休憩中」

と言うと、「なるほどぉ」と合点した様子

ふふふ
可愛いぞよ

90分14K

シャワーを浴び、歌麿様をブラブラさせながらフキフキ

ここのフキアシは、自分自身を九州男児のような心境にしてくれます

ソファに腰かけると、チェアーマッサなるものが始まりました

そうかそうか

そうかそうか

そうだよね

Oh…
FBK…

オープニングFBK…

「ベッドへどぉぞぉ」

うつぶせーナでカチカチ歌麿様を押しつぶしながら、ドバドバのオイリーナをかけられる

それにしても、気持ちのいいマッサだ

学生時代にエステでバイトをしていたらしい

「力加減はいかがですかぁ?」
「気持ちょえぇ!気持ちょえぇ!」

お背中に移り、またしてもポンプをブヒブヒさせてドバドバオイリーナ

相変わらずコリのひどいケンコー骨周りをゴリゴリスリスリ

このコリを取るのぞくためにエステに通っているようなもの

がしかし、いまだに取れない歌麿コリ

お医者さんいわく

自らカラダを動かした方がいいよ、とのこと

結局、ストレッチをした方がいいとわかりながらも通い続ける

理由はいくつもありますが…

「では、仰向けでぇ」

そうそう
この感じ

ドバドバのオイリーナがお腹の上を滑ると、歌麿様も喜びはじめます

一生懸命、タオルを持ち上げて喜んでます

そうそう
この感じ

整形外科にはないプラスドバドバアルファ

1人でストレッチしてもつまらない

1人でヒトリエッチしてもつまらない

ここには僕の心を中二に戻してくれる、青春があるのだから

「五分刈りボンバー!」

o0280028012979199776













イナカ育ちの僕は東京人のフリをして麻布十番を歩く

お腹が減ったのでマクドナルドに入ろうと思いましたが、なんだか緊張しまうので地下鉄のエスカレーターをそそくさと降りていきました

早く都会人になりたーい


麻布十番『アロマクラブAzabu』 90分に凝縮された小錦のラージヒルのような疾走感

麻布十番駅で降りて地上へと駆け上がる

曇り空を見上げ、第2ボタンまで開けたシャツをパタパタしながら目を細める

「マジ、蒸すな~」

自然にカッコつけてしまうのは、この土地がそうさせるのでしょう


麻布十番「アロマクラブAzabu」


「ご予約時間の5分前に、麻布十番駅の1番出口から電話してくださいまし」というお店のホームページからの指示に従い、電話のボタンをピポパポと

電話口から聞こえる、子供っぽさの中に大人の色気の垣間見えるような声と丁寧なアドバイスを頼りにお店へと向かいました

指定された部屋へ到着すると、おそらく先ほどの声の主であるセラピストさん

おそらく年下好きの殿方にはたまらない感じのかわいい女性です

ウェルカムジャスミン茶をいただき、さっそくセラピストさんによる90分コース13Kの内容説明がスタート

スタンダードコース…
ヒーリングコース…

結局、またスタンダードコースへ

まずはシャワー

脱衣・バスタオルの際は軽いアシストあり

そのあとは施術台の上で解放的な格好となり、うつぶせーナ

すると、ほどよく温められたオイルをドバドバ

速水もこみちの作るサラダかよってぐらいにまんべんなく体中へ塗りたくられました

ただ、常温で保管されたオイルとは違って全身のポカポカ具合が段違い

おそらく冷え性持ちの方には効果的できょうな

セラピストさんのしなやかな腕や指先で背中・足・キワキワな部分をほぐされながら、次は仰向けーナ

ここでもまた、あったかオイルを腹部中心へドバドバ

あいかわらず大盤振る舞いス

そしてデコルテ、腕や足裏などへまんべんなくセラピストさんによる追いオイリーナ

いよいよ仕上げか
(・ω・)

最後は、蒸しタオルで体中を温めてもらいつつ、余分なオイルを拭いてもらい…

「お疲れ様でしたぁ」

t02200164_0401029912849228355








そうか
そうか

麻布十番にコ慣れてきた僕は、FBKのまま都会人のような顔をする

「すんげー良かったよ」

カッコつけると、キムタクのしゃべり方になってしまうのは今でも疑問です


麻布十番「アロマクラブAzabu」


リンパマッサージのお店がズラリ♪にほんブログ村

 
最新記事
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気
カテゴリ